スタッフブログ

防犯カメラの遠隔監視機能、DDNSとP2Pシステム

2019.09.06

 

今回は防犯カメラの「遠隔監視機能」について解説いたします。

離れた場所からスマホやパソコンで24時間いつでも遠隔監視ができます。

インターネットに繋がっていれば、日本全国どこからでもご利用可能です。

 

ただし防犯カメラの映像はプライバシーが関わってくるため取り扱いには注意が必要です。

世界中の防犯カメラ映像をみることのできるサイトもあり遠隔監視する際はしっかりとセキュリティの設定をするようにしましょう、

 

とあるサイトでは世界中の防犯カメラの映像が見れてしまうため

もしかしたらあなたの自宅の映像も誰かに見られているかもしれません。

 

何故映像が見れてしまうのでしょうか?

それは防犯カメラの「パスワードを購入時の初期設定」のままにしているためです。

 

防犯カメラには初期パスワードが設定されています。

「0000」や「admin」などのパスワードは容易に特定されてしまいます。

 

機器を導入した際は必ずパスワードを変更する事を推奨します。

ネットワークカメラはセキュリティ機器という位置づけのため

パスワードの再設定をする際に初期化する必要があり、大切な録画データを失ってしまう可能性もあります。その為、設定したパスワードは必ず忘れないようにしてください。

 

また設定するパスワードは誕生日や連番などはやめて特定されにくいパスワードにするようにしてください。

ハッカーの手口の一つにプルートフォースアタック(総当たり攻撃)と呼ばれる手法があります。

これは似たようなパスワードをとにかく総当たり的に試す方法で簡単な連番などは特定される可能性が上がります。

 

さてさてそのような防犯カメラの遠隔監視機能ですが

現在は二通りの方法で利用する事が出来ます。

 

それは「DDNS」と「P2P」です。

 

まずはDDNSについて解説していきたいと思います。

 

DDNSとはダイナミックDNSの略で

動的に動くグローバルIPアドレスをDDNSサーバーにて一元管理、更新する事で遠隔監視を可能にします。

イメージはこんな感じです。

※DDNSイメージ(こちらをクリックしてください)

 

まだネットワークカメラが出始めの頃はこのDDNSが主流でした。

DDNSのデメリットは現場のルーターでポート開放(ある程度専門知識が入ります)が必要なのとグローバルIPが変わった際に

更新の間隔によっては見れなくなる事もあります。

また最近、現場でちらほら見かけるIPv6に対応していないなど数々の問題があります。

 

DDNSのポート開放についての記事はこちらをご覧ください。

 

ネットワークのグローバルIPとは?ポート開放と遠隔監視について

 

DDNSに代わる新しい遠隔監視の技術が「P2P」です。

 

P2P(ピアーツーピア)一般的にピーツーピーと呼ばれています。

通常、私達がインターネットをする時はクライアントサーバー方式と呼ばれる方式を利用します。

 

 

例えばhtttp://www.nsk.jpのサイトにアクセスしようとした際に

httpというプロトコルを使って www.nsk.jpというFQDNサーバーへアクセスします。

 

個々のPC(クライアント)からのリクエストを受け取りサーバーはサイトページの情報をレスポンスします。

これがクライアントサーバー方式のモデルです。

 

P2Pはノード同士が相互に通信を行うためサーバーに依存せずに通信が可能です。

またDDNSの際のデメリットであったIPv6にも対応しており次世代通信のモデルケースとして注目されています。P2Pを使ったシステムとして有名なのがスカイプです。

 

スカイプは全世界のユーザが無料でチャットや通話をする事が可能な為、通信するデータも膨大な容量になってしまいます。

これをクライアントサーバー方式で処理しようとするとサーバーコストが膨大になりますがP2Pにする事でそのそのコストが軽減できます。

 

最近ではスーパーノードとしてマイクロソフトのクラウドサービスazureを実装しており完全なP2Pとは言えない状態になっているとの事ですが。。。

 

他にも有名なのがビットコインで有名な仮想通貨です。ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる仕組みを利用したシステムですが、ベースシステムはP2Pで構築されています。

 

 

如何でしたでしょうか?

毎日、技術は進化しており機器の操作性や使い勝手もどんどん進化しています。

 

防犯カメラを購入しても設定が難しく、分からないなんて事もたくさんあると思います。

NSKではコールセンターを完備していますので、購入後に分からない事や相談したい事など是非ご活用ください

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/