神社への防犯カメラ設置シュミレーション

神社に防犯カメラを設置する場合、どこにどういった理由で設置すると効果的なのか事例を踏まえてシュミレーションしていきます。

防犯カメラを設置する経緯

神社には地域の住民や外国からのインバウンド観光客まで多くの人が訪れます。神社は古くから歴史のある建物になるので、いたずらがあった場合、修復には多くの費用が発生します。また最近では長く不景気の影響を受けて賽銭泥棒も増加傾向あります。そうした中で防犯対策をしなければ被害は増えていく一方なので早めの防犯対策を講ずる事が重要です。

発生している問題

  • 賽銭箱荒らし、賽銭泥棒

神社での問題として多いのが賽銭箱泥棒です。賽銭箱には神社に訪れる人々が神様にお参りする際に使うお金でそれを泥棒する不届き者が、少なからずいるのも事実です。そうした不届き者がいた場合に防犯対策をしていないとなす術がありませんので、事前に防犯カメラを設置し対策することが重要です。

  • 社務所での盗難、窃盗

24時間参拝できる神社などは、夜間、人がいない場合も多くそうした時間を狙っていたずらや不正を働く者もいます。そうした場合に防犯対策をしておくことで、被害を抑えることができます。特に防犯カメラは遠隔監視通知を併用することで、離れた場所からでも神社の様子を確認できますし、センサーなどのセキュリティを組み合わせることでさらに効果を発揮します。

  • 境内でのいたずら、不正

賽銭泥棒も不届き者ではありますが、社務所の売上金を盗む窃盗犯もいます。こうした窃盗犯は組織的に窃盗を働きますので、窃盗を防ぐには防犯カメラで対策することがもっとも効果的です。特に社務所には賽銭以外の売上金となり被害額も大きくなりますので、より対策が必要なのは言うまでもありません。

防犯カメラの設置場所

1、賽銭箱の監視、防犯

賽銭箱の賽銭を泥棒する輩に対して防犯カメラで対策をします。できる限り犯人の人相が分かる画角で景観を損なわないように防犯カメラを設置します。雨や風が当たる場所であれば防水防塵仕様のカメラにします。今回はバレット型の防犯カメラが採用され設置いたしました。

2、社務所の防犯

社務所の中に防犯カメラを設置し売上金の盗難を未然に防ぎます。一目では分からないような場所にDVRを設置して録画データを保存しておくことが重要です。防犯とは侵入されないことが基本となりますが、万が一入られてしまった場合はDVRに保存された録画データを見返すことでトラブルの早期解決を図ります。

3、境内への設置

神社の境内では不審者によるいたずらや不正などが起こる可能性もありますので防犯カメラを設置することで、いたずらを防ぐことができます。特に境内ではセンサーなどを活用することで、侵入されづらい空間を作ることで神社への不審者の侵入を未然に防ぐことができます。

設置効果について

実際に設置してみた結果として、効果を実感できたとのことでした。具体的には不審者を目撃することも少なくなり、頻繁に賽銭泥棒されていたのもなくなったとのことです。そうした窃盗犯に対しての抑止力として防犯カメラを活用することはとても重要なことです。参拝者に威圧感を与えないように配慮して防犯カメラを設置したことが大変喜んで頂けました。

まとめ

神社に防犯カメラを設置することで、多くのメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。神社でのトラブルを防ぐために防犯カメラをぜひ活用してください。