スタッフブログ

防犯カメラのDNR(デジタルノイズリダクション)機能とは

防犯カメラにはDNRと呼ばれる機能を搭載しています。DNRはデジタルノイズリダクションと呼ばれており、デジタル処理によって映像ノイズを低減する機能です。防犯カメラは回りの環境の明かりが少ない時、低照度モードで動作しますので、画像が荒くノイズがのりやすくなります。その際ににDNR機能を使うことで映像を補正する機能です。

 

2DNR

2DNRとは動画を静止画的フレームで判別しその差分を認識しノイズが発生する部分の補正をかけます。動きのある被写体に強いという特性を持っています。

 

3DNR

3DNRとは3次元ノイズリダクションと呼ばれています。3次元といっても空間ではなく2次元の平面画像を時間軸での差分をノイズとして認識してノイズを検出する機能です。そのため動きのある被写体には弱く、動きのない被写体の場合に効果を発揮します。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop