児童館への防犯カメラ設置シュミレーション

児童館に防犯カメラを設置する場合、どこにどういった理由で設置すると効果的なのか事例を踏まえてシュミレーションしていきます。

防犯カメラを設置する経緯

児童館では子供から大人まで幅広い層の人が利用します。無料で使えるということもあって、多くの人が訪れる児童館ですがそれだけ様々なトラブルが起きる可能性もあります。子供同士の些細なケンカが大きなトラブルになってしまう事も考えれらますので防犯カメラを設置したいとう経緯でした。

発生している問題

  • 不審者対策

児童館の周辺を不審者がうろついているという目撃情報を元に、利用者が不安がっているという問題が発生していました。夜間に侵入して荒らすなどのトラブルも後々に大きな問題になるかもしれないという問題を孕んでおり早急な対策が必要になっています。

  • 児童館の見回り

広い児童館を少ない職員で見て回るのは大変なので、防犯カメラを設置することで、効率よく館内を巡視することができます。今まで人の目で見ていたものを防犯カメラで代用することによって問題を解決することができます。

  • 子供のトラブル

子供同士のトラブルも日常茶飯事です。小さなトラブルであれば問題はないかもしれませんが、貴重品の盗難や紛失など大きな問題が起きる可能性もありますので防犯カメラを設置して大きなトラブルになる前に未然に解決することができるようになります。

防犯カメラの設置場所

1、建物の回り

不審者は建物の周りをうろついており不審な行動をとっています。子供が一人になるタイミングを見計らっており防犯カメラで牽制することが重要です。そのため建物の周りに防犯カメラを設置すること不審者対策として防犯カメラを活用します。

2、建物の中

児童館には乳幼児専用ルームや遊戯室など多数の部屋がありますので、それぞれに防犯カメラを設置して児童館の中を効率よく見守ることができます。設置する際はプライバシーに注意して防犯カメラを設置することが重要になります。

3、プレイルーム

遊戯室やプレイルームなど子供が遊ぶエリア、よくいるエリアに防犯カメラを設置することで子供のトラブルを見守ります。何かトラブルがあった時は防犯カメラの映像を確認することでトラブルが大きくなる前に対処することができます。

設置効果について

児童館に防犯カメラを設置することで、近隣住民や利用者への安心感を醸成することができました。実際に職員の負担軽減にもつながり、設置したことによりメリットを実感いただけました。

公共の施設だからこそ、防犯カメラを設置することでより、利用のしやすい安心できる施設となりますので、防犯カメラを設置するメリットは多いです。

まとめ

児童館に防犯カメラを設置することで、多くのメリットがあることがお分かり頂けたかと思います。児童館でのトラブルを防ぐために防犯カメラをぜひ活用してください。