スタッフブログ

防犯カメラを介護施設に設置する時に注意点やメリット

高齢化が進み介護施設も多く見かけるようになるにつれて、虐待事件やトラブルなど悪いニュースも多々起きています。認知症の入居者の方は夜間施設から出て徘徊してしまったり、スタッフの数が足りておらず現場での課題が山積みというお話しも聞きます。

 

そんな中防犯カメラを活用していこうという動きがありますが、プライバシーの問題など注意するべき点も多く、介護施設への防犯カメラ導入する際の参考にしていただければ幸いです。

 

防犯カメラを介護施設に設置する時の注意点やメリット

防犯カメラを施設に設置する際の注意点を解説いたします。防犯目的で設置するカメラと入居者の見守りを目的とした見守りカメラは使用用途が異なりますので、そこも含めてメリットと注意点を考える必要があります。

 

防犯カメラを導入するメリット

防犯カメラや見守りカメラを導入するにあたってのメリットについて解説します。防犯目的であれ、見守り用途であれ設置することでどういったメリットがあるのでしょうか?

 

少人数スタッフでの業務の効率化

入居者の人数は決まっていても働いているスタッフが足りていない時に防犯カメラは活用できます。共用のスペースに防犯カメラを設置することでスタッフの動きを把握して効率的に支持を出すことによって仕事の無駄がなくなります。また施設全体を一か所で監視できますので、少人数での運用を可能になります

 

夜間徘徊の防止・対策

入居者の夜間徘徊防止や事故後の対応に役立ちます。防犯カメラの映像を確認して分析することで行動のパターンを把握して夜間徘徊を防止するための対策を事前に打つことができます。また入居者のご家族も心配になる中、防犯カメラを設置してあることで安心して施設を利用することができます。

 

不法侵入の防止・検証

介護施設の回りに防犯カメラを設置することで、不法侵入を未然に防ぎます。空き巣や侵入盗などは事前に現場を確認しておりその際に防犯カメラが設置してあった場合に犯行を諦めるという統計もでています。玄関や裏口での施錠と合わせて防犯カメラを活用することで施設への不法侵入防止に役立ちます。また実際の侵入があった後の警察への情報提供も可能です。

 

入居者間のトラブル解決

介護施設の中は多くの入居者や関係者、スタッフがいますので事故やトラブルが起きる可能性があります。その際に防犯カメラは役立ちます。防犯カメラと一緒にレコーダーを設置することでハードディスクに録画データを保存して置くことができますので録画を確認することで事故やトラブルを早期に解決することができます。

 

防犯カメラを導入する際の注意点

 

実際に防犯カメラを設置する際の注意点について解説いたします。設置場所や設置するカメラによって注意点は変わってきますので解説いたします。

 

プライバシーに配慮する

防犯カメラ映像は個人情報の一部になりますので、取り扱いには注意が必要です。録画した映像をSNSなど不特定多数が閲覧できるインターネットにアップすることは個人情報保護法の違反になります。入居者のプライベートなスペースはカメラ映像に入らないようにしたり、カメラのプライバシーマスク機能を使って対策しましょう。

 

隠しカメラは問題あるのか?

介護施設で隠しカメラの導入が進んだ時期がありましたが、その場合もプライバシーにしっかりと配慮する必要があります。場合によっては撮影していることを告知しなければなりません。隠しカメラを設置する背景としては入居者への虐待が増えていた事件がきっかけになっていると思われますが、見た目に威圧感のないカメラも増えていますので、あえて隠しカメラを使う必要はなくなってきていると言えます。

 

インターネット回線の有無

防犯カメラをネットで遠隔監視する場合は現場にインターネット回線が必要です。カメラ台数が多い場合などはモバイルルーターではなく、光回線の安定したネット環境を推奨します。見守りカメラであれば双方向での通信が必要なため現場でのネット環境は特に必要になります。

 

設置場所とカメラの性能

防犯カメラの設置場所とカメラの性能に注意が必要です。カメラを設置した後に思っていた映像が取れていない、夜間真っ暗で映像が撮れていないとならないように事前の現場の調査と取り付けるカメラの選定が必要です。またカメラの形状や付加機能など多くありますので、現場に合わせたカメラを選ぶ必要があります。

 

おすすめの見守りカメラ

介護施設や福祉施設でおすすめする見守りカメラをご紹介いたします。

 

ぴよかめ

可愛い見た目の見守りカメラ「ぴよかめ」は介護施設や福祉施設でおすすめの見守りカメラです。リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、フル充電で約4時間稼働します。200万画素のカメラを搭載しており、録画データをマイクロSDカードやクラウドに録画することが可能です。

 

ぴよかめの特徴はなんと言っても可愛い見た目をしたデザインです。部屋に防犯カメラが設置してあると監視されている印象が強いですが、ぴよかめは威圧感を与えずにインテリアに馴染みます。

 

マイクとスピーカーを内蔵しているので入居者の方との双方向での通話が可能です。他にも温湿度センサーを内蔵しておりヒートショックや熱中症対策にも活用できます。見守りカメラとして使う機能は網羅しているカメラです。

 

製品の詳細はこちら

ぴよかめ ブラウン

 

 

介護施設におすすめの防犯カメラ機能

 

介護施設におすすめな防犯カメラ機能を紹介いたします。あると便利な機能、必要な機能など設置する際のメリットも含めて解説します。

 

全方位カメラ・PTZカメラ

360度全方位モニタリングできる全方位カメラをおすすめします。通常のカメラレンズは水平画角が約100度になりますので部屋に設置する場合は、角に二箇所設置しますが全方位カメラは1台で部屋の中全体が見回せます。またPTZカメラを使えば遠隔でレンズの向きを動かせますので、何かあったときでも安心です。どちらのカメラも設置台数を減らしてコストを抑えることができます。

 

マイク付き防犯カメラ

防犯カメラで映像を見るだけではなく音声も録音できるマイク付きのカメラをおすすめします。現場でどういうやりとりをしていたのかを録音しておくことでトラブルや事故が起きた時の問題解決に役立ちます。マイクが搭載されているモデルの防犯カメラや外付けでマイクを取り付けできるカメラもあります。

 

赤外線暗視機能

赤外線暗視機能が付いている防犯カメラをおすすめします。カメラのレンズ回りに赤外線LEDを搭載しており赤外線を照射することで、夜間暗闇でも暗視撮影できる機能です。夜間は施設も消灯しており赤外線機能がついていないと暗闇で撮影することができませんのでおすすめの機能です。またスターライト機能を使えば明かり少しでもあればカラーで撮影できます。

 

AI機能

侵入検知やいたずらを検知するAI機能を使えば防犯カメラのメリットを最大限活用することができます。NSKのネットワークカメラNEXTAI(ネクストアイ)シリーズは最先端のAI機能を搭載しており、AIアルゴリズムによって検知した情報をアラームで出力できます。防犯カメラで撮るだけでなく分析し現場に活用できます。

 

まとめ

介護施設や福祉施設に防犯カメラ付けるメリットはお分かりいただけたかと思います。設置に関しては現場調査や注意点などありますので注意して防犯カメラを選ぶようにしてください。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/