倉庫への防犯カメラ設置シュミレーション

倉庫に防犯カメラを設置する場合、どこにどういった理由で設置すると効果的なのか事例を踏まえてシュミレーションしていきます。

防犯カメラを設置する経緯

倉庫には商品が並んでおりユーザー様は商品の盗難を心配されていました。外部からの侵入による盗難に加えて、内部による内引きも発生している可能性があり防犯カメラを早急に設置する必要があります。

発生している問題

  • 倉庫内商品の盗難

実際に倉庫内に侵入された形跡があり、侵入者がいる可能性が考えられます。そのような場合の商品は経営資源になるので盗難が長引くと大きな損害を被ることになります。

  • 在庫金額の相違

倉庫に並んでいる商品を棚卸する際に在庫の数と棚卸の数がずれるという問題が起きていました。様々な要因が考えられますが、スタッフや協力会社による内引きの可能性もあり対策の検討が必要

  • 敷地内へのいたずら

倉庫の外には広い敷地がありますので敷地内への不法投棄や、いたずらなどの問題も発生しています。軽微なものであっても常態化すれば、悪質なものに変わってきますので対策を打つ必要があります。

防犯カメラの設置場所

1、倉庫内に設置

倉庫内に防犯カメラを設置します。倉庫内が隈なく監視できるように設置する必要があります。特に棚がある場合は、死角が出やすいのでそういった点を考慮しながら設置することが大切です。

2、倉庫内侵入経路の監視

倉庫の中に侵入されやすい場所に設置することで倉庫内への侵入を防ぎます。例えば入口や売り口、窓などがもっとも多い侵入経路になります。そうした侵入される可能性のある場所に重点的に防犯カメラ設置侵入を防ぎます。

3、倉庫の敷地の監視

倉庫には従業員用の駐車場や事務室がありますので、そうした場所に防犯カメラの設置が必要です。事務所には会社の情報書類がありますので、社外に漏洩することがないように管理が必要ですし、対策をとる必要があります。

設置効果について

倉庫に防犯カメラを設置したユーザー様によると設置することによって、棚卸の誤差がかなり少なくなったようです。防犯カメラが設置してあることによって意識が高まり抑止力としての防犯効果を高めたり、そうした結果、在庫金額の適正化に繋がりました。

まとめ

倉庫に防犯カメラを設置することで、多くのメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。防犯だけでなく倉庫の在庫金額の適正化などに防犯カメラをご活用ください。