スタッフブログ

ネットワークカメラのPoE機能について

 

今回はネットワークカメラのPoE機能について解説します。PoE機能を活用することでLANケーブル一本の配線でよくなりますので工事も楽になりおすすめの機能です。PoEと言っても仕様書を見ると様々な表記がされており、どれを選べばいいのか分からないといった事をよくお聞きします。今回はそんな時に参考にして頂ける記事になっています。

 

PoE機能とは

PoE(Power over Ethernet)とはパワー オーバー イーサネットの略です。PoEとはLANケーブルで電源を供給する技術です。LANケーブルとはパソコンを有線でインターネットする際に使うケーブルです。

PoE機能とはLANケーブルで通信を行いながら機器の電源供給ができる技術です。電源をとることが難しい場所やコンセントがない場所でも機器を設置することができます。

 

PoEの3種類の規格

PoEには3種類の規格が存在しています。米国電気電子学会が定めた規格で2003年に策定された「IEEE802.3af」そして2009年に拡張された規格として「IEEE802.3at」2018年にさらに拡張された規格で「IEEE802.3bt」があります。それぞれの規格の違いは供給できる電力量に違いがあります。IEEE802.3afが最大15.4Wまでで、IEEE802.3atが最大30W、IEEE802.3btは最大90W、まで電力を供給することができます。「IEEE802.3af」をPoE、「IEEE802.3at」をPoE+、「IEEE802.3bt」はPoE++と呼ばれています。

 

PoEの電力クラス

電力クラスとはネットワークカメラ側にPoEハブからどれくらい電力を送るかを定めたものです。例えばネットワークカメラがクラス0の電力クラスであった場合は最大15.4WまでPoEハブから電力が供給されます。

<電力クラス分け一覧>
クラス0:給電機器の出力(最大15.4W)ネットワークカメラ側(0.44〜12.95W)・・・「IEEE802.3af」
クラス1:給電機器の出力(最大4.0W)ネットワークカメラ側(0.44〜3.84W)・・・「IEEE802.3af」
クラス2:給電機器の出力(最大7.0W)ネットワークカメラ側(3.84〜6.49W)・・・「IEEE802.3af」
クラス3:給電機器の出力(最大15.4W)ネットワークカメラ側(6.49〜12.95W)・・・「IEEE802.3af」
クラス4:給電機器の出力(最大30W)ネットワークカメラ側(12.95〜25.5W)・・・「IEEE802.3at」

PoEを使うメリット

PoE機能を使うことで起こるメリットを解説します。

 

コンセントがない場所に設置できる

機器の電源がない場所や電源を作ることが難しい場所でも、PoE機能を使えばカメラを設置することができます。それによって工数を削減できますので工事費を抑えることができます。

 

配線をキレイにまとめられる

電源用の配線が必要ないので配線をすっきりキレイにまとめることができます。電源はACアダプターを使いますのでカメラ台数が多くなると電源周りが乱雑になり、配線がごちゃごちゃになりますが、PoE機能を使えばすっきりまとめることができます。

 

PoEの配線距離について

 

通常のPoEはLANケーブルで配線しますが、配線距離は100メートル以内になります。

100メートル以上配線する場合は、PoEハブを設置して延長する必要があります。NSKがラインナップするPoEハブは250メートルの長距離配線が戒能です。型番の末尾にV2が入っているモデルです。

 

PoEハブV2モデル

 

https://n-sk.jp/product-list/ips-3008-8gp-96-v2-2

 

https://n-sk.jp/product-list/ips-4218-16gp-240-v2-2

 

PoEインジェクター

PFT1500 新製品

PoE最適なLANケーブル

PoE機能を使う際のLANケーブルについてですが、現状でLANケーブルはカテゴリ(CAT)5・5e・6・6A・7・7A・8」の7種類あります。数字が大きいほど、通信速度が速くなります。現在の通信方式においては1Gbps以上が主流となっていますので、カテゴリ5e以上のLANケーブルを推奨しています。

 

PoEハブを選ぶ際の注意点

 

PoEハブを選ぶ際は1ポートあたりの電源容量に気を付けるようにしましょう。電源容量は1ポートで最大容量が決まっています。またPoEハブで繋げられるカメラの電源の最大容量もあります。ですので事前にPoEハブの使用をご確認ください。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/