スタッフブログ

防犯カメラをオフィスに設置するメリットと活用方法

防犯カメラをオフィスに設置することで、どういった問題解決が可能なのか。解説していきます。オフィスでは防犯目的はもちろんですが、従業員の勤務管理や、業務効率化は防犯カメラでできることは多岐に渡りますので、今回はオフィスの状況を管理する必要がある経営者の方や管理者の方向けの記事になっていますのでご覧ください。

 

オフィスでよくあるトラブル

実際にオフィスでよくあるトラブルと防犯カメラで解決できることを解説します。

 

機器や備品の盗難

オフィスにはパソコンや電話機などの、機器から現金や金庫など窃盗のターゲットになる場合があります。そうした場合は防犯カメラを設置することで抑止効果が高まりますので、盗難を未然に防ぐことができます。テナントオフィスなどセキュリティが万全ならば安心ですが、人通りの少ない場所にある事務所などは狙われやすく対策をすることが重要になります。

 

ハラスメント対策

オフィスではセクハラやパワハラなどのハラスメントも日々起きており、会社としてもコンプライスを遵守することが求められている昨今、ハラスメント問題にはしっかりと対応しなければいけません。実際にハラスメントがあったとしても、そんなことはなかったと言われてしまえばそれまでですが、防犯カメラやマイクで映像と音声を録画録音しておくことで、そうした言い逃れや見過ごしを防ぐことができます。

 

従業員の勤務管理

管理者は従業員が無断欠勤や遅刻などしていないをしっかりとチェックする必要があります。最近では働き手不足、リモートワークなどの影響により、ITツールを活用した勤怠管理を合わせて防犯カメラの映像を含めて確認することで管理を効率化します。また残業代未払いトラブルや、不正打刻の改善など職場環境の改善につながります。

 

 

機密情報の管理

オフィスには顧客情報や従業員の勤怠情報など社外への漏洩を防がなければいけない書類や情報が存在します。そうした機密情報を取り扱っているので社内のセキュリティ対策を強化しなければいけないのは言うまでもありません。そうした場合に機密情報を取り扱っているエリア内に防犯カメラは入退室管理システムを導入することで管理を効率化することができますので、導入するべきです。

 

防犯カメラで解決できる機能

実際にこれらの問題に対して防犯カメラでできることについて解説していきます。

 

遠隔監視機能

遠隔監視機能とは防犯カメラの映像を離れた場所からリモートで確認する機能です。全国にオフィスを構える企業においても遠隔監視機能を使えば、一つの拠点でまとめて監視することができます。弊社の遠隔監視アプリはすべて無料で提供しておりますので、インターネット回線があれば、すぐに遠隔監視を始めることができます。

防犯カメラの映像をスマホ、パソコンで見る方法

赤外線暗視機能

赤外線暗視機能とは夜間暗闇の中で赤外線LEDを照射することで、反射した光をセンサーで受け取り暗視撮影する機能です。夜のオフィスは人がいないため、電気も消えており暗闇になっていますので、防犯目的で設置する場合は赤外線暗視機能を付けることで解決します。赤外線暗視機能と合わせて使いたいのがスターライト機能で夜間、少ない明りでカラー撮影することができる機能で赤外線暗視機能と併用することで、暗闇の中でもしっかりと証拠撮影することができます。

防犯カメラの赤外線暗視機能について解説します

PTZ、全方位カメラ

PTZカメラとはパン、チルト、ズームができる防犯カメラのことです。通常の防犯カメラはカメラのレンズを手動で調整して画角を決めるのですが、PTZカメラは遠隔でカメラの向きを調できるカメラです。PTZカメラにすることで、カメラを1台設置するだけだ全方位モニタリングすることができます。またカメラ1台で全方位モニタリングできる全方位カメラであれば、全方位の映像を1台でまかなえますので、部屋の中央に設置することで解決します。

NSKのPTZカメラご紹介いたします!

オフィスの防犯カメラの導入を

オフィスに防犯カメラを設置することでメリットがたくさんあることがお分かり頂けたかと思います。是非オフィスにカメラの導入を検討してください。

 

NSK君
NSK君
防犯カメラのことならおまかせください!ダイレクトショップはこちらから

https://n-sk.jp/consumer/directshop