スタッフブログ

フリッカー現象とは?防犯カメラのフリッカーレス機能について

防犯カメラを設置しているとフリッカーと呼ばれる現象が発生する場合があります。横に太い縞模様のような線が出てきて不鮮明な映像となってしまい、画質が劣化します。フリッカーとは何なのか?また現象が発生した際の対応方法について解説します。

 

フリッカーとは

フリッカーを説明する前に私たちが生活する中で必要な照明である「蛍光灯」ですが、実は目で見たら分からない頻度で明滅をしています。電源は基本的Hz(ヘルツ)と呼ばれる周波数を持っておりその周波数の影響を受けて明滅しています。

 

そして日本は西日本と東日本で電源の周波数が異なり、東日本が「50ヘルツ」で西日本が「60ヘルツ」になっています。蛍光灯は倍の周波数を明滅しますので、東日本は1秒間に100回、西日本が1秒間に120回明滅するようになっています。

 

古くなった蛍光灯では明滅する間隔が遅くなるためちらつきのような形で見えてくる場合があります。いずれにせよ人間の目で見る限りはそこまで気にならない程度の明滅です。

 

フリッカーレス機能

防犯カメラのシャッタースピードが速いため、前述した100回(120回)の明滅より速いスピードのシャッタースピードで撮影した場合、明滅の間隔とのズレが生じてフリッカー現象が発生します。

 

そのため、防犯カメラの露出を自動的にコントロールすることで、明滅を防ぐ「フリッカーレス機能」を搭載した防犯カメラにすることで解決できます。

 

フリッカーレス機能が上手く働かない場合は、シャッタースピードは1/100より遅くすることで解決することができます。シャッタースピードを遅くした結果、明るくなりすぎた場合は、画質調整の明るさを適宜調整してください。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/

【告知】ダイレクトショップにてただいまお得なキャンペーンを実施中です。

「130万画素ドームカメラ4台」と「モニター付きレコーダー」のセットが、通常価格より半額以下で購入できるキャンペーンを実施しています。この機会をお見逃しなく!

NS-F202C 防犯カメラ1台+レコーダーセット

番犬モなタん