オフィスへの防犯カメラ設置シュミレーション

オフィスに防犯カメラを設置する場合、どこにどういった理由で設置すると効果的なのか事例を踏まえてシュミレーションしていきます。

防犯カメラを設置する経緯

オフィスでは大金ではないにしても、出金するためにお金も置いてあります。そのため「事務所荒らし」は手っ取り早く金品を盗難するにはうってつけの手段です。しかも夜間は人がいないため、人目を盗んで侵入することができます。

また社外には出せないような機密情報やパソコン、プリンターなどの機材もあります。そうした機密情報や物品を盗む目的で侵入されるリスクがあり、対策を打ちたいという経緯により防犯カメラを設置するにいたりました。

発生している問題

  • 駐車場トラブル

オフィスの回りや駐車場内において不審者の目撃情報などあった場合に従業員が不安になったり、仕事の生産性の低下や取引先にも迷惑をかけてしまう事態にもなりかねません。実際に不審者がうろついていたり、侵入者があったという事務所も存在しています。

  • オフィス内への侵入

オフィス内へ侵入者があった場合に証拠映像を撮影しておくことで犯人逮捕の糸口に防犯カメラを活用することができます。またミーティングスペースに設置することで、打ち合わせ内容を振り返り研修資料として活用することができます。

  • 金品、物品の盗難

社長室など重要な書類、金庫が置いてある場所なども侵入者があったり不審者が侵入してくるなどの問題も存在しています。そうした問題に対処するために防犯カメラを設置することが必要となります。

防犯カメラの設置場所

1、建屋周り、駐車場

オフィスの建屋外周に防犯カメラを設置することで、不審者への対策であったり駐車場でトラブルがあった場合に、証拠として防犯カメラを活用することができます。また近隣で不審者がうろついている場合など、防犯カメラを設置することで、対策を打つことができますしトラブルがあった際は証拠資料として活用することができます。

2、オフィス内、ミーティングスペース

スタッフのフロア全体を見渡せるような場所に防犯カメラを設置することで、防犯に役立てることができますし、業務効率の向上など防犯カメラを役立てることができます。またミーティングスペースに防犯カメラを設置することで、打ち合わせ内容を録画し社員の研修に役立てることもできます。

3、社長室

社長室や役員室には金庫や重要書類も多くありますので、防犯カメラを設置することが大切です。また窓から侵入可能な場合は窓センサーを設置するなどのセキュリティ対策も効果的です。入口に入退室管理システムを導入するのもセキュリティに役立てることができます。

設置効果について

今回依頼されていた事務所では不審者が出入りするようになっておりご検討されていたので防犯カメラを設置したことで不審者が減り安心を実感して頂けました。

今では防犯カメラに対する考え方も変わってきていますので、社員も取引先にも防犯カメラが設置してことが安心という声も上がっています。

事務所への防犯設置することで多くのメリットを感じて頂いています。

まとめ

事務所に防犯カメラを設置することで、多くのメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。事務所でのトラブルを防ぐために防犯カメラをぜひ活用してください。