スタッフブログ

アナログ防犯カメラとは?メリットとデメリットを解説

2022.05.17

防犯カメラはデジタルとアナログの信号方式の違いがあり、今回はアナログカメラについて解説いたします。アナログカメラは30万画素程度のものから200万画素のものまで幅広い画質でラインナップしています。今回はそんなアナログカメラについて解説していきます。

 

アナログカメラとは

アナログカメラとは同軸ケーブルを使用したカメラシステムです。CCTV(closed-circuit television)システムと呼ばれています。古くからはテープ式のビデオデッキを使用したシステムの防犯カメラです。現在ではハードディスクレコーダーに録画するシステムが主流になっています。

 

アナログカメラのメリット

アナログカメラのメリットについて解説いたします。最近ではネットワークカメラが多く販売されていますが、まだまだアナログカメラの需要は残っています。今回はそんなアナログカメラのメリットについて解説いたします。

 

コストパフォーマンスが高い

アナログカメラはコストが安く、画質や機能もある程度、兼ね備えているためコストパフォーマンスが高く、予算に限りがある場合やとにかく費用を抑えたい場合におすすめのシステムになっています。

 

コマ落ちしない

アナログカメラは映像の伝送でコマ落ちしません。リアルタイムの映像でモニタリングする必要がある現場や、ライブ映像で監視している現場で活躍します。比較されるネットワークカメラですが、数秒のコマ遅れやタイムラグ発生するためそこはアナログカメラの優位な点となります。

 

専門知識不要

アナログカメラはIPアドレスなどのネットワークに関する専門知識がなくてもすぐにお使い頂けます。不具合が発生した場合や、メンテナンスの時に専門知識がないと解決できない、プロの業者に対応してもらうと出張費や技術料が別途かかることで思わぬ出費が発生してしまうこともあります。アナログカメラはそうした場合でも専門知識不要で導入することができます。

 

アナログカメラのデメリット

メリットに続いてアナログカメラのデメリットについても解説していきます。

 

アナログ画質

アナログカメラは信号がアナログ方式になるため、画質もデジタル信号に比べて劣ります。最近ではアナログハイビジョン方式と呼ばれるAHDカメラが登場したことで画質はかなり向上しましたが、それでもデジタル方式の防犯カメラに比べれば画質が劣ってしまうのが現状です。

 

配線、電気工事が必要

アナログカメラは同軸ケーブルを使用したシステムのため、配線工事が必要になります。屋外に設置する場合は配管に通して配線する必要があるため、専門の業者に依頼しなければいけません。また現場によってはアナログカメラの近くに電源工事を必要とするためで電気工事士の資格が必要になったりしますので注意が必要です。

 

アナログハイビジョンカメラ

最近ではアナログ方式でありながら、ハイビジョン画質で撮影できるAHD防犯カメラが登場しました。価格もかなり安く導入も容易ではありますが、配線工事は必要なので注意してください。

 

売り尽くしアナログカメラ

在庫一掃セールのアナログカメラをご紹介いたします。

 

画質は荒くてもいいから安いものをお探しの方や、むしろ画質は悪い方がいいという方におすすめの防犯カメラセットです。レコーダーは省スペース型になるので、部屋の隅にさりげなく設置することができます。操作も直感的な操作が可能です。

 

38万画素屋外カメラ

 

モニター付きAHD防犯カメラセット

 

アナログカメラでもハイビジョン画質がいいという方におすすめのAHD防犯カメラセットです。モニター付きのレコーダーは使わない時はモニターを収納して使用することができます。画質はアナログカメラでありながら130万画素のハイビジョン画質になります。今だけお得なキャンペーンを実施していますので、ぜひご覧ください。

 

番犬モなタん