スタッフブログ

キャンプ場へ防犯カメラを設置を検討されている方に

キャンプブームということもあって、どこのキャンプ場も人が大混雑となっています。多く人が集まればその分トラブルも増えますので、キャンプ場の運営されている方は対策を練る必要があります。防犯カメラを活用することで、キャンプ場のトラブルを未然に防ぐことができますので、今回はご紹介いたします。

 

キャンプ場でよくあるトラブル

キャンプ場でよくあるトラブルを解説いたします。

 

キャンプ用品の盗難

 

高級なキャンプ用品やおしゃれな用品などキャンプ場で盗難事件が増えています。盗難したキャンプ用品はオークションサイトでの転売も簡単にできますので、小型で持ち運びができるものは特に狙われる傾向にあるようです。防犯カメラを設置することで抑止効果がありますので、盗難を抑止することができます。

 

ゴミの放置、火の不始末

 

中にはマナー悪い利用者によるゴミの放置や直火禁止のキャンプ場で焚火の利用、また使用済みの炭を放置したりすることで、他の利用者の迷惑になり、続けばキャンプ場の悪い評判につながることもあります。ゴミを持ち帰る、火の後始末をキレイにするなどあたりまえのことですが、それが出来ないキャンプ利用者がいることも事実ですので、防犯カメラで対策が必要です。

 

子供の迷子

 

キャンプ場で子供が迷子になってしまうという事件も後を絶ちません。万が一、子供が迷子になってしまった場合でも防犯カメラがあれば、証拠の録画データを確認することで早期発見することに役立てられます。防犯カメラを見守りカメラして設置することができます。

 

施設の管理

 

キャンプ場のオフシーズンなど管理人が常駐していない場合に防犯カメラがないと、無断で使用されたり、いたずらされるなどトラブルがある可能性があります。オフシーズンに台風や大雨などの災害があった場合に遠隔地から現場を確認し、安全確認の初動を迅速に行うことで対応できます。

 

設置する際の注意点

 

実際の防犯カメラを設置する際の注意点について解説します。キャンプ場の現場に合わせた防犯カメラを使うことで効果的にトラブルを解決することができます。

電源を確保する

 

まず必要になってくるのが電源です。バンガローや管理錬の周辺であれば電源を取ることは簡単ですが、離れた場所や電源がない場所では防犯カメラの設置できませんのでご注意ください。基本的にはAC100Vのコンセントがあれば防犯カメラを設置することができますので、防犯カメラを設置する場所の周辺に電源があるか確認しましょう。

 

遠隔監視する場合はネット回線

 

 

防犯カメラを設置して録画するだけなら電源があれば問題ありませんが、遠隔監視したい場合はインターネット回線が必要です。光回線があればいいのですが、キャンプ場のある山奥ではひけない場合がありますので、SIMカードを利用したLTE遠隔監視機能をおすすめします。

 

防犯ステッカーを併用

 

防犯カメラと防犯ステッカーを併用することで、防犯カメラの効果を高めます。防犯ステッカーはカメラに比べて安く導入することができますので、積極的に活用することをおすすめします。シールタイプであれば壁やポールなど場所を選ばずに防犯ステッカーを貼れます。

 

キャンプ場で使える防犯カメラ機能

 

キャンプで使える防犯カメラ機能をご紹介いたします。実際にあると便利な機能なので、導入前に機能が付いているか確認しましょう。

 

赤外線暗視機能

 

キャンプ場は夜間、明かりが少ないので夜間暗視撮影が可能な赤外線照射機能付きの防犯カメラをおすすめします。夜間モノクロ映像ではありますが、真っ暗な場所でも映像のモニタリングが可能です。またスターライトカメラカメラであれば、夜間少ない明りでカラー撮影が可能なので、赤外線暗視機能と合わせて使うことで効果的な防犯が可能です。

防水防塵機能

 

キャンプ場の天気は変わりやすく、雨や風の影響を受けますので防水防塵機能のついた防犯カメラをおすすめします。防水防塵機能はIP性能で表記することができますので、IP性能の高い防犯カメラを選ぶようにしましょう。レコーダーを収納するボックスに関しても防水防塵使仕様のボックスを選ぶ必要がありますので注意してください。

屋外用防犯カメラのIP性能、防水防塵規格、IP67とは?

遠隔監視機能

 

離れた場所から遠隔監視する場合は、遠隔監視機能のついた防犯カメラを選ぶようにしましょう。P2Pと呼ばれる遠隔監視システムであればネット環境があれば難しい設定を入れずにすぐに遠隔監視することができます。

キャンプ場のおすすめ防犯カメラシステムをご紹介します。

 

防犯カメラメーカーとして多くの種類の防犯カメラをラインナップしています。その中でもキャンプ場におすすめする防犯カメラをご紹介いたします。

 

NS-SD6012BOX2

 

SDカードレコーダーを搭載した屋外用ボックスレコーダーです。AHDカメラを2台まで録画することができます。また128GBまでのSDカードを2枚挿入し、リレー録画で256GB分保存する方法や、ミラー録画にして同じ録画でー多を2枚に保存するなど、使い方に合わせて選ぶことができます。ボックス内部に電源を持っておりカメラの電源もとることができますので、ボックスに100V電源をとるだけで使うことができます。

NS-SD6012BOX2

D-BOX2

 

LTEルーターを搭載した屋外用遠隔監視システムです。PoEハブを搭載しているのでカメラ4台まで接続することができます。ドコモのLTE回線に対応しているので、電波が届く場所であれば、どこでも遠隔監視することができます。

 

ネットワークカメラ本体にマイクロSDカードを搭載することで録画データの保存も可能です。

D-BOX2

キャンプ場への防犯カメラはNSKへ

 

キャンプ場へ防犯カメラを設置するにはNSKへご相談ください。デモ機の貸し出しや実演も可能ですので、ぜひお問い合わせください。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/

【告知】ダイレクトショップにてただいまお得なキャンペーンを実施中です。

「130万画素ドームカメラ4台」と「モニター付きレコーダー」のセットが、通常価格より半額以下で購入できるキャンペーンを実施しています。この機会をお見逃しなく!

NS-F202C 防犯カメラ1台+レコーダーセット

番犬モなタん