コインパーキングへの防犯カメラ設置シュミレーション

コインパーキングに防犯カメラを設置する場合、どこにどういった理由で設置すると効果的なのか事例を踏まえてシュミレーションしていきます。

防犯カメラを設置する経緯

複数のコインパーキングを運営している管理会社様より、特定のコインパーキングにおいて車両へのいたずらや盗難が多発しているとのことで、防犯カメラを設置することで抑止したいというご要望でした。そうしたトラブルが続きますとコインパーキングに対して悪い評判が立ち、経営にも影響を与えなかねないと判断し防犯カメラを早急に設置したいとのことでした。

発生している問題

  • 車へのいたずら

もっとも多いのが駐車している車に対してのいたずらです。コインのようなもので傷を付けられたというものから、落書きまで多くのいたずらが発生しています。故意によるいたずらではないものの、当て逃げなどのトラブルまで存在しています。

  • 車の盗難

人気のないコインパーキングでは車両の盗難も発生している問題の一つです。盗難されやすい車は多くの場合特定の車種になりますが、そうした車が多く止まっているコインパーキングはより対策をしなければ問題がなくなることはありません。

  • 精算機の釣銭盗難

コインパーキングには精算機がついていますので、精算機の釣銭を盗難するトラブルも発生しています。釣銭機の中からつり銭を盗難すること以上に、駐車料金を踏み倒すなどその悪質性は増しており早急に対応をする必要に迫られています。

防犯カメラの設置場所

1、出入口の状況を確認

防犯カメラ設置することで出入口の状況を確認します。死角が出ないように設置することで確実に出入口の状況を確認できます。

2、コインパーキング敷地内

コインパーキングの敷地内に防犯カメラを設置することで、敷地全体を見渡すことができます。その際にも死角がでないように四方に防犯カメラを設置することでトラブルを見逃すことなく安心です。

3、精算機の監視

精算機の上から監視することで、精算機の売上金を不正に盗難していないかどうかを監視することができます。本部とインターネットにつないでおけば、遠隔から現場の状況を確認しトラブルに対処することができます。

設置効果について

実際に防犯カメラを設置した感想としては、体感的にも件数的にもトラブルは激減したという報告を受けました。防犯カメラが設置してあるだけで抑止力となりますので、防犯抑止効果が高まります。また実際にトラブルがあった際も、録画データを残しておくことで何が原因だったのか特定することができるので安心して利用できるとのお言葉をいただきました。

まとめ

コインパーキングに防犯カメラを設置することで、多くのメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。いたずらや不正利用を減らして快適なコインパーキング運営に役立ててください。