スタッフブログ

太陽光発電所に防犯カメラを設置する際のメリットや注意点

自然エネルギーとして注目されている太陽発電所は建設が進んでおり、至るところに太陽パネルが設置されています。そんな中で太陽光発電所を狙った窃盗犯や太陽光パネルの監視など防犯カメラの利用用途は多岐に渡ります。今回は防犯カメラを設置するメリットと注意点を解説いたします。

 

太陽光発電所で起こるトラブル

 

実施に太陽光発電所ではどういったトラブルが起きているのでしょうか。起きているトラブルはどうやって解決していくのか、まずは具体的なトラブルについて解説します。

 

盗難被害

 

実際に太陽光発電所では資材の盗難トラブルが起きています。施設内のソーラーパネルや電線などケーブル類から金属など盗難されています。盗難されたものは海外へ転売されたりする目的で盗難被害にあっています。過去あった事件では被害総額1億円を超える事件もありました。

 

■盗難被害額は1億4500万円

千葉県内の太陽光発電施設で相次いだ銅製ケーブルの窃盗事件に関与したとして、県警は茨城県常総市、解体作業員(72)ら60~70歳代の男3人を窃盗容疑で千葉地検に追送検し、捜査を終えたと14日、発表した。被害総額は約1億4500万円に上る。

発表によると、3人は2017年11月頃~20年8月頃、千葉、茨城、栃木など5県27市町で、太陽光発電施設を狙った銅製ケーブルの窃盗事件計228件に関与したとされる。3人とも容疑を認め、「人目につかず犯行が容易だったからやった」などと話している。

県内では19年頃から被害が相次ぎ、県警は複数の窃盗グループを摘発した。今回の3人による被害が最大という。3人は20年8~9月に逮捕、起訴され、有罪が確定している。

参考:読売新聞2021/01/17

 

太陽光パネルの監視

 

太陽光パネルの監視を目的として防犯カメラを設置します。太陽光パネルに鳥のフンや落ち葉などのゴミがたまるとそれだけ発電効率が下がり、発電量が低下します。定期的に発電所を巡回して見て回るのも手間と時間とコストがかかりますので、防犯カメラを導入することでそうしたコストを削減することができます。

 

現場の天候、災害確認

太陽光発電所は屋外の山間部に設置する場合が多いので現場の天候状況など把握することが重要になります。雷などの自然対策を想定して設置しているとはいえ、現場の天候など環境を把握することは重要になります。

 

太陽光発電所で使える防犯カメラ機能

太陽光発電所で実際に使用されているおすすめの防犯カメラ機能をご紹介いたします。すべて弊社のラインナップで対応できる防犯カメラ機能です。

 

遠隔監視システム

まずは遠隔監視機能付きの防犯カメラをおすすめします。現場にインターネット環境があれば、ランニングコストを掛けずに遠隔監視することができます。メインとな遠隔監視機能はDDNSもしくはP2P機能になります。どちらのシステムでも対応可能ですがDDNSはポート開放が必要になりますのでご注意ください。

防犯カメラの映像をスマホ、パソコンで見る方法

PTZ機能

防犯カメラの映像を上下、左右、ズームで動かすことができる機能です。PTZ(パン・チルト・ズーム)の略です。カメラから離れた場所でも遠隔でレンズを動かすことができるので、カメラの設置台数を減らすことで、コストを下げることができます。また光学ズームレンズを搭載していれば、太陽光パネルの汚れやゴミなどをしっかりと撮影することができます。

NSKのPTZカメラご紹介いたします!

AI検知、通知機能

太陽光発電所は基本的に無人になるので、防犯カメラの映像に変化があった時に検知することで、スマホやパソコンにお知らせしてくれます。通知の方法もメール通知やプッシュ通知など、使う用途に合わせてお選びいただけます。

防犯カメラのAI機能について解説します!

太陽光発電所でおすすめのシステム

防犯カメラメーカーのNSKがおすすめする防犯カメラシステムをご紹介いたします。

 

D-BOX2

M2Mルーターを搭載するD-BOX2は日本中どこにいても、遠隔監視が可能です。SIMカードはドコモに対応しているので、格安SIMなど活用することでランニングコストを抑えることができます。D-BOX2の最大の特徴は電源一本で動かせるという所とNSKのネットワークカメラは全て対応しています。そのため現場の要望に合わせてシステム構築することが可能です。

 

製品詳細はこちらから

D-BOX2

 

NS-SD6012BOX2

SDカードレコーダーを搭載したNS-SD6012BOX2はAHDカメラが2台まで搭載可能です。SDカードレコーダーNS-SD6012AHRはSDカード2枚まで搭載できるのでリレー録画で運用もできますし、ミラー録画で録画データをバックアップすることも可能です。SDカードが不安な場合はE-SATA外付けHDDを接続してハードディスク録画することが可能です。

 

NS-SD6012BOX2

NS-SD6012BOX2

 

光学30倍ズームカメラ

 

光学30倍のズームができるPTZカメラをおすすめします。太陽光発電所は広大な敷地になっておりカメラ1台ではカバーできる範囲が狭いので光学30倍ズームのネットワークカメラであれば、遠く離れた場所にある太陽光パネルもしっかりと監視することができます。

 

また自動追尾機能を使えば侵入者を検知すると自動で追尾しますので、おすすめの機能になっています。

 

IP-9102PTZ-i7SD5

 

https://n-sk.jp/product-list/ip-9102ptz-i7sd5

 

 

IP-9202PTZ-AI

IP-9202PTZ-AI

 

太陽光発電所の防犯カメラはNSKへ

 

実際の製品デモも可能です。

太陽光発電所に防犯カメラの導入を検討されている方はぜひNSKまでご連絡ください。

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/

【告知】ダイレクトショップにてただいまお得なキャンペーンを実施中です。

「130万画素ドームカメラ4台」と「モニター付きレコーダー」のセットが、通常価格より半額以下で購入できるキャンペーンを実施しています。この機会をお見逃しなく!

NS-F202C 防犯カメラ1台+レコーダーセット

番犬モなタん