スタッフブログ

防犯カメラのカラーリング塗装について

2022.06.01

防犯カメラの筐体の塗装色ですが、基本的に建物に設置することを考慮して設計しているため白色が基本となります。屋外に設置する場合、外の光の影響を受けますので筐体に熱がこもらないように、白色が選ばれる傾向にあります。しかし建物のデザインによっては黒色やその他の塗装を希望される場合もありますので、そうした場合はオーダーメイドで塗装することも可能です。

 

 

防犯カメラに塗装が必要な理由

なぜ防犯カメラの塗装が必要なのでしょうか。お客様から問い合わせの多いよくある理由としては景観法の指定がある現場に防犯カメラを設置する場合です。景観法の指定のカラーリングなどは市や自治体によって指定がありますので、そちらに準拠する必要があります。よくある塗装としては神社仏閣において建物と同系色の茶色の塗装をすることで景観に影響を与えない色で展開しています。

 

カラーリングの方法

防犯カメラのカラーリングの方法ですが、スプレーを吹き付けて塗装する方法から、シールで加工する方法など様々です。ロットによってできること、できない事がありますのでまずはお問合せください。

 

NSK君
NSK君
防犯カメラのカラーリングの事についてはこちらからお問い合わせください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop