スタッフブログ

工場や倉庫で防犯カメラを設置するメリットと活用法

NSKのスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。今回は工場や倉庫で防犯カメラを設置する際のメリットとどういった場所に設置されているかなど活用法について解説させていただきます。倉庫や工場などは死角も多く住宅地や繁華街からも離れており夜間も人気がないので窃盗犯からも狙われやすいといった問題もあります。

 

また従業員による不正や内引きなどの問題行動も監視することで、不正を是正することができます。来客や従業員の駐車場を監視したり幅広い用途で防犯カメラを活用することができます。

 

工場や倉庫で防犯カメラを設置するメリットと活用法

用途別のメリットと活用法

工場や倉庫の中でどういった用途で活用できるのか解説していきます。防犯目的だけではなく作業効率や生産性を高めるためにも防犯カメラが使えますのでそのあたりも解説していきます。

 

品質管理に活用

工場でのライン製造において防犯カメラを設置して品質管理に活用できます。印刷ミスや部品のご出荷など人為的ミスによるクレームが発生した際に、設置した防犯カメラ映像を遡って確認することで対応することができます。

 

またモニターで常時表示して、アラームブザーで発砲したり、パトランプで知らせたりなど可能です。異常が発生した際にすぐにスタッフが動けるように体制を整えておくことで品質向上に役立てます。

 

現場の安全管理に

工場や倉庫内で作業する従業員に安全を管理するために活用できます。従業員の体調や動きに問題がないか、安全に働けているのか、工作機械の動きに問題がないのかなど、カメラを設置することで離れた場所から安全管理が可能です。

 

遠隔でレンズを動かせるカメラであれば、360度現場の状況をモニタリングできます。スピーカーを付けられるカメラであれば、遠隔で作業指示を出したりすることも可能です。

 

報告書・資料作成や現場研修

従業員の作業を防犯カメラで録画しておくことで、新人教育研修としても防犯カメラが活用できます。長年勤めているベテラン従業員の作業を見て覚えることで、技術を習得することに活用できます。また作業報告書や資料の作成でも文字だけではなく実際の防犯カメラ映像を使うことで報告書の質も高まり、工場への信頼も高まります。

 

防犯対策

工場の中は商品の他にも、備品やサンプルなど貴重なものが多く存在します。従業員による不正や盗難を防ぐためにも防犯カメラを活用できます。また不審者の侵入を防ぎ、万が一、侵入があった際にも活用できます。

 

また従業員や来客用の駐車場に防犯カメラを設置して駐車場でのトラブルを監視することもできますし、受付に設置して来客があった時に対応する時にも活用することができます。

 

設置場所と注意点

防犯カメラを導入するメリットと活用法を分かって頂けたかと思います。実際に導入するにあたって設置の際に注意するべきポイントや具体的な設置場所について解説していきます。

 

防犯カメラは目立つ位置に設置する

犯罪を抑止するために設置する防犯カメラは隠すのではなく目立つ位置に設置するようにしましょう。倉庫や工場の中への侵入経路や動線を想定して設置することで防犯抑止効果が高まります。入口や裏口など死角となりうる場所を捉えるような形で防犯カメラを設置するようにしましょう。

 

全方位カメラを検討する

全方位監視できる防犯カメラを選ぶことで、カメラの台数を減らすことでを導入コストおさえて設置することが可能です。ネットワークカメラの360°フィッシュアイカメラであれば1台で全方位モニタリングできます。

 

NSK全方位フィッシュアイカメララインナップ

 

IP-3006F-i7SD5

6メガピクセルパノラミック スターライトネットワークIRフィッシュアイカメラ

IP-3005FI

5メガピクセルパノラミックスターライト ネットワークIRフィッシュアイカメラ

上記、2機種はネットワークカメラで360°フィッシュアイ映像で見ることができます。IP-3006F-i7SD5はフィッシュアイモードを搭載しており、写真のような分割映像でモニタリングすることができますので死角のない撮影が可能です。

NSK光学ズームPTZカメララインナップ

 

IP-9022MPTZ

2メガピクセル光学3倍ズーム スターライトPTZネットワークカメラ

IP-9102PTZ-i7SD5

2メガピクセル光学 30 倍ズーム スターライト PTZ ネットワークカメラ

IP-9202PTZ-AI

2メガピクセル光学32倍IR AI PTZスターライト ネットワークカメラ

IP-P9302PTZ-AC

2メガピクセル光学30倍 防蝕対応スターライト PTZ ネットワークカメラ

NS-AH918IRPRC

200万画素AHD.PTZカメラ

上記のカメラは遠隔で全方位にレンズを動かすことができるPTZカメラです。PTZとはパン・チルト・ズームの略でレンズを上下左右にさせることができます。また光学ズームを搭載していますので、離れた場所もズームで撮影することが可能です。通常だとカメラを2台設置する現場でも全方位カメラやPTZカメラを活用することでカメラ台数をおさえることができます。

 

保存期間

防犯カメラと一緒にレコーダーを設置します。レコーダーは防犯カメラで撮影した映像をハードディスクに録画します。その際にレコーダーの種類や設置によって保存期間が変わります。レコーダーによってはハードディスクの搭載枚数が増えて、ハードディスクを増設して録画日数を伸ばすことができます。

 

またモーションディテクション機能を使うことで録画日数をさらに伸ばすことが可能です。モーションディテクションとは動きがあった時だけ録画する機能なので、無駄な録画はせずに必要な場合だけ録画することでハードディスクを節約して使用することができます。

 

カメラ解像度

工場や倉庫は敷地が広大なため、被写体が小さくなってしまったり、工作機械や棚などの影響により離れた場所に設置せざるを得ない場合があります。そうした場合カメラの画素数が高い防犯カメラを選ぶようにしましょう。またバリフォーカルレンズや光学ズームレンズを搭載していれば、さらに寄りで撮影することができます。弊社の防犯カメラ最大6メガピクセルの防犯カメラをラインナップしているので、高画質のカメラを選ぶことも可能です。

 

防水・防塵性能

工場や倉庫の中は粉じんが多いので防水・防塵性能の高い防犯カメラをおすすめします。また夜間暗視撮影できる赤外線のカメラにしましょう。工場によっては空調設備など効いていない現場もありますので、耐久耐湿性の高い防犯カメラもおすすめです。

 

屋内だからといって屋内用の防犯カメラにすると故障する確率が上がりますので注意が必要です。。

 

配線が難しい場合は無線アクセスポイントを活用する

屋外用無線AP/ブリッジ DLB Propeller 2 | ハイテクインター

工場や倉庫などはケーブル配線することが難しい場合もあります。そのため無線式のアクセスポイントを使用することも検討しましょう。2.4GHz帯だけではなく5GHz帯の無線アクセスポイントもあります。

 

工場内では工作機械など高電圧の配線が多く、防犯カメラのケーブルを配線した際に影響を受けて映像ノイズが発生する可能性があります。そういった場合でも無線アクセスポイントであればノイズの影響を気にせずに防犯カメラを使用できます。

 

拠点間のネット遠隔監視

工場や倉庫が全国にあり多拠点で事業展開している場合、レコーダーのネット遠隔監視機能を利用することで解決します。本部から各工場へ実際に出向くのもインターネットで遠隔からモニターすることができれば、より効率も高まり便利です。

 

弊社の防犯カメラレコーダーはすべてネット遠隔監視可能なので、現場のインターネットを活用して生産効率向上につなげられます。

 

ネット遠隔監視についてはP2PもしくはDDNSを使って遠隔監視します。VPNにも対応していますので、難しい設定は特に必要なく導入することが可能です。※状況によって現地のルーターの設定は必要です。

 

工場や倉庫の問題解決ソリューションへ

防犯目的以外にも生産性の向上や安全管理など防犯カメラは幅広く活用できます。工場への防犯カメラ導入は補助金を活用できる場合もありますのでご検討ください。実際の製品を使ってのデモも可能です。防犯カメラ導入の際はぜひNSKへご相談ください。

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/