スタッフブログ

ワンケーブルカメラとは?電源重畳について解説します。

2022.05.05

防犯カメラを選ぶ際にワンケーブルカメラまたは2ケーブルカメラという、仕組みがあります。それぞれは同じ防犯カメラでありつつも施工方法や機器の種類に違いがありますので解説いたします。

 

ワンケーブルカメラとは

ワンケーブルカメラとは、同軸ケーブルで配線する防犯カメラでケーブル一本で電源と映像を伝送できる防犯カメラです。ワンケーブルに対して2ケーブルカメラと呼ばれるものは映像の配線とは別に電源ケーブルを配線する別途配線する必要があるため2ケーブルと呼ばれています。

 

ワンケーブルカメラは別名でPoC「Power over Coax」とも呼ばれています。日本語では電源重畳(でんげんちょうじょう)方式と書きます。どちらも同軸ケーブルに電源をのせて伝送することで、ケーブル一本で配線することができる配線方式です。

 

電源ユニット

ワンケーブルカメラは電源を同軸ケーブルに乗せて伝送するために電源ユニットが必要になります。電源ユニットを設置する分のスペースと費用が掛かります。しかしワンケーブルカメラは配線を同軸ケーブル一本にまとめることができるので、配線工事費用を抑えることができます。

 

電源ユニットを内蔵しているレコーダーのことをPoC内蔵レコーダーと呼ばれています。PoC内蔵であれば、電源ユニットを別途購入することなく、ワンケーブルカメラを使用することができます。電源ユニットはレコーダーと同じくらいの大きさがありますので、スペースが確保できない場所では設置が難しくなるため、PoC内蔵レコーダーであれば省スペースにレコーダーを設置することができるので、おすすめです。不具合があった時の障害の切り分けなどを容易にします。

PoC内蔵レコーダー

NS-9040EXRV2

PoEとの違い

以前、記事にもまとめましたがPoEと呼ばれる機能が存在します。今回ご説明したワンケーブルカメラはPoCと呼ばれていますが、PoEはLANケーブルを使って電源と映像信号一緒に送る機能です。PoEとPoCの違いはケーブルの違いになりますが、どちらも配線工事が簡単になるため、工事費用を抑えることができるようになります。

ネットワークカメラのPoE機能について

2ケーブルをワンケーブル化して使う

2ケーブルカメラをワンケーブル化して使う方法があります。その場合は専用のユニットを使うことでワンケーブル化します。専用ユニットは送信機と受信機がありますので、送信機側に2ケーブルカメラを設置して、受信機側にレコーダーをつなぎます。受信機には100V電源が必要になりますが、同軸ケーブルを使って電源と映像信号を伝送することができます。

AHD-S010SET

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop