スタッフブログ

防犯カメラをフィットネスジムに導する際のメリットと注意点

 

24時間運営のジムや完全個室のジムなど、世間の健康志向の高まりに合わせてフィットネスジムは店舗数を増やしています。不特定多数の人が利用する施設になるのでトラブルや犯罪なども起こってしまう環境なので、防犯カメラを活用することでそうした問題に対処することができます。顔認証システムを組み合わせて完全無人で運営しているジムもある中でおすすめする機能も合わせてご紹介いたします。

 

フィットネスジムで防犯カメラを導入するメリット

実際にフィットネスジムに防犯カメラを導入するメリットについて解説いたします。防犯目的だけでなくサービス品質を向上させるためにも活用できますので合わせてご紹介いたします。

 

盗難の防止

大型のフィットネスジムであればロッカースペースがありますが、こういった不特定多数の利用者が出入りする場所では貴重品などの盗難被害の報告があります。そういった犯罪を未然に防ぐためにも防犯カメラは活用されます。

 

またスタッフの事務所などの防犯カメラを設置することでサービス品質の向上や内引きなどのトラブル防止にも活用することができます。

 

パーソナルトレーニングジムでのトラブル防止

最近は24時間営業のフィットネスジムやパーソナルトレーナーのジムも増えています。

都心のマンションの一室でマンツーマンでトレーニングすることができるのが特徴で人気となっています。しかしトラブルがあった際に密室だと問題の原因を特定できないので防犯カメラがあれば、運営側も利用者側も安心してサービスを受けることができます。

 

利用者のマナー意識向上

防犯カメラを設置することで利用者のマナー意識の向上が期待できます。不特定多数の利用者が行き交うスペースでゴミを捨てたりするマナーの悪い客に対して防犯カメラが効果を発揮します。ジムの清潔感が保たれることで利用者の満足度にも貢献することができます。

 

防犯カメラを導入する際の注意点

実際に防犯カメラを設置する際に注意する点について解説します。設置する場所を事前に考えて設置しないと思わぬクレームやトラブルが発生する可能性もありますのでご注意ください。

 

プライバシーの配慮

防犯カメラを設置する際はプライバシーに配慮するようにしましょう。例えば防犯目的でカメラを設置していることを告知したり、シャワールームなどにはカメラを設置しないようにしましょう。映像の中で特定の部分のみ非表示にする機能でプライバシーマスク機能があります。判断が難しい場所はプライバシーマスク機能を活用してください。

 

防犯を意識した設置方法

防犯目的でカメラを設置する場合は設置方法と設置する向きに気を付けるようにしてください。具体的にはカメラの設置する高さや逆光に気を付けるなどカメラの映像の中で人の顔がしっかりと映るように注意が必要です。またカメラの向きは死角が少なくなるように設置し必要に応じてカメラの設定を変更する必要があります。

 

 

顔認証システムを利用した取り組み

最近で顔認証システムを活用したフィットネスジムが登場しています。店舗へ来店する際に顔情報を登録して会員は顔に認証をするだけで入場できる仕組みです。顔認証システムの最大のメリットはなりすましを防ぐことができます。パスワードやカードでの認証は別の人物でも使うことができますが、顔認証システムであれば本人しか使うことができません。

 

顔情報は個人情報になりますので、顔情報を収集していることを告知する必要があります。場合によっては個人情報保護法に関わり違反した場合は罰則などペナルティがあるので注意が必要です。

 

フィットネスジムのおすすめの防犯カメラ機能

防犯カメラメーカーが推奨するフィットネスジムにおすすめの防犯カメラを紹介いたします。常時、多くの防犯カメラをラインナップしているNSKだからこそおすすめできる防犯カメラはこちらです。

 

全方位360度ネットワークカメラ

全方位モニタリングできる360度カメラです。通常のカメラは水平画角が100度程度なのでカメラ3台設置するのと同じ効果が得られます。NSKの360度カメラは分割モード機能を搭載していますので、カメラ4台設置したような映像でモニタリングが可能です。

画質も500万画素以上の高解像度カメラになるので、細かいところまで高精細なモニタリングが可能です。

 

IP-3006F-i7sd5

https://n-sk.jp/product-list/ip-3006f-i7sd5-2

IP-3005FI

https://n-sk.jp/product-list/ip-3005fi

 

 

PTZカメラ

 

PTZとはパン(左右)、チルト(上下)、ズーム(拡大、縮小)できるレンズを搭載したカメラです。PTZカメラであれば離れた場所から遠隔でレンズを動かし見たい方向を見ることができます。光学ズームはデジタルズームと違って解像度を落とすことなくキレイな映像のままズームすることができます。

 

IP-9022MPTZ

https://n-sk.jp/product-list/ip-9022mptz

 

 

赤外線暗視機能/スターライト機能

夜間の明かりがない状態でもモノクロで撮影できる赤外線暗視カメラをおすすめします。赤外線暗視カメラであれば、店舗を閉店し電気を消した後でも暗視撮影することが可能です。またスターライトセンサーを搭載したカメラであれば、薄暗がりの店内でも高精細なカラー映像で撮影することができます。

 

H.265

動画圧縮方式H.265対応の防犯カメラをおすすめします。H.265は最新の動画圧縮方式になり、従来のH.264に比べて2倍の圧縮率の新規格になります。最近のカメラは高解像度化しており、それに伴いストレージの容量が多く必要です。そのため録画容量の節約をすることができるH.265方式の防犯カメラをおすすめします。H.265に関しては以前、別の記事にまとめましたのでそちらもご覧ください。

動画圧縮方式H.265って何??

 

音声マイク付き防犯カメラ

音声マイク付きの防犯カメラならユーザーとのやりとり音声を録音することができます。特にレジ上ので金銭のやりとりなどトラブルが多いのでレジ上にマイク付きの防犯カメラの設置をおすすめします。外付けマイクを接続できる防犯カメラであれば市販のマイクを後からつなげて使うこともできます。

 

安心して利用できるフィットネスジムを目指して

フィットネスジムの運営に防犯カメラを活用することで、利用者に安心を提供できます。また業務を効率化することでジムの運営を最適化します。ぜひ防犯カメラを活用してください。

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/