スタッフブログ

AIカメラは何ができる?活用事例を業種別にわかりやすく解説!

2024.05.08

AIカメラを店舗に導入したイメージ画像

AIカメラはAI技術の進化により様々な業種で革新的なソリューションが登場しています。

各企業がAIカメラを導入するためにも、どのような機能があるのか、また業種によってどのように活用することができるのか、知っておくことが大切です。

今回は、AIカメラは何がどのようなことができるのかや、さまざまな業種における活用事例について解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

AIカメラの基礎知識

Q&Aに答える女性のイメージ画像

AIカメラとは?従来のカメラとの違い

 

AIカメラとは、AI(人工知能)を搭載したカメラのことです。

従来のカメラは、映像を記録するだけの機能しかありませんでしたが、AIカメラは、映像を解析し、特定の対象物を検知したり、状況を判断したりすることができます。

AIカメラにできること①:検知機能

特定の対象物(人、車、物体など)を検知する機能です。

「顔認証」「人物検知」「車両検知」「物体検知」「煙検知」「火災検知」「動体検知」「領域侵入検知」「異常音検知」「接近検知」など様々な種類の検知機能があります。

AIカメラにできること②:分析機能

検知した対象物の属性(年齢、性別、服装など)や行動(移動経路、滞留時間など)を分析する機能です。

 

AIカメラ導入のメリット

AIカメラを導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

業務効率化:人手に頼っていた作業を自動化することで、業務効率を大幅に向上させることができます

コスト削減:人件費の削減や、不良品の発生率を低減することで、コスト削減につながります。

安全性向上:危険区域への侵入検知や、作業員の安全管理など、安全性向上に貢献します。

 

AIカメラの活用事例【業種別】

AIカメラのイメージ画像01

AIカメラの活用事例①:【製造業】

 

・検品作業の自動化・効率化

AIカメラを活用することで、製品の外観検査や寸法測定などを自動化し、検品作業の効率化を図ることができます。

従来は人手に頼っていた作業をAIカメラに任せることで、作業時間の短縮や人為的なミスを削減することが可能です。

 

・不良品検知と原因分析

AIカメラは、微細な傷や欠陥など、人の目では見つけにくい不良品を検知することができます。

また、不良品が発生した原因を分析し、再発防止に役立てることも可能です。

 

・作業員の安全管理

AIカメラは、作業員の動きを監視し、危険な行動を検知することができます。

例えば、ヘルメットの未着用や、危険区域への侵入などを検知し、事故を未然に防ぐことができます。

 

AIカメラの活用事例②:【小売業】

 

・来客分析(属性、行動)

AIカメラは、来店客の年齢、性別、服装などを分析することができます。

また、店内での移動経路や滞留時間などを分析することで、顧客の購買行動を把握し、マーケティングに活用することができます。

 

・商品陳列最適化

AIカメラは、商品の陳列状況を分析し、売れ筋商品や死に筋商品を特定することができます。

この情報を基に、商品の陳列位置や数量を最適化することで、売上向上につなげることができます。

 

・万引き防止

AIカメラは、不審な行動をする人物を検知し、万引きを未然に防ぐことができます。

また、万引きが発生した場合でも、映像を証拠として活用することができます。

 

AIカメラの活用事例③:【建設業】

 

・危険区域への侵入検知

建設現場では、足場からの転落や重機との接触など、様々な危険が潜んでいます。

AIカメラは、危険区域への侵入を検知し、作業員に警告することで、事故を未然に防ぐことができます。

 

・作業員の安全管理

AIカメラは、作業員のヘルメット着用状況や安全帯の装着状況などを監視し、安全管理に役立てることができます。

また、作業員の体調不良や疲労を検知し、休憩を促すことも可能です。

 

・事進捗管理

AIカメラは、工事現場の映像を記録し、工事の進捗状況を管理することができます。

また、AIによる画像解析を活用することで、工程ごとの作業時間や使用資材などを自動的に計測し、効率的な工事計画の立案に役立てることができます。

 

AIカメラの活用事例④:【医療・介護】

 

・転倒や徘徊検知

AIカメラは、高齢者の転倒や徘徊を検知し、介護スタッフに通知することができます。

これにより、迅速な対応が可能となり、重大事故を防ぐことができます。

 

・バイタルサイン測定

AIカメラは、映像から心拍数や呼吸数などのバイタルサインを測定することができます。

これにより、非接触で健康状態を把握することができ、医療現場での活用が期待されています。

 

・患者や入居者の見守り

AIカメラは、患者や入居者の様子を24時間体制で見守ることができます。異常を検知した場合には、すぐに看護師や介護スタッフに通知することで、安心・安全な環境を提供することができます。

 

AIカメラの活用事例⑤:【その他】

 

・交通量調査

AIカメラは、道路上の車両を検知し、交通量を計測することができます。このデータは、交通渋滞の緩和や道路整備計画の立案などに活用されます。

 

・防犯対策

AIカメラは、不審者や不審車両を検知し、犯罪を未然に防ぐことができます。また、犯罪が発生した場合でも、映像を証拠として活用することができます。

 

・農業における生育状況管理

AIカメラは、農作物の生育状況を監視し、病害虫の発生や水不足などを早期に発見することができます。これにより、適切な対策を講じることができ、収穫量の向上につなげることができます。

 

AIカメラ導入のポイント

カメラのメリットを解説する女性の画像

AIカメラを導入する際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

 

・目的に合ったAIカメラの選定

AIカメラは、機能や性能、価格帯など、多種多様な製品が存在します。

まずはAIカメラ導入前に、目的を明確にし、必要な機能を満たすAIカメラを選定することが重要となってきます。

それでは、AIカメラの選び方についてのポイントを紹介していきます。

 

AIカメラの選び方①:必要な機能を明確にする

・どのような情報を取得したいのか? (例: 人数カウント、顔認証、物体検知など)

・どのような環境で使用するのか? (例: 屋内、屋外、暗所など)

・映像の解像度はどの程度必要か? (例: HD、フルHD、4Kなど)

・リアルタイムでの分析が必要か、録画データの分析で十分か?

 

AIカメラの選び方②:カメラの種類を検討する

・固定型カメラ:一定の方向を監視する

・PTZカメラ:パン、チルト、ズーム機能で広範囲をカバー

・ドーム型カメラ:天井などに取り付け、目立ちにくい

・バレット型カメラ:壁面などに取り付け、屋外での使用に適している

 

AIカメラの選び方③:AI機能の種類を検討する

・人数カウント:店舗の混雑状況把握など

・顔認証:不審者検知、VIP顧客への対応など

・物体検知:特定の物体の検知、置き去り検知など

・行動分析:顧客の動線分析、滞留時間分析など

・その他:車両検知、ナンバープレート認識、感情分析など

 

AIカメラの選び方④:性能と価格のバランスを考える

・高性能なAIカメラは高価だが、精度の高い分析が可能

・予算に合わせて、必要な機能を満たす最適なカメラを選定する

 

AIカメラの選び方⑤:メーカーやベンダーのサポート体制を確認する

・導入後のサポート体制が充実しているか

・故障時の対応や修理体制はどうか

・定期的なメンテナンスやアップデートは提供されるか

 

これらのポイントを参考に、自社のニーズに合ったAIカメラを選定しましょう。

 

・個人情報保護への配慮

AIカメラは、個人情報を取得する可能性があるため、個人情報保護法などの法令を遵守する必要があります。

撮影範囲や撮影目的を明確にし、プライバシーに配慮した運用を行うことが重要です。

・撮影範囲の限定:必要最小限の範囲で撮影を行う

・撮影目的の明示:告知や掲示などで撮影目的を明示する

・データの適切な管理:セキュリティ対策を徹底し、データの漏洩を防ぐ

・アクセス権限の制限:必要な担当者のみがデータにアクセスできるようにする

・データの保存期間の設定:不要なデータは速やかに削除する

 

・AIカメラ導入後の運用体制

AIカメラを導入した後も、定期的なメンテナンスやデータ分析が必要です。

導入前に、運用体制をしっかりと構築しておくことが、AIカメラの効果を最大限に引き出すために重要です。

・担当者の決定:AIカメラの運用・管理を担当する者を明確にする

・メンテナンス計画の作成:定期的なメンテナンス項目とスケジュールを決める

データ分析の体制:取得したデータを分析し、活用する体制を構築する

・トラブル対応:故障やトラブル発生時の対応手順を明確にする

これらのポイントを踏まえ、AIカメラの導入を検討することで、業務効率化や安全性向上、顧客満足度向上など、様々な効果が期待できます。

 

まとめ

AIカメラは様々な業種で活用されており、効率化やセキュリティ強化など様々なメリットをもたらしています。

そして、製造業では、欠陥品の検出や生産ラインの監視、小売業では在庫管理や顧客行動分析、医療業界では診断支援や患者モニタリングなど、業種によってAIカメラの利用方法は様々なため、AIカメラ選びが難しくなるかと思います。

もし、AIカメラの選び方でお困りの方は、弊社スタッフが親切・丁寧にお伺いさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

       

Pick Up

  • 代理店募集の画像

最新記事

カテゴリー