スタッフブログ

防犯カメラのホワイトバランス機能とは

防犯カメラの機能の一つにホワイトバランス機能があります。ホワイトバランスとは画像の色味を調整する機能です。防犯カメラで撮影した映像を実際の目で見たものと合わせるためにホワイトバランス機能を活用します。

 

蛍光灯や白熱電球などによって実際の見た目とは違う映像が防犯カメラに映し出されます。青みがかった白色や、赤みがかった白色など色の見え方には違いがあります。これは色温度と呼ばれておりケルビン(K)という値で表されます。

 

例えば照明を購入されたことは見たことがあるかもしれませんが。照明のあかり照明のあかりの色味は主に「電球色」「温白色」「白色」「昼白色」「昼光色」に分類されますが、これらはそれぞれ約3,000K、3,500K、4,200K、5,000K、6,500Kにあたります。

 

このような色味の違いを補正して調整する機能をホワイトバランスと呼びます。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop