スタッフブログ

神社やお寺に防犯カメラを設置するメリットと注意点

最近になって神社やお寺など賽銭泥棒を捕まえたニュースを見るようになりました。どれも防犯カメラが証拠映像になって犯人逮捕につながっており、防犯カメラを設置するメリットは大きいと考えられています。

 

神社やお寺でどういったトラブルや犯罪が起きているのか、またそれを防止し早期解決を図るために必要な防犯カメラ機能を解説いたします。

 

神社やお寺で起きるトラブル

実際に神社やお寺でどういったトラブルが起きているのか解説いたします。多くのトラブルは防犯カメラを設置することで解決することができます。

賽銭泥棒

近年問題になっているのが賽銭泥棒などの盗難が問題になっています。夜間は明かりがほとんどないので赤外線暗視機能のついたカメラをおすすめします。防犯カメラは設置していると抑止効果が高まりますので、賽銭泥棒も諦めるという統計も出ています。

 

仏像など文化財の盗難

また神社仏閣には仏像などの重要文化財がありますので、文化財の盗難という問題が起きています。盗難などの問題も防犯カメラを設置することで未然に抑止することができます。神社やお寺24時間出入りが自由なので、不特定多数の人間が自由に出入りできるようになっています。そのためトラブルも発生しやすいのが現状です。

 

いたずらや破壊行為

24時間自由に出入りできるので若者の居座りやたむろなども起きますので、いたずらや破壊行為などのトラブルも起こっています。防犯カメラが付いていないと犯人の特定も困難になりますので、事前の防犯カメラの設置が重要になります。

 

放火

神社やお寺は木造建築になっているので、万が一、放火が発生した場合は火の手が広がりやすく危険です。特に夜間の人気のないところに放火犯は近づいてきますので注意が必要です。防犯カメラの通知機能を活用することで何かあった時にお知らせすることが可能です。

 

防犯カメラを設置するメリット

神社やお寺に防犯カメラを設置するメリットについて解説いたします。

 

犯罪抑止につながる

防犯カメラは名前の通り犯罪を防ぐカメラになりますので、犯罪の抑止につながります。目立つ位置に防犯カメラを設置することで、賽銭泥棒や放火犯などは犯行を諦める可能性があります。また検知機能をアラーム発砲を組み合わせることで犯人を威嚇することもできます。

 

盗難された時の証拠取り

ハードディスクレコーダーをつなぐことで防犯カメラの映像を録画することができます。もし盗難やいたずらがあった場合でも録画データを活用することで、犯人逮捕につなぐことができます。録画日数はレコーダーに搭載されているハードディスクの枚数とカメラの画質の設定で決まります。2週間から1ヶ月程度の録画が標準的な録画期間になります。

 

検知機能を使った防犯

防犯カメラに搭載されている検知機能をつかって防犯に活用できます。例えば人の動きを検知してブザーでお知らせしてくれる機能を活用して外出中の神社の防犯に活用します。ネットワークカメラのAI検知機能を活用することでご検知を減らして高度な防犯システムを構築することができます。

 

神社やお寺におすすめの防犯カメラ機能

実際の神社やお寺で使えるおすすめの防犯カメラ機能を紹介いたします。

 

遠隔監視機能

遠隔監視機能を使えば離れた場所から遠隔で防犯カメラの映像を見ることができます。NSKの防犯カメラはすべて遠隔監視機能を搭載していますので、現場にインターネット環境があればすぐに遠隔監視機能と使うことができます。

 

防犯カメラに代表的な遠隔監視方法でP2PでもDDNSでもどちらでも対応可能です。DDNSの場合は事前にアドレスの設定やポート開放が必要になります。

防犯カメラの映像をスマホ、パソコンで見る方法

赤外線暗視機能

夜間、明かりのない場所でもモノクロで撮影できる赤外線暗視機能をおすすめします。赤外線照射距離はカメラの種類によって変わりますので現場に合わせて選びましょう。またスマートIR機能を使えば現場の環境に合わせて赤外線の強さを自動で調整してくれるので赤外線の白飛びなどの問題も防ぐことができます。

防犯カメラの赤外線暗視機能について解説します

PTZ機能

PTZ(パン・チルト・ズーム)機能はカメラのレンズを縦・横・ズームで動かすことができる機能です。離れた場所からカメラレンズを動かせるので、カメラ1台で360度全方向のモニタリングが可能です。またズームは光学ズームになっているので、画質を落とすことなくズーム撮影することができます。

NSKのPTZカメラご紹介いたします!

AI検知機能

弊社のネットワークカメラに搭載しているAI検知機能を使えば、効率的な防犯システムを構築することができます。例えばSMD(スマートモーションディテクション)と呼ばれる機能は映像の中で動きがあった場合に検知する、従来のモーションディテクションをさらに、高度に人物、車両のみを検知する機能です。神社仏閣に侵入者があった場合に検知してアラームすることで防犯に活用できます。

防犯カメラ×AI機能で見える新しい防犯の形

神社仏閣におすすめの防犯カメラ

NSKは防犯カメラメーカーになります。多くの種類の防犯カメラを常時ラインナップしていますので、そんな中からおすすめの防犯カメラを解説いたします。

 

EX-SDIカメラシステム

地上デジタル放送用の機器で使われている規格でHD-SDIと呼ばれる映像規格があります。HD-SDIとは(High Definition-Serial Digital Interface)の略で同軸ケーブルを使ったシステムでありながら、デジタル信号の映像形式です。ただHD-SDIは高解像度でキレイな画質でありながら、配線距離が短いというデメリットがありました。(5C-FBで100m)

 

EX-SDIはHD-SDIと同じデジタル信号方式でありながら長距離配線が可能なシステムです。5C-FBで最大350mの長距離配線が可能なシステムです。

 

神社やお寺は土地が大きく、配線距離がかなり長くなりますので、EX-SDIの長距離配線によって解決します。

 

製品のラインナップはこちらから

https://n-sk.jp/productcategory/sdi-solution

 

ネットワークカメラシステム

ネットワークカメラシステムとはLANケーブルを使用した防犯カメラシステムです。LANケーブルの配線距離はハブとハブの間で100mまでとなりますので、さらに距離を出す場合はハブを追加する必要があります。またネットワークカメラシステムにはAI検知機能が搭載されていますので最新のAI検知機能を活用することで効果的な防犯システムを構築することができます。

製品のラインナップはこちらから

https://n-sk.jp/productcategory/ip-solution

 

神社やお寺に防犯カメラを活用しましょう

防犯カメラを設置することのメリットはお分かり頂けたかと思います。を設置する前に盗難や放火にあってしまってはもはや手遅れです。まずは防犯カメラを設置することで犯罪を未然に防げるように対策することをおすすめします。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップもぜひご覧ください!

https://n-sk.jp/consumer/directshop/