株式会社NSK

メルマガ登録

お問い合わせ

お問い合わせ

営業ブログ

5Gがどれだけすごいかよく分かる一冊

みなさまこんにちは!

 

NSKの山本です。

 

最近インフルエンザも流行っているみたいですし

体調管理にはお気をつけください~!!

 

今回も読書感想ブログという事でおすすめのIT系の一冊をご紹介いたします。

2020年は日本国内で「5G元年」になるとも言われています。

各通信キャリア、ドコモやソフトバンクなどからどんなサービスが出るのか今から楽しみでもあります。

 

今回はそんな5G(ファイブジー)について分かりやすく解説されている一冊です。

 

[亀井卓也]の5Gビジネス

 

5Gビジネス

亀井卓也(著)

 

まずは著者のプロフィールからご紹介します。

 

野村総合研究所 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 テレコム・メディアグループマネージャー

東京大学大学院工学系研究科卒業後、2005年野村総合研究所入社。

現在は情報通信業界における経営管理、事業戦略・技術戦略立案、および中央官庁の制度設計支援に従事。

 

現在はコンサルティング会社に勤めていらっしゃる方の本という事もあって

より俯瞰的な5Gの全体像を把握する事ができる一冊になっています。

 

また中田敦彦氏のYouTube大学でもこの本の事について解説されていたので軽くご紹介しておきます。

本が苦手という人はこれを見れば勉強できます。

 

 

まず5Gとは

5th Generationの略で第5世代移動通信システムの略です。

 

その他の世代について簡単にまとめると

1G(アナログ)・・・携帯電話やラジオ

2G(デジタル)・・・メールやインターネット(iモードやEZwebなど)

3G(大容量化)・・・国際標準の移動通信システム代表的なのはNTTドコモのFOMA、iPhone3Gなど

4G(大容量化)・・・動画配信サービスや高画質オンラインゲームなど

 

このように通信規格の進化に合わせて、コンテンツも進化してきました。

4Gでは特にYouTubeやニコニコ動画などの動画サービスが爆発的に普及した要因にもなりました。

 

5Gの特徴は大きくまとめると

 

①高速大容量通信

②超信頼・低遅延通信

③多数同時接続

 

この三つが大きな特徴になっています。

 

これだけ聞いてもよく分からないので例で例えます。

 

①高速大容量通信に関して言えば

2時間の動画のダウンロードが約2秒で終わるスピードです。

今までは一本の映画をダウンロードするのにも1時間程度かかっていたものが

外出先からすぐに楽しむ事が出来ます。

 

②の超信頼・低遅延通信に関して言えば遠隔での手術や自動運転に使われます。

これはエッジコンピューティングが可能になる事で出来るようになります。

エッジコンピューティングとは以下のイラストのような仕組みです。

今までは経由するサーバーが多かったり、ネットワークが混雑する事によって

遅延が発生していましたがエッジコンピューティングによって遅延の少ない通信が可能になります。

 

③の多数同時接続に関しては

4Gの頃は10万台/平方キロメートルだったのが5Gになると100万台の同時接続が可能になりました。

 

まあ要は今まで以上にネットが速くてサクサクになります!

 

ここで日本政府の見解ですがは2019年、「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」の改定を決めました。

その中で全国に20万基以上ある信号機に5Gの通信機能を導入する方針を定めています。

5Gはミリ波と呼ばれる高周波数帯を利用するため距離を出せず近距離にいくつものアンテナを設置する必要があります。

このように国家単位で推進しているのが5Gインフラ事業です。

 

さて技術的な話しはここまでにしておいてこの5Gが実際にビジネスや実生活にどのように使われるのか

 

この本では警備業のセコムを例に挙げています。

 

警備業大手のセコムは東京マラソンをショーケースとして新しいセキュリティの在り方を提案しています。

2018年の大会では自動車を利用した移動式監視センターやコース内への侵入を検知するAIカメラを導入しています。

 

セコムとKDDIは2017年に5Gを活用したセキュリティシステムの共同推進を発表しました。

5G活用が特に期待されているのはドローンです。正確に言えばドローン型監視カメラですね。

 

ドローンや飛行船、気球、ヘリコプターなど高度に応じて

警備情報を活用するアプローチを「立体セキュリティ」と名付けて警備計画に生かしています。

 

高画質ネットワークカメラを搭載したドローンが巡回路線を運航し不審者をAIによって検知して

管制システムに伝達します。今までは無線LAN環境を構築する必要がありましたが4Gを利用する事によって解決しました。

5Gを使う事でより高画質な映像をリアルタイムで扱えるようになり、複数ドローンの連携や不審者の検知精度を高める事が可能になります。

 

如何でしたでしょうか??

現在の防犯カメラ、監視カメラ市場は遠隔監視が当たり前になっています。

 

5Gはそのような監視カメラの在り方を大きく変える存在だと注目を集めていますので

これからも目が離せませんね。

 

ツイッター、YOUTUBEもやってますので

是非、フォローとチャンネル登録も宜しくお願いいたします!

 

ツイッター はこちら!

https://twitter.com/nskbouhancamera?lang=ja

 

YOUTUBEはこちらから!

https://www.youtube.com/channel/UCqU5Va1uMMpUdLWhp2sIbBQ

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

最新記事

カテゴリー

月別から選ぶ

お問い合わせはこちらから

サポートダイヤル

営業時間 9:00~12:00 13:00~18:00(土日、祝除く)

pagetop