ネットカフェで防犯カメラを活用する

街中にいけば多くのネットカフェが存在していますが、これらにネットカフェは24時間営業していることもあり、中では犯罪も起きています。オーナーとしても何らかの対策を取る必要があります。防犯対策として効果的なのが防犯カメラの利用であり、防犯カメラを使うことでネットカフェでのトラブルを未然に防ぐことができます。

ネットカフェでのトラブル

あらゆる人たちが利用するネットカフェだからこそ、不特定多数の人間が出入りします。年齢や性別は問わずそして、国籍も問わず多くの人が利用しています。そうした場所になるからには、防犯対策を実施することは当たり前と言えるのかもしれません。

ネットカフェで多いトラブルとしては、無銭飲食や窃盗などの犯罪から、利用者同士のいざこざなど多岐に渡ります。ネットカフェは宿泊施設ではないので、原則として鍵が付いていません。しかしほとんどの利用者が長時間滞在しているので、スペースを離れた隙に財布を盗むなどのトラブルが起きています。

また利用者のちょっとした不注意が原因となり、ネットカフェの備品を破壊してしまった、利用者同士のトラブルで揉みあいとなり、店舗内の器物が破損したなど理由は様々ですが、そうしたトラブルも起こっています。

特に防犯カメラが役に立つのが窃盗や置き引きなど計画的な犯罪においては防犯カメラを設置することで、未然に犯罪を抑止することができます。

防犯カメラの役割

ネットカフェの防犯対策として防犯カメラが役に立ちます。防犯カメラは設置してあるだけで犯罪抑止効果があります。確かにカメラが付いているのに気付いた上で堂々と窃盗を働くことは難しいので、防犯カメラを形だけでも設置しておくことは、防犯対策として効果的です。防犯カメラの映像はハードディスクなどの記録媒体に保存しておくことで、トラブルや事件があった際に録画データを見直すことで、トラブルの早期解決を図ることができます。

録画映像を長時間残しておくのであれば、大容量のハードディスクを選択し、短い期間で持ち出して使いたい場合は、SDカードなどの記録媒体を選ぶようにします。また設置する場所にも注意が必要です。防犯カメラは設置する場所で得られる効果は大きく変わりますので、一番確実な効果的な場所に設置することが重要です。防犯カメラの設置位置は高すぎても駄目で、低すぎると破壊されるリスクもあります。

そのためプロの工事業者に依頼して設置することをおすすめします。プロの工事業者であればカメラを設置する位置はもちろん、レコーダーの設置位置や、配線ケーブルの隠蔽方法など熟練の経験で分かる最適な方法を知っていますので、防犯カメラを設置する際はプロの工事業者に依頼することが効果的です。

おすすめの防犯カメラ機能

ネットカフェに設置する防犯カメラでおすすめの機能はドーム形状の防犯カメラです。

ドーム型防犯カメラは見た目に威圧感が少ないのですが、しっかりと防犯カメラとして機能します。また赤外線暗視機能付きのカメラにすることで、明かりの少ない場所でも暗視撮影することができます。ネットカフェは店内の明かりが少なく、暗めの店内になっていますので、赤外線暗視カメラでないと店内をしっかりと撮影することができません。

またハードディスクレコーダーを使うことで防犯カメラの映像を録画してデータとして残しておくことで、トラブルがあった際に、後から見返すことでトラブルの早期解決に役立てることができます。

遠隔監視機能を使えば、ネットカフェの現場の状況を遠隔で確認することができます。本部で現場の状況を確認することができれば店運営を効率化できますので、特に複数店舗を運営しているネットカフェでは使える防犯カメラ機能です。

ネットカフェの防犯カメラは

ネットカフェに防犯カメラを導入することで、犯罪の抑止効果を高めることができます。また録画データを録っておくことで、そのデータを活用してトラブルがあった場合の早期解決を図ることができます。