スタッフブログ

コインランドリーに防犯カメラ設置するメリットと注意点

コインランドリーでは24時間運営をしており、トラブルも多く発生しています。無人で運営されるコインランドリーが多いなか、犯罪抑止の取り組みとして防犯カメラを設置するオーナー様が増えています。

 

そんな中どういった場所に設置するのか、おすすめの機種や機能について解説いたします。

 

コインランドリーでよくあるトラブル

実際のコインランドリーでよくあるトラブルについて解説いたします。防犯カメラを設置する前に解決した問題を整理して効果的な導入ができるようにしましょう。

 

両替機の荒らしや機器へのいたずら

コインランドリーはほとんど無人で運営されているにも関わらず、24時間営業のため両替機あらしが最も多いトラブルです。また治安の悪い地域であれば酔っ払いなどによる機器へのいたずらなどもあります。まずはそういったトラブルを抑止するために目立つ位置に目立つ防犯カメラを設置することで事前にトラブルを抑止します。

 

洗濯物や備品の盗難

次にあるのは洗濯物や備品などの盗難があります。変質者による下着泥棒から、転売目的での犯行など理由は多岐に渡ります。夜間た特に人目が付かないのでそういった時間を狙った犯行が多発しています。またユーザー同士のトラブルやいさかいなどがあった場合も防犯カメラが設置してあれば安心です。

 

たまり場としての居座り

特に都会のコインランドリーであれば酔っ払いやホームレスなど24時間営業ゆえに居座りやたまり場として使われる可能性があります。そういった場合に注意喚起として張り紙をしたり対策をすることを考えますがもっとも効果的なのは防犯カメラを設置して証拠映像を撮影することで警察へ相談に行くことができるようになります。

 

コインランドリー内で設置する場所

コインランドリーの中のどこに防犯カメラを設置するのが効果的なのかか解説いたします。

 

ランドリーの投入口

ランドリー投入口には硬貨投入口や、ランドリー内の洗濯物が映っています。実際に洗濯機の盗難などがあった場合は、防犯カメラの映像が重要になります。ユーザーの目線に立ってみてもランドリー前に防犯カメラが設置してあると安心です。

 

出入口

店舗の出入り口にカメラを設置します。防犯目的でカメラを設置する場合、侵入経路にカメラを設置するのは基本になりますので、裏口があれば裏口も防犯カメラを設置しましょう。設置する際は出入口を通過する人の顔がしっかり映るような画角で撮れる位置に設置する必要があります。カメラ位置が高すぎると頭の上から見下ろすような映像になってしまい、効果を発揮しませんので注意してください。

 

待合スペース

ランドリー使用中の待合スペースも全体が見えるように防犯カメラを設置するようにしましょう。ユーザー同士のトラブルがあった際にも防犯カメラがあると役に立ちます。また死角ができないように、カメラを角に設置したり、全方位カメラを活用することで効率的に防犯カメラを使用することができます。

 

防犯カメラおすすめ機能

 

実際に防犯カメラを使う際のおすすめ機能について解説します。

 

高画質カメラ

カメラの画素数は高画質カメラをおすすめします。最近ではNSKでは400万画素の高画質カメラをラインナップしています。400万画素カメラであれば画角が遠くの被写体でもキレイな映像で録画することができます。地デジ放送の200万画素に比べて2倍の高精細な画像でモニタリングできます。

 

赤外線暗視カメラ

出入口や裏口をカメラで撮影している場合、夜間は赤外線暗視機能が付いているカメラをおすすめします。赤外線暗視機能が付いていない場合、夜間の映像は真っ暗になってしまい映像をとることができません。赤外線暗視カメラであれば赤外線LEDを照射してモノクロ映像で撮影することが可能です。

 

広角レンズ

降格レンズの防犯カメラをおすすめします。180度パノラマ映像のネットワークカメラであればカメラを2台設置するのと同じ範囲を撮影することができます。さらに全方位360度カメラであれば1台ですべての方向を撮影することができますので、カメラの台数を減らして工事費用を削減でできます。

IP-3006F-i7sd5

https://n-sk.jp/product-list/ip-3006f-i7sd5-2

IP-3005FI

https://n-sk.jp/product-list/ip-3005fi

IP-P5005-180

IP-P5005-180 新製品

 

 

マイク内蔵

マイク内臓の防犯カメラをおすすめします。マイク内臓であればトラブルの際に現場で起きた音声を録音することができます。他にも外付けのスピーカーをつけることができる防犯カメラであれば、無人店舗にていたずらや盗難が発生している現場を目撃した時にスピーカーで威嚇して追い払うこともできます。

 

PTZカメラ

PTカメラとはパン・チルト・ズームの略で遠隔地からカメラレンズを動かすことができる防犯カメラです。室内で使用するPTZカメラはミニPTZとも飛ばれておりNSKでは光学3倍ズームのミニPTZカメラをラインナップしています。カメラ1台で死角のないモニタリングが可能です。

IP-9022MPTZ

https://n-sk.jp/product-list/ip-9022mptz

 

コインランドリーに防犯カメラを

最近では投資対象としての認知度も上がってきていることからコインランドリーが街中に増えてきました。無人店舗は犯罪の温床となりやすいので、防犯カメラを設置してしっかりと防犯対策を実施しましょう。

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/