書店への防犯カメラ設置シュミレーション

書店に防犯カメラを設置する場合、どこにどういった理由で設置すると効果的なのか事例を踏まえてシュミレーションしていきます。

防犯カメラを設置する経緯

書店では商品数の多さ、棚の量などにより死角も多く万引きが多く悩んでいました。書店を運営する店員の数も減少傾向にあり人の力で防犯そていくことにも限界があり、防犯カメラを設置する運びとなりました。

発生している問題

  • 万引き

書店でもっとも多いのが万引きトラブルです。商品棚が高く設置されているのでどうしても死角が発生しやすく万引きもしやすい環境となっています。

  • レジまわり、売上金額の過不足

書店での売上金の不足などは多く発生するトラブルです。またレジではお客様ろお金のやりとりをしますので、トラブルが発生しやすくなっています。特に接客においては言った言わないと言った水掛け論に発展しますので注意が必要です。

  • 駐車場トラブル

郊外の書店では大きな駐車場を併設していますので、駐車場内でのトラブルも発生します。警察沙汰になると防犯カメラが設置してることで、トラブルの解決に役立てることができます。

防犯カメラの設置場所

1、棚の監視

書店の棚の監視に防犯カメラを活用します。設置する場合は死角が出ないように注意が必要です。棚がすべて見える位置、店舗内のコーナーなど全体が見える位置に設置するのが効果的です。

2、レジ上

書店のレジの真上からや俯瞰で見える場所に設置することが効果的です。必要に応じてマイク付きにすることでレジでどういったやりとりをしたのかを録音することも可能です。

3、駐車場

駐車場全体が映るような形で防犯カメラを設置することで、駐車場のトラブルを監視します。駐車場には夜間照明が付いていますので街灯に防犯カメラを設置することでカラーで撮影することができるようになります。

設置効果について

実際に防犯カメラを設置することで万引きを抑止することに成功しました。防犯カメラは証拠の撮影と一緒に犯罪を抑止することが一番の機能になりますので、まずは設置するだけでその効果を実感できたとのことでした。

今回は本物と同じ形状のダミーカメラを設置することでさらに抑止力が高まり効果を発揮したことも効果的でした。

まとめ

書店に防犯カメラを設置することで、多くのメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。書店でのトラブルを防ぐために防犯カメラをぜひ活用してください。