スタッフブログ

防犯カメラを学習塾に設置する際にメリットと注意点

現在の日本は少子化となっており子供の数も減少傾向になります。しかし一人あたりの養育費は増加傾向になっており、学習塾の安全に効率よく運営していくために対策を講じる必要に迫られています。

 

防犯カメラを活用することでそうした問題を解決することができますので、今回は防犯カメラを設置することのメリットと注意するべき点について解説いたします。

 

学習塾の現在の動向

少子化で塾生の数は減少傾向にある中で2013年と2018年の学習塾売上高を比較した際に160億円上昇したという統計があります。そのため生徒一人あたりの単価が上昇傾向にあり、学習塾としても付加価値を提供する必要が出てきています。

 

以前は生徒の学力向上をメインとしていれば良かったのですが、生徒の安全や親御さんへの安心感の醸成など学習塾の課題になっています。

 

学習塾の防犯目線での課題

それでは実際の学習塾では防犯面でどのような課題があるのでしょうか。一つずつ掘り下げていきます。

 

外部からの侵入者を防ぐ

学習塾への外部からの侵入を防ぐために防犯カメラが活用できます。防犯カメラが外から見える場所に設置してあることで、侵入者は犯行を諦める可能性が高まります。また実際に侵入されてしまった場合でも、証拠映像を残しておくことで、犯人逮捕のための捜査に活用することができます。

 

従業員による犯罪の抑制

従業員による犯罪を抑制することができます。生徒の個人情報を取り扱っている限り、個人情報漏洩のリスクは避けられません。未然に防ぐことはもちろん、漏洩があった場合の原因追及にも防犯カメラが活用できます。また生徒へのセクハラなどのハラスメント被害についても防犯カメラを設置することで抑止できます。

 

生徒間でのトラブル

生徒間での喧嘩や貴重品などのトラブルにも防犯カメラが役立ちます。特に年齢が幼い子供であるほどトラブルがあった時に状況を上手に説明できません。そういった場合に防犯カメラの映像や音声を確認することでトラブルの早期解決に役立ちます。

 

学習塾での付加価値提案

防犯カメラは防犯目的で使用するだけでなく、学習塾の付加価値を高められるものとしても認知されています。今回はその一部をご紹介いたします。

 

授業内容を録画して復習教材として使う

実際の授業内容を防犯カメラで録画、録音することで、録画データを復習用の今日ざくぃとして活用する方法があります。また先生の間で録画データを見て勉強会を実施して授業スキルの向上などにつねげることができます。ホワイトボードの細かいところまで録画するための高解像度カメラを推奨します。

 

WEB公開授業

これからのニューノーマルな時代を象徴するように、非接触、非対面でのサービスが増えている中で学習塾においてもその動きが加速しています。防犯カメラの遠隔監視機能を活用することで、WEB公開授業を実施し非対面での授業を実施することができます。防犯カメラ映像は複数のユーザーが見ても問題ないように映像が最適化されます。

 

学習塾でのおすすめの防犯カメラ機能

弊社は防犯カメラメーカーなので、あらゆる種類の防犯カメラをラインナップしています。そんなNSKだからこそおすすめする学習塾におすすめの防犯カメラ機能を紹介します。

 

400万画素防犯カメラ

地上デジタル放送のフルハイビジョン映像は200万画素の解像度になります。理論上2倍キレイに撮影できる400万画素の防犯カメラをおすすめします。解像度が高ければ単純に細かいところまでキレイな映像で見ることができますので、ホワイトボードに書き込まれた小さな文字まで読み取ることができます。

 

ドーム型防犯カメラ

教室に設置するカメラは威圧感の少ないドーム型の防犯カメラをおすすめします。バレット型やボックス型のカメラだとレンズがどこを向いているのかすぐに分かってしまい防犯効果も薄れれしまいますので、室内につけるカメラはドーム型の防犯カメラにするようにしましょう。

 

音声マイク付き防犯カメラ

防犯カメラは基本映像を撮影するカメラになりますので、音声は録音できません。そこで音声マイクを内蔵した防犯カメラをおすすめします。生徒間でのトラブルがあった際に音声までしっかりと録音することが出来ていれば言った、言わないなどのトラブルも早期に収束することができます。

 

 

遠隔監視防犯カメラ

防犯カメラシステムを遠隔監視システムにすることで多くのメリットがあります。多くの学習塾を運営する場合、本部で一括管理することができますし、塾の中を親御さんでも気軽に見れるようになれば安心にもつながります。またWEB公開授業についても遠隔監視機能使うことでサービス化することができますNSKの防犯カメラはすべて遠隔監視に対応しています。

 

学習塾におすすめの機器

 

防犯カメラメーカーのNSKがおすすめする機器をご紹介します。

 

IP-5024AI

400万画素の高解像度ネットワークカメラです。電動バリフォーカルレンズを搭載しているので遠隔からズーム撮影することができます。最新の動画圧縮方式1H.265に対応しているのでストレージも従来の半分の容量で録画することができるようになりました。

 

外付けのマイクを接続できますので、指向性マイクを使うことで授業の音声を録音することができます。

 

製品の詳細はこちらから

IP-5024AI

 

IP-9022MPTZ

200万画素のミニPTZカメラです。カメラのレンズを遠隔で動かすことができるので、カメラの台数を減らすことでコストを抑えます。赤外線暗視機能を搭載しているので、夜間の電気を消した教室内でも暗視撮影が可能です。

 

音声マイクを内蔵しているのでカメラの回りの音を拾うことができます。NVRと接続することでカメラ映像とマイクの音声を録音することができます。

 

製品の詳細はこちら

IP-9022MPTZ

 

IPN-AI2104

4CH用のNVR(ネットワークビデオレコーダー)です。PoE機能を内蔵していますので、対応しているネットワークカメラであればLANケーブルを一本接続するだけですぐに使用することができます。HDDは1TB搭載しておりカメラ1台であれば一か月程度の録画が可能です。こちらのNVRは顔認証機能を搭載していますので、接続したカメラを1台顔認証カメラとして使うことができます。

 

製品の詳細はこちら

IPN-AI2104 新製品

 

学習塾の安全、安心を提供

学習塾に防犯カメラを設置することで生徒の安全だけでなく、利用者すべての安心を提供することができます。NSKではデモ機の貸し出し、実演も可能ですのでぜひお問い合わせください。

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/