AIカメラとAPIの連携がICT化により人材不足の業務負担を軽減!

監視カメラとAPIの連携するイメージ画像

AIカメラの進化により様々な業務効率が進む中、APIとの組み合わせにより、業種別によるソフトウェアとの連携が可能になったことでより一層導入しやすくハードルが下がりました。

そして、近年では業務プロセスの効率化や人材不足への問題に対処することが火急の課題となり、それらをAIカメラとAPIの連携により解消されるようになりました。

今回は、AIカメラとAPIの連携がICT(情報通信技術)化により人材不足の業務負担を軽減する方法について紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

現代の人材不足の課題

スマホで監視カメラの映像を確認するイメージ画像

現代の人材不足の課題は、様々な要因が重なって起こっています。

まず、少子高齢化による労働力人口の減少がその大きな要因です。

これらの結果として、企業では求職者との競争が激化し、労働者の過重労働や雇用の不安定化が増えています。

また、企業のニーズが変化し、多様なスキルや専門性が求められるようになっています。

このため、求職者が持つスキルと企業の求めるスキルのミスマッチが発生し、人材不足が深刻化しています。

具体的な例として、ITやAI技術の急速な進歩に伴い、エンジニアやデータアナリストなどの専門的な知識を持つ人材が不足しています。

また、グローバル化が進む中で、外国語スキルや異文化間コミュニケーション能力を持った人材も求められるようになっています。

これらの課題を解決するためには、教育や研修制度の充実が重要です。

また、働きやすい環境づくりや、柔軟な働き方の実現も求められます。

これによって人材の確保やスキルの向上が可能になり、人材不足の課題への対応ができるでしょう。

 

AIカメラとAPIの連携によりICT化を実現!

監視カメラのデジタルトランスフォーメーションのイメージ画像

AIカメラとAPIの連携によるICT化は、効率的で効果的な結果をもたらします。

この技術の導入により、従来の手間や時間がかかる作業が簡略化され、業務効率の向上が期待できます。

例えば、AIカメラは顔認識や物体検出などの高度な機能を持ち、セキュリティやマーケティング分野で大いに活用されています。

一方で、APIはシステム間の連携を容易にし、データの収集や解析が行いやすくなります。

これらの技術が組み合わさることで、例えば小売店では来店客の動線分析や商品の人気ランキングの把握が瞬時にできるようになります。

これにより、店舗のレイアウト改善や、ターゲットに合った商品陳列が可能となり、売上向上につながります。

また、工場や倉庫では、AIカメラが製品や部品の検品を自動で行い、APIを介してデータが一元管理されることで、在庫管理や品質管理が効率的になります。

AIカメラとAPIの連携によるICT化は、さまざまな業務での効果を発揮し、企業の競争力向上に貢献することでしょう。

 

ICT化による人材不足の業務負担を軽減!

カメラのメリットを解説する女性の画像

近年、ICT化が進む中で、企業が抱える人材不足の悩みが深まっています。

しかし、そのような状況の中でもICT化をうまく活用することで、業務負担の軽減が可能になります。

まず、業務効率化が図れます。インターネットやクラウド技術を利用することで、情報共有が容易になり、リモートでの業務も可能となります。従業員の働き方が柔軟に変化し、効率的な業務遂行が可能となります。

また、AIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入によって、単純な作業や繰り返しのタスクを自動化することができます。

これにより、従業員はより付加価値の高い業務に時間を使えるようになります。

さらに、ICT化によって教育や研修が効率化されることもあります。

オンラインでの研修や教材の利用が増えることで、短期間でのスキルアップが期待できますし、コスト軽減にもつながります。

ICT化によって労働時間の削減が期待できます。

例えば、リモートワークの導入によって、通勤時間を削減することができます。

また、オンライン会議や電子文書の利用によって、業務のスピードアップが図れます。

このように、ICT化による人材不足の業務負担を軽減するための具体的な方法は様々存在します。

それぞれの企業が自身の状況に合わせてICT化を進めることで、効率的な働き方が実現され、より良い経営環境が築かれるでしょう。

 

まとめ

 

人材不足による企業の課題を解決していくにあたり、AIカメラとAPIの連携により業務効率を向上させることで、人材不足による一人当たりの業務負担を軽減する可能性を大いに発揮できるようになりました。

これにより、企業は効率的に業務を遂行し、従業員はより生産的な業務に集中できるようになります。

ICT技術の活用は今後ますます重要となるため、AIカメラとAPIの連携をうまく活用して導入していきましょう。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

AIカメラとAPIをセットで導入するメリットとデメリットを解説!

AIカメラのイメージ画像01

AIカメラとAPIをセットでの導入は、様々なメリットとデメリットがあります。

AIカメラの高機能な一面とAPIによるソフトウェアの連携をうまく活用することでDX化に大きく貢献します。

今回は、APIカメラとAPIのセットで導入するメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

代理店募集の画像

AIカメラとAPIの連携とは!

防犯カメラの専門家イメージ画像1

AIカメラとAPIの連携とは、AIカメラが撮影した画像や映像をAPIを通してデータ化し、外部システムやアプリと連携させる仕組みです。

AIカメラは人工知能技術を活用して、画像認識や顔認証などの機能を持っており、セキュリティ対策や広告効果測定、顧客分析など多岐にわたる用途に活用できます。

一方、APIはアプリケーションプログラミングインターフェースの略で、異なるシステム同士がデータをやり取りするための橋渡し役です。

APIを用いることで、AIカメラが取得した情報を簡単に別のシステムやアプリに活用できるため、様々なシステムとの連携が可能となり業務の効率化が向上されます。

具体例として、AIカメラが撮影した顔認証データをAPIで取得し、顧客管理システムに組み込むことができます。

これにより、来店客の顔データや来店履歴などの情報を一元管理し、効果的なマーケティング戦略を立てることが可能になります。

このようにAIカメラとAPIの連携は、様々なシステムやアプリにAIカメラの機能を容易に活用できるようにする画期的な仕組みでDX化に大きく貢献してきます。

 

AIカメラとAPIをセットで導入するメリット

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

AIカメラとAPIをセットで導入するメリットを4つ紹介します。

 

データ収集と活用の効率化

AIカメラが撮影したデータをAPIを通じてリアルタイムで取得できることで、データ収集と活用の効率が向上します。

正確な情報をもとに迅速な意思決定が可能になります。

 

システム間の柔軟な連携

APIは、異なるシステム間のデータ交換を可能にする仕組みです。

そのため、AIカメラと他のシステムやアプリの連携が容易に実現でき、幅広い用途で活用することができます。

 

コスト削減

AIカメラとAPIをセットで導入することで、個別に導入するよりも効果的なコスト削減が期待できます。

例えば、システム開発や運用コストが削減されることで、運用コスト全体が抑えられるといったメリットがあります。

 

機能の拡張性

APIを利用することで、AIカメラの機能を簡単に拡張できます。

新たな機能が追加された場合でも、API経由で連携させることでスムーズに導入が可能となります。

これらのメリットから、AIカメラとAPIをセットで導入することは、データ活用の効率化やシステム連携の柔軟性、コスト削減など多くの面で有益です。

 

AIカメラとAPIをセットで導入するデメリット

Q&Aに答える女性のイメージ画像

AIカメラとAPIをセットで導入することのデメリットには、以下のような点が挙げられます。

 

専門知識が必要

専門知識が必要となることもデメリットの一つです。

AIカメラとAPIをうまく連携させるためには、技術的な知識が求められます。

そのため、社内に専門家がいない場合、外部の専門家に依頼することになり、これもコストがかかることが想定されます。

 

過剰な機能が付いている

また、過剰な機能が付いていることもデメリットでしょう。

AIカメラとAPIがセットで導入されることで、自社に必要のない機能まで付いてしまうことが考えられます。

その結果、余計な機能に翻弄され、導入の効果が薄れることがあります。

 

セキュリティリスク

セキュリティリスクが高まることも懸念されます。

APIを使用することで、第三者とデータのやり取りが増えるため、情報漏洩のリスクが高まる可能性があります。

特に、個人情報を扱う企業では十分な注意が必要です。

 

これらのデメリットを踏まえた上で、AIカメラとAPIを導入するかどうか慎重に検討しましょう。

 

まとめ

 

AIカメラとAPIを導入することで、より高度な機能やサービスを提供することが可能となります。

また、セキュリティや監視の分野では、異常検知や顔認識などの機能を組み合わせて、ソフトなどと連携させることで効率的な監視システムを構築することができるため、セットで導入することがおすすめです。

ただし、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解したうえで考慮する必要があります。

まずは、企業のニーズやビジョンと予算を策定し、どのように導入していくことが適切なのか専門家へ相談しましょう。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

貸切バス(観光バス)の点呼記録は動画保存が義務化!条件や保存期間を解説!

貸切バス(観光バス)のイメージ画像

2024年4月から、貸切バス及び観光バスにおける点呼中の記録を動画にて保存することが義務化されます。

点呼の実施者と運転手は、その様子をビデオ撮影し、両者の顔がはっきりと映り、音声も明瞭に録音されるようにしなければなりません。

また、運転手が遠くにいる場合は、電話点呼が許可されており、この際は音声のみを記録することが求められます。

今回は、貸切バス(観光バス)の点呼記録に関して条件や保存期間などを解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

貸切バス(観光バス)の点呼記録とは

防犯カメラの専門家イメージ画像1

貸切バス(観光バス)の点呼記録は、運転手の朝礼中の点呼のことをいいます。

この点呼を動画で記録することが義務化となった背景として、静岡県の県道(ふじあざみライン)で2022年10月に発生した大型観光バスの横転事故で、乗客1名が死亡し、27名が重軽傷があります。

この悲劇を受け、国土交通省は同様の事故を防止するため、運行管理の実態を考慮し、貸切バスの安全性向上に向けた対策を大幅に強化することを決定しました。

これに基づき、2023年10月に関連法令である旅客自動車運送事業運輸規則を改正しました。

 

国土交通省による貸切バスの安全性向上ガイドラインの画像

点呼記録の動画保存が義務化される条件とは

監視カメラのデジタルトランスフォーメーションのイメージ画像

点呼記録の動画保存が義務化される条件は以下のような内容となっています。

 

第 24 条 点呼等

(3) 業務前、業務後及び業務途中の点呼等の記録等

(第 5 項)

点呼の確実な励行を図るため、点呼を行った旨並びに報告及び指示の内容を記録し、かつ、その記録の保存を 1 年間(一般貸切旅客自動車運送事業者にあつては 3年間)義務付けたものであるが、点呼等の際には、次の①~③の事項について記録しておくこと。また、点呼を行った旨並びに報告及び指示の内容の記録、保存については、「運行記録計による記録等の電磁的方法による記録・保存の取扱いについ て」(平成 10 年 3 月 31 日付け自環第 72 号)によらず、書面又は電磁的方法による記録・保存のいずれでも差し支えない。ただし、一般貸切旅客自動車運送事業者にあつては、書面ではなく電磁的方法による記録の保存をしなければならない。 一般貸切旅客自動車運送事業者による電磁的記録の保存には、点呼記録をシステムに入力して即座に自動的に保存されるもののみならず、パソコンの表計算ソフト等で入力したものを改ざんが容易でない方法で保存することや、手書きの点呼記録簿等をスキャナ(スマートフォンやデジタルカメラ含む)で読み取った形式で保存することを含む。いずれの記録においても、改ざんが容易でない形で保存する作業 は、点呼を実施した日から 1 週間以内に保存すること。 ①~③ (下記を参考)点呼の確実な励行を図るため、点呼を行った旨並びに報告及び指示の内容を記録し、かつ、その記録の保存を 1 年間義務付けたものであるが、点呼等の際には、次の事項について記録しておくこと。また、点呼を行った旨並びに報告及び指示の内容の記録、保存については、「運行記録計による記録等の電磁的方法による記録・保存の取扱いについて」(平成 10 年 3 月 31 日付け自環第 72 号)により、書面による記録・保存に代えて電磁的方法による記録・保存を行うことができる。

 

① 業務前点呼

イ.点呼執行者名 ロ.運転者等の氏名 ハ.運転者等が従事する運行の業務に係る事業用自動車の自動車登録番号又は識別できる記号、番号等 ニ.点呼日時 ホ.点呼方法 (イ)アルコール検知器の使用の有無 (ロ)対面でない場合は具体的方法 ヘ.運転者の酒気帯びの有無 ト.運転者の疾病、疲労、睡眠不足等の状況 チ.日常点検の状況 リ.指示事項 ヌ.その他必要な事項

② 業務後点呼

イ.点呼執行者名 ロ.運転者等の氏名 ハ.運転者等が従事した運行の業務に係る事業用自動車の自動車登録番号又は識別できる記号、番号等 ニ.点呼日時 ホ.点呼方法 (イ)アルコール検知器の使用の有無 (ロ)対面でない場合は具体的方法 ヘ.自動車、道路及び運行の状況 ト.運転者の酒気帯びの有無 チ.交替運転者等に対する通告 リ.その他必要な事項

③業務途中点呼

イ.点呼執行者名 ロ.運転者等の氏名 ハ.運転者等が従事している運行の業務に係る事業用自動車の自動車登録番号又は識別できる記号、番 号等 ニ.点呼日時 ホ.点呼の具体的方法 ヘ.自動車、道路及び運行の状況 ト.運転者の疾病、疲労、睡眠不足等の状況 チ.指示事項 リ.その他必要な事項

 

運転者や事業主は、動画データを適切な方法で保存・管理し、プライバシー保護に注意を払うことが求められます。

 

点呼記録の動画保存の義務化に関する法律や規制

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

動画保存の義務化に関する法律や規制については、国土交通省の「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」にて定まっています。

(4)点呼等の状況の記録(第 6 項及び第 7 項) (新設)

「録音及び録画」する機器は、点呼実施者・運転者側双方の音声が確認でき、かつ、運転者に対して点呼を実施している様子が確認できる映像が保存されていれば、監視カメラ、ノートパソコンに内蔵されている Web カメラ、デジタルカメラ、スマートフォン等幅広く認められる。点呼時の「録音及び録画」データ及び呼気の検査を行っている状況の「写真」データ(以下「動画データ等」という。)について、記録日がデータ表示画面や保存日から判別できない場合(例:事業場の撮影を常時行った場合であって、画面データに撮影日が入力されていない場合等)には、記録日がいつであるか分かるように動画データ等と合わせて保存しておくこと。動画データ等について、事業者内で利用するものの他、国の監査及び旅客自動車運送適正化事業実施機関で実施する巡回指導の際に参照する場合がある。動画データ等の情報の取扱いについて、あらかじめ従業員に同意を得ておくことが望ましい。また、従業員のプライバシーに配慮するため、動画データ等について、必要に応じてアクセスできる者の制限、パスワードの設定、ウイルス対策等を実施することが望ましい。 録音、録画及び撮影する機器(以下「録画機器等」という。)について、正常に作動しているか確認をすること。録画機器等が故障した場合にあっては、その後数日間録音、録画及び撮影ができない恐れがあることから、それを証するものとして故障日時、故障内容について記録し、90 日間電磁的方法で保存すること。また、故障した機器については速やかに修理又は交換を行うこと。

(出典:国土交通省「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」より)

 

 

点呼記録の動画保存の実施方法と注意点

動画を保存する際には、録画するカメラと別にレコーダーの設置が必須となります。

動画保存する際は90日間のデータを確実に保存されている必要があるため、保存するデータの容量をしっかり把握することが大切です。

データの容量は、2.5~3TB(テラバイト)程度は必要となります。

2.5TB~3TBは100~120日程度の録画データを保存することが可能であります。

また、1日ごとに毎回SDカードを取り出してパソコンにデータを移行するのはヒューマンエラーが生じるため、導入する監視カメラなどの録画機器は最低でも3カ月間の動画データを残せるHDDを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

貸切バス(観光バス)の点呼記録を動画で保存する義務化は、安全確保とトラブル対応のために重要な措置です。

適切な条件と保存期間を遵守することで、旅行者の安全を守り、万が一の事故や問題にも迅速に対応できる体制を整えることができます。

これらの規定に従い、貸切バス事業者は責任を果たし、安全な旅行環境を提供することが求められるため、適切な監視録画システムを導入し、保存期間も遵守して安心安全な運航業務を保つましょう。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

防犯カメラとAPIを一括導入するメリットとデメリットを解説!

監視カメラとAPIの連携するイメージ画像

APIは、異なるソフトウェアやアプリケーション同士が情報を共有し連携するための仕組みです。

監視カメラのAPI連携は、映像の利用範囲を劇的に広げ、DX(デジタルトランスフォーメーション)に大きく寄与します。

この記事ではAPIの概要を解説し、そのメリットやデメリットを紹介します。また、監視カメラとのAPI連携によって実現できることについて説明します。

 

防犯カメラとAPIの概要

監視カメラとネットワークのイメージ画像

防犯カメラは、犯罪や事故の防止や証拠収集の目的で設置される監視カメラの一種です。

最近では、高画質で低価格な製品が登場し、個人や企業が簡単に導入できるようになっています。

一方、API(Application Programming Interface)は、プログラムやサービス間で情報を共有・連携させるための仕組みです。

防犯カメラとAPIを組み合わせることで、さまざまな機能や便益が生まれます。

例えば、防犯カメラの映像をリアルタイムでモニタリングするアプリケーションを開発する際、APIを利用してカメラとアプリケーション間のやり取りをスムーズに行えます。

また、防犯カメラから取得した画像データを、顔認証や物体検出などの画像解析APIに送信し、解析結果を活用することも可能です。

具体的な利用場面としては、無人運転の自動車が周囲の状況を把握するために、車載カメラと画像解析APIを連携させることが挙げられます。

このように、防犯カメラとAPIを組み合わせることで、安全性や利便性が向上し、社会や生活に大きな影響を与えると言えるでしょう。

 

防犯カメラとAPIのメリット

カメラのメリットを解説する女性の画像

防犯カメラとAPIを組み合わせることで、得られるメリットは大きく分けて以下の3つです。

 

柔軟性が高まる

APIを利用することで、防犯カメラと他のシステムやアプリケーションとの連携が容易になります。

これにより、新しいサービスや機能の追加・変更がスムーズに行え、柔軟なシステム構築が可能になります。

 

効率性の向上

APIを通じてデータのやり取りが行われるため、手作業によるデータ入力や確認作業が軽減されます。

これによって業務効率が向上し、時間やコスト削減に繋がります。

 

付加価値の創出

防犯カメラから取得した映像データを、画像解析APIや機械学習APIなどと連携させることで、より高度な解析が可能になります。

その結果、新たなサービスの開発やビジネスチャンスの創出が期待できます。

防犯カメラとAPIを組み合わせることで、効率性や柔軟性の向上、付加価値の創出などのメリットを享受できることから、様々な分野でその活用が進んでいます。

 

防犯カメラとAPIのデメリット

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

防犯カメラとAPIのデメリットを理由と根拠、具体例を含めて紹介いたします。

まず、初期費用が高いことが挙げられます。

防犯カメラ本体の価格に加え、APIとの連携に必要な機器やソフトウェアの導入費用がかかります。

また、導入後のメンテナンス費用も無視できません。

定期的にカメラのクリーニングや機器の点検が必要ですし、APIの更新に伴う費用も発生します。

次に、プライバシーの侵害になる可能性があります。

防犯カメラ映像の取り扱いが適切でない場合、個人情報保護法に違反したり、周囲の人々のプライバシーを侵害するリスクがあります。

さらに、APIのセキュリティが万全でない場合、不正アクセスや情報漏洩の恐れがあります。

これは、企業の信頼やイメージに大きな打撃を与えることになります。

防犯カメラとAPIを効果的に活用するためには、専門的な知識が求められます。

しかし、すべての企業がそのような人材を抱えているわけではありません。

 

おすすめの防犯カメラとAPI一括導入の方法

防犯カメラの専門家イメージ画像1

信頼性の高い防犯カメラとAPIを選ぶことが大切です。

メーカーの評判や口コミ、導入実績を調べ、信頼できる製品を選んでください。

次に、専門家に相談してください。防犯カメラとAPIの導入に詳しい専門家に相談し、最適な設置場所や連携方法をアドバイスしてもらうことが重要です。

そして、導入後のサポート体制を確認しましょう。

万が一のトラブルに備え、メーカーや販売店が適切なサポートを提供しているかを確認することが大切です。

最後に、予算に沿った導入方法を選択してください。

初期費用やメンテナンス費用がかかりますが、全体的なコストを抑える方法を検討しましょう。

これらの方法を踏まえた上で、防犯カメラとAPI一括導入を検討してみてください。

 

まとめ

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

監視カメラとAPIの一括導入でセキュリティシステムを簡単に構築!

監視カメラのデジタルトランスフォーメーションのイメージ画像

監視カメラの利用が一般化する中で、セキュリティシステムの構築においてAPIの活用がとても注目されています。

APIを使用することで、監視カメラを一括で導入し、効率的にセキュリティシステムを構築することが可能となります。

今回は、監視カメラとAPIの導入メリットや構築手順について紹介していきますので、ぜひ最後までご覧下さい。

代理店募集の画像

監視カメラとAPIの組み合わせのメリットとは!

監視カメラとネットワークのイメージ画像

監視カメラとAPIの組み合わせには、多くのメリットがあります。

 

リアルタイムでの情報収集

監視カメラの映像をすぐに解析し、ソフトウェアとの連携により異常を通知させ、速やかに対応することができます。

 

システムとの連携が容易

APIを利用することで、元から使用しているソフトウェアに対して監視カメラとの連携をシステム上で行ってくれるため、システムの導入や連携が容易になります。

例えば、顔認証システムや入退室管理システムと組み合わせれば、高度なセキュリティ対策が実現できます。

 

データの集約・分析

複数の監視カメラから得られたデータを一元管理し、効率的に活用することが可能です。

 

カスタマイズが可能

企業のニーズに合わせて、独自の機能や設定を追加していくことができるため、柔軟な運用が実現されます。

監視カメラとAPIの組み合わせは、リアルタイムでの情報収集、システム連携の容易さ、データ活用の効率化、カスタマイズ性の高さといったメリットがあるため、非常に魅力的な選択肢です。

 

NSK君
NSK君
APIと監視カメラの関連についての詳細はこちら!
➡https://n-sk.jp/blog/surveillancecamera-api

 

監視カメラとAPIの一括導入がおすすめ理由!

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラとAPIの一括導入がおすすめな理由はいくつかあります。

 

  • 導入コストや運用コストの削減
  • 単体よりもまとめて導入することで割安になる
  • システム全体の運用管理が容易
  • システムの更新やアップグレードなどのメンテナンスも容易

 

個別に導入した場合、それぞれのシステムの連携や設定が複雑になることがありますが、一括導入すれば効率的に管理することができます。

また、全体でのバージョン管理が可能となり、最新の機能を早く取り入れられることによりセキュリティ対策も強化されます。

監視カメラとAPIの一括導入は、コスト削減、運用管理の効率化、セキュリティ強化、システムの更新などのメリットが大きい点でおすすめです。

 

監視カメラとAPIの構築手順

Q&Aに答える女性のイメージ画像

監視カメラとAPIの組合わせによるセキュリティシステムの構築手順を紹介していきます。

 

①ニーズや要件を明確にして、対象となる施設やエリアを具体的に把握します。

②適切な監視カメラとAPIを選定します。例えば、顔認証機能や高解像度映像が必要な場合には、それに対応した監視カメラとAPIを選びます。

③必要に応じて、セキュリティシステムと連携する他のシステム(入退室管理システムなど)を導入します。

④監視カメラを設置し、APIを用意したシステムと連携させます。この際、必要に応じてネットワークの設定やファイアウォールの調整を行います。

⑤システム全体の動作確認と、警備員や担当者への操作説明を行います。

⑥システムの運用・管理を行います。具体的には、映像のモニタリングやデータの整理・分析、連携システムの情報共有などを行います。

 

以上の手順に従って、監視カメラとAPIの組み合わせによるセキュリティシステムを構築することができます。

適切な手順を踏んでシステムを構築すれば、最大限の効果を発揮できるでしょう。

 

監視カメラの設置と接続方法

securitycameraを設置するイメージ画像

監視カメラの設置は、まず適切な場所を選ぶことが大切です。

監視対象となる範囲が広く、防犯上の効果が高まるポイントが望ましく、電源やネットワークの供給が確保できることを確認しましょう。

次に、カメラを固定するネジ穴を開け、カメラをしっかり固定します。

配線は、見た目がスッキリするだけでなく、雨風による劣化を防ぐためにも配慮が必要です。

接続方法は、有線と無線があり、それぞれメリットやデメリットがあります。

有線は安定した通信が期待できますが、配線が煩雑になることが懸念されます。

無線は配線が簡単ですが、通信の不安定さや干渉が問題となることがあります。

映像を監視するデバイスとカメラを接続します。

スマートフォンやパソコンなどから映像を確認できるよう、専用アプリやソフトウェアを利用しましょう。設置に関して不明な点や設置工事を依頼したい場合は、お気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ

 

APIの導入と設定方法

 

APIを導入することで、外部サービスと連携し、データの取得や送信が容易になります。

まず、対象となるAPIの公式ドキュメントを確認し、利用条件や制限事項を把握しましょう。

APIを利用するためには、開発者用のAPIキーが必要となるため、APIキーは大切に保管しましょう。

その後、自分のアプリケーションにAPIキーを埋め込み、APIと通信できるように設定します。

次に、APIのリクエストURLやパラメータを指定し、データの取得や送信を可能にします。

これには、サービスごとの機能やフォーマットに合わせた設定が必要です。

APIが正常に動作するか確認し、適切にデータが受け取れていることを確認します。

不具合がある場合は、ドキュメントや開発者コミュニティを参考に、問題を解決しましょう。

APIの連携や設定方法については、APIを提供している開発会社のエンジニアさんのサポートがあるため、安心して利用・運用することができます。

 

セキュリティシステムの機能と設定のカスタマイズ

 

セキュリティシステムには、さまざまな機能があり、それぞれのニーズに合わせて設定をカスタマイズできます。

例えば、侵入検知機能は、ドアや窓のセンサーを設定し、不審者が侵入した際に警報を発することができます。

また、監視カメラと連携させることで、不審者の映像をリアルタイムで確認することが可能です。

タイマー機能を利用して、一定時間ごとに自動でセキュリティシステムが作動するよう設定可能です。

万が一の際に素早く対応できます。

更に、遠隔操作機能を用いれば、外出先からでもスマートフォンやパソコンでシステムの設定を確認・変更できます。

 

まとめ

 

監視カメラとAPIの一括導入は、セキュリティシステムを簡単かつ効果的に構築するための優れた方法です。

この組み合わせにより、リアルタイムでの監視やデータの収集、分析が容易に行えるため、セキュリティ対策を強化することができます。

さらに、APIを活用することで、他のシステムとの連携やカスタマイズが可能となり、より効率的なセキュリティシステムを構築することができます。

是非、監視カメラとAPIの一括導入を検討し、より安全で快適な環境を実現していきましょう。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

観光バス(貸切バス)のデジタル点呼に対応するカメラや保管期間を解説!

監視カメラのデジタルトランスフォーメーションのイメージ画像

観光バス(貸切バス)のデジタル点呼は、お客様の安全な旅をサポートする運転手の体調を映像撮影し、管理等を行うことが目的です!

しかし、2024年4月1日より法律改正が適用されるようになるため、早急に準備が進められているところも複数あります。

今回は、観光バス(貸切バス)のデジタル点呼に対応するカメラや周辺機器などをしっかりチェックして法改正にもしっかり対応できるものを紹介していきましょう。

代理店募集の画像

観光バス(貸切バス)のデジタル点呼の詳細

貸切バス(観光バス)のデジタル点呼の義務化に伴い、2024年4月1日よりバスの運営会社の各事務所に動画を撮影するための専用機材が必要となります。

デジタル点呼の義務化の詳細として、「運転手と点呼を行う者が点呼をしている・点呼を受けている様子を動画撮影する」ことが大前提です。

特例として、運転手が遠方の場合には電話点呼などの音声記録のみで良いとされています。

動画を撮影するための専用機材に対し、細かな種類や機種などは指定がありませんが、画質は人の顔が鮮明に映せるもの、音声をしっかりと記録できるものである必要があります。

安易に安いカメラを購入してしまったり、スマホカメラを使用してしまうと、画質が劣っていたりデータ破損やメモリ不足が懸念点です。

デジタル点呼の基本として、バス会社の各事務所にデジタル点呼に適した機材を導入し、毎日の点呼の様子を撮影して記録するのが望ましいと言えるでしょう。

 

デジタル点呼に対応するカメラの条件

防犯カメラのイメージ画像2

デジタル点呼で使用する監視カメラは、本法令改正に則ったカメラでなければいけません。

デジタル点呼に対応するカメラの条件については、主に以下の4つの項目に分けられます。

・画質は、人の顔が鮮明に分かるもの

・音声は、しっかりと記録できるもの

・データ容量は、最低3ヶ月(90日間)の動画データを残せるもの

・タイマー設定で、点呼が必要な時間に自動で録画できるもの

前項でも記載したように、画質は人の顔が鮮明にわかる画質・解像度が必要で、音声はしっかりと記録として残せるものが必要です。

カタログスペックや通販サイトの情報で購入を判断してしまうと、トラブルが起こりやすくなります。

例えば、安価なものだと「思ったよりも画質が悪かった」「録画できていなかった」「自動検知機能が作動していなかった」などの問題が生じやすく、適当に最新機種を購入すると「オーバースペックでかえって高価な買い物になってしまった」など、素人は特に失敗しやすいため注意が必要です。

監視カメラや周辺機器を購入するときは、そのような失敗が起こらないようにできるだけ担当者が訪問してくれる業者から購入したり、実物を自分の目で確かめてから購入するようにしましょう。

データ容量は3ヶ月以上のデータが保管できる程度の監視カメラを選びましょう。

今回の「旅客自動車運送事業運輸規則」の一部改正によって、デジタル点呼の動画データは原則3ヶ月間の保存が義務付けられています。

そのため、バスの運行管理者が1日ごとに毎回SDカードを取り出して、パソコンにデータを移行するのはあまり現実的ではなく、データの移し忘れや、動画データの破損などのトラブルが起こりえるでしょう。
そのようなヒューマンエラーを防ぐために、導入する監視カメラなどの録画機器は最低でも3カ月間は動画データを残せる容量(メモリ)のものを選ぶようにしましょう。

また、スマホカメラやWEBカメラだと、容量が限られていて点呼時に録画し忘れてしまうミスが起きてしまう恐れがあります。

監視カメラの中には、自動検知機能を備えた機種があり、あらかじめ設定した位置に人が立つことで、自動で録画を開始するようにできます。

また、タイマー設定を備えた監視カメラであれば、設定した任意の時間に撮影の開始と終了を自動で行ってくれるため、撮影し忘れなどのトラブルを防ぐことができ、便利になります。

ヒューマンエラーを防ぐためにも、細かな作業や工程はなるべくAI化することで業務効率を向上することが可能です。

 

デジタル点呼におけるカメラ周辺機器

監視カメラ映像の保存のイメージ画像

デジタル点呼のデータをクラウド上で保管しない場合には、レコーダーが必要となります。

レコーダーがあれば、カメラの映像を24時間365日連続して録画ができ、カメラを複数台接続した場合にも同時録画ができます。

運行管理者が遠隔からカメラの映像を通して点呼を取る際は、モニターが必要です。

運行管理者がモニター越しでもドライバーの顔色や全身の確認ができるよう、照度は500ルクス程度が望ましいとされています。

 

デジタル点呼の保管期間や方法

監視カメラとネットワークのイメージ画像

デジタル点呼のデータ保管期間は、点呼の様子を撮影した動画データであれば、前述したように最低3カ月間ですが、点呼記録自体は3年の保管期間が義務づけられています。

データの保管方法については、いずれもデジタル保存となるため、ファイル名やファイル形式を整理しつつ、保存方法や保存媒体についても検討が必要です。

パソコンのデスクトップ内の保存だけでは、パソコンの破損が懸念されるため、外部メモリへのバックアップやクラウド上の保存などが必要となります。

「パソコンや機械に疎いから」、「具体的にどのカメラを選べばいいか分からない」といった問題を抱えている方は、専門業者に相談されることをおすすめします。

 

まとめ

 

観光バス(貸切バス)のデジタル点呼システムは、現代のテクノロジーを活用し、大切なお客様を安心・安全に運転するための管理しております。

また、デジタルデータの保管期間については、法的要件に従いながらも、必要な情報を効果的に管理する必要があるので、もしわからないことなどがありましたら、弊社のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

 

点呼動画の義務化による監視カメラの設置を検討している方は、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

幅広い知識と経験を積んだ専門のスタッフが丁寧に対応させていただきます。

安心安全な旅行をお客様へ提供するためにも、ぜひ弊社の監視カメラの導入をご検討ください。

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

監視カメラのAPI連携とは!メリットや注意点と導入事例を解説!

監視カメラ映像の保存のイメージ画像

APIとは、異なるソフトウェアやアプリケーション同士が情報を共有し連携するための仕組みのことです。

監視カメラのAPI連携は、映像の活用範囲を劇的に拡大させ、DX(デジタルトランスフォーメーション)にも大きく貢献してきます。

今回は、APIの定義について説明し、その利点や注意点を整理し、監視カメラとのAPI連携によって何が可能かを解説し、その実際の事例を紹介していきます。

代理店募集の画像

監視カメラのAPI連携とは

監視カメラとネットワークのイメージ画像

監視カメラのAPI連携とは、監視カメラシステムと他のソフトウェアやデバイスとの情報のやり取りを可能にするものです。

API(Application Programming Interface)は、あらかじめ規定された方法で、異なるアプリケーション同士が連携しデータをやり取りする仕組みのことです。

例えば、監視カメラの映像データをクラウドストレージに自動的にアップロードするための連携や、顔認証システムと監視カメラを連携させて、特定の人物の入退室管理を行うなどが挙げられます。

API連携が可能になることで、監視カメラシステムの機能が拡張され、より多様な用途や効率的な運用が実現されるようになります。

しかし、APIの連携を行う際には、技術的な知識が必要となることや、セキュリティの懸念があるため注意も必要になります。

 

監視カメラのAPI連携のメリット

監視カメラのデジタルトランスフォーメーションのイメージ画像

監視カメラのAPI連携には、以下のようなメリットがあります。

 

効率的な運用

監視カメラの映像データを自動的にクラウドストレージにアップロードしたり、映像解析を行って警報を出すなど、自動化された運用が可能になります。

 

機能の拡張

例えば、顔認証システムとの連携により、特定の人物の入退室管理や、無許可の立ち入りを検知するなど、監視カメラに内臓されたAI機能だけでは実現できない機能が追加されます。

 

カスタマイズ

各企業や施設のニーズに合わせて、監視カメラシステムを柔軟にカスタマイズすることができます。

 

コスト削減

API連携により、効率的な運用が実現されるため、人件費や設備費などのコスト削減に繋がります。

ただし、API連携を導入する際には、技術的な知識やセキュリティ対策が必要となるため、注意が必要です。

 

専門家と相談しながら、適切な連携方法を選定しましょう。

 

API連携による注意点とは

Q&Aに答える女性のイメージ画像

API連携を行う際には、いくつかの注意点があります。

 

セキュリティの配慮

外部のシステムと連携することで、情報漏えいや不正アクセスのリスクが高まるためです。

APIキーの取り扱いやアクセス制限の設定など、適切な対策を講じることが求められます。

 

APIの仕様変更や互換性に注意

提供元がAPIの仕様を変更した際、予期せぬ不具合が発生する恐れがあります。

APIのバージョン管理やアップデート情報のチェックが重要となります。

 

パフォーマンス

APIのレスポンスが遅い場合、システム全体の負荷が増大し、ユーザーエクスペリエンスが損なわれることも。

低遅延を実現するための工夫や、適切なキャッシュ設定が求められます。

 

APIの利用料金や利用制限

APIの利用料金は利用するシステムによってさまざまな料金形態があります。

APIには別途API開発費用とライセンス費用が発生する場合もあります。

APIを利用する前に利用料金や利用制限などの利用条件を把握することが望ましいです。

 

監視カメラのAPI連携の導入事例

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラのAPI連携を活用した導入事例を紹介します。

 

ショッピングモール

あるショッピングモールでは、来場者の動線解析や混雑状況把握のため、監視カメラの映像データを人工知能による解析に活用しています。

この解析結果をもとに、最適な店舗レイアウトやイベント企画が実施され、来場者の満足度が向上し、売上も伸びるようになりました。

 

オフィスやビル

他にも、オフィスビルにおいても監視カメラのAPI連携が活用されています。

ビル内のセキュリティ強化に、入退室管理や顔認証システム、物体検出技術を取り入れることでより効率的で安全な環境の整備が可能となります。

 

介護施設

さらに、APIにより監視カメラと介護施設の入居者管理ソフトウェアを連携させることも可能です。

例えば、監視カメラの動体検知機能センサーが反応した際に、管理ソフトウェアの名前を赤く点滅させ視覚的に異常を認識できる仕組みにし、通知された際も映像を表示させることにより、緊急事態にも素早く対応できる精度の高いインフラシステムを構築させることができます。

 

これらの事例からも分かるように、監視カメラのAPI連携は多岐に渡る分野で活用されています。

 

まとめ

 

監視カメラのAPI連携は、監視カメラの映像やデータを他のシステムと統合することで、現代のセキュリティシステムにおける効率的かつ重要な役割を果たしています。

セキュリティシステムだけでなく、企業・施設などのDX化により業務効率の改善が可能となるため人手不足の課題を解消することにもつながります。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

貸切バス(観光バス)点呼の動画撮影が義務化!ポイントや注意点を解説!

観光バスのイメージ画像

観光バスの点呼が義務化され、その様子を動画で撮影することが求められています。

この新しいルールにはいくつかのポイントや注意点がありますので、しっかりと把握しておく必要があります。

今回は、貸切バス(観光バス)の点呼の動画を撮影する義務についてポイントや注意点を解説していきますので、最後までご覧ください。

代理店募集の画像

貸切バス会社の点呼の動画が義務化!

ドーム型監視カメラのイメージ画像

点呼動画の義務化に至った経緯(事件の概要)

「旅客自動車運送事業運輸規則」の一部が2023年10月10日に改正された影響で、2024年4月1日より点呼動画が義務化されることになりました。

貸切バス(観光バス)の運転管理者は、運転手が点呼をとる際に、その様子を動画で記録しなければなりません。

また、撮影した動画は、90日間の保存期間が義務付けられているため、貸切バス(観光バス)の運営会社は条件が揃った専用機材を導入する必要があります。

今回の「旅客自動車運送事業運輸規則」の一部が改正された経緯として、2022年に静岡県内で起きたバス横転事故が背景にあります。

これまでのアナログな記録方法からデジタル化することで、運行管理者による運転手の業務内容・業務時間の把握などによる業務効率化や、なりすまし防止、事故発生時にはより正確な状況判断ができることで、安全性の向上に繋がります。

 

点呼動画撮影の義務化の詳細(監視カメラ、音声、保存期間)

貸切バス(観光バス)の点呼動画撮影の義務化に伴い、バスの運営会社の各事務所に動画を撮影するための専用機材が必須となります。

点呼動画撮影の義務化の詳細として、「運転手と点呼を行う者が点呼をしている・点呼を受けている様子を動画撮影する」ことが大前提です。

例外として、運転手が遠方の場合には電話点呼などの音声記録のみで良いとされています。

機材の品質としては、人の顔が鮮明に分かる程度の画質と、しっかりと音声が記録できるものである必要があります。

動画を撮影するための専用機材に対し、細かな種類までは指定がありませんが、安易に安いカメラを購入してしまうと画質が悪かったり、スマホカメラの場合は、メモリ不足やデータ破損が懸念点です。

基本は各事務所に点呼動画記録に適した機材の導入を行い、毎日の点呼の様子を撮影するのが望ましいと言えるでしょう。

 

貸切バス会社の点呼動画撮影における注意点について

Q&Aに答える女性のイメージ画像

プライバシー

監視カメラで撮影する際、プライバシーについても考えておく必要があります。

動画データは、バス会社内で利用するもの以外に、国の監査や、旅客自動車運送適正化事業実施機関が行う巡回指導にも参照する場合があります。

そのため、動画データなどの情報の取り扱いについて事前に従業員に同意を得ておくのが望ましいです。

また、従業員のプライバシーを考慮して、動画データなどは必要な時のみアクセスできるようにアクセス制限を設けたり、ウイルス対策やパスワード設定を行っておくと良いでしょう。

 

動画流出

遠隔からリアルタイムで様子を確認できるネットワークカメラですが、ネットワークカメラには外部から不正アクセスをされる危険もあるため、情報流出の対策が必要と言えます。

ネットワークカメラの不正アクセスを防ぐ方法として、以下の3点が挙げられます。

 

カメラの機種は、動画データを暗号化するものを選ぶ

カメラ購入後にすぐパスワードを変更する

カメラと周辺機器のソフトウェアを定期的にアップデートする

 

カメラやレコーダー、データベースなどのパスワードとログインIDは初期設定のものをそのまま使用するのではなく、なるべく複雑なものにしてセキュリティ性を高くしましょう。

また、従業員の不正利用は内部流出の危険性があるため、対策が必要です。

個人情報保護方針を定め、識別能力向上のための研修の実施などのPR活動も重要になります。

 

監視カメラの種類や精度

導入する監視カメラは、顔を鮮明に映すことができる画質・解像度が必要です。

素人が通販サイトやカタログスペックだけで購入しようとすると、WEB上の情報に踊らされて、実際には思ったものと違っていたなどのトラブルが起こりやすく、どのカメラを購入すれば良いかの判断が難しいです。

そのため、担当者が訪問してくれる業者からの購入や、画質は特に実物を自分の目で見てから購入することをおすすめします。

人の手で行うとどうしても記録漏れや細かなミスなどが起きてしまうことがありますが、AI化することで、細かな業務や工程を任せることができ、正確に映像を記録することができます。

 

監視カメラの設置場所

監視カメラの設置場所はどこでも良いというわけではなく、かと言って素人ではどこに設置したら良いか決めるのが難しいです。

その理由としてまず挙げられるのが、「運転手と点呼実施者の両者の顔がはっきりと映る位置でないといけない」というところにあります。

いざ、既存のカメラを使おうと考えても、肝心の映像には片方の人間しか映っていなかったり、後頭部や横顔しか映っておらず顔が判断できないなどの問題が生じます。

監視カメラの設置場所について一番確実なのが、専門業者に現地調査をしてもらい、用途に合った監視カメラを選んでもらうということです。

まとめ

 

貸切バス(観光バス)の点呼の動画撮影が義務化されることにより、ドライバーの酒気や健康管理などの管理業務の向上と、旅行を楽しむお客様の安全性向上に期待されています。

この新しい規制にはいくつかのポイントと注意点がありますが、適切な準備と実施により、事故やトラブルのリスクを最小限に抑えることができます。

今後は、この規制を遵守するためにも、貸切バスの点呼の動画撮影に備えてしっかりと準備していきましょう。

点呼動画の義務化による監視カメラの設置を検討している方は、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

幅広い知識と経験を積んだ専門のスタッフが丁寧に対応させていただきます。

安心安全な旅行をお客様へ提供するためにも、ぜひ弊社の監視カメラの導入をご検討ください。

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

家庭用防犯カメラの屋外設置の工事不要カメラの選び方と注意点!

セキュリティカメラのイメージ画像1

一般家庭でも防犯対策がますます重要視され、不審者や泥棒の侵入を抑止したり防止するためには屋外への防犯カメラを設置することが欠かせないものとなっています。

しかし、防犯カメラを設置する際に工事することが手間だったり費用がかかるという理由で躊躇されるかたも少なくありません。

今回は、工事不要な屋外設置の家庭用防犯カメラに焦点を当て、選び方と注意点について紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

家庭用防犯カメラの屋外設置の重要性

見守りカメラのイメージ画像2

近年では、街の至る所に防犯カメラ・監視カメラが設置されていますが、一般家庭にも防犯カメラの設置がますます重要性を増しています。

一般家庭において家は最も貴重な財産であり、財産だけでなく家族を守るためには最善の対策を講じる必要があります。

そして、防犯カメラはその一つであり、屋外に設置することで不審者を早期に発見し、屋内への侵入を抑制する効果があります。

防犯カメラは24時間監視することができ、カメラの機能によっては不審な動きや異常な行動をすぐさま認識することができ、警告することも可能です。

すぐさま不審者に対し警告することや警察への通報など自己防衛の機会も増えるため、大切な家族や財産をしっかり守ることができます。

また、もし侵入者が犯罪行為を行った場合でも、防犯カメラの映像が証拠として利用することができます。

カメラの映像から犯罪者を顔や服装などの特徴を把握し、犯人を追い詰め逮捕に貢献することもできます。

さらに、屋外に防犯カメラを設置することで、家族の安心感を高めることもできます。

例えば、小学生のお子さんが一人で帰宅した際に、外出中でもお手持ちのスマートフォンと連携させることで映像により安全を確認することができます。

これにより、家族の絆を守りながら安全な生活を送ることができます。

家庭用防犯カメラの屋外設置は、侵入者の早期発見や犯罪の抑止力、家族の安心感向上など多くのメリットがあり、家族や財産を守るために欠かせない重要な手段になります。

 

屋外設置の工事不要カメラの種類

防犯カメラのイメージ画像

屋外設置の工事不要カメラの種類について紹介していきます。

 

電源不要のタイプ

充電式防犯カメラ

充電式防犯カメラは、バッテリーが搭載されているため電気工事は不要です。

また、バッテリーがない蔵されているため、電源ケーブルを必要としないため配線が届きにくい場所、コンセントから遠い場所でも設置することができるため場所を選ばずに使えます。

しかし、バッテリー式は充電が切れると作動しなくなってしまうため、録画が途切れてしまう可能性があります。

購入する際は、連続使用可能な時間(日数等)を確認することが大切です。

 

USB充電式防犯カメラ

バッテリーが内蔵されており、USBケーブルで充電して使うタイプなので電源工事が不要です。

しかし、定期的な充電が必要になるため、バッテリー容量が小さい場合は電源切れのリスクがあります。

24時間連続録画には向いていないため、録画時間設定が可能な機種を選び、外出時に録画設定することで不在時の録画にも対応することが可能となります。

 

ソーラー充電式防犯カメラ

ソーラー充電式防犯カメラは、ソーラーパネルを搭載しており、日中にバッテリーへ充電するため夜でも録画することが可能です。

曇りでも発電可能な設計となっていますが、梅雨の時期など日照量が少ないと撮影できないリスクもあります。

また、SIMカードが内蔵されている機種の場合、LANケーブルの配線工事も不要となります。

 

通信機不要のタイプ別

Wi-Fi搭載カメラ

Wi-Fi搭載カメラは、無線ネットワークを使うためLANケーブルの配線が不要で、Wi-Fiを使いリアルタイムの映像を確認したり、クラウド上に保存することができます。

ただし、電波が届かない場所では利用することができませんので、設置する前に確認する必要があります。

 

ネットワークカメラ

ネットワークカメラは、SIMカードを搭載し、カメラから直接インターネットに接続することができるためLANケーブルなどの配線やWi-Fiが必要ありません。

ただし、価格は高めでセキュリティ設定がやや複雑です。

また、常時ネットワークへ接続されているため、不正アクセスにより映像が盗み見られたり流出してしまうリスクも考えられます。

パスワード設定や通信暗号化を利用することでセキュリティを高め、ハッキング被害のリスクを下げることができます。

 

まとめ

 

家庭用防犯カメラの屋外設置の工事不要カメラは、簡単で便利な選択肢ですが、注意点もいくつかあります。

セキュリティやプライバシーの観点から、データの保護や監視範囲の明示、法的な制約にも注意が必要です。

工事不要カメラは手軽で簡単ですが、適切な設置と運用を行うことで、家庭の安全を確保するための効果的なツールです。

防犯カメラの設置を検討している方は、ぜひ工事不要カメラを検討してみてください。

もし、本格的な防犯カメラを設置したい方はプロの専門業者によって安心安全に稼働及び運用させることがおすすめです。

防犯カメラ設置に関してわからないことやご質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

専門のスタッフが丁寧に対応させていただきます。

安心して防犯対策を進めるために、ぜひ一度お問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

AI搭載防犯カメラの日本メーカーを7社厳選&ポイントを紹介!

防犯カメラのイメージ画像1

AI技術の進化により、従来の防犯カメラと比べてより高度な機能を備えた製品が登場しています。

しかし、いざAI機能を搭載した防犯カメラを探すと様々なメーカーが存在します。

そこで今回は、日本国内のメーカーから厳選した7社のAI搭載防犯カメラをご紹介します。

それぞれのメーカーの特徴やポイントを詳しく解説していきますので、防犯対策を考えている方は必見です!

AI搭載防犯カメラの日本メーカー7社厳選!

 

AI機能搭載の防犯カメラの日本メーカーを厳選し、特徴とポイントについてまとめましたのでご紹介していきます。

 

①「株式会社NSK」ニーズに柔軟に対応した防犯カメラシステムを導入!

会社名

株式会社NSK

住所

〒461-0043 名古屋市東区大幸1-10-15 NSK本社ビル

TEL

TEL:名古屋本社 052-726-5296、業務用商品に関するお問い合わせ 050-5433-8505 
平日 9:00~12:00/13:00~18:00、量販店用商品に関するお問い合わせ 弊社製品お取り扱いの店舗様(家電量販店・ホームセンター)052-726-5491

FAX

052-726-5297

フリーダイヤル

公式サイト https://n-sk.jp/
特徴

防犯環境の実現に向けた積極的な取り組みを行っており、セキュリティ業界において高い専門性を持っているメーカーです。

家庭用防犯カメラから、工場、オフィス、介護施設、病院など社会全体のニーズに対応した防犯カメラの開発と製造を行っています。

AI技術を活用したAIカメラや、顔認証システムの導入など、様々な用途に対応した製品を取り扱っているのがおすすめポイントです。

お問い合わせ

株式会社NSKへのお問い合わせはこちら

 

②「株式会社TARA」ITの知識不要で利用できる!

会社名

株式会社TARA

住所

〒251-0047 神奈川県藤沢市辻堂2-7-16 SHONAN SAKURAI BUILDING 4F

TEL

050-3150-8818

FAX

フリーダイヤル

公式サイト https://www.tara.co.jp/
特徴

「メバル」というAIカメラサービスでAIカメラによるセキュリティ対策ができるメーカーです。

カメラは1日ワンコイン以下から導入でき、工事不要で簡単に設置が可能です。

また、人や車両を検知して、収集したデータを元にレポート作成を任せられたり、サポートが充実しています。

 

③「パナソニック」安定した技術力を持つ!

会社名

パナソニック コネクト株式会社

住所

〒104-0061 東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル

TEL

03-5565-8700

FAX

フリーダイヤル

0120-878-410/受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日は受付のみ)

公式サイト

https://connect.panasonic.com/jp-ja/

特徴

専用のAIプロセッサーを搭載したAIカメラにより、映像の解析と分析などの高負荷処理もカメラ内で問題なく行えます。

また、人や車両などを高精度で識別でき、検知対象外の物体も判断できます。

明暗や逆光でも自動で適した画質に調整し、様々な環境に幅広く対応します

 

④「NEC」顔認証システムなら!

会社名

NECソリューションイノベータ株式会社

住所

〒136-0082 東京都江東区新木場1-18-7

TEL

03-5534-2222

FAX

フリーダイヤル

0120-095-156/平日9:00~18:00、土日祝10:00〜18:00(年末年始を除く)

公式サイト https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/
特徴

顔認証エンジン「NeoFace」の採用で、マスク着用時にも顔認証が可能です。

また、高性能な顔認証システムを導入しており、入退室の管理や特定の人物を捜索したり、QRコードを用いた本人確認ができます

 

⑤「アイリスオーヤマ」様々な場面で使用できる!

会社名

「アイリスオーヤマ」

住所

〒105-0013 東京都港区浜松町2-3-1 日本生命浜松町クレアタワー19F

TEL

03-5843-7747(東京オフィス)、050-3786-0010(サポート窓口)

FAX

03-5843-7795

フリーダイヤル

0120-211-299

公式サイト https://www.irisohyama.co.jp/b2b/camera/
特徴

アイリスオーヤマのAIカメラは、人の動線やデータの分析、入退室や勤怠の管理、防犯システムなど、様々な場面で利用できます。

人の顔や車両を識別するため、あらゆる事故やトラブルの防止に役立ちます。

 

⑥「ウェッジ」販売率の向上に役立つ!

会社名

ウェッジ株式会社

住所

〒601-8329 京都府京都市南区吉祥院清水町2 ウェッジ本社

TEL

075-634-8791

FAX

075-634-8793

フリーダイヤル

0120-248-144

公式サイト https://www.aaa-wedge.co.jp/
特徴

ウェッジのAIカメラは、不審物や人の不審な動きを検知し、通知することでトラブルへの対応をスムーズにします。

そのほか、効率的な売り場づくりのための機能が揃っており、売り場ごとの滞在時間を計測して商品の注目度を分析したり、商品の移動の痕跡を映像上でマーキングして分かりやすく表示する機能も搭載しています。

 

⑦「ソフトバンク」専用アプリで即座に通知!

会社名

SBエンジニアリング株式会社デザイン

住所

〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目13番12号 日本生命日本橋ビル 3階

TEL

03-5280-9221(平日 9:00〜17:45)

FAX

フリーダイヤル

TEL: 公式HPに記載がございませんでした。

公式サイト

https://sbengineering.co.jp/

特徴

ソフトバンクのAIカメラは、人の侵入を検知すると、専用のアプリを通してパソコンやスマートフォンへ即座に通知します。

また、従業員の不審な動きを検知したり、人数のカウントもできるため防犯面に幅広く役立てられます。

 

名古屋で防犯カメラ設置のおすすめメーカーをお探しの方はいらっしゃいませんか?

「誰もが安心して暮らせる街づくり」をモットーに、私たちNSKは、セキュリティ製品を通じてお客様に安心を作り出す会社です。

お客様の安心を長期的にサポートするために、保守点検サービスや専用のアフターサービス窓口などを代理店様と共同で実施しています。

介護業界をはじめ、官公庁や学校、病院などの特殊な利用環境にも臨機応変に対応可能です。

高度なセキュリティ機器開発技術により、どんな利用環境でも柔軟に対応できます。

防犯カメラ・監視カメラのことなら株式会社NSKへお問い合わせください!

 

会社名 株式会社NSK
住所 〒461-0043 名古屋市東区大幸1-10-15 NSK本社ビル
TEL

名古屋本社 052-726-5296
業務用商品に関するお問い合わせ 050-5433-8505
平日 9:00~12:00/13:00~18:00
量販店用商品に関するお問い合わせ 弊社製品お取り扱いの店舗様(家電量販店・ホームセンター)052-726-5491

FAX FAX:052-726-5297
フリーダイヤル
公式サイト https://n-sk.jp/
お問い合わせ 株式会社NSKへのお問い合わせはこちら
代表者 近藤一衡

 

AI監視カメラのおすすめメーカー5選!特徴やポイントを解説!

AIカメラのおすすめメーカーの画像

最近では、AI機能を搭載した監視カメラが高度かつ多機能であることから様々な業種にも注目を集めています。

AI機能を搭載した監視カメラも各メーカーから展開されているため、どのメーカーを選べばよいか悩まれる方も少なくありません。

今回は、AI監視カメラのおすすめメーカーの特徴やポイントについて解説していきますので、購入を検討されている方は必見です!

代理店募集の画像

AI監視カメラの特徴

AIカメラのイメージ画像02

近年のAI監視カメラは、従来の監視カメラと比較して格段に進化しています。

顔認識技術によって人物の特定が可能になり、人の出入りを把握することが簡単になりました。

さらに異常検知機能により、不審な動きや状況を検知し、リアルタイムで通知が届くようになったため、犯罪の未然防止や迅速な対応が可能です。

また、AIの優れているところは犯罪の抑止だけではなく、映像解析機能により店舗経営者や施設管理者は、客層の把握や来場者数の分析などの業務効率化・活用できます。

さらにクラウド対応により、撮影した映像をインターネット経由でリモートから確認することができます。

不在時でも安心して監視が行えたり、遠隔指示等も行える利便性は格段に向上しています。

このような進化したAI監視カメラは、私たちの生活の向上や社会の安全を守るために欠かせない存在となっています。

 

AI監視カメラおすすめメーカーの選び方のポイント

Q&Aに答える女性のイメージ画像

おすすめのAI監視カメラメーカー選びのポイントは以下のようになります。

 

最新技術の採用:最新のAI技術が採用されており、性能や機能が充実していることが重要。

コストパフォーマンス:価格が手頃でありながら、高性能であることが望ましい。

サポート体制:トラブルが発生した際のサポート体制やアフターサービスが整っている。

システムの拡張性:将来的にカメラ台数を増やしたり、機能を追加したい場合があるため、拡張性があることが重要。

 

これらのポイントを考慮し、ニーズに合ったメーカーを選びましょう。

 

AI監視カメラのおすすめメーカー5選

防犯カメラの専門家イメージ画像1

AI監視カメラのおすすめメーカーを5社厳選して紹介していきます。

 

株式会社NSKの特徴とおすすめポイント

NSKは、監視カメラ・防犯カメラの映像データから認識・分析・予測させるAI機能の一つ一つを細かく分析し、機能の修正と改善を繰り返し検証を重ね、高い判断基準を学習させたAI機能付き監視カメラ・防犯カメラのメーカーです。

介護などの福祉や病院などの医療機関において、転倒した人、転倒しそうな人を的確に認識・予測させるための研究を地域と協力し、より安心安全な地域社会へと貢献しています。

他にも、工場や倉庫などは禁止エリアへの侵入を警告する「領域検知機能」、不審な動きを瞬時に発見し通知する「動体検知機能」など、あらゆる業種の悩み・問題や課題を真摯に向き合い解決に導きます。 

AIと映像ソリューションを通じて、個人・企業・行政が共に手を取り、安心して快適に暮らせる社会を共に創造していくための問題解決に貢献しています。

 

ABEJAの特徴とおすすめポイント

ABEJAの特徴とおすすめポイントは、顔認識技術に優れており、正確な人物特定が可能です。

これにより不審者の識別や来場者数の管理が容易になります。

また、映像解析機能が非常に高性能であり、データを効果的に利用することができ売上分析や広告効果の検証も行えます。

さらにクラウド対応が優れており、リモートでの監視が簡単に行えます。

インストールや設定もわかりやすく、ユーザーフレンドリーです。

 

OPTiMの特徴とおすすめポイント

OPTiMは、IoTデバイス管理ソフトウェア分野で高い評価を得ています。

まずOPTiMの一元管理はクラウドベースで行われており、これにより多数のIoTデバイスをクラウド上で一元管理できる。これによって、デバイスの状態やデータをいつでも確認できるようになります。

次に、OPTiMはリアルタイムな制御・監視が可能です。デバイスの制御や監視がリアルタイムで行われるため、問題が発生した場合には迅速に対応できます。

またOPTiMはセキュリティ対策にも力を入れており、暗号化やアクセス制限などが実施されており、セキュリティの面での信頼性が高まっています。

さらに、OPTiMは柔軟なカスタマイズが可能であるため、個別のニーズに合わせてカスタマイズできるため、様々な業種や企業規模に対応できます。

 

AWLの特徴とおすすめポイント

AI技術を駆使したサービスで高い評価を受けているのが、AWLという企業です。

AWLは最新のAI技術を導入した画像認識や自然言語処理などの先端技術を活用サービスを提供しています。

次に、AWLの特筆すべきポイントは予測・最適化機能です。

データをもとに将来の予測や最適化を行うことで、ビジネスの効率化に寄与しています。

さらに、AWLは利用シーンの多様性に優れていることです。

小売や製造業など、広範な業種において活用可能なサービスを提供しています。

AWLの魅力はシームレスな導入と運用にあります。

 

ピープルカウンターの特徴とおすすめポイント

ピープルカウンターは、来客数を正確に把握するための効果的なツールであり、

まず最先端のAI技術により、ピープルカウンターは高い精度で来客数を計測することができます。

次にデータはリアルタイムで集計され、直ちにダッシュボードに表示されるため、ユーザーはすぐに来客数を確認し、分析することが可能です。

また、ピープルカウンターは初期費用や月額費用がかからない無料プランも提供しており、手軽に導入し、利用を開始することができます。

ピープルカウンターは、スケーラブルなサービスを提供しています。

店舗数や来客数に応じてサービスを拡張できるため、成長するビジネスにも柔軟に対応します。

 

まとめ

 

AI監視カメラの5つのメーカーは、特徴が様々なので、ご自身の目的やニーズに合ったメーカーを選ぶことがおすすめです。

それぞれの特徴やポイントを比較検討し、より効果的な監視システムを構築することができます。

セキュリティや業務効率化を重視するなら、是非これらのメーカーを検討してみてください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

監視カメラのダミーはバレる?危険性や本物をおすすめする理由!

セキュリティカメラのイメージ画像1

本物の防犯カメラとダミーカメラは、製品の品質によって見破られる可能性があります。

製品によっては、偽物であることが簡単に露呈しやすいものもあるため細心の注意が必要です。

空き巣などの犯罪者は、監視カメラの製品や特徴、動作原理を詳細に調査することが一般的です。

今回は、監視カメラをダミーとして使用する危険性や本物の監視カメラがおすすめな理由を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

監視カメラのダミーはバレる!?

 

監視カメラのダミーは、本物に見えるようデザインされていますが、実際にはバレてしまうことがあります。

まず、ダミーの監視カメラは動きがないため、犯罪者が注意深く観察すれば見抜かれてしまうことがあります。

本物の監視カメラは動いたり、レンズが光ったりすることがあるので、その点で差がつくことがあります。

次に、価格が安いダミーの監視カメラは、デザインや質感が劣ることがあります。

犯罪者が本物とダミーを見分ける術を持っている場合、バレるリスクが高まります。

今ではインターネットでの情報共有が進んでいる現代では、犯罪者もダミーの監視カメラについての情報を簡単に入手できます。

それによって、見分け方を学んだり、対策を練ったりすることが可能です。

以上の理由から、監視カメラのダミーはバレることが大いに考えられます。

 

監視カメラのダミーを使用する危険性!

 

監視カメラのダミーを使用することには、いくつかの危険性が伴います。

 

犯罪抑止効果が低い

ダミーの監視カメラは見た目だけのものなので、犯罪者に見抜かれた場合、犯罪を未然に防ぐことが難しくなります。

犯罪が起こった際には、犯人の特定や証拠収集ができないため、被害者にとってもかなり不利になることがあります。

 

狙われやすくなる

ダミーの監視カメラを使用していることが周囲に知られると、狙われやすくなる危険性もあります。

犯罪者にとっては、警戒を怠っている場所や情報が伝わる場所は、攻撃を仕掛けやすいと判断されることがあります。

ダミーと判断された場合は証拠が残らないことが確定してしまい、「この家はセキュリティ対策が甘いな」と判断されてしまうため、他の家よりも狙われやすさがアップしてしまいます。

 

セキュリティ対策の緩み

ダミーの監視カメラを設置することにより抑止効果があると安心してしまうため、その抑止効果に満足してしまい、他のセキュリティ対策がおろそかになってしまうことがあります。

そのため、窓やドアの施錠、アラームの設置などの基本的な対策が疎かになると、犯罪に遭うリスクは高まります。

 

これらの点を考慮すると、監視カメラのダミーを使用することには危険性があると言えます。

本物の監視カメラを設置することで、より確実な犯罪抑止効果や安心感を得られるでしょう。

 

本物の監視カメラをおすすめする理由!

 

本物の監視カメラがおすすめな理由

本物の監視カメラをおすすめする理由は、やはり安全性と信頼性が高い点です。

本物の監視カメラは、高品質な素材を使用し、屋外でも耐久性が高い製品もあるため、長く使用することができます。

また、本物の監視カメラは、高解像度の映像を録画することができるため、犯罪や事故の瞬間を鮮明に捉えることができ、警察や保険会社とのやり取りにも役立ちます。

さらに、本物の監視カメラには、遠隔操作機能や録画機能など、便利な機能が備わっています。

これらの機能により、どこからでも映像を確認したり、証拠として保存することができます。

 

本物の監視カメラを選ぶ際の注意点

まず、使用目的を明確にし、必要な機能を選ぶことがとても大切です。

例えば、屋外用の監視カメラを設置する場合、防水・防塵機能があることを確認しましょう。

また、本物の監視カメラを購入する際には、信頼性の高いメーカーや販売店を選ぶことが重要です。

アフターサポートや保証が充実しているかどうかも確認しておくと安心です。

本物の監視カメラは、安全性が高く、高解像度の映像を提供するため、犯罪や事故の防止や解決に役立ちます。

 

まとめ

 

監視カメラのダミーはバレる可能性があり、その危険性を考慮する必要があります。

計画的に犯罪を企てる者にとって監視カメラは最大の敵です。

泥棒が主人公の映画などでも監視カメラをどうやって回避するのか対策を取ろうとしているので、それと同じことが現実でも起きると思ってもおかしくありません。

そのため、本物と偽物の区別の仕方だったり、弱点などの下調べをしていてもおかしくないでしょう。

だからこそ、本物の監視カメラを使用することで、より確実に効果的な抑止効果やセキュリティ対策を行うことができる本物のカメラをおすすめします。

監視カメラ・防犯カメラについての製品情報やどんなカメラを選んだらよいかお困り事などがありましたら下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

弊社の専門スタッフが親切丁寧にご相談をお承ります。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

防犯カメラ設置を自分で行うなら工事不要カメラがおすすめ!

見守りカメラのイメージ画像2

最近では、防犯対策の一環として、お店や会社に限らず一般家庭でも防犯カメラの設置が増加しています。

防犯カメラを効果的に活用するためには、適切な機種を選定し、適切な場所に設置する必要があります。

そのため、専門的な知識を有する業者に依頼することが望ましいですが、設置費用を節約したいという考えから、DIYでの設置を検討する方もいます。

今回は、DIYで防犯カメラを設置したい方向けに設置方法や運用方法、注意点について解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

防犯カメラはDIYも可能?

ドーム型監視カメラのイメージ画像

防犯カメラは、DIYによって設置することが可能です。

その理由は、最近では手軽に設置できる防犯カメラがどんどん増えているからです。

例えば、市販されている防犯カメラキットを利用すれば、プロフェッショナルでなくても簡単に設置することができます。

さらに、設置をDIYで行うことによって得られるメリットも多く、費用の節約や自分で好みの位置に設置できるなどが挙げられます。

具体例として、電源とWi-Fi環境が整っている場所であれば、誰でも簡単に取り付けられるタイプの防犯カメラが利用でき、工事費用を抑えることができます。

ただし、DIYで防犯カメラを設置する場合には注意が必要です。

設置場所やアングルによっては、カメラの映像が近隣の家や通行人のプライバシーを侵害する可能性があることや、電源設備の取り扱いに注意が必要であることなどに留意してください。

防犯カメラはDIYで設置が可能ですが、設置場所や周辺環境に注意しながら、適切な方法で取り付けていくことが重要です。

 

自分で行うなら工事不要カメラがおすすめ!

securitycameraを設置するイメージ画像

自分で防犯カメラを設置する際には、工事不要のタイプがおすすめです。

その理由は、工事不要カメラは簡単に取り付けができるだけでなく、低コストで導入が可能だからです。

例えば、工事不要カメラは電源コンセントに差し込むだけで稼働させることができます。

また、壁に穴を開けることなくマグネットや両面テープで取り付けられるものもあり、施工の手間が省けます。

さらに、工事不要カメラはWi-Fi接続を活用して映像をリアルタイムで閲覧できるものが多く、スマートフォンやタブレットがあればどこからでも監視することができます。

そのため、自分で設置や運用を行う際、非常に便利です。

ただし、工事不要カメラもメリットだけではなくデメリットも存在します。

例えば、電源コンセントがない場所には設置が難しいことや、電源線が見えるため見た目が悪くなることが挙げられます。

自分で防犯カメラを設置する際には、工事不要カメラがおすすめです。

簡単に取り付けができ、低コストで導入が可能なため、DIYに最適な選択肢といえます。

 

工事が必要な防犯カメラはプロにお任せ!

防犯カメラの専門家イメージ画像1

工事が必要な防犯カメラの設置は、プロにお任せすることで安心安全に稼働から運用させることができます。

プロは適切な設置方法を熟知しているため、防犯カメラの効果を最大化するための適切な場所や角度に設置することができます。

また、プロは状況に応じた最適な設置方法を選択できます。

市販の防犯カメラは機能や品質がまちまちで、素人が選ぶのは難しいですが、プロは最適なカメラを導入してくれます。

さらに、防犯カメラの設置には電気工事が伴います。

素人が行うと感電や火災の原因となる可能性がありますが、プロなら安全な工事ができます。

設置後にトラブルが発生した場合でも、プロに頼むことで迅速に対処できます。

また、定期的なメンテナンスも含め、長期的なサポートが受けられます。

例えば、プロが設置した防犯カメラは建物の外観や内装にも配慮されることがあります。

おしゃれなデザインや配線を隠す工夫など、プロならではの提案を受けることができます。

 

まとめ

 

防犯カメラを自分で設置する際には、工事不要カメラがおすすめです。

工事不要カメラは、専門の業者に依頼することなく簡単に設置できるため、手間や費用を節約することができます。

また、最近の工事不要カメラでも最新の技術を搭載しており、高画質で映像を記録することができます。

防犯カメラの設置を検討している方は、ぜひ工事不要カメラを検討してみてください。

もし、本格的な防犯カメラを設置したい方はプロの専門業者によって安心安全に稼働及び運用させることがおすすめです。

防犯カメラ設置に関してわからないことやご質問等がありましたら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。

専門のスタッフが丁寧に対応させていただきます。

安心して防犯対策を進めるために、ぜひ一度お問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

防犯カメラの設置はどこへ依頼するの?業者の選び方や注意点!

securitycameraを設置するイメージ画像

防犯カメラの設置を検討する際には、家電量販店や専門業者、大手警備会社、個人の新築の場合にはハウスメーカーに相談するなど様々な方法があります。

これらの選択肢の中で、最適な選択をするためには、個人の場合は新築一戸建てか、現在の住居に後付けするのか、法人の場合は業種や設置環境によって異なります。

今回は、防犯カメラを設置する際におすすめの業者や選び方について紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

防犯カメラ設置はどこへ依頼するのがおすすめ?

見守りカメラのイメージ画像2

防犯カメラの設置を依頼する際のおすすめの方法は、専門業者に依頼することです。

その理由としては、専門業者は設置作業に熟練しているため、安全性や効率性が高まることが挙げられます。

また、専門業者は設置後のアフターサポートも行っていることが多いため、万が一のトラブルにも対応できることが期待できます。

 

専門業者は設置作業に慣れている

防犯カメラの専門家イメージ画像1

専門業者は、日々の業務で設置作業を行っているため、防犯カメラ設置に関する技術や知識が豊富です。

素早く正確な作業ができるため効率が上がります。

また、製品についての知識も豊富なため、特徴やポイント、注意点などを考慮しながら設置作業を行ってくれます。

 

セキュリティ対策が整っている

専門業者は、業務上のセキュリティ対策が万全です。

取り扱う商品や設置場所によっては、セキュリティが重要となる場合もありますので、安心して任せることができます。

 

アフターサポートが充実している

専門業者は、防犯カメラの設置だけではなく、設置後のアフターサポートも重要視しています。

防犯カメラを設置したら完了ではなく、設置後にトラブルが発生した場合でも、迅速に対応してくれることが期待できます。

 

故障やトラブルへの対応力が高い

専門業者は、様々な故障やトラブルに対処した経験が豊富であるため、問題が発生した際の解決策を素早く見つけ出して対応することができます。

 

口コミや評価をチェックする

インターネット上の口コミや評価をチェックすることで、業者の実績や信頼性を確認できます。

良い評価が多い業者を選ぶことで、安心して設置を依頼できます。

 

費用やサービス内容を確認する

複数の業者と比較して、費用やサービス内容を確認しましょう。

適切な価格で質の高いサービスを提供している業者を選ぶことが大切です。

設置を依頼する際におすすめなのは、やはり専門業者です。

技術力や知識、アフターサポートが充実しており、安全性や効率性が高まるためです。

ただし、口コミや評価をチェックし、費用やサービス内容を比較して選ぶことが大切です。

 

防犯カメラを設置する際の業者の選び方!

Q&Aに答える女性のイメージ画像

設置する業者の選び方にはいくつかポイントがありますので紹介していきます。

 

経験豊富な業者

経験豊富な業者は、さまざまな状況に遭遇し、問題解決能力が高いため、あらゆる状況に対応することができます。

また、顧客のニーズや要望に合わせたカスタマイズも提案してくれるので、自宅や店舗などの最適なセキュリティシステムを構築することができます。

 

口コミや評判をチェック

インターネット上の口コミや評判を参考に、他のお客様がどのような評価をしているかを確認しましょう。

実際にその業者のサービスを利用した人々の意見や感想を知ることで、自分のニーズに合った業者を選ぶことができます。

また、他の人々がどのような経験をしているのか知ることで、自分自身が同じようなトラブルや問題に直面する可能性を減らすこともできます。

 

価格

価格が安いだけの業者ではなく、適切な価格設定をしている業者を選びましょう。

予算を抑えることはできるかもしれませんが、品質や信頼性も考慮する必要があるため、価格だけでなく、業者の実績や評判、提供しているサービス内容なども比較検討することがとても大切です。

相見積もりをとって比較検討することをおすすめします。

 

アフターサービスの充実

防犯カメラは長期間にわたって頻繁に使用されるため、故障やトラブルが発生する可能性があります。

万が一の際に迅速かつ適切な対応が受けられるだけでなく、継続的なメンテナンスやアップデートも行ってもらえます。

設置業者を選ぶ際にはアフターサービスの充実度を確認し、信頼できるパートナーを選ぶことが大切です。

 

地域密着型の業者

地域密着型の業者は、地元での信頼が厚く、迅速に対応してくれることが期待できます。

地域密着だからこそ、その地域の特性や犯罪傾向にも精通しているため、最適なカメラの配置や設置場所を提案してくれます。

また、地域住民との信頼関係も築いているため、防犯カメラの設置によるプライバシーの問題や配慮すべき点にも十分に配慮してくれます。

 

防犯カメラを設置する業者選びの注意点!

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

防犯カメラ設置業者選びの注意点もいくつかあります。

 

見積もりが不透明

明確な内訳がない場合は問い合わせて確認しましょう。

また、営業マンの対応が悪い業者も要注意です。

コミュニケーションがうまく取れない業者は、後々の対応も悪くなる可能性があります。

 

保証期間が短い

長い保証期間を提供している業者が、安心して利用できます。

登録や認定を受けていない業者にも注意が必要です。

劣悪な施工が行われるリスクがあるためです。

これらの注意点を踏まえた上で、設置業者を選ぶことが大切です。

 

まとめ

 

業者の選び方や注意点を理解することで、自宅やオフィスのセキュリティを向上させることができます。

適切な業者を見つけるためには、口コミや評価を調べること、実績や技術力を確認することがとても重要になります。

また、価格や保証内容なども十分に比較検討しましょう。

防犯カメラの設置に興味がある方は、ぜひ株式会社NSKへお気軽にお問い合わせください。

専門の業者が最適なセキュリティソリューションを提供することで、安心で安全な環境を実現するお手伝いをいたします。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

防犯カメラのおすすめメーカー10社を厳選&ポイントを紹介!

防犯カメラのおすすめメーカーNSKの画像

現代社会において防犯カメラは、セキュリティを高めるために一番効果的で手段の一つと言えます。

しかし、市場には数多くのメーカーが存在し、どのメーカーの製品を選べば良いのか迷ってしまう方も少なくありません。

今回は、厳選した防犯カメラのおすすめメーカー10社をご紹介します。

各メーカーのポイントや特徴も合わせて解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

自宅やオフィス、店舗など、どんな場所にも適した防犯カメラを見つかるようにぜひ参考にしていただけたら幸いです。

代理店募集の画像

防犯カメラのおすすめメーカー10社を厳選!

 

防犯カメラは様々なメーカーがあり、それぞれの特徴や得意な分野などが存在します。

ここでは、防犯カメラのおすすめメーカーを特徴やポイントとともに10社ご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

「株式会社NSK」セキュリティ業界で高い専門性を発揮!

会社名

株式会社NSK

住所

〒461-0043 名古屋市東区大幸1-10-15 NSK本社ビル

TEL

名古屋本社 052-726-5296、業務用商品に関するお問い合わせ 050-5433-8505 平日 9:00~12:00/13:00~18:00、量販店用商品に関するお問い合わせ 弊社製品お取り扱いの店舗様(家電量販店・ホームセンター)052-726-5491

FAX

052-726-5297

フリーダイヤル

公式サイト https://n-sk.jp/
特徴

セキュリティ業界において高い専門性を持っているメーカーです。
臨機応変に対応したセキュリティ機器の開発を行っており、カスタマイズ対応も充実しています。介護業界や病院からの高い信頼性により社会貢献度が高い会社です。他分野への積極的な製品展開などもチャレンジし、現在も幅広い知識と高い技術力、そして経験と実績により全国へと販路を拡大、成長し続けている注目のメーカーです。

お問い合わせ

株式会社NSKへのお問い合わせはこちら

 

「パナソニック」独自システム搭載で家を見守る!

会社名

パナソニック株式会社

住所

〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル

TEL

06-6907-1187(フリーダイヤルに繋がらない場合)

FAX

0120-878-236

フリーダイヤル

0120-878-983/9:00~18:00(月~土)

公式サイト https://panasonic.jp/
特徴

独自のホームネットワーク「スマ@ホーム システム」を開発し、家全体を守るための技術を持っています。
屋外・屋内のセンサーライトや防犯カメラ、ドアや窓の開閉センサー、人感センサー、ドアホンなど最大50台の機器と連携が可能です。

 

「マザーツール」多種多様な防犯カメラから選べる!

会社名

株式会社マザーツール

住所

〒386-0033 長野県上田市御所431-6

TEL

0268-25-2332(平日9:00~17:30)

FAX

0268-25-2398

フリーダイヤル

公式サイト https://www.mothertool.co.jp/
特徴

計測機器や防犯カメラがメインのメーカーです。
マザーツールの防犯カメラは、ドーム型やバレット型など種類が豊富で、暗い場所でも撮影可能な機能を備えたモデルをラインナップ。また、特定の場所を撮影しないようにできる機能など、使い勝手の良いモデルもあります。

お問い合わせ マザーツールへのお問い合わせはこちら

 

「TP-Link(ティーピーリンク)」フルワイヤレスモデルなら!

会社名

ティーピーリンクジャパン株式会社

住所

〒101-0021 東京都千代田区外神田三丁目12番8号 住友不動産秋葉原ビル9階

TEL

0570-066-881 (ナビダイヤル)

FAX

フリーダイヤル

0120-095-156/平日9:00~18:00、土日祝10:00〜18:00(年末年始を除く)

公式サイト https://www.tp-link.com/jp/
特徴

TP-Link(ティーピーリンク)はネットワークデバイスを扱うメーカーです。
防犯カメラにもその無線技術が導入されており、300万画素のフルワイヤレスモデルもラインナップ。バッテリーは最大180日使用でき、不審者を検知した際には、アラート機能で警告してくれるモデルもあります。

お問い合わせ パナソニックへのお問い合わせはこちら

 

「ブロードウォッチ」工事不要で取り付けが簡単!

会社名

株式会社ブロードウォッチ

住所

〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-3 GIビル7階

TEL

03-6811-1225(東京オフィス)、050-3786-0010(サポート窓口)

FAX

フリーダイヤル

公式サイト https://www.broadwatch.jp/
特徴

ブロードウォッチは、防犯カメラやドライブレコーダーなどをメインに扱うメーカーです。置くか貼るだけといった取り付けが簡単なモデルをメインにラインナップ。設置工事が不要で、窓越しでカメラを設置できます。

お問い合わせ パナソニックへのお問い合わせはこちら

 

「セレン」屋外への設置なら!

会社名

株式会社セレン

住所

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-11-6 相馬ビル

TEL

03-5911-1045(平日10:00~18:00)

FAX

03-5911-1046

フリーダイヤル

公式サイト https://www.selen.co.jp/
特徴

セレンは防犯カメラをはじめとした、セキュリティ製品の製造・開発を行うメーカーです。屋外設置に適した、IP66相当の防水・防塵性能を持つモデルもあります。

 

「セキュリティデザイン」企業への設置なら!

会社名

株式会社セキュリティデザイン

住所

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-20 錦町トラッドスクエア4F

TEL

03-5280-9221(平日 9:00〜17:45)

FAX

03-5280-9222

フリーダイヤル

公式サイト https://www.security-d.com/
特徴

企業向けにリスク抑制・軽減・防止に役立つセキュリティを構築しているメーカーです。

 

「ビボテック」グローバルなIP監視ソリューションプロバイダー!

会社名

ビボテックジャパン株式会社

住所

〒 105-0012 東京都港区芝大門2-1-14 デルタ芝大門ビル

TEL

03-5733-1280(平日 9:00~12:00、13:00~18:00)

FAX

フリーダイヤル

公式サイト https://www.vivotek.com/website/jp/
特徴

ビボテックは台湾のIP監視カメラメーカーです。防犯カメラ、LPR(車番認証)、顔認証、PoE、NVR等を備えたモデルをラインナップ。世界100ヵ国以上・180以上の正規代理店とパートナーシップを結び、全国に支社を展開しています。会社名:ビボテックジャパン株式会社

 

「日本防犯システム」アフターフォロー体制が万全!

会社名

株式会社日本防犯システム

住所

〒105-5111 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービルディング南館11階

TEL

06-6907-1187(フリーダイヤルに繋がらない場合)

FAX

フリーダイヤル

公式サイト https://www.js-sys.com/
特徴

製品の機能をはじめ、品質・製造チェック・セキュリティのプロによるアフターフォロー体制を国内に集約。必要最低限の標準的な性能・機能を備えたモデルで、価格を抑えています。

 

「三菱電機」防犯カメラで業務効率化や人手不足の対策をするなら!

会社名

三菱電機株式会社

住所

〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル

TEL

03-3218-2111(代表)

FAX

フリーダイヤル

公式サイト https://www.mitsubishielectric.co.jp/
特徴

三菱電機は長年手掛けてきた画像処理技術に加えて、人工知能を搭載し、店舗や駅、製造現場での困り事に役立っています。

 

防犯カメラ・監視カメラの製品情報等についてはご依頼は株式会社NSKへ!どんな利用環境でも柔軟に対応できます!

名古屋で防犯カメラ設置のおすすめメーカーをお探しの方はいらっしゃいませんか?

「誰もが安心して暮らせる街づくり」をモットーに、私たちNSKは、セキュリティ製品を通じてお客様に安心を作り出す会社です。

お客様の安心を長期的にサポートするために、保守点検サービスや専用のアフターサービス窓口などを代理店様と共同で実施しています。

介護業界をはじめ、官公庁や学校、病院などの特殊な利用環境にも臨機応変に対応可能です。

高度なセキュリティ機器開発技術により、どんな利用環境でも柔軟に対応できます。

防犯カメラ・監視カメラのことなら株式会社NSKへお問い合わせください

 

会社名 株式会社NSK
住所 〒461-0043 名古屋市東区大幸1-10-15 NSK本社ビル
TEL

名古屋本社 052-726-5296
業務用商品に関するお問い合わせ 050-5433-8505
平日 9:00~12:00/13:00~18:00
量販店用商品に関するお問い合わせ 弊社製品お取り扱いの店舗様(家電量販店・ホームセンター)052-726-5491

FAX FAX:052-726-5297
フリーダイヤル
公式サイト https://n-sk.jp/
お問い合わせ 株式会社NSKへのお問い合わせはこちら
代表者 近藤一衡

 

監視カメラをスマホで遠隔監視&遠隔操作してセキュリティ強化する方法

監視カメラ映像の保存のイメージ画像

最近では、スマートフォンやパソコンを使ってカメラの監視映像を閲覧することが容易になりました。

監視カメラなどを通じて、スマートフォンで映像を確認することは簡単になりましたが、その利便性とは違い、プライバシーや個人情報の流出といったリスクも懸念されます。

今回は監視カメラの遠隔監視や遠隔操作によりセキュリティ対策をとるための方法を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

監視カメラをスマホで遠隔監視&遠隔操作!

最近の監視カメラは、スマホを使って遠隔監視や遠隔操作が可能です。

これにより、自宅や事務所にいなくても、スマホの画面でリアルタイムに映像を確認できます。

また、遠隔操作機能を活用することで、カメラの角度の調整やズームイン・アウトなども簡単に行えます。

これにより監視対象となる場所の安全性を確保しつつ、遠方からでも状況把握ができるため非常に便利になりました。

 

監視カメラの遠隔監視のメリットとデメリット

スマホで監視カメラの映像を確認するイメージ画像

監視カメラの遠隔監視には、メリットだけでなくデメリットも存在します。

遠隔監視の最大のメリットは、いつでもどこでも映像を確認できることです。

しかしデメリットとしては、スマホやインターネットの接続が必要であり、通信量が多くなることも考慮しなければなりません。

ここでは、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

監視カメラの遠隔監視メリット

遠隔監視のメリットは、以下の通りです。

 

  • いつでもどこでもリアルタイムの監視ができる
  • 家や事務所にいなくても安全確認が可能
  • 留守中のペットや子供の様子を見ることができる
  • 24時間稼働し続けることができるため、人手不足や人件費の削減

 

これらのメリットにより、遠隔監視は多くのにとって便利な機能となっています。

 

監視カメラの遠隔監視デメリット

遠隔監視のデメリットは、以下の通りです。

    • 通信量が多くなる
    • スマホやインターネットが必要
    • ネットワークが不安定な場合は映像が途切れることがある
    • プライバシーへの配慮

 

これらのデメリットも、遠隔監視を利用する際には十分に考慮しておく必要があります。

 

監視カメラの遠隔操作のメリットとデメリット

スマホで監視カメラの映像を確認するイメージ画像

監視カメラの遠隔操作にも、メリットとデメリットがあります。

遠隔操作のメリットは、カメラの角度やズームを自由に操作できることです。

デメリットは、操作が難しい場合や、カメラの機能に制限があることが挙げられます。

 

監視カメラの遠隔操作のメリット

遠隔操作のメリットは、以下の通りです。

 

  • カメラの角度やズームを自由に操作できる
  • 映像の確認範囲を変更できる
  • 状況に応じて映像の詳細を確認できる

 

監視カメラの遠隔操作のデメリット

 

遠隔操作のデメリットは、以下の通りです。

 

  • 監視カメラの導入費用が高価になる
  • 設置場所によっては配線や工事が難しくなる
  • 24時間監視する場合、電気代がかかる

 

遠隔操作の利点を最大限に活かし、デメリットを最小限に抑えるためには、適切な技術とセキュリティ対策が必須となります。

 

必要な機材と環境の準備

securitycameraを設置するイメージ画像

監視カメラの導入には、カメラ本体やレコーダー、モニター、通信環境が必要となります。

それぞれカメラの種類や選び方、必要な環境について紹介していきます。

 

監視カメラの種類と選び方

監視カメラには有線・無線や屋内・屋外用、暗視機能の有無など、さまざまな種類があります。

一般的にはネットワークカメラと呼ばれるインターネットに接続できるカメラを選ぶことです。

カメラにIPアドレスを割り振ることでインターネットを経由し、オンラインで映像のリアルタイムを確認することができるため、遠隔での監視や操作が可能となります。

選び方のポイントとしては、用途や設置場所に合わせることです。

例えば、無線カメラは設置場所の制約が少ない反面、通信の安定性に問題があることがあります。

また、遠隔操作する場合は、PTZタイプを選ぶことでズームなどの操作も可能となります。

 

遠隔監視・遠隔操作に必要な環境

遠隔監視・遠隔操作には、無線通信を利用が必要となり、Wi-Fi環境やルーターが必要となります。

ただし、ネット環境を準備することができない場合は、監視カメラ用のSIMを使うことで遠隔監視や遠隔操作が可能となります。

他にも、設置場所に合わせて、電源や配線も整備し、暗視機能を持っていない場合、照明設備の充実が必要です。

遠隔操作には、専用アプリやソフトウェアが必要で、初期設定や更新も欠かせません。

さらにセキュリティ対策も重要で、パスワード設定や暗号化技術を利用しましょう。

 

まとめ

 

スマートフォンを使用して監視カメラを遠隔監視および遠隔操作することは、セキュリティを強化するための効果的な方法です。

この技術を利用することで、いつでもどこからでも自宅やオフィス、店舗や工場などのセキュリティを常にリアルタイムの状況確認することができます。

さらに、不審な活動や侵入者を即座に検知し、必要な対策を素早く取ることも可能となります。

監視カメラをスマートフォンで遠隔操作することで、セキュリティシステムをより効果的に管理し、安心して生活や仕事に集中することができます。

監視カメラの設置や操作方法についての詳細や、お困り事等がありましたら下記のお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

介護施設の転倒防止はAIカメラの動体検知がおすすめ!

介護施設のイメージ画像

介護施設にAIカメラを導入する需要が増加しており、高齢者や要介護者のケアに対応するため多様なサービスが必要とされています。

一方で介護士不足や施設の運営効率化が課題となり、対処するために新たな技術の導入も期待されています。

今回は、AIカメラが介護施設の安全性と効率性を向上させる方法や、具体的な活用について解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

介護施設での転倒事故のリスクとは?

赤外線カメラのイメージ画像

介護施設での転倒事故のリスクは、高齢者の怪我や命に関わる事態を引き起こす恐れがあるため重要な問題です。

転倒事故は利用者の身体的な問題だけでなく、施設の環境やスタッフの対応にも起因することがあります。
具体的なリスク要因としては、使用している介護用品の不適切な取り扱いや設置場所、場内の障害物やすべりやすい床、利用者の歩行や立ち上がりのサポートが不十分であることが挙げられます。

 

転倒事故の要因と影響について

転倒事故の要因としては、高齢者が持つ筋力の低下や体のバランス感覚の喪失が大きな原因です。

また認知症や視覚障害など、利用者の健康状態も影響を与えます。

このような事故が発生すると被害者には、骨折や打撲、褥瘡(じょくそう)などの肉体的なダメージが生じるだけでなく、精神的なストレスや不安感も高まります。

また、施設側にも医療費の増加や信用失墜などの経済的・社会的影響が及ぶため、事故防止対策が求められます。

 

介護施設における転倒事故のデータと統計

介護施設における転倒事故のデータは、厚生労働省が公表しています。

その統計によれば、平成30年度の介護施設での事故発生件数は約3,200件で、そのうち転倒事故が約1,900件と最も多く、事故全体の約59.4%を占めています(出典:厚生労働省福祉労働報告)

これらの事故がもたらす影響は、利用者と施設双方に大きな負担をかけることから、今後もさまざまな対策が検討されていくでしょう。

 

AIカメラの動体検知とは?

防犯カメラの専門家イメージ画像1

AIカメラの動体検知とは、カメラが撮影した映像において人や物体の動きを検出する技術のことです。

この技術は、コンピュータビジョンと呼ばれる画像認識技術の一部であり、深層学習や機械学習アルゴリズムによって映像から特徴量を抽出し、動きを検出するプロセスが行われます。

動体検知技術は、監視カメラやスマートホームなどのセキュリティ分野に広く活用されており、侵入者や異常な動きを検出し、緊急事態へ迅速かつ適切な対応を促す役割を担っています。

また介護施設においても、転倒事故の発生を未然に防ぐための対策として、AIカメラの動体検知技術が注目されています。

 

AI技術を活用した動体検知の仕組みとメリット

 

AI技術を活用した動体検知は、画像認識技術を使ってカメラが捉えた映像内の物体の移動や変化を検出する仕組みです。

その技術を利用することで、さまざまなメリットがあります。

まず、監視カメラにおける警備効果の向上が挙げられます。

映像内の不審者や異常な動きをリアルタイムで検出し、瞬時に警報を送ることができます。

また、交通量調査や人流解析にも活用可能です。

車や歩行者の動きを自動的に把握し、効率的にデータ収集が行えるため、時間と労力を削減ができます。

さらに、介護施設や病院において、高齢者や患者の転倒異常行動の検知にも役立ちます。

早期に介助が必要な状況を認識し、迅速な対応が可能になります。

このように、AI技術を活用した動体検知は様々な場面で効果を発揮します。

 

AIカメラの動体検知が転倒防止に効果的な理由

防犯カメラのイメージ画像4

AIカメラの動体検知が転倒防止に効果的な理由は、以下の点が挙げられます。

 

精度の高い動体検知

AI技術を活用した動体検知は、従来の技術に比べて誤検出率が少なく、転倒のリスクを正確に評価できます。

様々な状況に対応

環境や照明条件に影響されず、幅広い場面で効果的に動作します。

事前に転倒リスクを把握

転倒の予兆を検知することで、事前に対策を講じることができ、転倒やその後の怪我のリスクを低減します。

 

これらの理由から、AIカメラの動体検知は転倒防止に効果的です。

 

動体検知が転倒の予兆をキャッチする方法

動体検知が転倒の予兆をキャッチする方法は、主に以下の手法があります。

歩行パターンの解析:通常の歩行とは異なる不安定な動きや足を引きずる様子を検出し、転倒リスクを評価します。

立位姿勢の変化の検知:姿勢が不安定になる場面や、つまずく瞬間を捉え事前に対策を講じることができます。
行動パターンの分析:高齢者や患者の日常的な行動を把握し、転倒リスクに関連する異常行動を検出します。

これらの方法により、動体検知は転倒の予兆を的確にキャッチし、事故の回避につなげることができます。

 

まとめ

 

AIカメラの動体検知は、介護施設における転倒防止のための効果的なツールです。

従来の監視カメラでは、限られた人員で効率的な監視が困難であり、事故の予防にも限界がありました。

しかし、AIカメラの動体検知機能を活用することで、施設内の異常な動きや転倒のリスクをリアルタイムで検知し、適切な対応を行うことができます。

その結果、従業員の負担を軽減し、高齢者の安全を確保することができます。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

工場のAI監視カメラが動体検知で転倒スタッフの発見と通知!

AIカメラのイメージ画像01

近年、AI技術の進化により、工場の安全性向上に大いに貢献しています。

特に、工場内の監視カメラに搭載された動体検知機能は注目を集めています。

その優れた機能を活かし、転倒などの危険な状況を自動的に検知し、スタッフへの通知を行うことが可能になっています。

今回は、このAI監視カメラの活用方法などについて紹介するので、是非最後までご覧ください!

代理店募集の画像

AI監視カメラの動体検知機能について

防犯カメラのイメージ画像4

AI監視カメラの動体検知機能は、監視エリア内での動きを自動で検出し、警報を発する画期的な技術です。これにより、犯罪の抑止や迅速な対応が可能となります。

この機能は監視エリア内の映像をリアルタイムで解析し、動きがあるものを検出することから始まります。

AIが画像認識技術に基づいて、人や車などの物体を特定することが挙げられます。

例えば駐車場では不審者の侵入や車両の盗難を検出し、即時に管理者に通知することができます。

この技術の利点としては従来の監視カメラに比べて、誤検知が少なく効率的な監視が実現できます。

さらに省エネ効果も期待でき、環境面でも優れています。

AI監視カメラの動体検知機能は、安全性と効率性を高める画期的な技術であり様々な分野で活用が期待されています。

 

工場内での転倒スタッフの問題とその解決策

製造業の工場にAIカメラのイメージ画像

工場内での転倒スタッフは、働く従業員の安全を脅かし、生産性の低下を引き起こす問題です。

この問題の解決策として、以下の具体的な方法があります。

 

床の状態を整備する

工場内の床は濡れていたり、滑りやすい状態だと転倒のリスクが高まります。

床の清掃や滑り止めの施工を定期的に行うことが大切です。

照明の改善

作業場所の照明が十分でないと、視認性が悪くなり、転倒の危険性が増します。

照明設備を適切に設置し、明るさを確保することが重要です。

教育と啓発活動

従業員に対して、転倒防止の教育や啓発活動を積極的に行い、意識を高めることが求められます。

合理的な作業プロセスの検討

作業の流れやレイアウトを見直し、移動距離を最小限に抑えることで、転倒リスクを低減できます。

これらの解決策を実施することで、工場内での転倒スタッフの問題を改善し、従業員の安全を確保し、生産性の向上が期待できます。

転倒事故のリスクとその影響について

転倒事故は、日常生活や職場で非常に多く発生しており、そのリスクや影響を十分に理解することが大切です。

まず、転倒事故のリスクですが、主な要因には平滑な床面での滑りや、段差、足の踏み外し、不適切な靴の使用などが挙げられます。

さらに、高齢者の場合は、筋力やバランスの低下が転倒の原因となることが多いです。

ほかにも、夏になると気温や室温による影響から熱中症による転倒リスクもあります。

 

次に、転倒事故の影響ですが、軽傷から重傷、さらには命に関わる危険性があるため、注意が必要です。

具体的には、打撲や骨折、脳や内臓の損傷、死亡といった結果を招くことがあります。

また、転倒事故は、働くスタッフだけでなく、お客様や周囲の人々にも影響を与えることがあります。

例えば職場での転倒が発生すると、業務が中断されることもあるでしょう。

さらに、スタッフの治療やリハビリにかかる費用や休業補償など、経済的な負担が発生する可能性が高いです。

このようなリスクや影響を踏まえて、転倒事故を防ぐためには、適切な靴の選択や段差対策、床面の清掃、そしてスタッフへの教育が重要です。

特に、高齢者に対しては、筋力やバランス向上のトレーニングが有効であると言われています。

 

AI監視カメラの動体検知機能が転倒スタッフの発見と通知

監視カメラ映像の保存のイメージ画像

最近の技術進歩により、AI監視カメラは転倒スタッフの発見と通知に役立ちます。

その動体検知機能を利用すれば、転倒事故がリアルタイムで検知され、関係者にすぐに通知されることが可能です。

迅速な救護や対策が講じられ、事故の深刻性を軽減することが期待できます。

また、AI監視カメラで発見されたデータを解析することで、転倒事故の原因やリスク要因を把握し、より効果的な予防策を立てることができます。

現在、多くの企業や施設でAI監視カメラが導入されており、事故防止対策の一環としてその有用性が認められています。

さらに、将来的にはより高度な技術が開発され、動体検知の精度や通知速度が向上することが期待されています。

このような技術を活用し、転倒事故を未然に防ぐことが大切です。

 

まとめ

工場のAI監視カメラが動体検知で転倒スタッフの発見と通知を行うことにより、効率的な安全管理が可能となります。

この革新的な技術は、事故や怪我のリスクを最小限に抑えるだけでなく、生産性の向上にもつながります。

私たちは、お客様のニーズに合わせた最適なソリューションを提供することができますので、安全な作業環境を実現し、生産性を向上させるために、ぜひご相談ください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

AI搭載の防犯カメラが不審者検知で怪しい行動パターンを検知!

AIカメラのイメージ画像01

AI搭載の防犯カメラは、通常の監視機能に加えて、画像認識や動き検知などの高度な機能を有しています。

現在もAIの進化に伴い、防犯カメラも急速に進歩し、高度なセキュリティ対策により、様々な施設等で活躍を広げています。

今回は、AI搭載の防犯カメラの特徴や機能について紹介しますので、最後までご覧ください。

代理店募集の画像

AI搭載防犯カメラの特徴!

AIカメラのイメージ画像02

AI搭載防犯カメラは、昨今の技術進歩により登場した画期的な防犯システムです。

まずはAIの特徴について紹介していきまます。

 

高精度な顔認証技術

AI搭載防犯カメラは、高度な顔認証技術を使用しています。

家族や友人といった許可された顔と、登録されていない不審者を正確に区別できます。

 

不審者の動きを追跡

不審者が映り込んだ際には、カメラが怪しい動きを追跡し、不審者と判断した際に警告音を鳴らす機能もあります。

 

夜間監視も可能

AI搭載防犯カメラは、赤外線を使用した夜間監視が可能です。

暗い場所でも鮮明な映像を録画できるため、24時間体制での防犯が実現されます。

 

リアルタイム通知

万が一の状況が発生した際、AI搭載防犯カメラはリアルタイムで通知を送ってくれます。

リアルタイムの状況を把握し、すぐに警察に連絡することで、すぐさま適切な対応が取れます。

 

省エネルギー設計

AI搭載防犯カメラは、環境に配慮した省エネルギー設計がされており、長期間の使用でも電力負担が抑えられるようになっています。

これらの特徴により、AI搭載防犯カメラは従来の防犯カメラよりも優れた性能を発揮して守ってくれます。

 

不審者検知機能とは!

securitycameraを設置するイメージ画像

不審者検知機能は、AI搭載防犯カメラの中でも特に注目されている機能のひとつです。

不審者検知機能の仕組みと利点について紹介します。

 

顔認証と動体検知の組み合わせ

不審者検知機能は、顔認証技術と動体検知の組み合わせによって実現されています。

カメラに映った人物が不審者かどうかを判断しながら、その動きも把握できます。

 

独自のアルゴリズム

AI搭載防犯カメラは、独自のアルゴリズムを使用しています。

不審者の特徴を正確に学習し、誤検知を防ぐことが可能です。

 

通知機能の連携

不審者検知機能が発動した際には、スマホに通知が送られリアルタイムの状況を把握することができます。

そのため、通知機能とリアルタイムの状況の把握によりすぐさま警察へ通報することで、犯罪を未然に防ぐことに繋がります。

 

防犯効果の向上

不審者検知機能が搭載されていることで、防犯効果が大幅に向上します。

不審者が近くにいることを感知し、迅速に対処できるため、犯罪の未然防止に繋がります。

これらの利点から、不審者検知機能は安全を守る上で非常に有益な機能であると言えます。

 

AIが怪しい行動パターンを解析!

AIセキュリティカメラのイメージ画像

AI(人工知能)技術が進化し、怪しい行動パターンの解析も現実味を帯びているため、常に新たなセキュリティ対策や犯罪予防に大きな貢献を果たしています。

AIは大量のデータを高速処理できる能力を持っているため、過去の犯罪データやセキュリティ事案などを学習させ、それらの特徴やパターンを把握し、未来の怪しい行動を予測ができるようになります。

例えば、人々が通常とは異なるルートで移動したり、特定のエリアで長時間滞在したりする場合、カメラは自動的にその行動を検知し、警告を発することができます。

怪しい行動パターンを解析するAI機能搭載の防犯カメラは、私たちの安全を守るために欠かせない存在となっているので、ぜひ活用して身の回りの安全をしっかり守っていきましょう。

 

まとめ

 

AIによる解析力は、私たちの生活に安全と安心をもたらすだけでなく、企業や組織のセキュリティ対策にも大きな効果を発揮しています。

AIの進化のスピードはとても早く、セキュリティの面でもすでに活躍の場が増えているため、AI技術を利用してより良い社会を実現させることができそうです。

AIカメラの導入に関してわからないことや、詳しい製品情報等の資料請求をされたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

AIカメラを製造業の工場に導入するメリットデメリット!

近年、製造業においても「インダストリー4.0」や「スマートファクトリー」などの概念が注目を集め、ICTの活用が急速に進展し、なかでも注目されているのがAI技術です。

AI(Artificial Intelligence:人工知能)は、これまで人が手作業で行っていた業務を自動化し、またより高品質な製品を生み出すために有益です。

今回は、工場にAIを導入することで実現可能な具体的な業務やそのメリット、同時に留意すべき点、そして導入ポイントについて分かりやすく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

AIカメラの特徴

AIカメラのイメージ画像01

AIカメラの特徴には、高い精度で物体を認識し、従業員の安全を守るという点が挙げられます。

まず、従業員の安全を守るためにAIカメラは、細かい動きを正確に捉えることができます。

例えば、工場内で従業員が危険な場所に近づいた際に、AIカメラがその動きを検出し、警告を出すことで事故を防ぐことが可能です。

AIカメラは画像認識技術により、異常を検出する能力も備えています。

これにより、機械の故障や異物混入などの問題が発生した場合もすぐに対応ができるため、従業員の安全を確保できます。

さらにAIカメラはリアルタイムでのデータ分析が可能であり早期に問題を特定し、対策を講じることができます。

そのため問題が拡大する前に対処ができるので、従業員の安全をより一層守ることができます。

また、AIカメラは学習機能を有しており、常に最新の情報を取り入れることができ、常に最適な対策が取れるため、従業員の安全を継続的に保護できます。

 

AIカメラを製造業の工場に導入するメリット

製造業の工場にAIカメラのイメージ画像

製造業の工場にAIカメラを導入するメリットは、次の3つが挙げられます。

 

効率的な生産管理

AIカメラによる画像認識技術を利用し、生産ラインの検査プロセスを効率化ができます。

製品の品質を向上させながら、生産効率もアップします。

 

コスト削減

効率的な生産管理に加えて、AIカメラが機械の故障や異常を早期に検出することにより、メンテナンスのコストも抑えることができます。

 

環境の向上

AIカメラが従業員の安全管理をサポートすることで、労働環境が改善され、従業員の働きやすさが向上します。

これらのメリットから製造業の工場にAIカメラを導入することは、多くの利点があると言えるでしょう。

 

AIカメラを製造業の工場に導入するデメリット

securitycameraを設置するイメージ画像

AIカメラを製造業の工場に導入するデメリットとして、次の3つが挙げられます。

 

初期投資が大きい

導入するAIカメラ自体の費用だけでなく、適切な設置場所やネットワーク環境の整備にも費用がかかります。

 

プライバシーを侵害する恐れがある

従業員の顔認識や行動パターンを常時監視しているため、プライバシーに関する法律や規制を遵守しなければならず、適切な運用が求められます。

 

人員教育やトレーニング

AIカメラを正しく運用するためには、適切な導入研修や操作方法、データ管理に関する知識を従業員に伝授する必要があります。

 

システムのアップデートやメンテナンスの発生。

これには継続的なコストがかかるほか、システムダウンやエラーが生じることも想定されます。

これらのデメリットに対処するためには、事前にリスク分析や予算計画を立て、適切な対応策を講じることが大切です。

 

AIカメラの導入における成功ポイント

防犯カメラの専門家イメージ画像1

AIカメラの導入における成功ポイントとして、最初に目的と目標を明確に設定することが重要です。

また、導入前に製品の性能やコストパフォーマンス、アフターサービスなどをしっかりと検討しましょう。

さらに、AIカメラを最大限活用するためには、正確かつ適切なデータも必要になります。

データ収集方法や管理体制を整備し、データセキュリティも確保することで安全な環境で運営することができます。

これらのポイントを押さえた上で、AIカメラを工場に導入することで、効率化やコスト削減、品質向上などの効果が期待できます。

 

まとめ

AIカメラを製造業の工場に導入することは、生産ラインの効率化、品質管理の向上、作業者の安全性の向上などのメリットがある一方で、高い導入コストやデータの保護、プライバシーの問題などのデメリットも考えられます。

ただし、製造業の工場にAIカメラを導入することで、従業員の安全を確保することが何よりも重要な課題になります。

AIカメラの導入に関してわからないことや、詳しい製品情報等の資料請求をされたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

[contact

【2024年】防犯カメラのおすすめ3選!屋外に設置できるカメラの選び方も紹介

防犯カメラは、家やオフィス、店舗など、現代においてさまざまな場所で安全を守るために欠かせない存在になりました。

しかし、数ある防犯カメラの中からどれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

今回は、2024年に最もおすすめの防犯カメラを3つご紹介し、屋外に設置できるカメラの選び方についても解説していきます。

安心して生活を送るために、ぜひ参考にしてみてください。

代理店募集の画像

自宅に防犯カメラを設置するべき?

防犯カメラのイメージ画像

防犯カメラと聞くと商業施設や銀行などに設置されているイメージが一般的ですが、近年は防犯カメラを設置するご家庭も多く見られるようになりました。

防犯カメラの設置は空き巣の防止に加え、自宅周辺の治安維持にも大きな役割を担っています。

まずは自宅に防犯カメラを設置するべき理由について、詳しく見ていきましょう。

 

空き巣や犯罪を未然に防止できる

防犯カメラを設置することで、空き巣や自宅を狙った凶悪な犯罪を未然に防ぐことができます。

そもそも空き巣や民家を標的にした犯罪は防ぎにくく、どうしても事件が発生してからの対応にならざるを得ません。

防犯のために大切なことは「狙いにくい家だ」と思わせるしかない、というのが定説ですが、その具体的な方法として有効なのが防犯カメラの設置です。

防犯カメラがある、という状況だけで空き巣の被害に遭う可能性をぐっと抑えられるでしょう。

 

万が一の空き巣被害にも効果的

未然に空き巣被害を防ぐ効果も期待できますが、防犯カメラを設置しておけば実際に空き巣に遭った際に犯人の特定に役立ちます。

防犯カメラを設置していない場合、犯人の指紋やその他の証拠を探すことになりますが、それだけで犯人を特定するのは非常に難しいと言えます。

空き巣被害に遭うと、犯人が見つかるまで恐怖を感じ続けなければならず、実際に盗られた損害も補填されません。

防犯カメラを設置しておけば警察がすぐに逮捕できるので、精神的な疲労を抑えられますし、起こるかもしれない次の被害を食い止めることにも繋がります。

 

屋外用の防犯カメラの選び方は?

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

防犯カメラには屋内用と屋外用の2種類がありますが、自宅へ設置する場合は屋外用の防犯カメラがおすすめです。

どのような基準で防犯カメラを選ぶべきかについて詳しく解説します。

 

価格や画質・録画時間で選ぶ

価格で選ぶ

防犯カメラを選ぶ際は価格や画質、録画時間で選ぶこともポイントです。

価格は機能に準じて高額になっていきますが、まずはご自身の予算に合わせて選ぶことが

先述したように、防犯カメラは「そこにある」ことが最も大切ですので、高機能なカメラを無理に買うよりも、安くてもすぐに設置するほうが効果的です。

また、最近では防犯カメラのレンタルもあるため、試しに利用してから良いものを購入することもおすすめです。

画質で選ぶ

画質はカメラの画素数と保存時の画質設定、録画時のフレームレート(FPS)設定に応じて変わり、画素や保存画質、フレームレートを高めれば再生時の画質も比例して高くなります。

カメラに求める画素は「100万画素」程度で十分でしょう。

保存画質やフレームレートは、録画時間に合わせて設定することができます。

 

録画時間で選ぶ

録画時間は「どれだけの容量を保存しておけるか」によって変動します。

防犯カメラはあくまでカメラ機能しか持っていないため、そこに映った映像をクラウドやSDカードなどの保存媒体に記録する必要があります。

また、現在はクラウド保存が主流となっています。

他の機器を用意したり、面倒な設定をしたりといった手間もかかりませんが、クラウド利用料が発生します。

またカードやHDDなどの現物にデータを保存すると破損する恐れがありますが、データ化してクラウドに保存しておけばデータが失われることもありません。

 

通電用の穴を空けられるかで選ぶ

屋外用の防犯カメラを選ぶ際は通電用の穴を空けられるか、という点にも注意しなければなりません。

防犯カメラは電子機器なので、一般的には普通の家電と同じようにコンセントが必要です。

特に賃貸のお家に住んでいる場合は大家の許可が取れないと穴を空けられないため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

通電用の穴を空けられない場合、選べるのはバッテリー式の防犯カメラに限定されます。

 

防犯が目的ならダミーの設置も

通電用の穴を空けられず、設置したカメラのバッテリー交換が億劫になりそうだと感じた方にはダミーの防犯カメラもおすすめです。

カメラ機能がない「カメラ風のオブジェクト」ですが、「防犯カメラ録画中」のステッカーと共に貼り付けておくだけで効果があります。

ただ、実際に空き巣に入られてしまった際の証拠映像がないため、本物の防犯カメラを設置することがおすすめです。

 

2024年最新の防犯カメラおすすめ3選

カメラのメリットを解説する女性の画像

ここからは、屋外設置用の防犯カメラを厳選して3つご紹介します。

2024年の最新データに基づいて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

らくらくeye cam Light NS-9110WMS

監視カメラ・防犯カメラメーカーである株式会社NSKが提供する屋外用の防犯カメラです。

カメラの画素数は約100万画素、フレーム解像度は最大30fps VGA・最大15fps HD、防水性能はIP65の防犯カメラになります。

カメラとモニター間の配線不要のワイヤレスカメラで、カメラにLEDのセンサーライト機能が搭載されており、接近時にピカッと光で照らし映像をしっかり記録してくれます。

また、お手持ちのスマホへの通知機能も搭載しているため、いつでもどこでも自宅を確認することができます。

ご購入を検討される方はダイレクトショップから製品をご覧ください。

株式会社NSKのダイレクトショップ

ATOM Cam 2

設置しやすく機能性の面でも申し分ない屋外設置用の防犯カメラ「ATOM Cam 2」。

本体価格は5000円を切る手頃さで、初めて導入する方にもおすすめです。

昼は通行人の表情もしっかり視認でき、どうしても視認しにくくなる夜もカラーで撮影できるなど機能面でも非常に優れています。

録画した映像はメーカーが提供するクラウドでいつでも確認できますが、月額660円の利用料がかかる点には注意が必要です。

ただ、他社のクラウド利用料と比べても高額というわけではないので、カメラ本体の使い勝手の良さを加味すると最もコスパのよい屋外用防犯カメラと言えるでしょう。

 

yokoso ダミーカメラ

さらに費用を抑えて防犯カメラを導入したい、と考えている方におすすめしたいのが「yokoso ダミーカメラ」です。

本当に撮影しているように見える赤色のランプが点灯し、自宅を空き巣犯から守ってくれます。

何よりも非常に簡単に設置できるのが特長で、ケースを外して電池を入れ、両面テープで軒先に貼り付けるだけで完了します。

中で点灯している赤いランプはLEDなので電池の持ちがよく、手入れの手間が要らないのもポイントです。

また、ランプは点滅するため通常のダミーカメラよりも存在感が強く、空き巣犯への威嚇効果が期待できます。

 

防犯カメラで空き巣から自宅を守ろう

空き巣犯は狙いやすい家を探す嗅覚に長けており、郵便受けや軒先の散らかり具合などの様々な手がかりから防犯意識の低い家を狙うと言われます。

常日頃から防犯意識を高めるのはもちろんのこと、本記事で紹介した防犯カメラを設置して大切な我が家を空き巣被害から守りましょう。

 

まとめ

 

防犯カメラは、設置するだけで犯罪抑止力に繋がり、大切なご自宅を守るための防犯対策の一つです。

高機能・高性能であれば価格が高額になってしまうため、ご自身のニーズに合った機能面と予算をもとに選ぶことも大切です。

安心して暮らせる環境を作るために、防犯カメラの導入をぜひ検討してみてください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

監視カメラを牛舎に設置する目的や導入事例も紹介!

牛舎に監視カメラを導入したイメージ画像

監視カメラを牛舎に設置することは、農場経営者にとって重要なツールとなるだけでなく、牛の健康管理や生産性の向上にも大きな効果をもたらすことがあります。

今回は、牛舎において監視カメラを設置する目的・重要性や、具体的な導入事例を交えながら解説していきます。

牛舎管理の運営におけるDX化に関心のある方や、監視カメラの導入を検討している方にとって、参考になる情報を紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

代理店募集の画像

監視カメラを牛舎に設置する目的

防犯カメラのイメージ画像

監視カメラを牛舎に設置する目的について紹介していきます。

 

畜産物の盗難防止

畜産物の盗難は、牛舎や牧場経営者にとって非常に深刻な損失や経済的な打撃をもたらします。

熱意により手塩に掛けて育てられた畜産物がいとも簡単に盗まれてしまう事件が相次いで起きてしまったことがありました。

日中はスタッフがいますが、深夜になるとほぼ無人状態になってしまうため、監視カメラにより24時間体制で畜産物を見守ることが可能になります。

不正な行為や異常な動きがあった場合は、即座に警告を発信し、関係者が迅速に対応することができます。

 

牛の行動監視システム

牛の行動監視システムは、牛の食事や健康管理、さらには分娩兆候や発情管理・起立困難状態などを監視センサーが検知し、離れたところにいてもリアルタイムでメール通知してくれます。

牛の健康状態のモニタリング

監視カメラは牛の健康状態をリアルタイムで把握する手段となります。

牛の行動パターンやストレスの発生源を監視することで、病気や怪我の早期発見につながり、畜産物への品質を向上させる重要な役割を果たします。

 

牛の食事管理

牧場や牛舎内の餌場に監視カメラを設置することで、食事摂取量や食べ残しの状況を把握し、栄養バランスを管理することができます。

特に、異常な食事摂取パターンを早期に発見することが可能となるため、早期対処することで、牛の健康を保ち、食肉や乳製品としての品質を向上させることに繋がります。

 

作業効率の向上

監視カメラのデータを分析することで、牛の活動パターンや特定のエリアの利用状況を理解し、作業計画を最適化できます。

例えば、牛が特定のエリアに集まる時間帯や特定の餌場を好む傾向などを把握することができれば、給餌や健康チェックのスケジュールを合理的に調整が可能となります。

 

出産や治療の記録

監視カメラの録画機能を利用して、牛の状態や分娩までのプロセスを詳細に記録することができ、これにより将来の出産に備えるための貴重な情報を得ることができます。

今までは出産が近くなればいつ生まれるかわからず、スタッフは常に気がかりで待機する必要がありました。

しかし、監視カメラにより出産が始まると即座にスタッフへメールが通知され、リアルタイムでの映像確認により現場の状況を把握することができます。

 

監視カメラを牛舎に導入した事例

監視カメラのイメージ画像

家畜農家のIさんは、牛舎の運営や牛の健康管理における課題に直面しており、病気の早期発見や効果的な給餌計画の策定が難しく、畜産物の品質や効率に影響を与えていました。

この課題に対処するために監視カメラの導入を検討していました。

 

【監視カメラ導入後の効果】

分娩エリアの監視により、出産が始まるとすぐに対応でき、牛と子牛の安全を確保することができました。

また、夜間における牛の様子を確認できるため、健康問題や異常行動の早期発見が可能になり、緊急の処置が可能になりました。

ほかにも、監視カメラの存在が防犯効果として機能し、牧場内での盗難リスクを低減させました。

さらに、牧場経営者やスタッフがリモートで監視し、問題が発生した場合には迅速に対応できるなど、作業効率の向上にも繋がりました。

監視カメラの導入により、牛舎内での牛の健康管理やセキュリティが飛躍的に向上するだけでなく、リアルタイムなモニタリングとセンサー機能により、牧場経営者は牛の健康や安全を確保しつつ、生産性を最大化することができました。

 

また、過去には家畜の大量盗難事件が大きな話題となっていました。

「深夜に逆さづり…子豚や子牛が大量盗難 カメラは捉えた」

群馬県や栃木県で、豚や牛が次々と消えている。群馬では子豚を中心に670匹が姿を消した。子牛6頭が被害に遭った栃木では、深夜に逆さづりで運ばれる様子が防犯カメラに映っていた。誰が何のために盗んだのか。両県警が窃盗事件として調べている。栃木県足利市の田園地帯にある畜産団地。22日午後10時半ごろ、1台の車が牛舎の横に止まった。暗闇の中、出てきたのは短パン姿の3人組。顔にはマスク。1人が見張り、2人が子牛3頭を逆さづりにして次々と車の中へ運び込んだ。わずか30分の出来事だった。一部始終を防犯カメラが捉えていた。

(引用元:朝日デジタルより)

畜産農家の方にとって、家畜は大切な財産なので、しっかり守るためにも監視カメラを導入することが大切になります。

 

まとめ

監視カメラを牛舎に設置することは、牛の健康状態や行動パターン、食事管理や分娩兆候などをリアルタイムで把握することができます。

また、食事管理や健康管理等により早期の疾患やストレスなどの問題を発見することも可能となります。

牛舎の監視カメラの導入は、家畜の飼養を中心とする農業経営を実現するための有力な手段であり、今後ますます普及していくことが予想されます。

これから牛舎に監視カメラを導入したいと検討されていましたら、専門スタッフがニーズに合わせた最適な監視カメラシステムをご提案させていただきます。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

建設現場に監視カメラが必須な理由やレンタルの方法を解説!

建設現場に監視カメラ導入のイメージ画像

建設現場で監視カメラを導入したいと考えているけど、高価なカメラを購入するのは不安ですね。

しかし、現場ごとに設置するカメラの数や場所、使用期間などが異なるため、購入するという選択肢もありますが、一時的に使用する場合はカメラのレンタルがおすすめです。

今回は、建設現場に監視カメラが必要な理由やレンタルの方法について解説しますので、監視カメラの導入にお困りの方はぜひ参考にしてください。

代理店募集の画像

監視カメラ導入の重要性

建設現場に監視カメラを導入するイメージ画像

建設現場における監視カメラ導入は、安全性と効率性を向上させるために不可欠な要素です。

建設現場は、多くの人々が働く場所であり、危険な状況や事故が発生する可能性が常に存在しています。

しかし、監視カメラを導入することで、建設現場のあらゆる角度をカバーし、24時間体制で映像を記録することができます。

これにより、作業員の安全を確保するだけでなく、万が一の事故や紛争が発生した際には、その状況を正確に把握することができます。

また、監視カメラの映像は証拠として使用することもできるため、事件やトラブルの解決にも役立ちます。

他にも、監視カメラは作業員の動線や作業プロセスを詳細に分析することで、無駄な動きや手順を見つけ出し、改善することができるため、業務効率を改善することもできます。

監視カメラの映像をリアルタイムでモニタリングすることで、作業員の動向や進捗状況を把握し、必要な場所に適切な人員を配置することも可能になります。

建設現場における監視カメラ導入は、安全性と効率性を向上させるだけでなく、作業員や関係者の信頼感を高める効果もあります。

結果として、建設現場における監視カメラ導入は、安全性の向上、効率性の向上、信頼感の向上といった多くのメリットをもたらします。

これにより、建設プロジェクトの成功確率が高まり、より良い作業環境が実現されるようになります。

 

建設現場で監視カメラが必須な理由!

工事現場の監視カメラのイメージ画像

建設現場で監視カメラが必須な理由について紹介していきます。

 

犯罪抑止・不審者検知

・材料泥棒

新型コロナウイルスの影響で、以前に比べて資材の価格が高騰しています。

資材の価値が高まり、より高く売れるため、建設現場の資材は盗難の被害に遭いやすくなっています。

工事現場は多くの人が出入りしており、入り口は一つではないので、作業着を着ていれば怪しまれずに済みます。

建築工事に必要な重要資材の盗難を防ぐためには、監視カメラの設置が必要です。

・不法侵入者

建設現場は入り組んでいて珍しいものも多く、夜間でも立ち入りを許可すると部外者が現場に侵入する危険性があります。

資機材が破壊された場合、その損害は甚大であり、資機材により人が負傷した場合には、管理者の責任が問われる恐れがあります。

監視カメラを設置すると侵入のリスクが軽減され、侵入者の証拠が得られます。

・放火

無人の場所や安全に施錠されていない建設現場は、放火攻撃のターゲットになりやすいです。

監視カメラを設置することで放火を防ぐことができ、万が一火災が発生した場合でも犯人の特定に役立ちます。

 

事故やトラブルの早期発見

建設現場に監視カメラを設置することで、資材の盗難や不審者を防ぐだけでなく、遠隔地から状況を確認することもできます。

例えば、電話のみの場合、その場の状況を当事者より確認することはできますが、実際の真相や詳細は聞いた話のみでしかわかりません。

しかし、監視カメラがあることにより、従業員の出入りや車の様子、行動まですべて見ることができるため、事故が起きた場合の原因究明にも役立ちます。

 

効率的な作業監視と品質管理

建設現場の安全対策として、多くの企業が警備員を配置することになります。

しかし、コスパを考えると監視カメラの方が安くておすすめです。

警備員の派遣費用は1日あたり2万円程度ですが、監視カメラの短期レンタルは月額1万円程度のところもあります。

工事現場の監視に監視カメラを導入すれば、かなり低コストで利用できることがわかります。

さらに、警備員は休憩時間やその他の変更のタイミングにより、犯行現場を見逃す可能性があります。

一方、監視カメラは24時間常に監視しているため、犯罪の抑止に有効な役割を果たしています。

 

建設現場の監視カメラはレンタルがおすすめ!

 

防犯カメラの専門家イメージ画像1

 

建設現場の監視カメラはレンタルがおすすめの理由

監視カメラをレンタルすると次のようなメリットがあります。

  • 初期費用が購入よりも安い
  • 計画的な支払いができる
  • 行政手続きの簡素化
  • 短期間のみ使用可能
  • 途中キャンセルも可能
  • 故障の場合はレンタル会社が修理を行う
  • 資金計画が立てやすい

監視カメラをレンタルする大きなメリットは、必要な期間だけ利用できることと、中途解約が簡単なことです。

レンタルに必要な費用は月々のレンタル料のみで、リースと同様に資本金や減価償却費の計上、固定資産税の支払いが不要です。

そのため、初期費用や維持費・修繕費がかからないため、経営計画が立てやすくなります。

監視カメラのリースとレンタルのメリットを考えると、工事現場への設置にはレンタルの方が適していることが分かります。

リース契約は6~7年の長期利用が必要で、原則として中途解約はできません。

しかし、建築現場や工事現場の場合は、あらかじめ工期が決まっていることがほとんどです。

5年以上かけて建てる予定であれば良いですが、そうでない場合は計画的にレンタルを利用した方がお得になるかもしれません。

 

建設現場の監視カメラをレンタルする方法

レンタルは1日から1年程度の短期利用に適した方法です。

契約期間内に解約すると違約金が発生しますが、途中で解約することも可能です。

レンタル会社によっては設置から撤去まで一括で行ってくれるので安心です。

また、契約内容によっては故障や盗難に対する保証が付いている場合もあるので、万が一の場合に費用を支払う必要がありません。

 

まとめ

建設現場に監視カメラを設置することは、安全性と効率性の両面で非常に重要です。

監視カメラは、現場の監視や作業の記録、盗難や破壊行為の防止など、さまざまな目的に役立ちます。

また、監視カメラのレンタルは、コストを抑えながら必要な期間だけ利用することができるため、経済的な選択肢としても魅力的です。

建設現場の安全と効率を向上させるためにも、監視カメラの設置を検討してみてください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

監視カメラの屋外用の選び方のおすすめやポイントを解説!

セキュリティカメラのイメージ画像1

監視カメラは、家やオフィスなどの屋内だけでなく、屋外でも安全やセキュリティを確保するために欠かせない存在です。

しかし、屋外用の監視カメラを選ぶ際に、どのようなものを選ぶとよいのかわからいない方も少なくありません。

今回は、屋外用監視カメラの選び方やおすすめのポイントについて解説していきますので、ぜひ最後までご覧いただき、安心して屋外を監視できるカメラを選ぶための参考にしてください。

代理店募集の画像

監視カメラの屋外用を設置する目的

防犯カメラのイメージ画像2

監視カメラを屋外に設置することで、事件事故や犯罪などトラブルが起こった際に証拠として映像に残すことができます。

また、犯罪が起きた際には証拠データを警察に渡すことで、事件解決までがスムーズになります。

さらに、監視カメラの存在そのものが犯人に「見られている」と思わせることができ、犯罪抑止効果も期待できるでしょう。

結果として、窃盗や車上荒らし、不法侵入などの犯罪や、事件・事故などのトラブル解決に繋がります。

他にも侵入禁止エリアを設定することで、設定エリア内に侵入した際に通知されアラーム音で警告をすることもできます。

 

監視カメラの屋外用の選び方のおすすめ

防犯カメラのイメージ画像

設置場所から選ぶ

屋外用の監視カメラを選ぶ際には、撮影範囲はどのくらいなのか、設置する目的などが重要となります。

また、設置する地域などによっては気温が高いか低いか、寒冷地仕様が必要なのか、カメラの動作温度範囲を確認することも大切です。

そして、設置場所が壁、天井、柱など、どこに設置するのかによっても監視カメラの種類が変わってきます。

設置する場所を検討する際には、カメラが撮影する対象範囲を確認し、設置前に映像を確認してください。

人物の識別や対象範囲の確認など、適切な位置かどうかを検証することも重要です。

 

機能・性能から選ぶ

防水・防塵機能

屋外での設置で最も重視するべき機能が耐久性です。

屋外は屋内に比べて雨風の影響を受けやすいため、防水・防塵機能のあるカメラを選びましょう。

防水・防塵機能のレベルは「IP規格」と呼ばれる規格が定められており、IP00〜IP68までの数字で表され、この数字が大きいほど、防水・防塵機能が高くなります。

IPの後ろにある2つの数字がそれぞれ防水・防塵のレベルとなっており、左側が防水で右側が防塵のレベルを表しています。

屋外で設置するカメラであれば、IP66以上がおすすめです。

広角撮影機能

カメラはレンズによって撮影できる範囲に違いがあります。

広角撮影機能を持つ広角レンズであれば、通常のカメラよりも広い範囲を撮影できます。

そのため、広い場所を撮影したい場合には1台のみの設置で済むためおすすめです。

また、全体を広く撮影し、狭い部分は詳細に撮影したい場合には、カメラを併用することでそれぞれに適した撮影が可能になります。

狭い部分には高画質のカメラ、広い場所には広角レンズ付きカメラと組み合わせて使用できるため、複数台設置にも対応可能です。

解像度と画質

監視カメラの解像度や画質は、画素数やF値、画角などによって決まります。

F値は小さいほど、画角や画素数は大きいほどカメラの性能は良くなりますが、それに伴いコストも高くなります。

そのため、設置する場所や撮影の目的にあわせて必要な解像度や画質を見極める必要があるでしょう。

また、屋外に設置する監視カメラの場合は、時間や天候、日光の影響を受けやすいため、それらの影響を軽減させる機能を備えたカメラを選ぶと一定の映像品質を保てます。

夜間撮影機能

建設現場や駐車場への設置など、夜間の不審者侵入に対しては、「赤外線カメラ」や「暗視カメラ」など夜間撮影に適した監視カメラを選ぶ必要があるでしょう。

常夜灯や光が全くない暗闇に対しては赤外線カメラ、豆電気程度の明るさがある場所には暗視カメラの設置が適しています。

監視カメラを設置したい場所に灯りがあるかを確認しておきましょう。

録音機能

録音機能がついている監視カメラであれば、映像だけでなく音声も証拠として記録ができます。

室内からは聴こえにくい屋外での音声を拾うことができ、事件・事故の音声から現場の様子を把握できたり、不審な音や撮影範囲外での音声も得られます。

録音機能はレコーダーに録音するタイプや、カメラに内蔵されているタイプなどに分かれます。

ズーム・フォーカス機能

監視カメラのズーム機能は、すでに録画されている映像を拡大する「デジタルズーム」と、レンズを動かして焦点距離を拡大・縮小することにより被写体をズームする「光学ズーム」の2つに分類されます。

デジタルズームは撮影時の画像サイズは変わらないので、ズームするほど画像が荒くなりますが、レンズ自体を動かすことがないため故障しにくいです。

一方で光学ズームは、撮影時にズームしているため、映像を確認しても鮮明で人の顔や文字などもしっかり認識できます。

ただし、ズーム率が高くなるほどカメラやレンズが高価になるため予算や用途にあわせて検討する必要があるでしょう。

監視カメラに「フォーカス機能」がついているかもあわせて確認しておきたいポイントです。

フォーカス機能は被写体にピントをあわせてくれる機能のことで、オートフォーカス機能が搭載された監視カメラの場合は、車のナンバーや人に対して自動でピントをあわせてくれます。

人感センサー・動体検知機能

人が常にカメラの映像を確認するのは難しいため、自動で異常を検知する人感センサー・動体検知機能があるととても便利です。

人感センサーは赤外線や超音波などで温度を検知して人や動物を判断し、動体検知はカメラの撮影範囲内での映像の変化を捉えます。

これらの機能があれば、カメラの撮影範囲内で何か動きがあった際に通知してくれます。また、異常があった部分だけ録画して他の映像は容量を節約するという使い方も可能です。

電源の有無から選ぶ

まずは監視カメラを設置したい場所に電源があるか確認しましょう。

電源がない場合は、バッテリーを充電して使用する「内蔵バッテリーカメラ」、「電池式の監視カメラ(トレイルカメラ)」などであれば、電源なしで使用が可能です。

いずれも工事不要で手軽に使用できるのがメリットですが、こまめなバッテリーや電池交換が必要になります。

通信環境の有無から選ぶ

監視カメラは、映像をレコーダーに記録するだけのものと、リアルタイムの現況を把握ものがあります。

映像をレコーダーからDVDもしくは記憶メモリに記録する場合は通信環境がなくても問題ありません。

ただし、記録媒体がクラウド上の場合は映像データをクラウド上にアップロードする必要があるため通信環境を整える必要があります。

また、リアルタイムの映像をパソコンやスマートフォンから確認する場合には、監視カメラにWi-FiやSIMによる通信環境が必要となります。

録画データ保存方法から選ぶ

データの保存方法は、大きく分けてクラウド上に保存する場合と、レコーダーに保存する場合の2種類あります。

クラウド上に保存する場合は、インターネット上のクラウドストレージに保存されるので、レコーダーなどのデバイスが必要なく、デバイスの故障やメンテナンスの必要もありません。

しかし、Wi-Fiなどの通信環境が必要なため、有線接続タイプであれば、設置の手間があったり、無線タイプであれば、電波の範囲に注意する必要があります。

一方レコーダーに保存する場合はNVR(ネットワークビデオレコーダー)やDVR(デジタルビデオレコーダー)などが必要になるため、ネットワークの整備やスペースの確保が必要です。

 

まとめ

 

監視カメラの選び方やポイントを押さえることで、安全性やセキュリティを向上させることができます。

ぜひ、これらのポイントを参考にして、自宅やオフィスなどの屋外に最適な監視カメラを選んでみてください。

もし、監視カメラの選び方や設置についてのご質問やお問い合わせがありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

農業の防犯カメラ設置は補助金が対象!条件や流れを解説!

農業に防犯カメラを設置するイメージ画像

最近では、農作物や農機具への盗難や不正侵入の被害が増加しており、農家の方々は自身の財産を守るために様々な対策を講じています。

各自治体では農家さんを守るためにも、防犯カメラの設置にかかる費用を補助する制度があります。

今回は、農業の防犯カメラ設置に関する補助金制度について、具体的な条件や申請の流れについて解説していきます。

もしも防犯カメラの設置を検討している方や、補助金制度について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

農業の防犯カメラ設置は補助金が対象!

過去に実施されている愛知県碧南市と山形県の補助金の事例を紹介し、補助金の対象条件と申請の流れについて解説します。

 

愛知県碧南市が実施した補助金の場合

にんじん畑のイメージ画像

補助金の対象条件と申請の流れ

例えば、愛知県碧南市では令和5年に「農業経営改善支援事業補助金」の募集を行っていました。

現在募集は終了していますが、防犯カメラ設置に対して1/3以内の補助率で、最大10万円の補助金をもらうことが可能です。

農業経営における防犯対策に関わる事業が補助の対象となり、農作物及び農機具の盗難、農業用施設の器物損壊防止などが主な対象条件になります。

農業の防犯対策に関わる資機材が補助の対象となり、具体的には農地や農業施設を監視するための防犯カメラや、トラクターに取り付ける盗難防止用の機器、センサーライトなどがあります。

補助金の申請については、「補助金交付申請書」を見本に沿って記入し、市町村に提出すれば完了となります。

補助金交付申請書は市区町村のホームページからダウンロードが可能です。

詳しく問い合わせたい場合は、碧南市役所 経済環境部 農業水産課 農政振興係にメールや電話で聞くことができます。(電話番号: (0566)95-9896​​​​​​​ メール:経済環境部 農業水産課 農政振興係にメールを送る

(出典:愛知県碧南市HP

 

山形県が実施した補助金の場合

さくらんぼ園のイメージ画像

果樹王国で知られる山形県といえば、さくらんぼやラ・フランスをはじめ、西洋ナシやメロン、りんご、すいか、ぶどう、桃など多くの名産品が栽培されています。

山形県を支える重要な産業である一方、農作物の盗難が非常に問題になっていました。

農家さんをはじめ、JAや県、警察などが協力して盗難対策に取り組むもののなかなか被害が減らない状況が続いてしまい、山形県は盗難対策に取り組む団体に対して補助金を出すことを2022年に決定しました。

フルーツの品種によっては被害額が大きくなることも

さくらんぼの値段はその品種によってピンキリですが、山形県のさくらんぼを代表する「佐藤錦」は1キロ(約150粒)で1万円と単価の高い品種です。

そのため、盗難による被害額も大きく、2021年のさくらんぼ盗難被害は7件発生しており、被害総額は150万円にものぼりました。

山形県警生活安全企画課によると、2019年には被害報告がありませんでしたが、2020年には3件の被害があったと報告されており、合計220キロで被害総額は約90万円にもなったといいます。

毎年JA山形中央会が中心となり、県や警察、各地域のJAが一丸となって盗難防止対策を行いましたが、こうした盗難被害は年々増加傾向にあり、さくらんぼのほか、スイカやブドウ、リンゴなどの盗難も相次いでいます。

 

山形県が最大50万円の補助制度を実施

山形県では過去の盗難被害を受けて「魅力(かち)ある園芸やまがた所得向上支援事業費補助金」の中の「農作物盗難防止対策事業」という補助制度を新たに創設しました。

募集期間を2022年3月上旬~4月中旬までにしていましたが、採用が1件のみとなったためにブドウの収穫時期である9月頃まで募集期間を延長しました。

 

補助金の対象条件と補助金申請の流れについて

補助金の対象となるのはJ農業生産法人やJAなどの団体で、団体が防犯カメラなどの防犯機器を購入した場合に、購入費の一部が補助されます。

申請に必要な書類は、最寄りの総合支庁農業振興課または各市町村で入手が可能で、市町村へ申請書類を提出します。

補助率は1/6または市町村が補助する金額の2/3のどちらか低い方の金額で、上限は50万円です。

今回の補助金の対象はブドウとさくらんぼに限られており、団体ではなく個人の生産者の場合は、申請不可のため注意が必要です。

また2022年度以降の実施については、補助実施の成果によって決定しているため、今後の詳しい詳細については各市町村に問い合わせをおすすめします。

 

補助金実施については市区町村に確認しましょう

市区町村のホームページにはこうした補助金についての案内を行っていることがありますので、まずはお住まいの地域のホームページをチェック、または問い合わせてみることをおすすめします。

どの補助金が防犯カメラ設置の補助金の対象となるのか判断が難しい場合や、補助金の申請窓口が分かりにくい場合もあります。

その場合、基本的には市区町村の総務課や防犯課、危機管理課、中小企業課などに問い合わせれば、詳しい内容を聞けるはずです。

また、地域の防犯設備協会や都道府県に問い合わせれば、どの補助金が対象となるかも含めて教えてもらえるでしょう。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

建設現場に監視カメラを導入するメリットデメリットを解説!

建設現場に監視カメラ導入のイメージ画像

建設現場には、防犯対策や業務効率の向上、DX化など様々な目的から監視カメラを設置することが増えました。

しかし、建設現場にはどのようなカメラを選べばよいのか分からないという方も少なくありません。

今回は、建設現場で役立つ監視カメラの導入目的や導入するメリット・デメリットについて紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

建設現場に監視カメラを導入する目的

防犯カメラの専門家イメージ画像1

建設現場に監視カメラを導入する主な目的は、安全性の向上業務効率の向上です。

建設現場では高所作業や機械操作など、危険な作業が頻繁に行われるため、事故や怪我を防ぐために監視が必要となります。

監視カメラにより、危険な状況をリアルタイムでモニタリングし、異常が検知された際には迅速かつ適切に対応することが可能です。

また、監視カメラは作業の進捗状況や資材の管理等においても役立ちます。

建設プロジェクトは複雑で、多くの要素が絡み合うため、実際の作業状況を可視化することが非常に重要です。

監視カメラは建設現場の全体を広範囲にカバーし、作業の進捗や資材の搬送などを記録・モニタリングすることでプロジェクトの進行をスムーズにし、問題が発生した際には迅速な対応を可能にします。

さらに、建設現場では、現在人材不足により現場のDX化が火急の課題となっており、遠隔監視により効率よく現場管理を行うことができるようになります。

 

建設現場に監視カメラを導入するメリット

建設現場に監視カメラを導入するイメージ画像

建設現場に監視カメラを導入するメリットについて紹介していきます。

 

建設現場での監視カメラのメリット:安全性の向上

監視カメラは高所作業や重機操作などの危険な状況をリアルタイムでモニタリングし、事故発生時には即座に状況判断でき、適切な対応をとることができます。

これにより作業員の安全を確保したり、事故の発生を未然に防ぐことができます。

 

建設現場での監視カメラのメリット:盗難や不正行為の抑止力

建設現場では資材や機材が多く保管されており、これらの盗難は現実的な脅威にあたります。

監視カメラが設置されることで、24時間監視や映像を記録することができ、不正アクセスや盗難等を未然に防ぎ、資産の保全を確保することができます。

 

建設現場での監視カメラのメリット:作業プロセスの透明性と管理効率の向上

カメラが作業全体を記録することで、作業の進捗や資材の利用状況を把握しやすくなります。

これにより、プロジェクトの進行状況を効果的に管理し、必要な調整を迅速かつ的確に行えます。

 

建設現場での監視カメラのメリット:リアルタイムモニタリングと遠隔監視

監視カメラはIPカメラなどによりリアルタイムでの映像を確認することが可能です。

現場の状況をリアルタイムで把握することで、遠隔からの監視や作業指示等が可能となり、現場監督や管理者はいつでもどこからでも建設現場の安全状況や進捗管理などが行えるようになります。

 

建設現場に監視カメラを導入するデメリット

工事現場の監視カメラのイメージ画像

建設現場に監視カメラを導入する際のデメリットも考慮する必要があります。

 

建設現場での監視カメラのデメリット:プライバシーの侵害

建設現場では作業者が激務の中で作業しており、導入された監視カメラが個々の作業者の動向や行動を記録することで、プライバシーの侵害が懸念されます。

これは従業員との信頼関係に悪影響を及ぼし、モラルやモチベーションの低下につながる可能性があります。

 

建設現場での監視カメラのデメリット:現場の状況誤解

監視カメラの設置場所によっては、一部の視点しか捉えていない場合、特定の状況や事象を正確に理解できないケースもあります。

また、映像から得られる情報だけでは、現場の臨場感を共有することが難しくなるため、全体のリアルな状況を正確に把握することも課題となっています。

ただし、監視カメラの設置台数やウェアラブルカメラの導入等により遠隔臨場を

 

建設現場での監視カメラのデメリット:導入費用や維持管理

監視システムを運用するにあたり、監視カメラの導入や定期的なメンテナンス、データストレージ費用などのコストがかかります。

特に定期的なメンテナンスは、故障や機能の劣化を防ぐために、定期的な点検や修理が必要不可欠です。

ただし、建設現場では現場が変わったりすることもあるため、購入することなく監視カメラをレンタルするサービスもあるため、導入コストのハードルがとても低くなっています。

 

建設現場での監視カメラのデメリット:通信環境の確保

建設現場での監視カメラの導入には、リアルタイム映像の通信環境が影響を及ぼす可能性があります。

特に電波が届きにくいトンネルなどの場所や4G通信規格が主流の状況では、映像や音声が途切れることが起こります。

しかし、最近ではトンネル内でも高速通信が可能となる通信構築が行われており、建設現場の進化に合わせて、通信技術の向上や新たな通信規格の導入が行われています。

これにより、通信環境の課題も克服され、より効果的な監視が可能になることが期待されます。

 

まとめ

建設現場に監視カメラを導入する際には、目的やメリット・デメリットをしっかりと把握することが大切です。

もし、建設現場での監視カメラに関することでわからないことやご相談等がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

私たちは専門知識と経験を持ち、最適な監視カメラの導入方法や設置場所などをご提案させていただきます。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

監視カメラ屋内用のおすすめの選び方やポイントを解説!

ドーム型監視カメラのイメージ画像

監視カメラは、現代のセキュリティや業務効率、DX化など様々なポイントで欠かせない存在となっています。

しかし、数多くのメーカーや機能があるため、どのカメラを選ぶべきか迷ってしまうことも少なくありません。

今回は、屋内用の監視カメラのおすすめの選び方やポイントについて解説していきますので、安全で快適な環境を築くためにも、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

屋内用監視カメラのおすすめの選び方

見守りカメラのイメージ画像

監視カメラを選ぶ際に最も重要なステップの一つは、使用目的を明確にし、その目的に適した機能や仕様を考慮することです。

下記の、用途を明確にするための詳細なポイントを解説します。

 

屋内用監視カメラおすすめの選び方①:使用目的から選ぶ

屋内での監視カメラの使用目的は多岐にわたるため、具体的な使用目的を明確にすることで、どのようなカメラを選ぶことが最適なのか絞れるようになります。

 

一般的なセキュリティ対策

貴重品の保護や一般的な監視のために設置される場合、一般的な監視カメラで十分です。

窃盗などの犯罪が起きた際に、証拠映像として提出する場合が一般的なので、高解像度にしなくても顔や行動がしっかり把握することができます。

 

子供やペットの監視

子供やペットの安全確保のために使用される場合、モーションセンサーやアラート機能が備わったカメラが有益です。

また、お手持ちのスマートフォンやパソコンから遠隔監視が可能なカメラにすることで、外出先からでも安心して監視できます。

 

オフィスや店舗の監視

商業施設やオフィスでの利用では、防犯対策だけでなく、従業員の行動や顧客の動向を把握するための監視が求められます。

また、従業員同士のトラブルや業務効率の改善などにによる使用方法もあります。

 

屋内用監視カメラおすすめの選び方②:機能や性能(スペック)から選ぶ

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

屋内利用のカメラは、屋外のように過酷な状況下にさらされることがないため、防塵・防水機能はなくても大丈夫です。

 

①録音機能

録音機能がついている防犯カメラであれば、映像だけでなく音声でも証拠の記録が可能です。

屋外での人の声や事故の音、不審な音など、映像に映っていない情報も得られる可能性もあります。

カメラに内蔵されているタイプや、レコーダーで録音するものなどがあります。

 

②夜間の撮影

屋外の夜間撮影はカメラのスペックによって映像の鮮明さが大きく左右されます。

デイナイト型と呼ばれる赤外線照明で撮影する機能は、通常はカラー撮影を行い夜間になると白黒で映像を記録します。

白黒でも鮮明な画像を記録できるものもあります。

また、ナイトビジョン対応カメラであれば、暗闇の中でもカラー撮影が可能です。

防犯カメラの用途として従業員のいない夜間などの撮影を重視する場合は、暗闇での映像の鮮明さはカメラを選ぶ上で非常に重要です。

 

③広角撮影

カメラはレンズによって撮影できる映像に違いがあり、広角レンズであれば通常のカメラよりも広い範囲を撮影可能です。

一つのカメラでも広範囲をカバーできるため、1台のみ設置する場合で、特定の場所を詳細に撮影するのではなく全体的に撮影したい場合におすすめです。

複数台置く場合でも、役割が明確で組み合わせやすいです。

 

④画質・フレームレート

カメラの記録映像は、画質やフレームレートによって映像の鮮明さやなめらかさが変化します。

フレームレートは1秒間あたりの静止画のコマ数で、この数が多いほど映像がなめらかになります。

画質はその静止画あたりの解像度(画素数)がどれだけ多いかによって決まります。

この2点の数値が高いほど映像のクオリティがあがるため、詳細な記録映像を撮りたい場合はこのスペックが高いカメラがおすすめです。

注意点として、映像が高画質になるほど録画に必要な容量も大きくなるため、後述するレコーダーの容量や保存の方式とも併せて検討しましょう。

 

⑤ズーム・フォーカス機能

カメラ・映像のズームは、すでに録画されている映像を拡大するデジタルズームと、カメラの焦点距離を変化させて被写体を拡大させる光学ズームがあります。

光学ズームは拡大しても画素数が低下せず鮮明な映像で、録画映像で気になる部分を拡大しても画像が荒くて役に立たないなどの問題が解消されます。

フォーカス機能とは、被写体にピントを合わせてくれる機能です。

事前に利用シーンごとに設定が可能なものもあるため、人間が実際に監視している時間ではなくても何かアクションがあれば詳細をズームしてピントを合わせてくれます。

 

⑥動体検知・人感センサー機能

撮影範囲に異常や違和感があった時に、常に人が防犯カメラを遠隔で操作して確認するのは難しい場合があります。

そんな時にオートフォーカス機能と同様に自動で異常を検知してくれるのが動体検知・人感センサー機能です。

動体検知は、前後の映像の中で大きな変化があった時に、映像に何か動きがあると判断し、人感センサーは赤外線や超音波などで温度を計測して人物や動物を判断します。

この検知機能をアラートと組み合わせて、検知した際に従業員や監視員に通知したり、その部分だけ自動録画して他の部分は容量を節約したりするなどの活用が可能です。

 

屋内用監視カメラおすすめの選び方③:形状から選ぶ

監視カメラにはさまざまな形状があり、それぞれの特性に基づいて選ぶことが重要です。

以下に、代表的な形状の防犯カメラを紹介し、それぞれの特徴について解説します。

 

BOX型監視カメラ

ボックス型カメラの製品イメージ画像

一般的よく見かける形状で、四角いボックス型の形状からボックス型と呼ばれています。

天井や壁から距離を出して設置することが可能で、取り付ける際はフィクサーと呼ばれる取り付けブラケットを使用します。

基本的に屋内使用になっており、雨にかからない場所に設置することが望ましいです。

また、赤外線LEDが付いてませんので夜間の撮影はできませんので注意ください。

 

ドーム型監視カメラ

ドーム型カメラの製品イメージ画像

ドーム型の防犯カメラは、カメラのレンズが目立ちにくく、景観をあまり損なうことなく設置できます。

レンズの先がわかりにくいので、どの範囲を撮影しているのか、死角がどこなのか見つけにくいです。

 

PTZ型監視カメラ

PTZカメラの製品イメージ画像

水平回転(パン)、垂直回転(チルト)、拡大・縮小(ズーム)が可能で、視点操作により詳細な確認ができます。

移動させた分の視点は撮影できないため、固定カメラと組み合わせて広範囲かつ詳細な監視が可能です。

PTZ型は、柔軟な視点操作をすることができ、詳細な監視が必要な場合や広範囲をカバーする場合に適している。

遠隔操作や自動巡回機能があると便利ですが、操作により詳細な範囲の確認が可能。

 

各形状にはそれぞれ得意とする用途がありますので、設置場所や監視の目的に応じて最適な形状を選ぶことがポイントです。

 

NSK君
NSK君
防犯カメラの選び方の関連記事はこちら
防犯カメラの種類と選び方について解説します!

屋内用監視カメラおすすめの選び方④:保存方法から選ぶ

監視カメラ映像の保存のイメージ画像

防犯カメラの録画データの保存方法は、利用環境やニーズによって異なります。

以下に、クラウドでの保存とレコーダーでの保存について詳しく解説します。

 

クラウド(ネットワーク)で保存

特徴

インターネット上のクラウドストレージに映像データを保存。

物理的なデバイス不要で、設置場所のスペースを取らない。

デバイスの故障や破壊へのリスクが低い。

デメリット

インターネット接続環境が必要。

Wi-Fiなどの無線接続では電波の範囲に制約がある。

選び方のポイント

インターネット接続が安定しているか確認。

クラウドサービスの月額料金やデータ容量制限を確認。

 

レコーダーで保存

特徴

物理的なデバイスに映像データを保存。 DVRやNVR、SDカードなどの種類があり、選択肢が豊富。

デメリット

物理的なデバイスの設置スペースが必要。 レコーダーの故障や破壊へのリスクが存在。

選び方のポイント

設置スペースや予算に合ったレコーダーを選択。

ネットワーク環境が整っているか確認。

 

まとめ

 

監視カメラの選び方にはいくつかあるため、まずは用途・目的から選ぶことがおすすめです。

また、設置場所や取り付け方法も考慮し、必要な機能や予算に合わせた選び方をすることで最適なカメラを選ぶことができるようになります。

そして、カメラの信頼性やサポート体制についても様々なメーカーをよくチェックすることが大切です。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

農業に監視カメラを設置する目的は?メリットデメリット!

監視カメラのイメージ画像

農業界では、農家さんが丹精込めて農作物を生産していますが、窃盗や鳥獣被害などの影響にから監視カメラを導入する方も多くなりました。

しかし、一方でプライバシーの問題や設置コストなどのデメリットも存在します。

今回は、農業に監視カメラを設置する目的やそのメリット、デメリットを詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

農業に監視カメラを設置する目的は?

農業では、農家さんが一生懸命に愛情を注いで野菜・果物・花などを生産していますが、収穫するまでに「窃盗」や「鳥獣被害」などの外敵から守るために監視カメラを設置します。

近年では、農産物のブランド化により、野菜や果物が高価格帯で取引されるものも増え、窃盗や鳥獣の被害が深刻な問題となっています。

そのため、監視カメラを導入することで、大切な農産物を守ることができるようになります。

また、農業では監視カメラの温度検知機能を利用し、ハウス内の温度管理を自動化する業務効率にも用いられるようになりました。

 

農業に監視カメラを設置するメリットとは

ビニールハウスのイメージ画像

作物や農場の安全性の向上

 

監視カメラは農場内外の気象条件をリアルタイムでモニタリングし、異常な気象の早期検知を可能にします。

例えば、突発的な大雨や風などの変動を検知することで、適切な対策を講じて作物への被害を最小限に抑えることができます。

これにより、生育状況を安定化させ、収量の向上に寄与します。

また、監視カメラは畑やビニールハウス内の植物を常時モニタリングし、害虫や病気の初期兆候をキャッチすることができます。

早期に発見された場合、迅速な防除手段を講じて作物の健康を保つことができ、農産物の品質を確保できます。

 

盗難や不正行為の抑止

 

農場における盗難被害は農作物だけに限ったことではありません。

実は、トラクターや耕運機などの農業機械や農機具はかなり高価で、窃盗被害が相次ぐ事件も少なくありません。

そのため、農場だけでなく車庫や倉庫などを24時間監視するようにし、不審な動きを検知すると即座に警報を発信することで盗難被害を抑制できます。

 

農作業の効率化と品質向上

 

監視カメラは作業者の動きや行動を記録・分析することができます。

これにより、作業者の効率的な動きや最適な手順を把握し、作業者のスキル向上により、作業の効率性が向上します。

また、監視カメラは収穫された作物の品質を評価する際にも役立ちます。

視覚データを活用して、色やサイズ、形状などを詳細に分析することで、品質の向上を図ります。

異常な品質の作物を早期に発見し、取り除くことで、市場への出荷時の品質を確保します。

 

環境への影響の監視と管理

 

水は農業において重要な要素であり、持続可能な水利用は環境への配慮が求められます。

監視カメラは灌漑や水利施設の適切な利用を監視し、水の無駄使いを抑制することで、水源の保全や地域の生態系への影響を減少させます。

また、監視カメラは農地での農薬散布の過程を監視し、正確で効果的な散布が行われているかを確認します。

これにより、農薬の不必要な使用や過剰散布を防ぎ、環境への影響を軽減します。

農業に監視カメラを設置するデメリットとは

温室ハウスのイメージ画像

プライバシーの侵害の懸念

 

農場内に設置された監視カメラが広範囲なエリアをカバーしている場合、作業者や農場周辺の住民の日常生活がカメラによって定期的に監視される可能性があります。

これにより、個人の行動や習慣が他者に知られ、日常生活へのプライバシーの侵害が懸念されるのでしっかり注意しましょう。

 

カメラの設置やメンテナンスの費用

 

監視カメラを導入するには、購入費用が必要となります。

また、購入してからは故障にならないようメンテナンスも1年に1回程度のメンテナンスを行うことで長く利用することができます。

監視カメラは外部環境にさらされた場合、天候や気温の変化、塵や湿気などによって故障が発生する可能性があります。

また、カメラや関連機器の定期的なメンテナンスが必要です。

故障やメンテナンスにより、一時的な監視の中断や運用コストの増加が生じる可能性があります。

 

技術的な問題やトラブルの可能性

 

監視カメラは通常、ネットワークに接続されてリアルタイムで映像を転送するため、ネットワーク接続の安定性が重要です。

ネットワークの障害や遅延が発生すると、映像の遅れや途切れが生じ、正確な監視が妨げられる可能性があります。

まとめ

 

監視カメラのメリットは多岐にわたります。

しかし、プライバシーの侵害の懸念やカメラの設置やメンテナンスの費用、技術的な問題やトラブルの可能性など、デメリットも考慮する必要があります。

農業における監視カメラの導入を検討される方は、これらのメリットとデメリットをバランスさせ、ご自身の農業経営に合った適切な対策を検討することをおすすめします。

監視カメラに関する疑問やご相談がある場合は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

【謹賀新年】新年のご挨拶を申し上げます。

新年のご挨拶用の画像

新年、明けましておめでとうございます。

株式会社NSKのスタッフ一同より新春のお慶び申し上げます。

旧年中は多大なるご尽力をいただき誠にありがとうございました。

本年も更なる品質向上、サービス向上を努めてまいりますので、より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

株式会社NSK

工場・倉庫の監視カメラの選び方を5つのポイントで解説!

工場に監視カメラを導入するイメージ画像

工場や倉庫では、貴重な資産や機械、商品が保管されているため、万が一の事故や不正侵入を防ぐためには、適切な監視カメラの設置が必要不可欠です。

しかし、監視カメラの種類や機能は非常に多く、選ぶ際には迷ってしまうこともありますよね。

今回は、工場・倉庫の監視カメラを選ぶ際の重要なポイントを5つご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

工場・倉庫に導入する監視カメラの選び方

工場内のイメージ画像

工場や倉庫に監視カメラを導入する際に、カメラの選び方のポイントについて紹介していきます。

 

監視カメラの選び方①:カメラの種類

 

固定カメラ

位置が固定されており、一定の方向を監視します。

固定されたポイントからの映像を提供し、特定のエリアを継続的に監視するのに適しています。

 

ネットワークカメラ

ネットワークカメラは、カメラ本体にIPアドレスが割り振られ、インターネットに接続できるカメラです。撮影した映像をインターネットを通じて、モバイル端末などで確認できます。

 

PTZカメラ

パン・チルト・ズームカメラ(Pan-Tilt-Zoom Cameras) パン(水平方向の回転)、チルト(垂直方向の回転)、ズーム(焦点の調整)の機能を備えた可動式カメラです。

リアルタイムでカメラの向きを変更し、遠くのエリアを詳細に監視できます。

 

ワイヤレスカメラ

ケーブルなしでワイヤレスネットワークに接続できるカメラのことです。

ケーブルの配線が難しい場所でも設営することができます。

 

AIカメラ

人工知能(AI)の技術を組み込んだ監視カメラです。

映像データを解析して人や物体を認識し、異常を検知し迅速な対応など、高度な識別や処理を行うことができます。

 

監視カメラの選び方②:カメラの形状

 

ボックス型カメラ

ボックスカメラは、箱状のケースの中にカメラやセンサーなどが収納されている一体型カメラです。

一般的に用いられているカメラです。

 

ドーム型カメラ

ドームカメラは、半球状のカバーで覆われたドームの中にカメラが収納されています。

壁や天井に設置することが多く、周囲に馴染みやすいため目立ちにくく威圧感はありません。

 

バレット型カメラ

筒状の形状をしており、一般的には屋外に設置されます。

特に長距離の監視や防犯目的に利用され、その外観から「バレット型」と呼ばれています。

 

360°カメラ

360度全方位を撮影できるカメラで、広範囲のエリアを一度に監視できます。

パノラマビューを提供し、広いスペースをカバーするのに適しています。

 

監視カメラの選び方③:カメラの解像度・画質

 

通常では、200万画素のネットワークカメラが一般的に使用されます。

これは、多岐にわたるモデルが提供されており、映像監視において一般的な32インチ程度のモニターで鮮明な映像を得ることができるためです。

一方で、4Kカメラは非常に高解像度の映像を撮影できますが、1台あたりの通信量が30~50Mbpsと非常に高く、ネットワークインフラの拡張や録画用ストレージの増加など、導入には高額な費用がかかるデメリットがあります。

 

監視カメラの選び方④:カメラの設置場所

 

カメラの設置場所は、屋内と屋外とでは使用環境や適したカメラの仕様が異なります。

例えば、事務所内であれば屋内用のカメラが問題なく機能します。

しかし、環境によっては塵や粉塵が多い場合があるため、このような環境下では屋外仕様のカメラの選択が望ましいです。

また、屋外設置の際には、IP66、IP67等級の高い防水・防塵性能が適しています。

 

監視カメラの選び方⑤:カメラの機能

 

常時録画

常時録画機能は、カメラが動作している限り、連続して映像を記録することにより24時間体制で監視が可能となる機能です。

セキュリティ確保や不審な動きの検知など、長時間にわたる監視が必要な場面で非常に重要になります。

また、録画が必要な時間帯を設定することができるため、必要なときだけ録画を行うことも可能です。

 

動体検知

動体検知機能は画角内で動きが検知されると作動し、アラートを発するカメラ機能です。

不自然な動きを検知したり、従業員が体調不良などで転倒した場合など、不審な動きを検知した際にアラームで通知してくれるため、工場などの防犯だけでなく従業員の安全にも役に立っています。

 

侵入検知

侵入検知機能は、特定のエリアに不正な侵入があった際に、その動きを検知し、警告や録画を開始する機能です。

この機能はセキュリティを向上させ、異常な活動に対する早期の通知を可能にします。

 

まとめ

 

監視カメラの選び方には、目的や用途、機能・性能に合ったカメラを適切に選ぶことがとても大切です。

また、予算に合ったカメラを選ぶことも大切なので、監視カメラの選び方に迷ったら、ぜひお問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

工場や倉庫に監視カメラを導入する目的やデメリットと注意点!

工場内のイメージ画像

工場や倉庫に監視カメラを導入することで、セキュリティ強化を図り、効果的な監視システムを構築することができます。

しかし、これには様々な側面からの考慮が必要であり、導入の際には検討すべき点がいくつか存在します。

今回は、監視カメラを工場や倉庫に導入する際の目的やデメリット、そして注意すべきポイントについて詳しく解説しますので、最後までご覧ください。

代理店募集の画像

工場や倉庫に監視カメラを導入する目的

工場に監視カメラを導入するイメージ画像

工場や倉庫に監視カメラを導入することはセキュリティ向上にとても役立っていますが、どのような目的で導入されているのか紹介していきます。

 

工場・倉庫の監視カメラ導入目的①:盗難や不正行為の抑止

 

工場や倉庫では、貴重な資材や製品が頻繁に移動し、複雑な作業が行われるため、盗難や不正行為が懸念されるため、監視カメラの導入は、これらのリスクを最小限に抑えるための有力な手段となります。

監視カメラは施設内の各所を広範囲にカバーし、24時間体制で稼働するため、盗難行為を未然に防ぐ効果があります。

さらに、カメラ映像はリアルタイムで確認でき、不審な活動が検知された場合には即座に対応することもできます。

また、監視カメラが導入されていることが周知されることで、従業員や来訪者に対しても盗難や不正行為を抑制する強力な心理的抑止力となります。

 

工場・倉庫の監視カメラ導入目的②:労働安全や品質管理の向上

 

監視カメラは作業エリア全体を視覚的に監視するため、作業者が安全な状態で作業を行っているかどうかを確認することができます。

例えば、重機や移動装置といった危険な作業環境での事故予防において、監視カメラは事前の警告や適切な対応を可能にします。

また、進入禁止・立ち入り禁止エリアへの侵入は、領域検知機能により警告されるため、事故を未然に防ぐことも可能です。

他にも、監視カメラが異常な動きや事故を検知した場合、即座に関係者に通知されるため、緊急事態に対して素早い対応が可能となり、怪我などの最小化が図られます。

そして、作業プロセス全体を把握することができるため、生産ラインの効率化や改善ポイントの特定に大きく貢献します。

 

工場・倉庫の監視カメラ導入目的③:監視カメラの証拠としての利用

 

監視カメラは24時間365日稼働することができるため、不審な活動や異常な出来事がだけでなく、トラブルや誤作業などの原因究明の証拠としても利用することができます。

従業員同士の職場トラブルが発生してしまった場合、監視カメラの映像が客観的な証拠として活用されます。

また、生産ライン上でのトラブルや誤作業が発生した場合、監視カメラの映像はその原因究明や改善策の検討に役立ちます。

 

工場・倉庫に監視カメラを導入するデメリット

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

工場や倉庫に監視カメラを導入するデメリットについて紹介していきます。

 

工場・倉庫の監視カメラ導入デメリット①:プライバシーへの懸念

 

監視カメラが設置されることで、従業員や作業員が常に監視されているという感覚を持つことがあります。

真面目に仕事している中でも、常に監視されているという状況下はストレスになってしまうことも考えられます。

そのためには、明確な導入目的を明示することが重要なので、監視カメラの映像の利用方法を透明化しましょう。

 

工場・倉庫の監視カメラ導入デメリット②:コストとメンテナンスの問題

 

監視カメラの導入には、カメラ機器や映像記録装置(レコーダー)、そしてインフラ整備などに費用がかかります。

さらに、監視カメラは清掃やシステムのアップデート、機器の故障修理などの定期的なメンテナンスが必要になります。

また、監視カメラからの映像データは非常に大容量であり、長期間保存する必要があるため、運用や管理のコストもかかってきます。

 

工場・倉庫の監視カメラ導入デメリット③:監視カメラの撮影範囲

 

 監視カメラは特定の視野を捉えるため、広範囲のエリアを同時にカバーすることが難しい場合があります。

また、設備が陰になったり一部に死角が生じてしまい、そこからの不正行為や問題が検知されない可能性なども考えられます。

これらの場合は、監視カメラをいくつか設置することで補えるので、しっかりと対策していきましょう。

 

工場・倉庫に監視カメラを導入する注意点

監視カメラの注意点のイメージ画像

工場や倉庫に監視カメラを導入する注意点について紹介していきます。

 

法的規制と個人情報保護の考慮

 

監視カメラによって撮影される映像は、従業員や訪問者等の個人情報を含む可能性があります。

また、従業員や来訪者に対して、監視カメラが導入されている旨をプラカードもしくはステッカー等で適切に通知し、同意を得ることが重要となります。

さらに、映像データの保存期間には法的な制約があり、国や地域によって、映像データを特定の期間保存することが求められています。

監視カメラを導入する際は、各自治体のガイドルールを遵守して適切に保管・運用しましょう。

 

監視カメラの設置場所と視野範囲の選定

監視カメラの設置場所にはいくつか注意点があります。

 

検討すべきエリアの特定

監視カメラを設置する前に、監視が必要なエリアを明確に特定します。

出入り口、貴重品の保管エリア、生産ラインなど、リスクが高いと考えられる箇所を重点的に検討しましょう。

 

プライバシーへの配慮

カメラの設置場所は、プライベートなエリアへの侵害を最小限に抑えるよう慎重に選定します。

休憩室やトイレといったプライベートな空間への設置は慎重に検討し、法的な制約を守ることが大切です。

 

視野範囲の最適化

監視カメラの視野範囲は、監視が必要なエリアを十分にカバーできるように設定します。

同時に、盲点や死角がないように注意深く設置することで、不正行為や安全上のリスクを見逃さないようにします。

 

遮蔽物の考慮

カメラの視野に影響を与える可能性のある遮蔽物(柱、機械、商品の積み重ねなど)を考慮に入れます。

これにより、映像のクリアさを維持し、効果的な監視ができます。

 

照明条件の確認

カメラが設置される場所の照明条件を確認し、必要に応じて追加の照明設備を検討します。

低照度環境では、明るさの不足が映像の品質に影響を与える可能性があります。

 

禁止エリアや不法侵入への注意

不立ち入り禁止エリアなどの従業員が容易に侵入してはいけないエリアは複数のカメラを設置し、確実に侵入の検知をすることで安全性を高めます。

また、不在時に工場・倉庫内への不法侵入を防ぐ場合は、立ち入り禁止エリアを設定することで警告音と通知することが可能となります。

 

まとめ

 

もし工場や倉庫のセキュリティを強化したいと考えている場合は、監視カメラの導入を検討してみてください。

ただし、導入前には慎重に計画を立て、法的な規制や個人情報保護に十分に配慮することがポイントです。

もし監視カメラの導入に関して不安な点や気になる点がある場合は、下記のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

工事現場の監視カメラを遠隔でDX化!メリットデメリットとは!

工事現場で働く女性のイメージ画像

工事現場の監視カメラは現場の管理・監視業務を遠隔で行うことができ業務効率を改善します。

工事現場では、すでに人手不足が課題となっているたDX化が火急の課題となっています。

今回は、工事現場の監視カメラを導入することで遠隔による業務効率のDX化やメリットデメリットなどをご紹介します。

代理店募集の画像

工事現場のDX化が火急な課題!

防犯カメラの専門家イメージ画像1

工事現場では、DX化が火急な課題となっている理由について紹介していきます。

 

作業効率の向上により工事作業員の人手不足を解消

工事現場で工事DXを推進することで、監視カメラによる現場監督の効率化、ドローンを活用した高所の安全確認や、ウェアラブルカメラなどのアイテムを活用した現場臨場、離れた作業員間のスムーズなコミュニケーションなどが可能になります。

これらのテクノロジーを有効活用することで業務効率を向上させ、深刻な人手不足問題の解決に向けて取り組めます。

 

ノウハウを次世代に継承し、人手不足を解消

工事現場では労働者の高齢化や離職率の高さが加速しており、このままでは人手不足はさらに深刻になることが予想されます。

また、最近では外国人労働者も減っていることから人手不足も火急な課題となっています。

他にも、工事業は技術職であるため、技術を次世代に継承していくことがとても重要です。

そのため、ベテラン技術者から若手技術者への技術継承も急務となっています。

DXの推進はそのための有効な手段と言えるでしょう。

工事DXを導入することで、熟練技術者の技能や判断力をAIに蓄積してモデル化することが可能となり、次世代への技術継承に大きく貢献します。

 

省力化の推進による労働環境の改善

現在工事業界は深刻な人手不足に陥っているため、一人当たりの業務を改善していくことが求められています。

そのため、工事業界ではDXの推進や業務効率化による省力化を推進する必要があります。

省人化を推進することで、結果的に労働環境の改善が図られ、人手不足の解消にもつながります。

 

工事現場の監視カメラを遠隔でDX化するメリットとは?

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

工事現場にDX化となる監視カメラを導入するメリットを一つずつ紹介していきます。

 

現場の管理・監督の業務効率化

工事現場では、他業界に比べてIT化やデジタル化が遅れており、伝統的に手作業が多い業界になります。

しかし、現在は、工事における重要な現場監督の業務効率改善に監視カメラの遠隔指示が非常に役立っています。

現場監督には有資格の技術者を任命する必要がありますが、高齢化による人手不足により技術者の数は減少しているのが現状です。

そのため、一人の人間が同時に複数の現場を担当することが多いです。

車で移動する人も多く、1日の3分の1が移動に費やされるとも言われており、現場監督がその都度現場に急行することなく、遠隔で確認できれば大幅な経費の節約が可能になります。

また、長時間労働になりがちなエンジニアの働き方改革にもつながります。

遠隔での確認が可能となり、車での移動時間が短縮されることで、事故や交通違反のリスク軽減につながると考えています。

 

現場の安全性の向上

通常、実際に現地に行ける日数は限られているため、当日は可能な限り安全確認を行う必要があります。

短時間でチェックすると、人的ミスや漏れが発生する可能性があります。

遠隔監視では、現場に監視カメラを設置できるため、後から問題が発生した場合でもすぐに確認することができます。

 

コストの削減

イベントに参加する場合、会場までの交通費やガソリン代、人件費などの費用がかかります。

リモートワークでは、交通費の削減、移動時間や待ち時間の延長による残業、それに伴う人件費の削減が期待できます。

実際にイベントが行われる場所に行くと、四方八方から人が移動します。

工事現場が事務所や本社から遠い場合、移動や待ち時間が発生します。

その結果、長時間労働を強いられることも少なくありません。

リモートワークを導入すると、移動時間や待ち時間などの無駄な時間が削減され、生産性の向上や働き方改革の推進につながります。

工事業界は人手不足という課題を抱えています。

現場への訪問や現場検査の人数を減らして現場運営を効率化できれば、少ない人数でもスムーズに業務を進めることができます。

工事現場では現場での書類作成作業が多く、現場に負担がかかることもあります。

リモートで業務を効率化できれば、「資料確認」「段階確認」「立会」などの書類を丁寧に作成する時間を確保でき、一次業務の負荷軽減にもつながります。

 

工事現場の監視カメラを遠隔でDX化するデメリットとは?

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

工事現場の監視カメラでDX化にするためには課題や欠点も発生します。

それぞれの紹介と対処法を解説していきます。

 

現場感・臨場感の低下

遠隔地ではオンラインで双方向に映像と音声をやり取りするため、ネットワーク環境が悪いと通信がうまくいかない場合があります。

映像が鮮明でなく正確に確認できない、音声が途切れて重要な部分が聞こえないなどのトラブルは、作業効率や安全性に影響を与えます。

簡易設置でモバイル回線を利用する場合や、電波の届きにくい場所に設置する場合、事前にWi-Fi回線を敷設することができない、またはWi-Fi回線での運用ができない場合があります。

有線接続は、無線よりも安定した通信を提供するので、事前に通信環境を計画してください。

 

コミュニケーション不足

 

監視カメラでは、工事現場での状況をリアルタイムで把握することができます。

しかし、遠隔で監視する場合は、映像を通じてしか情報を得ることができないため、現場の作業員と接する機会が減ってしまいコミュニケーションが不足してしまう可能性があります。

実際の工事現場では、作業員同士や監督者とのコミュニケーションが非常に重要です。

問題やトラブルが発生した場合には、とくに迅速な対応や指示が必要となります。

遠隔で監視することで、作業員とのコミュニケーションの機会が低減してしまい意思の疎通がとりにくくなる可能性もあります。

また、作業員自身も遠隔で監視されていることを意識することで、緊張感やストレスが増してしまう可能性も考えられます。

遠隔監視を導入する際には、これらの問題に注意し、適切な対策を講じる必要があります。

 

まとめ

 

工事現場では、人手不足をDX化によって改善することが火急の課題となっています。

監視カメラの遠隔により、現場監督が複数の現場を管理することができますが、現場一つ一つの雰囲気や作業員とのコミュニケーション不足などのデメリットも課題の一つとなっています。

現場の雰囲気は現場臨場システムを導入し、コミュニケーションは遠隔でも時間をかけたり、各現地を訪れるなどの対策をしていきましょう。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

病院・病室の監視カメラの法律・規定や映像保存期間を解説!

病院内の監視カメラ設置イメージ画像

病院内だけでなく病室にも監視カメラを設置することでセキュリティの向上や容態の急変を察知することができます。

しかし、患者のプライバシー問題の観点から慎重に取り扱うことが大切です。

今回は、病院や病室の監視カメラに関する法律や規定、そして映像保存期間について詳しく解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

代理店募集の画像

病院・病室に監視カメラの設置が必要な理由とは?

病院内の監視カメラ設置のイメージ画像

監視カメラを病院・病室に設置する理由としてはいくつか考えられます。

病院内や病室では、入院患者や家族、友人など多くの人々が利用するため、盗難トラブルが発生する可能性があります。

また、監視カメラは患者の安全を確保するためにも重要な役割を果たします。

例えば、高齢者や認知症の患者は、転倒や混乱による事故のリスクが高いため、スタッフはリアルタイムで患者の状態を把握し、早急な対応や処置が可能となります。

そして、万が一の事故や虐待行為が発生した場合も、監視カメラの映像を元に正確な情報を得ることができます。

他にも、監視カメラは医療スタッフの業務効率化にも役立ちます。

例えば、看護師が多くの患者を同時にケアしなければならない場合、監視カメラを通じて患者の様子を把握することで、効果的な時間管理や適切な対応が可能となります。

心肺停止などの緊急事態が発生した場合、監視カメラがあればスタッフは迅速に対応することができ、患者の命を救うことができます。

総じて、監視カメラの設置は病院や病室の安全性や品質向上に貢献し、患者や医療スタッフにとってより安心な環境を提供する重要な手段となります。

 

病院・病室の監視カメラの法律や規定とは?

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

病院内・病室における監視カメラの法律や規定について紹介していきます。

 

監視カメラの設置に関する法的要件

現状、不特定多数が利用する病院では患者の生活を24時間監視することになるため法律的な問題にも直面することになります。

しかし、病院・病室に監視カメラを設置することはトラブルを回避することに大きな役割を発揮しますので法律を十分理解して設置しましょう。

 

患者のプライバシー保護に関する規制

病院や病室に監視カメラを設置することに関して一番気になるのは、プライバシーの侵害です。

実際、カメラを設置することによってプライバシーの侵害になるとされる線引きが大変難しい問題となります。

患者の許可を得ずに撮影することや大切な個人情報が漏洩した場合、目的が明確でなければ個人情報や肖像権の侵害にあたる可能性があります。

他に、検査内容や面会時に話してる内容について第三者に知られる可能性がある場合は、撮影している側は守秘義務を守る必要があります。

 

監視カメラの映像保存期間について

病院や病室で録画される映像の保管時期としては約2週間から1ヶ月くらいと考えましょう。

病院や病室で起きたトラブルは早期発見されることが多いため長い期間録画する必要がありません。

録画期間が短くなることにより、画素数を上げたりコマ数を上げたりできるので映像の質を上げることができます。

 

監視カメラの適切な管理と映像の利用方法

Q&Aに答える女性のイメージ画像

監視カメラを導入する際に適切な管理方法や映像の利用方法について紹介していきます。

 

監視カメラの定期的な点検とメンテナンス

監視カメラを設置した場合、24時間運用することが多いと思います。

常時稼働していれば監視カメラはかなり酷使されます。

監視カメラの状態を把握するために、カメラをメンテナンスする時期として、半年に一度を目安としましょう。

しかし、周囲の環境などによりメンテナンス頻度を変える必要があります。

監視カメラの外見だけではメンテナンス時期の判断が難しいので、映像の確認は頻繁に行いましょう。

 

映像の適切な保存と利用方法の確立

監視カメラに保存された映像を開示してほしいなどということが出てくる場合があります。

しかし、開示を請求するにあたってルールが存在し、基本的なルールとして民事事件なのか刑事事件なのかに分かれます。

例えば、隣人とトラブルが続いているなど警察が動く必要のない事件は開示してもらえない可能性が高いです。

殺人事件や窃盗事件など警察が介入する場合は開示できます。

 

まとめ

 

病院・病室の監視カメラの設置には、法的要件と患者のプライバシー保護に関する規制が存在します。

病院側は、定期的な点検とメンテナンスを行い、映像の適切な保存と利用方法を確立することが求められます。

これらの対策を講じることで、病院・病室の安全性と患者のプライバシーの両方を確保することができます。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

工事現場に適した監視カメラの選び方!ポイントや注意点を解説!

工事現場の監視カメラのイメージ画像

工事現場では、安全性や盗難の防止などのために監視カメラが必要不可欠ですが、どのようなカメラを選ぶべきか迷ってしまう方も多いはずです。

そこで、監視カメラの選び方のポイントや注意点について解説していきます。

工事現場の特殊な環境に適したカメラの選び方や、耐久性、防水性、画質など、重要な要素についても詳しくご紹介しますので、ぜひ最後までお読みいただき、工事現場での監視カメラの導入に役立ててください。

代理店募集の画像

工事現場での監視カメラの重要性について

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラは品質管理や安全管理、トラブルの原因究明だけでなく、資材管理や盗難などの犯罪防止にも有効です。

工事現場では様々な建築資材や機械が保管されており、夜間や休日は無人となることが多く、盗難などの犯罪の懸念があります。

また、 作業時間内であっても作業員になりすまして侵入や盗難に及ぶ事案もあがっており、犯罪を記録する目的で監視カメラが最適といえます。

 

監視カメラの選び方のポイント

セキュリティカメラのイメージ画像1

監視カメラの選び方のポイントについて紹介していきます。

 

監視カメラの防塵・防水性

屋外に監視カメラを設置する場合、大雨や強風でも壊れない丈夫なカメラを選ぶために、カメラの防塵・防水性能を調べることが大切です。

防塵・防水性能にはIEC(国際電気標準会議)およびJIS(日本工業規格)で定められた等級があり、監視カメラにはこの規定に基づいた防塵・防水レベルが記載されています。

表記は「IP65」のようにIP+数字2桁で表し、IPの後に続く数字がそれぞれ「防塵」と「防滴」の性能を表しています。

防塵のレベルは7段階、防滴のレベルは9段階に分類され、数字が大きいほどそれぞれ防塵・防水の効果が高くなります。

 

映像のクオリティ

それぞれの用途によって最適な監視カメラの画素数や画質について考えることが必要です。

広範囲な領域を撮影する場合と、小規模で限られた室内を撮影する場合では、必要な画素数は異なります。

例えば、「ナンバープレートを確認したい」など、高画質が必要な場合もあれば、「抑止効果を含めた防犯目的のため」に最低限のコストと画質で防犯システムを設置したい場合もあり、それぞれの目的によって必要な画素数は異なります。

工事現場で細かな品質管理や生産性向上の目的で設置するのであれば、拡大にも耐適応していて明るく鮮明な映像が撮れるフルHD(1080P)の監視カメラがおすすめです。

 

遠隔監視機能

遠隔監視機能とはその名の通り、監視カメラの映し出す映像を遠く離れた場所から監視することができる機能のことです。

遠隔監視機能を活用することで、幅広い使い方が可能となり、より高いセキュリティに対応することができます。

 

音声録音機能の有無

監視カメラには音声機能があるものとないものが存在します。

音声を録音できる監視カメラは、「内蔵マイク」「外部マイク接続」「双方向オーディオ」の3つのタイプに分類され、それ以外の監視カメラには音声録音機能がついていません。

監視カメラ自体に初めから集音マイクがついている「内臓マイクタイプ」や、マイクだけでなくスピーカーも内蔵している「双方向オーディオタイプ」があり、この2タイプであれば音声録画は可能です。

マイクがついていなくても別途マイクをとりつけることで音声録画が可能な「外部マイク接続タイプ」もありますが、外部接続ができる機種は高価となる場合が多く、別途マイクの購入が必要になるため、コスト面は高くなる傾向にあります。

 

インストールと保守の簡易性

監視カメラ設置後には、撮影した映像を見るためのアプリケーションやソフトウェアのインストールや監視カメラ・周辺機器の保守が必要になります。

アプリケーションやソフトウェアのインストールについては、屋内用か屋外用によってもインストール方法が異なりますが、専用のマニュアルがあるため初心者の方でもスムーズに行うことができます。

保守に関しては、監視カメラの耐用年数が5年程といわれており、1年に1度の定期メンテナンスを受けるだけなので、メンテナンスの負担も軽いです。

ただし、購入店舗によってメンテナンス内容が異なるため、詳細は購入店舗へお問い合わせ下さい。

 

NSK君
NSK君
工事現場の防犯カメラについて
工事現場にオススメする防犯カメラはこちら

 

 

実際の事例と成功事例の紹介

Q&Aに答える女性のイメージ画像

実際に監視カメラを導入した事例について紹介していきます。

 

【工事現場における監視カメラの導入事例:その① 】

現場監督者の現地訪問の回数削減、作業の品質向上・効率アップに成功

工事現場の遠隔チェック・安全品質向上の目的で監視カメラを導入した結果、現場監督者の現地訪問の回数削減、作業の品質向上・効率アップに成功しました。

監視カメラ導入後は、現場監督者が現地の映像を遠隔で確認できるようになり、現地に訪れなくても作業手順の確認や指示出しなどを行えるようになりました。

その結果、休日出勤した際の代休取得が大幅に向上し、取得率が100%に達するほどの効率アップに成功しています。

また、作業員の不正行為や依頼者からの苦情に対しても、記録した映像を証拠として残すことができ、安心感を得られるようになりました。

 

【工事現場における監視カメラの導入事例:その② 】

不安行動の減少・現場監督者の負担軽減に成功

墜落や転落などの事故防止ルールの徹底が現場の課題となっていた工事現場では、重大事故に繋がる全ての不安行動の管理と現場のリスクのあぶり出し・改善を目的に、監視カメラを導入しました。

監視カメラの導入後は、カメラで撮影された映像をもとに、安全行動の指導や指示を効率的に行えるようになり、不安行動を減少させることができました。

さらには、現場監督者が直接現場に行かなくても、カメラで現場の状況確認ができるようになったため、監督者の業務負担も減り、結果的に業務効率の向上に成功しています。

 

【工事現場における監視カメラの導入事例:その③】

犯罪被害の証拠を警察へ提出でき、通報や手続きがスムーズに

1現場1犯罪と言われる盗難などの犯罪被害の防止と監視のために、工事現場に監視カメラを導入しました。

監視カメラ導入後、実際に盗難事件が発生しましたが、犯人と車両の映像をしっかりと動画で残すことができたため、警察への通報や手続きをスムーズに進めることができました。

監視カメラの導入による効果とメリット 工事現場は主に屋外のため、自然災害の影響を大きく受ける可能性があり、常に危険と隣合わせです。

現場監督者の不足が懸念される今、監視カメラの映像を通じて、作業員以外の第三者が客観的な視点で安全管理を行えることで、危険の早期発見に繋がります。

万が一、事故が発生した際も対応の迅速化が期待できるため、労災対策としても注目されています。

また、監視カメラの導入により、従業員の勤怠の把握や規則を遵守しているか監視することが可能です。

見回りだけでなく、監視カメラの存在が従業員の気を引き締め、業務効率化や意識向上の効果も期待できます。

 

まとめ

 

工事現場での監視カメラの設置は、品質管理や安全管理、資材管理など様々な面で大きな効果をもたらします。

適切な監視カメラを選び、適切に設置することで、工事現場の管理を遠隔から行うこともでき、より業務効率化に貢献してくれます。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

監視カメラの映像をスマホに連動!メリットや注意点を解説!

スマホで監視カメラの映像を確認するイメージ画像

監視カメラの映像を見るためには、IPカメラと専用のモニターが必要でしたが、最近ではスマホとの連動が可能になり、手軽に映像確認ができるようになりました。

今回は、監視カメラの映像をスマホに連動させるメリットや注意点について詳しく紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

代理店募集の画像

監視カメラの映像をスマホに連動するには?

見守りカメラのイメージ画像

監視カメラの映像をスマートフォンに連動させるには、IPカメラ(ネットワークカメラ)が必要になります。

IPカメラは、有線LANや無線LANによる通信機能が搭載されたカメラのことで、最近ではSIMを搭載できるカメラも増えています。

SIMカードを利用することでインターネット環境がない場合でも、携帯電話回線で通信を利用することができるようになります。

 

監視カメラの映像をスマホに連動する方法とは?

監視カメラ映像の保存のイメージ画像

監視カメラの映像をスマートフォンに連動する方法について「専用のソフトウェア・アプリ」と「クラウドサービス」について紹介していきます。

 

専用のソフトウェア・アプリの利用

ほとんどの監視カメラメーカーは、専用のソフトウェアやモバイルアプリを提供しています。

まず、監視カメラとスマートフォンが同じネットワークに接続されていることを確認し、メーカーが提供するアプリをスマートフォンにダウンロードしてインストールします。

その後、アプリを起動し、監視カメラをアプリに登録することで、映像をスマートフォンで確認することができます。

 

クラウドサービスの利用

一部の監視カメラは、クラウドサービスを介して映像をアクセスできるようになっています。

メーカーが提供するクラウドサービスにアカウントを作成し、カメラをアカウントに紐づけることで、どこからでもクラウド経由で映像にアクセスできます。

また、クラウドサービスを使用すると、同じアカウントで複数のデバイスから映像にアクセスできます。

例えば、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの様々なデバイスからアクセスが可能となります。

 

監視カメラの映像をスマホ連動させるメリット

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラの映像をスマホ連動させるメリットについて紹介していきます。

 

リアルタイムでの監視が可能

スマートフォンに監視カメラの映像がリアルタイムで表示されるため、どこにいても即座に状況を確認することができます。

例えば、自宅や店舗のセキュリティを気にする際に、現在の状況をスマホで確認できるため、手軽に状況を把握することができるようになります。

 

遠隔地からの監視が可能

監視カメラの映像をスマートフォン連動にすることで、遠隔地からでも監視カメラの映像を確認できます。

例えば、出張中や休暇中でも、モバイルネットワークを通じてリアルタイムの映像にアクセスできるため、常に監視カメラから状況把握をすることができ、遠隔地から指示などを与えることができるため安心感が得られます。

 

不審者の検知や異常時の通知が可能

監視カメラがモーション検知や特定のアクティビティを検知する場合、これらの情報がスマートフォンに通知されます。

リアルタイムでの監視により、ユーザーは即座にアラートを受け取り、異常な出来事に対して早急に対処できます。

 

監視カメラの映像をスマホに連動させる際の注意点

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

監視カメラの映像をスマホに連動させることにより多くのメリットがありますが、逆にいくつか注意する点もあるため、それらについて紹介していきます。

 

インターネット接続の安全性に注意

インターネットへ接続している場合、常にハッキングや流出によるリスクを考慮する必要があります。

そのため、インターネットの安全性を保つ際に、パスワードの定期的な変更や無線LANを使用する場合はWPA3やWPA2などの最新のセキュリティプロトコルを使用することで不正アクセスを防ぐことが大切です。

 

プライバシー保護に留意する

監視カメラはプライバシーの尊重のために適切な場所に設置する必要があります。

例えば、個人宅の場合は隣人や通行人のプライバシーを侵害しないようカメラを適切な場所へ設置しましょう。

また、店舗やオフィスの場合は、スマホ連動して映像をチェックする目的を明確にすることでスタッフへの配慮と理解してもらうことが大切です。

また、プライバシーに関する法令や規制を確認し、これに準拠しましょう。

 

スマホのバッテリー消費や通信料に注意

監視カメラの映像をスマートフォンで視聴する際に、常にインターネット接続が必要となるため、長時間の視聴や録画を続けてしまうとバッテリーを激しく消費することがあります。

とくに高解像度の映像はデータ転送に多くなるため、バッテリーを消費しやすくなります。

また、監視カメラ側がWi-Fiを利用する場合は通信制限がないが、スマホ側はWi-Fi環境から外れるとモバイル通信となるため、契約データ量に達してしまう可能性もあります。

 

まとめ

 

監視カメラとスマホを連動するメリットとしては、リアルタイムでの監視が可能であり、外出先からでも家やオフィスの安全を確認できるという利便性があります。

また、不審者や異常な出来事を早期に察知し、適切な対応を取ることができるため、セキュリティの向上にも繋がります。

一方、注意点としては、プライバシーの問題やハッキングのリスクなどがあることが挙げられます。

スマホ連動する目的を明確にし、プライバシーを遵守するとともに、セキュリティ対策を強化することが大切です。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

防犯カメラ屋外用で電源不要とwifi不要のカメラの選び方!

防犯カメラのイメージ画像

防犯カメラは、家や店舗などの大切な場所を守るために欠かせない存在ですが、設置場所によっては電源やWi-Fiの確保が難しい場合もあります。

今回は、屋外用の防犯カメラで電源・Wi-Fi不要なカメラの選び方についてご紹介します。

安全な環境を作りたい方や、セキュリティ対策を考えている方は必見なので、最後までご覧ください。

代理店募集の画像

屋外用防犯カメラの特徴

監視カメラのイメージ画像

屋外用防犯カメラは、風雨や太陽光に長時間さらされ、昼夜の環境変化にも対応できるため、屋内用とは異なる性能や機能が求められます。

 

屋外用防犯カメラの特徴①:防水・防塵

屋外用防犯カメラは、台風による強風や豪雨による粉塵に長時間さらされるため、防塵・防水対策が必要です。

また、カメラの外装接合部やコネクタ接続部には、徹底的な防水・防塵性が求められます。

防水・防塵は、電気機器への異物侵入に対する保護等級としてIEC(国際電気標準会議)やJIS(日本工業規格)によって定められています。

 

NSK君
NSK君
防水・防塵のIP規格について詳細はこちら
屋外用防犯カメラの防水防塵性能を表すIP規格とは?

 

 

屋外用防犯カメラの特徴②:耐熱性・耐衝撃性

長時間日光にさらされる屋外機器は、特に夏場、非常に高温になることがあります。

また、発熱する機器を監視したり、外気温が高い環境に設置される場合には、レンズや内部回路に高い耐熱性が求められます。

 

屋外用防犯カメラの特徴③:サージ・ノイズ対策

屋外機器は雷サージや瞬停、停電の影響を受ける可能性があるため、回路保護やバックアップ電源などの対策が講じられています。

このような雷被害への対策として、避雷器(SPD:Surge Protection Device)を設置することで、雷サージなどの異常電圧から機器を守ります。

 

屋外用防犯カメラの特徴④:夜間撮影、画像補正機能

多くの屋外セキュリティ カメラは赤外線暗視機能を備えているため、夜間でも画像を撮影できます。

この機能を使用すると、完全な暗闇でも写真を撮ることができます。

日中は通常の画像が撮影され、夜間は赤外線により白黒画像が残ります。

 

屋外用防犯カメラの特徴⑤:広角レンズと望遠レンズ

屋外の防犯カメラは広い範囲や離れた場所を撮影することが多いため、通常のレンズの代わりに広角レンズや望遠レンズを備えたカメラが使用される場合があります。

広角レンズタイプは2.8~12mmのレンズを搭載したカメラで、1台のカメラで広範囲の映像を撮影できるため、購入するカメラの台数が少なくて済むメリットがあります。

 

電源不要のカメラの種類とメリットとデメリット

カメラのメリットを解説する女性の画像

防犯カメラを屋外に設置する場合、どうしても電源が確保できない箇所も存在します。

そんなときは電源不要な防犯カメラを設置することがおすすめです。

では、具体的に電源不要な防犯カメラのメリットについて紹介していきます。

 

電源不要の防犯カメラのメリット

1.工事不要

電源不要の防犯カメラには専用の留め具が付属している機種も多く、工事の必要がありません。

2.長時間稼働可能

電源不要の防犯カメラの多くは大きく2種類に分けられます。

防犯カメラ本体にバッテリーを内蔵したモデルと、乾電池を内蔵したモデルの2種類があります。

このタイプの防犯カメラは、基本的に異常を感知したとき(人の動きがいつもと違うとき)に検知して撮影するため、長時間の運用が可能です。

3.コストを削減できる

電源不要の防犯カメラは電力を消費しないため、電源が必要な防犯カメラよりも安価な場合が多いです。

 

電源不要の屋外用防犯カメラのデメリット

1.バッテリー交換や充電が必要

バッテリーの電池が切れたり消耗した場合には交換、もしくは充電が必要になります。

電池の場合、交換頻度は1~3ヶ月に1回程度です。

実際、継続的に記録するタイプの場合、多くの記録は 1 週間未満で終わります。

2.盗難の可能性がある

泥棒に盗まれやすい場所に設置されます。

基本的に防犯カメラは手の届かない場所に設置する方が良いため、地上から3.5メートル程度の位置に設置することをおすすめします。

3.動画容量が小さい

防犯カメラの録画データをSDカードに保存する場合のもう1つのデメリットは、保存容量が少ないことです。

基本的に防犯カメラの映像は、2000GB程度の容量を持つデジタルレコーダーに記録されることが多いです。

 

ソーラーパネル搭載カメラのメリットデメリット

Q&Aに答える女性のイメージ画像

ソーラー式防犯カメラのメリット

太陽光発電式防犯カメラの最大のメリットは、自立して動作できることです。

システム稼働時に防犯カメラの動作電力を太陽光発電で補うことができるため、電池交換や新たな電源の確保が不要です。

 

ソーラー式防犯カメラのデメリット

一方で、太陽光発電型防犯カメラのデメリットは、配線が不要というメリットと関係しています。

小型で省スペースなソーラー式防犯カメラの場合、防犯カメラ自体が盗難される可能性があります。

 

バッテリー駆動カメラのメリットデメリット

Q&Aに答える女性のイメージ画像

バッテリー式防犯カメラのメリット

1. 設置工事が不要

バッテリー駆動なので、電源に直接接続する必要はありません。

電源を確保する必要がないため、森林や空き地でも自由に設置が可能となります。

また、電源の設置にはセキュリティカメラ自体のコストよりも費用がかかることが多いため、コストを抑えるというメリットにもなります。

 

2.緊急時・災害時にも稼働できる

緊急時や災害時においても、バッテリー式防犯カメラは電源供給の問題がなく、即座に運用できるため、非常時のモニタリングや被災地での利用に適しています。

 

3.獣道にも設置可能

バッテリー式の防犯カメラの場合、24時間録画可能であることから、農作物を食い荒らすイノシシやシカなどを撮影することにも利用されています。

罠を設置したり、夜行性動物の動きを監視・観察する際にも非常に役立ちます。

 

バッテリー式防犯カメラのデメリット

 

1.バッテリーの充電・交換が必要

バッテリーの場合は通常、3 ~ 6か月ごとにバッテリーを交換する必要があります。

画像送信機能があるタイプの場合は1~2ヶ月で電池交換が必要になります。

バッテリーの残量等を確認するために、適切な管理や定期的なメンテナンスが必要となります。

 

2. 連続稼働時間の制約

バッテリーの容量によりますが、一度の充電で動作できる時間が限られています。

特に高解像度の映像を連続で記録する場合、連続稼働時間の制約が課題となります。

 

3.盗難の可能性

バッテリー式の防犯カメラは電源コードが不要なため、簡単に移動できてしまうため盗難被害にあってしまうケースもあります。

対策としては木にしっかりと固定して看板を立てると良いでしょう。

 

4.気温の影響を受けやすい

バッテリーは気温の変化に影響されやすく、特に寒冷地域ではバッテリーの性能が低下しやすいため、通常時よりもバッテリーの消耗や劣化が早くなります。

極端な気温下では、適切な対策が必要となります。

 

NSK君
NSK君
ソーラーとバッテリーの両立により24時間365日の監視を行えるようにしたからチェックしてね♪

PTZ防犯カメラの画像

 

Wi-Fi不要の防犯カメラのメリットとデメリット

防犯カメラの専門家イメージ画像1

Wi-Fi不要の防犯カメラには、有線接続とモバイルSIMを内蔵させたカメラがあります。

今回は、モバイルSIMを内蔵した防犯カメラのについて紹介していきます。

 

モバイルSIM内蔵の防犯カメラのメリット

・安定した動画撮影が可能

・高画質・高フレームレートに対応しやすい

・リアルタイムモニタリングが可能

 

モバイルSIMにより、防犯カメラは常にオンラインで接続され、リアルタイムの映像をモバイルネットワーク経由で提供できます。

そのため、ユーザーはどこからでもスマートフォンやタブレットを通じて即座に状況を確認し、必要な対策を講じることができます。

 

モバイルSIM内蔵の防犯カメラのデメリット

・通信コストの増加

・ネットワークの不安定性

 

モバイルSIMを利用する際には通信料がかかります。

大量のデータをリアルタイムで転送する場合や、高画質の映像を保存する場合は、通信コストが増加することもあります。

これは、長期間にわたってカメラを運用する場合に予算に影響を与える可能性があります。

また、モバイルネットワークの不安定性やエリアによる通信の中断が発生する可能性もあります。

例えば、建物や地形の影響で通信が途切れると、その期間はオフラインとなり、録画はされているもののリアルタイムの監視が行えなくなります。

 

まとめ

 

防犯カメラを屋外で使用する際に、電源やWi-Fiが不要なカメラを選ぶことは場所を選ぶことなくどこでも設置することが可能です。

しかし、電源・Wi-Fiが不要な場合のデメリットについてしっかり理解し、補うための方法をしっかりと考慮することが大切です。

もし、防犯カメラの購入や設置などに関してご質問やご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

商業施設に監視カメラ導入するメリットと成功事例を解説!

商業施設に監視カメラを導入することは、安全性の向上や犯罪の抑止に繋がるといわれています。

特に、商業施設では人が密集しやすく、事件やトラブルに発展しやすいことから、監視カメラの導入が要検討されています。

今回は、商業施設に監視カメラを導入するメリットと成功事例について解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

商業施設に監視カメラを導入するメリット

ドーム型監視カメラのイメージ画像

近年では、大型商業施設だけではなく中規模、小規模問わず監視カメラが設置されています。

監視カメラの設置には、ただお客様を監視するだけの目的に限らず様々な利点があります。

ここでは、監視カメラを導入するメリットについて項目ごとに解説していきます。

 

安全性の向上

商業施設には、お客様の安全に関わる設備が数多く存在しています。

例えば、エスカレーターやエレベーターなどは、年々増える事故の報道を目にすることがあります。

特に子供やお年寄りなど、事故に巻き込まれるリスクが高い方々が近くで危険な状況にある場合、映像を確認することで素早く対処することが可能です。

 

犯罪の抑止効果

商業施設では、多くの人々が集まるため、事件が発生する可能性が高いです。

しかし、監視カメラの設置は犯罪者を特定するために非常に効果的です。

監視カメラが設置されていることが表示されていると、身バレを恐れる犯罪者に対して犯罪抑止効果があります。

そのため、監視カメラを設置することで効果は一層高まります。

さらに、犯罪が発生した場合、監視カメラは事件の検証や犯人の特定に大いに役立ち、犯罪の事後対応においても重要な役割を果たします。

 

 盗難や不正行為の防止

商業施設や店舗でカメラを導入する理由として、盗難や不正行為に対する抑止で設置されることが多いです。

とくに、商品が多い店舗は死角が多くなるためスタッフの目の届かない部分に監視カメラを設置することで死角を減らすことができます。

大規模商業施設など敷地が広い場所では、ネットワークを使用して遠隔監視するのもよいでしょう。

 

スタッフや顧客の安心感の向上

大規模商業施設で起こるトラブルの一つに、迷子の対応があります。

敷地が広いほど捜索するのに、時間と労力が必要となり大切なお客様の時間とスタッフの仕事時間を削ってしまいます。

監視カメラを使用してスムーズな捜索ができる体勢ができていることで、顧客はもちろんスタッフの安心にもつながります。

 

商業施設に導入する監視カメラの選び方

買い物中の女性のイメージ画像

商業施設に導入する監視カメラを選ぶには、目的を考えることが重要です。

目的を明確にすることによって、自身に必要なポイントが見つかってきます。

ここでは、監視カメラの選び方のポイントについて紹介していきます。

 

小規模商業施設に適した監視カメラの選び方のポイント

小規模商業施設で監視カメラを選ぶポイントとしては、予算と設置台数になってくるのではないでしょうか。

小規模商業施設で設置する目的としては万引きに対する抑止が主な理由になります。

万引きを抑止するためには死角をなくすことが必要です。

監視カメラを増やすことにより、死角はなくなりますが設置費用が高くなります。

 

コストと性能のバランスを考慮した選択方法

監視カメラを設置する場合、目的に合わせた性能を考える必要があります。

しかし、性能を上げれば設置にかかる費用はおおきくなります。

解像度や画素数、赤外線など必要最低限の性能を選びましょう。

 

成功事例の紹介

カメラのメリットを解説する女性の画像

監視カメラは犯罪防止に効果を発揮します。

実際に起きた事件事例を紹介していきますので、設置の参考にしてください。

 

監視カメラの活用によって起きた事件の解決例

実際に起きた万引き事件に対する監視カメラの解決例をご紹介します。

ある日、商業施設で夫婦がオーディオ機器14万円相当を盗みました。

しかし、幸いなことに、監視カメラに映っていた車のナンバープレートが犯人逮捕の鍵となりました。

容姿で犯人を特定することが難しい場合でも、監視カメラの映像からは犯人の所有物などを割り出すことができます。

このような手法を駆使することで、万引き事件の解決に繋げることができるのです。

 

監視カメラの映像が証拠として使用されたケース

映像が証拠となった場合の一つの事例として、痴漢があります。

公共の場で女性が痴漢被害に遭った場合、被害者が証拠を確保することは非常に重要です。

例えば、ある日、駅で女性が痴漢に遭った事件が発生しました。

犯人は逃走を図ったものの、幸いにも駅には監視カメラが設置されていたため、映像を確認したところ、しっかりと犯行映像が記録されており、その映像が証拠となり犯人の逮捕に繋がりました。

このように、映像が証拠となることで痴漢被害者の訴えを裏付け、犯人を追い詰めることができます。 

 

まとめ

 

商業施設に監視カメラを導入することは、安全性の向上や犯罪の抑止、不正行為の防止など多くのメリットがあります。

成功事例も多く存在し、監視カメラの導入によって商業施設の安心感や売上げの増加が実現されています。

しかし、適切な監視カメラの選定や設置場所の選定、プライバシー保護や法的規制の遵守など、注意点もあります。

商業施設のオーナーや経営者は、これらのポイントを押さえつつ監視カメラの導入を検討することが重要です。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

介護施設の見守りカメラ導入に補助金を活用する方法!

介護施設の利用者は年々増加していますが、一方では介護スタッフの人手不足が課題となっています。

この課題を解決する策として、見守りカメラの導入が有力視されており、業務効率化に大きく貢献してくれています。

しかし、導入には費用がかかるため、施設の予算に負担がかかることもあります。

そこで今回は、補助金を活用して見守りカメラの導入を行う方法についてご説明いたします。

補助金の申請手続きや条件、具体的な活用方法など、詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

見守りカメラ導入の補助金制度について

介護施設のイメージ画像

現在では、介護従事者の負担軽減により雇用環境や離職率の改善を目的とした介護ロボットの導入支援に係る補助を行っています。

この補助金制度は、条件を満たした機器を介護施設内に設置する際に活用することができます。

 

「介護従事者の負担軽減に資する介護ロボット導入促進事業」

【事業の概要】

介護従事者の介護負担の軽減を図る取組が推進されるよう、事業者負担が大きい介護ロボットの導入を特別に支援するため、一定額以上( 20 万円超)の介護ロボットを介護保険施設・事業所へ導入する費用を助成する。

【支援対象とする介護ロボット】

支援対象とする「介護ロボット」とは、次の1から3の全ての要件を満たす介護ロボットであること。

1)目的要件

日常生活支援における、ア)移乗介護、イ)移動支援、ウ)排泄支援、エ)見守り、オ)入浴支援のいずれかの場面において使用され、介護従事者の負担軽減効果のある介護ロボットであること。

2)技術的要件

次のいずれかの要件を満たす介護ロボットであること ロボット技術(※)を活用して、従来の機器ではできなかった優位性を発揮する介護ロボット ※ア)センサー等により外界や自己の状況を認識し、イ)これによって得られた情報を解析し、ウ)その結果に応じた動作を行う介護ロボット 経済産業省が行う「ロボット介護機器開発・導入促進事業」において採択された介護ロボット。(経済産業省ロボットポータルサイトにて例示されています。http://robotcare.jp/別ウィンドウで開く)

3)市場的要件

販売価格が公表されており、一般に購入できる状態にあること。

 

出典:介護ロボットなど導入支援特別事業(平成27年度補正予算) 「介護従事者の負担軽減に資する介護ロボット導入促進事業」における支援対象介護ロボットの例示について|厚生労働省

 

見守りカメラが対象となる理由

AIセキュリティカメラのイメージ画像

介護施設に見守りカメラを設置することで補助金が活用できる理由は、様々な介護ロボットの中に、見守り・コミュニケーションを重点とした「見守り機器」と呼ばれるものがあり、その中に見守りカメラが該当しています。

では、補助金が対象となる「見守り機器」の要件について確認しましょう。

 

見守り機器の定義

在宅介護において使用する、転倒検知センサーや外部通信機能を備えたロボ ット技術を用いた機器のプラットフォーム (定義)

・複数の部屋を同時に見守ることが可能。

・浴室での見守りが可能。

・暗所でも使用できる。

・要介護者が自発的に助けを求める行動(ボタンを押す、声を出す等)か ら得る情報だけに依存しない。

・要介護者が端末を持ち歩く又は身に付けることを必須としない。

・要介護者が転倒したことを検知し、介護従事者へ通報できる。

・要介護者の生活や体調の変化に関する指標を、開発者が少なくとも1つ 設定・検知し、介護従事者へ情報共有できる。

・認知症の方の見守りプラットフォームとして、機能の拡張又は他の機 器・ソフトウェアと接続ができる。

 

これらの要件が介護ロボットの「見守り機器」の定義になります。

 

補助金申請の流れ

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

補助金申請の流れについて紹介していきます。

 

①機器の選定、メーカーへ見積書依頼(事業者)

②介護ロボット導入計画書・事前協議書の提出(事業者)

③補助金内定事業者の決定(県)

④介護ロボットを導入(事業者)

⑤補助金の交付決定(県)

⑥実績報告(約1か月後)(事業者)

⑦補助金交付額の確定(県)

⑧請求書の提出(事業者)

⑨補助金の交付(県)

⑩介護ロボットの使用状況の報告(導入後3年間)(事業者)

 

以上が補助金申請の流れになります。

ただし、補助金申請は各都道府県によって必要書類や手続きの流れが異なっていることもあるため、対象となる地域の自治体HPを必ず確認してください。

 

最新情報を常にチェック

カメラのメリットを解説する女性の画像

都道府県によっては、補助金制度の募集期間がわずか1か月程度で終了してしまう場合も多くあります。

愛知県の場合は、すでに令和5年度の募集は終了しています。

愛知県:介護ロボット導入支援事

そして、補助金は予算の都合上、年度ごとに変化することが考えられ、今年あった制度が来年にはなくなってしまうという事例もあります。

もし、今年度の申請に間に合わなかった場合でも、前年度や今年度の情報を参考にし、必要な情報を集めておくことで、次回の補助金申請に余裕を持って対応することができます。

また、定期的に最新情報をチェックするなどの準備をしましょう。

 

まとめ

 

介護施設の見守りカメラ導入に補助金を活用することで、施設の負担を軽減することができます。

そして、見守りカメラによって入居者の安心や安全をサポートし、さらに介護スタッフ不足による業務負担の軽減にも貢献することができます。

また、見守りカメラがあることで、入居者やその家族にとっても安心感を与えることができます。

介護施設の見守りカメラ導入によって、安全で快適な環境を提供するためにも補助金を上手に活用しましょう。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

オフィスに監視カメラを導入するメリットと導入費用も解説!

AIセキュリティカメラのイメージ画像

オフィスに監視カメラを導入することは、盗難や不正行為の減少、労働環境の改善、セキュリティ対策の向上など、企業の安全性や効率性を向上させる重要な要素です。

また、カメラの種類や価格帯、メンテナンス費用など、導入費用についても分かりやすく解説します。

オフィスのセキュリティ対策の一環として、監視カメラの導入を検討している方は必見です!

代理店募集の画像

オフィスに監視カメラを導入するメリット

オフィスに監視カメラを導入するイメージ画像

オフィスに監視カメラを導入するメリットについて紹介していきます。

 

盗難や不正行為の減少によるコスト削減

オフィスに監視カメラを設置すれば、盗難やハラスメント等の不正行為を監視することができます。

万が一、不正行為や犯罪が起きたとしても、監視カメラが撮影した映像を元に犯人の特定や証拠確保が可能です。

また、監視カメラの存在そのものに犯罪抑止効果が期待できるため、不正行為や犯罪の被害の減少に繋がり、コストカットできます。

 

労働環境の改善による生産性向上

ハラスメントや人間関係等のトラブルは、従業員の精神面に大きな負担を与え、仕事の生産性も低下してしまいます。

監視カメラの映像を元に証拠確保と抑制ができるため、トラブル解決に繋がり、生産性の向上が見込めます。

また、従業員が過度な残業を強いられていないか、監視カメラの映像を確認することで労務管理にも利用可能です。

 

セキュリティ対策による信頼性向上

犯罪や業務上の不正行為・ハラスメント等のトラブルを可視化し、証拠として記録に残せるため、従業員が安心して働ける環境づくりができます。

ハラスメントや人間関係のトラブルは証拠の映像を見返すことで公正な判断が可能になり、犯罪や不正行為などに対しても早期に対応できるため、企業の信頼性向上に繋がります。

 

 

監視カメラの導入費用について

Q&Aに答える女性のイメージ画像

監視カメラを導入するための費用について紹介していきます。

 

カメラの種類と価格帯

オフィスでの設置に適した監視カメラを4種類ご紹介します。

監視カメラを設置するときは、それぞれの場面や用途に合った機能や特徴を選ぶことが重要です。

 

BOX型(バレット型)カメラ

BOX型は、一般的によく使われているスタンダードな形状の監視カメラです。

よく街中やお店に設置されているので、誰もが一度は目にしたことがあると思います。

見た目はホームビデオカメラのようで存在感があるため、一目で監視カメラだと分かりやすく、犯罪を未然に防ぐ効果が高いとされています。

BOX型は一方向での撮影に適しており撮影範囲が限定されるため、多方面で撮影したい場合には複数台の設置がおすすめです。

価格帯は監視カメラの中でも比較的割安で、複数台設置にも向いています。おおよその価格は10,000円~50,000円です。

オフィスに設置する場合、BOX型のカメラはその威圧感から従業員がプレッシャーを感じてしまいやすいため、従業員のいる空間への設置はおすすめできません。

設置する場所は、金庫や貴重品のある場所や、出入口や裏口、ビルの屋上などにしましょう。

監視カメラのイメージ画像

ドーム型カメラ

ドーム型カメラはその名の通り見た目が半球状になっており、天井や壁に設置が可能です。

ドームカメラはBOX型とは違い、カメラがどの方向を撮影しているのか分かりづらい特徴があります。

また、BOX型は一方向での撮影に適しているのに対し、ドーム型は360度の広範囲での撮影が可能です。

そのため、設置台数が少なく済み、複数台設置にかかる費用を節約することができます。

ドーム型は威圧感がないため、従業員が働くオフィス内でもプレッシャーを与えることなく設置が可能です。

価格は30,000円~180,000円ほどです。

セキュリティカメラのイメージ画像1

置き型カメラ

置き型カメラは、その名の通り机などに置いて使用するタイプのカメラなので、工事が不要で設置が一番楽なカメラです。

撮影したい場所に持っていくことができるので、手軽に使用できます。

カメラ自体が小型なものや高性能で多機能なものなどがあり、さまざまな用途に活用できます。

オフィスでのおすすめの設置場所は、会議室や受付などに使用することが多く、価格は3,000円~30,000円ほどです。

見守りカメラのイメージ画像

PTZ型カメラ

PTZ型カメラは、遠隔操作型のカメラで、レンズを上下左右好きな方向に動かしたり、ズームイン・ズームアウトが可能です。

自由自在に撮影方向を変えられますが、レンズを動かせる半面、撮影場所が固定されないため、死角を補うために他の固定カメラなどと併用されることもあります。

形状はドーム型が多く、BOX型や置き型もあるので、設置場所や利用目的によって変えられるのが利点です。

オフィス内では金庫や貴重品、機密情報など会社の財産がある場所への設置が適しています。

価格は少し高めで、100,000円~1,000,000円ほどです。

PTZ防犯カメラの画像

インストール費用

一般的にクラウドカメラは、専用のアプリやソフトウェアをインストールして映像を管理する必要があります。

カメラのメーカーや機種によっては、別途で専用のアプリやソフトウェアのインストール費用がかかることがあります。

クラウドカメラにはさまざまな機能があり、例えば、複数台のカメラの映像を同時視聴したり、録画したデータを一度にダウンロードできたりするものもあります。

多機能なカメラほど高額になるため、企業の目的に合った機能を選ぶことが重要です。

 

メンテナンス費用の考慮

監視カメラは購入費用やリース費用、取り付け費用以外にも、保守費用などのメンテナンス費用がかかります。

監視カメラは基本的に24時間作動しているため、消耗が激しく、カメラの映りが悪くなったりするなどの不具合が生じることがあります。

そのため、監視カメラ設置の際にはメンテナンス費用についてもしっかり考慮しておくことが必要です。

保守点検とは、業者と「保守契約」を結び、カメラが正常に作動するように定期的に保守メンテナンスをしてもらうものです。

また、業者によっては「フルメンテナンス保守」「スポット保守」の2種類のプランを用意しているところもあります。

「フルメンテナンス保守」は監視カメラだけでなく、モニターやレコーダーその他の周辺機器についても点検してくれるものです。

トラブルが発生した際には、人件費や部品の交換費用などの全ての費用を負担することなく対応してもらえて、定期的なメンテナンスもしてくれます。

それに対して「スポット保守」は、故障や不具合が起きたときにのみ修理と交換だけを行います。

そのため、定期的なメンテナンスもしてもらいたい場合は「フルメンテナンス保守」の契約がおすすめです。

ただし、業者によって細かな作業内容やプランに違いがあるため、事前に確認しておきましょう。

保守点検・メンテナンス費用の目安は、「フルメンテナンス保守」と「スポット保守」によって費用は異なりますが、月額2,000円〜10,000円ほどです。

 

 

まとめ

 

オフィスに監視カメラを導入することは、盗難や不正行為の減少、労働環境の改善、セキュリティ対策の信頼性向上など多くのメリットがあります。

カメラを導入する場合、カメラの価格だけでなくメンテナンス費用なども考慮する必要があります。

しかし、盗難や不正行為を抑止するためのコスト削減だけでなく、生産性向上による収益増加にも繋がる可能性があるため、監視カメラの導入を検討する価値があると言えます。

 

当社の代理店様が、監視カメラ・防犯カメラの販売から施工までサポート致します!

関西のお客様からのご依頼はこちら⬇お気軽にお問い合わせください!

https://vigorous.works/securitycamera/

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

介護施設に見守りカメラを導入するメリットデメリット!

介護施設のイメージ画像

介護施設に見守りカメラを導入することは、入居者の安全性やスタッフの負担軽減につながる重要な施策です。

特に最近では人材不足により一人当たりの業務負担が増加傾向にあるため、業務改善の課題に大きく貢献しています。

しかし、一方で見守りカメラを導入する場合、入居者のプライバシーや介護スタッフへの配慮などが必要となります。

介護施設に見守りカメラを導入する背景と重要性やメリットとデメリット、さらには導入のポイントについて詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

代理店募集の画像

介護施設に見守りカメラを導入する背景と重要性

見守りカメラのイメージ画像

介護施設では、転倒や転落、誤嚥、誤薬などの事故のリスクが多く存在し、なかでも最も多いのは転倒事故です。

しかも、高齢者の転倒事故は骨折だけではなく、命にも関わる危険性があるため、介護スタッフは入居者の状態や状況を把握し、常にサポートできるよう体制を整える必要があります。

しかし、最近では人手不足業務負荷の増加により、一人ひとりの入居者への目配りや対応が難しくなっています。

そこで、見守りカメラを導入することで、スタッフは入居者の様子をリアルタイムで確認し、必要なサポートや危険察知による迅速な対応をすることができます。

これにより、入居者の転倒などによる事故発生率が低減し、効率よく質の高いケアを提供することが期待されます。

見守りカメラの導入によって、これらの課題を解決し、より安全で質の高い介護サービスを提供することに繋がります。

 

介護施設に見守りを導入するメリット

福祉施設のイメージ画像

介護施設に見守りカメラを導入するメリットについて紹介していきます。

 

メリット①:利用者の安全確保

見守りカメラを導入することで、施設内の利用者の行動や状態をリアルタイムで把握することができます。

たとえば、利用者がベッドから起きようとしていたら見守りカメラのセンサーが動きを検知し、介護スタッフへ通知され録画を開始する機能もあります。

そして、その通知を見た介護スタッフが双方向通話機能によりコミュニケーションをとったり映像を確認することで、急な姿勢変化にも素早く対応することで事故やトラブルへの発生を早期に防ぐことができます。

 

メリット②:スタッフの負担軽減

介護施設では、スタッフが入居者の安全を確保するために24時間体制で働いています。

しかし、人手不足や多忙な業務によって、スタッフの負担は非常に大きくなっています。

特に、夜間の徘徊や異常な行動を発見することはとても難しいため、見守りシステムを導入することで、入居者の行動異常をセンサーの検知によりスタッフへ通知が来て映像確認することができます。

そのため、介護スタッフは通知が来ても、カメラの映像により現在の状況を確認できるため、現場へ駆けつける判断を下せるようになるため、負担を軽減することができます。

また、入居者が頻繁にナースコールで介護スタッフを呼ぶこともよくある話で、その都度現場へ駆けつけると他の業務が疎かになってしまうため、双方向通話により現場へ駆け付けなくともコミュニケーションをとることができます。

 

メリット③:暴言・暴行・トラブル防止

介護施設では、介護スタッフによる高齢者への暴言や暴行を加える問題が多数報告されています。

また、ほかにも入居者から介護スタッフへ嫌がらせをしたり、入居者同士のトラブルが問題となっています。

こうしたトラブルや問題を解決するための客観的な証拠や状況確認により、入居者とスタッフのどちらの安全も守る手段として活用することができます。

 

ぴよかめ画像

 

介護施設に見守りカメラを導入するデメリット

ドーム型監視カメラのイメージ画像

介護施設に見守りカメラを導入するデメリットについて紹介していきます。

 

デメリット①:プライバシーの侵害

介護施設に見守りを導入することは、利用者のプライバシーに関わる問題があります。

見守りシステムは、カメラやセンサーを使用して利用者の行動や状態を監視しますが、これによって個人のプライバシーが侵害される可能性があります。

例えば、入浴やトイレなどに利用者の尊厳や個人の自由が制限されるかもしれません。

また、監視データが不正に使用されたり、第三者に漏れたりするリスクも考えられます。

そのため、入居者や家族の方へ見守りカメラの利用目的や用途を十分に説明し、プライバシー保護に十分な配慮をしていることを理解してもらうことが大切です。

 

デメリット②:スタッフへの配慮

見守りカメラが導入されると、介護スタッフは常に監視されているという意識になってしまいプライバシーが保たれず窮屈な職場環境と感じてしまうことがあります。

また、カメラが常に監視している状況下では、スタッフの行動や言動が厳密に監視されることなるため、介護スタッフのストレスや緊張感が高まり、本来の仕事に集中できなくなる可能性があります。

さらに、カメラ映像を見ている家族や管理者からの指示や批判も増えてしまうことも。

このような状況下では、スタッフのモチベーションや働きやすさに影響を与えることが考えられるため、スタッフへの配慮を十分に考慮する必要があります。

 

見守りカメラ導入のポイント 

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

ポイント①:利用者の同意とプライバシー保護の重要性

介護施設に見守りを導入する際の重要なポイントの一つは、利用者の同意とプライバシー保護です。

利用者は自分自身の生活を自由に過ごしたいという願望を持っているため、利用者自身の同意や家族への理解が不可欠です。

例えば、センサー技術やモニタリングシステムを活用して、利用者にとって安心安全な生活を送れるようなサポート環境を整えていることを説明しましょう。

入居者へ最大限の配慮と見守りシステムの目的を明確にすることで、利用者や家族にも安心してもらえるようにすることが大切です。

 

ポイント②:スタッフへの十分な説明

 

介護施設に見守りカメラを導入する際の重要なポイントのもう一つは、スタッフへの十分な説明です。

スタッフは日々多忙な業務に追われており、新たなシステムや技術の導入に対しては理解が追いつかないこともあります。

しかし、利用者の安全や健康を守るためには必要なものであり、スタッフ自身もその重要性を理解する必要があります。

まず、見守りシステムの具体的な機能や利点をスタッフにわかりやすく説明することが大切です。

例えば、様々な業務をしている中、ナースコールだけの場合は、緊急度がわからないため、その場で現場へ駆けつける必要があります。

しかし、見守りカメラによりナースコールの内容を聞きながら映像を確認し、現場へかけつける必要性を判断することができます。

また、スタッフへの説明だけでなく、実際に見守りシステムを使ってトレーニングやデモンストレーションを行うことでより使い勝手や業務効率の良さを感じることができます。

スタッフへの十分な説明は、見守りシステムの導入成功の鍵となります。

スタッフがその重要性や利点を理解し、積極的に活用することで、利用者の安全と安心を守るための一歩を踏み出すことができるのです。

 

まとめ

 

介護施設に見守りカメラを導入することは、入居者へのプライバシー配慮はとても重要なので、入居者や家族にしっかりと説明し理解してもらう必要があります。

しかし、入居者の安全とスタッフの負担軽減に大きく貢献しています。

介護施設の貴重な人材への業務負担を少しでも軽くし、業務効率化を図ることで、自然と入居者への安全な環境を整えることに繋がりますので、見守りカメラをしっかり活用していきましょう。

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

暗視カメラと赤外線カメラの違い&活用事例を解説!

赤外線カメラのイメージ画像

暗視カメラと赤外線カメラはセキュリティカメラの分野でよく使われていますが、実はその機能や特徴には大きな違いがあります。

どちらも暗い環境下での撮影に優れていますが、どのようなシーンで活用されているのか気になりますね。

今回は、暗視カメラと赤外線カメラの違いを徹底的に比較し、それぞれの活用事例についてもご紹介します。

セキュリティ対策に興味のある方やカメラの購入を検討中の方は必見なので、最後までご覧ください。

代理店募集の画像

暗視カメラと赤外線カメラの違い

防犯カメラのイメージ画像

暗い場所でも撮影が可能なカメラは、大きく分けて「暗視カメラ」「赤外線カメラ」の2種類があります。

どちらも暗所での撮影が可能ですが、必要な明るさの度合に大きな違いがあります。

「暗視カメラ」は豆電球程度の明るさが必要になります。

「赤外線カメラ」は全く光源を必要とせず、暗闇での撮影が可能です。

また、それぞれの仕組みや機能にも違いがありますので下記で解説します。

 

暗視カメラとは

暗視カメラは、暗視補正機能を備えているカメラで、暗所での撮影が可能です。

しかし、全く光源のない暗闇では撮影できないため、必ず豆電球程度の明るさが必要になります。

暗視カメラの強みは、搭載されている暗視補正機能により、暗所でのカラー撮影が可能なところです。

不審者が現れた際には、服の色や持ち物の色まで確認できるため、不審者の特徴をより詳細に捉えられ状況把握に優れます。

暗視カメラは光が届く範囲内であれば撮影が可能なので、撮影したい場所に光源があるか設置前に確認するようにしましょう。

 

赤外線カメラとは

赤外線カメラは人の目には見えない赤外線を利用して、暗闇でも物体を捉えることができます。

絶対零度以上の全ての物体はその温度に応じて赤外線の光を自然に放出しており、赤外線カメラは搭載されているセンサー素子により赤外線を検知できるため、暗闇での撮影が可能です。

光源を全く必要とせず、安定して映像を撮影できるところが赤外線カメラの強みといえるでしょう。

ただし、赤外線カメラで撮影した映像は基本的に白黒となることが多く、暗視カメラのようにカラーで映像を残すことが難しいです。

最近ではカラーで撮影できる赤外線カメラも増えつつありますが、まだまだ多くは普及していません。

赤外線カメラの撮影可能な距離は、赤外線が届く範囲内となっており、およそ15~30mほどと言われています。

そのため、暗闇に設置する際には、赤外線が届く範囲内で撮影する場所を考慮しましょう。

ただし、センサーや映像処理エンジンが高性能なカメラであれば、100m先の物体の色もしっかりと撮影することが可能になります。

 

暗視カメラと赤外線カメラの活用事例やシーン!

Q&Aに答える女性のイメージ画像

暗視カメラ・赤外線カメラにはそれぞれの特性に違いがあるため、その特性を理解した上で、適した場所や場面に設置して使うことが重要です。

それぞれの活用シーンや活用事例について解説します。

どちらのカメラを選んだらいいか迷っている方はぜひ参考にしてください。

 

暗視カメラが適しているシーン

監視カメラのイメージ画像

街灯がある駐車場の夜間監視

駐車場では車の盗難やいたずら、車上荒らしなどといったトラブルが相次いでおり、そういった犯罪は人目につきにくい夜間に起こりやすいです。

暗視カメラを設置することで、夜間での監視が可能になり、犯罪対策ができます。

また、暗視カメラをあえて目立つ場所に設置することで、カメラの存在をアピールでき、犯罪を未然に防ぐ効果も期待できます。

万が一犯罪が起きてしまった場合でも、鮮明な映像が撮影できるため、犯人の証拠を特定することが可能です。

 

常夜灯がある室内の夜間見守り

暗視カメラは夜間での室内の見守りとして役に立ちます。

例えば、子供やペット、介護が必要な家族の様子を外出先でも見ることが可能です。

夜間にちょっとした用事で家を空けたい時や、短期の出張・旅行などで家を長く開ける場合にも、防犯記録用のカメラとして役立つでしょう。

もし常夜灯がない場合は、夜は暗闇になるため赤外線カメラが適しています。

赤外線カメラは赤外線を発しているので、レンズ周りが常に赤く光る特徴があります。

防犯対策でカメラを取り付ける場合には、カメラの存在が目立ちやすくなるため、犯罪を未然に防ぐ効果が期待できるでしょう。

しかし、子供やペットの見守りなどの目的で設置する場合には、就寝時に赤い光が気になってしまう場合もあるかもしれません。

そんな時は、レンズ周りの赤く光っている部分を遮光性のあるもので覆うと、赤い光を目立ちにくくすることができます。

ただし、しっかりと覆う場合にはセンサーが反応しづらくなることがあるので注意が必要です。

 

店舗の監視

外部からの侵入者はもちろん、不審な動きをする従業員についても注意する必要があります。

従業員は閉店後でも店舗内を自由に徘徊できるため、店舗内の商品や備品、ロッカーの中の金品や金庫から売り上げを盗むこともできます。

店舗では、閉店後でも一部の蛍光灯が点灯し続けている場合が多いですが、閉店後に完全に消灯してしまう場合には、赤外線カメラが適しています。

 

赤外線カメラが適しているシーン

夜の監視カメラの映像イメージ画像

夜間の学校・工事現場の監視

日中は人がいるためにぎやかですが、夜間になると人がいなくなり、真っ暗になる場所のため、赤外線カメラが役立ちます。

また、外壁やフェンスを飛び越えて比較的容易に侵入可能な場所のため、防犯対策として赤外線カメラが有効と言えるでしょう。

人気のない夜間の学校では、窓ガラスが割られたり、プールの水が汚されたりする被害も発生しており、こうした防犯対策のために設置する学校も増えてきています。

夜間の工事現場では、作業員がいないのを良いことに、資材や工具、金属類などを転売の目的で窃盗する人もいます。

赤外線カメラは赤外線の有効範囲内でしか撮影ができないため、資材置き場などの限定した範囲であれば対応できますが、工事現場は比較的広いことが多く、広さによっては設置場所や設置台数について検討する必要があるでしょう。

夜間でも明るさのある場合や、街灯がある場所には暗視カメラを、完全に暗闇になってしまう場合には、赤外線カメラを設置しましょう。

 

オフィス・事務所の監視

従業員の退社後に全ての明かりが消される場合が多いオフィスや事務所では、赤外線カメラが適しているでしょう。

従業員以外にも不特定多数の人が出入りするオフィスや事務所内には、パソコンなどの精密機器や、従業員のデスク・ロッカー内に貴重品があり、さまざまなところに盗難のリスクがあります。

また、夜間や休日になると人がいない状態になるため、犯罪のリスクが高まります。

暗視カメラを設置することで、カメラの存在自体が犯罪抑止にも繋がり、万が一盗難などの犯罪が起きた場合にも、犯行時間や犯人の特徴などを記録として残すことが可能です。

 

まとめ

 

暗視カメラと赤外線カメラは、カメラの仕組みと機能、使用する技術、性能の違いによって異なる特徴を持っています。

暗視カメラは暗い環境での撮影に特化しており、赤外線カメラは赤外線を利用して撮影することができるため、目的や用途に合ったシーンの使い分けをしましょう。

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

美容クリニックの監視カメラ導入事例と導入費用を紹介!

美容クリニックの監視カメラ導入イメージ画像

美容クリニックは高級なイメージがあることから盗難の被害が相次ぎ、同時に監視カメラの導入率も高まりました。

クリニック内の安全を守るためにセキュリティ強化を図りたいが、監視カメラ導入の費用やランニングコストについては明確な情報がなかなか得られず、どうしたらよいか悩まれる方も少なくありません。

今回は、監視カメラの導入にかかる費用やランニングコストなどの運営にかかわる費用も解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

美容クリニックの監視カメラ導入事例

ドーム型監視カメラのイメージ画像

美容クリニックが監視カメラを導入した事例を紹介します。

 

監視カメラ導入のきっかけ

美容クリニックのお客様が施術終了後の結果に満足できず、電話での異議申し立てがありました。

しかし、お客様は納得することができず、次第に感情が高まり、最終的には当院まで押し入り恫喝および脅迫するという事件へと発展。

警察からは事情聴取と映像による証拠を求められましたが、残念ながら当院にはカメラが設置されていなかったため、証拠を提出することができませんでした。

このことをすごく後悔し、すぐに監視カメラの導入を決定しました。

 

監視カメラ導入前

院内にカメラが設置されていなかったため、犯人の現場での状況を証明するものは残されていませんでした。

商業ビルに取り付けられていた監視カメラを確認したところ、事情聴取による犯人の特徴と一致する人物が映っていたことから身元が判明。

そして、電話対応・サービス向上による録音機能から、犯人の声による暴言等の録音が証拠となり犯人逮捕につながりました。

今までは事件などの想定をしておらず、院内のカメラはお客様のプライバシーのために導入していなかったが、もっと早くから監視カメラの導入を検討するべきだったことを後悔していました。

 

監視カメラ導入後

事件後、すぐに院内へ監視カメラを導入。

現在では、監視カメラの存在が明示されたことで、患者様やスタッフへの安全性が高まりました。

スタッフの方々には二度と同じような不安な気持ちにさせない、患者様にも安心して利用していただきたいという気持ちから、今後もセキュリティ対策を万全にすることで信頼されるクリニックにしていきたい。

 

美容クリニックでの監視カメラ導入事例は、美容業界・サロンや他の医療機関などにも参考となるケースです。

監視カメラの導入を検討されている方は、ぜひ下記のお問い合わせよりお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

 

監視カメラを導入する費用

Q&Aに答える女性のイメージ画像

監視カメラは大きく分けて「室内用」と「屋外用」があり、1台あたりの導入費用相場は、室内用は10~20万円、屋外用は15~30万円です。

この金額には監視カメラ本体代だけでなく、周辺機器や設置費用も含まれています。

 

監視カメラ本体にかかる費用

導入費用の内、大部分を占めるのはやはり「カメラ本体」です。

監視カメラの本体にかかる費用は、設置する台数によっても費用は変わりますが、「購入」「リース」「レンタル」のどの方法を選択するのかによっても費用が大きく変動します。

 

購入の場合

初期費用としては一番かかりますが、維持費用以外かからないため、継続して長く使用する際には一番経済的と言えます。

より長く継続的に使用するためには定期的なメンテナンスが重要です。

監視カメラの購入費用は1台あたり2~5万円程が相場です。

安価なものなら5,000円台から購入することもできますが、安すぎるカメラだと映像品質が悪かったり、機能が不足しているからです。

いくら本体価格が安くても後から増設が必要になると、追加費用がかかる場合があるため、機能性とコストのバランスを考えましょう。

 

リースの場合

一般的に5~7年の契約が必要で、その間は月額料金を払い続ける必要があります。

月額料金の相場は、5台の契約で1万円前後、10台で2万円前後です。

月額料金にはカメラ費用や設置費用が含まれているプランもあるため、初期費用としてはかなり安く抑えることができます。

監視カメラ本体代と設置費用をセットにして割安で販売している業者や、カメラの選び方についてアドバイスが貰える業者など、複数の業者から見積もりを取って、納得できる業者に依頼するのがおすすめです。

 

レンタルの場合

月額料金の相場は、1~3台で1~2万円で、レンタル期間が短い場合はもう少し割高になります。

また、設置費用と撤去費用が別途5万円程度かかる場合があります。

リースと同じく初期費用が抑えられますが、中古品が多い・リースより割高などのデメリットもあります。

リースと異なり短期契約が可能なので、まずはお試しで監視カメラを導入したい方におすすめです。

リースと同様、複数の業者から見積もりを取って、納得できる業者に依頼するようにしましょう。

 

ちなみに株式会社NSKでは、1カ月1000円~お得にレンタルできるサービスも提供しています。

 

ランニングコスト

監視カメラには、カメラの購入費用またはリース・レンタル費用、設置費用とは別で、電気代やハードディスク代、インターネット費用などがかかります。

監視カメラ1台あたりにかかるランニングコストは、月6,000円~16,000円前後が目安です。

このようなランニングコストについても考えておく必要があるでしょう。

 

電気代

監視カメラを使用するには当然ながら、電気代が必要になります。

消費電力は一般的な電化製品と大差はなく、月々50円ほどが目安です。

ハードディスクとモニターの消費電力はそれぞれ月300円程度で、カメラとセットで24時間稼働させた場合でも年間7,800円ほどで収まります。

ただし、監視カメラの設置台数や周辺機器の台数により電気代も加算されるので注意が必要です。

 

ハードディスク代

監視カメラで撮影した映像を記録するためには、「ハードディスク」または「クラウド」に保存する必要があります。

ハードディスクの場合は数年に1度交換する必要があり、交換費用の目安は3万5,000円ほどです。

クラウド上に保存する場合は、契約料や使用料がかかります。

 

インターネット費用

使用する監視カメラがネットワークカメラの場合には、当然ながらインターネット使用料がかかります。

インターネット使用料の相場は、月2,000円~5,000円ほどです。

 

まとめ

 

美容クリニックの監視カメラ導入には、スタッフや患者様の安全と安心を確保するために重要な役割を果たしています。

しかし、監視カメラを導入するためには、カメラ本体の費用やランニングコストがかかることもしっかりと把握しておきましょう。

監視カメラの導入により、クリニックの運営効率や安全性を向上させためにも、積極的に検討することをおすすめします。

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティ機器のメーカーです。

製品に関する詳細な情報が知りたい方、導入に対して不安に思っている方、お困りごとなどがありましたら下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

専門スタッフがわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

 

お問い合わせ

赤外線カメラのメリットデメリットと導入の失敗事例を解説!

赤外線カメラのイメージ画像

赤外線カメラは、赤外線技術により暗闇でも物体を可視化することが可能となり、夜間監視や防犯対策に効果を発揮する監視カメラの一種です。

赤外線カメラの導入にはメリットだけでなくデメリットも存在し、さらに導入に失敗した事例も少なくありません。

今回は、赤外線カメラのメリットやデメリットと導入の失敗事例を解説しますので、セキュリティ対策の強化を検討している方は導入を失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

代理店募集の画像

赤外線カメラとは?

ドーム型監視カメラのイメージ画像

赤外線カメラとは、目に見えない赤外線と呼ばれる光を使って暗い場所や夜間でも物を見ることができるカメラのことです。

通常のカメラは目に見える光を利用して撮影していますが、暗いところだと十分な明るさが得られません。

そのため、夜間や暗い場所でも人や動物の熱量を検知することができるため、不審者や侵入者を発見することができます。

一般的に、日中に撮影された映像はカラーで撮影されますが、夜間や暗い場所の場合は赤外線照射された映像は白黒で録画される場合が多いです。

最近では、赤外線照射時でもカラーで録画される赤外線カメラも販売されるようになりました。

また、暗闇を撮影するだけのカメラではなく、建築現場や工場などでは、機械や設備の過熱による異常を熱を検知し、不具合を早期に発見して警告をするためにも利用されています。

 さらに、農業分野では、作物の生育状況や水分量を把握したり、赤外線の反射率から作物の健康状態や成長度を判断することができます。

 

赤外線カメラのメリット

防犯カメラの専門家イメージ画像1

赤外線カメラの防犯・セキュリティに関する特性やメリットについて紹介していきます。

 

夜間監視の効果

赤外線カメラは夜間監視で大きな効果を見せます。

微量な灯りで撮影される暗視カメラもありますが、赤外線カメラの場合は完全な暗闇でも撮影することが可能です。

例えば、街灯のない真っ暗な場所で犯罪の抑制や事件事故の理由で監視カメラを設置したいときには、赤外線カメラを設置するのが望ましいです。

 

隠された物体の可視化

赤外線カメラは、暗闇を照らすカメラと温度を感知するカメラがあります。

温度を感知するカメラは、絶対零度を超える物体の熱を感知することが可能です。

例えば、草むらなどに身をひそめた物体であっても温度を持っていれば、熱を感知して映像として移すことができます。

野生動物の発見や遭難者の発見などにも効果が期待できるのが赤外線カメラです。

 

防犯効果の向上

赤外線カメラを採用することによって、防犯効果を強化させることができます。

通常の監視カメラでは、夜間撮影ができないため、常時24時間監視できるということは大きな防犯効果を発揮します。

赤外線カメラは、赤外線が作動している時にはカメラの周りにあるLEDが光り、犯罪者などがカメラを発見するだけでも犯罪抑止効果があります。

 

赤外線カメラのデメリット

犯罪を監視カメラで撮影したイメージ画像

赤外線カメラの防犯・セキュリティに対するデメリットについて紹介します。

 

費用の問題

赤外線カメラは通常のカメラに比べ費用が高くなります。

夜間監視機能や夜間監視時にカラー表示するなどの機能を搭載した場合はさらに高額になります。

しかし、現在はリースやレンタルなども展開しており、監視カメラ購入のハードルが高いと感じていた方でも気軽に利用することができるようになりました。

NSK君
NSK君
株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラのレンタルを始めました

 

画像の品質の低下

通常の監視カメラと比べて、赤外線カメラの夜間監視では、画像の品質が低下してしまうことがあります。

現状、赤外線を照射した映像でもカラーで撮影可能な赤外線カメラも出てきてはいますが、まだまだ白黒画像のほうがハッキリとした映像が撮影できるため主流なっています。

映像がカラーではないため、髪や服装の色などは認識できませんが、最新の赤外線カメラでは犯人の顔やシルエットまではっきりと撮影できるもため、目的や用途に合わせて性能を選びましょう。

 

環境による制約

赤外線カメラは、環境によっては弱点を持っています。

赤外線を使って物を監視する際、物に反射してしまうことがデメリットの一つです。

例えば、雪や雨などの要素が赤外線を反射させることがあり、蜘蛛の巣や虫なども反射の対象になってしまいます。

特に屋外カメラでは蜘蛛の巣などが付きやすいので、定期的な清掃やメンテナンスに注意が必要です。

 

赤外線カメラ導入の失敗事例

監視カメラのイメージ画像

赤外線カメラを導入して失敗してしまった事例を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

適切な設置場所の選択の重要性

赤外線カメラを設置する場所を選ぶことは非常に重要です。

夜間に赤外線監視に切り替わると、赤外線が照射されているエリアだけが監視されるため、視野角が狭くなります。

夜間監視に重点を置きたい方は、監視できるエリアを正確に把握し、適切な場所にカメラを設置しましょう。

そうすることで、より効果的な監視が可能となります。

 

適切なメンテナンスの重要性

屋外に設置された赤外線カメラは、定期的なメンテナンスが欠かせません。

ほこりや花粉、黄砂などが付着することで映像がぼやけたり、赤外線の反射によって夜間の映像が見えなくなる可能性があるからです。

さらに、赤外線カメラは耐久力があるものの、消耗品でもあります。

LEDが切れてしまうと、夜間の監視ができなくなってしまうため、定期的な点検が不可欠です。

 

セキュリティ対策の不備

防犯のためには、赤外線カメラがよく使われます。

しかし、ただ設置するだけではなく、しっかりとセキュリティー機能を果たす必要があります。

例えば、窃盗犯を捕まえたい場合にはLEDが光る可視カメラを設置してしまうと、犯人がカメラに気づき犯罪の抑止効果により証拠を押さえて捕まえることが不可能となってしまいます。

そんな時は、LEDが光ることがない不可視カメラを設置することが望ましいです。

 

まとめ

 

赤外線カメラは夜間監視や隠された物体の可視化、防犯効果の向上など、多くのメリットがありますが、費用の問題や画像の品質の低下、環境による制約などのデメリットも存在します。

さらに、赤外線カメラの導入には適切な設置場所の選択やメンテナンス、セキュリティ対策の不備に注意が必要です。

メリットとデメリットを参考にして目的や用途に合った監視カメラの導入を検討しましょう。

 

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラのメーカーです。

赤外線カメラの詳しい製品情報や導入を検討されている方は、下記のお問い合わせよりお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

美容クリニックに監視カメラは必須!導入理由やよくあるQ&Aを解説!

美容クリニックの監視カメラ導入のイメージ画像2

美容クリニックにおける監視カメラの導入は、様々な理由から必要不可欠といえます。

窃盗の証拠確保だけでなく安全確保や不正行為の防止、スタッフの監督とトレーニングなど、さまざまなメリットがあります。

今回は、美容クリニックに監視カメラを導入する理由やメリットと、監視カメラ導入に関してよくある質問と回答についてもご紹介します。

ぜひ、最後までお読みいただき、監視カメラ導入の重要性を理解していただければと思います。

 

代理店募集の画像

美容クリニックに監視カメラの導入が必要な理由

ドーム型監視カメラのイメージ画像

警察庁の令和4年度(2022年)「犯罪統計資料」によると、令和4年の侵入及び窃盗認知件数は36,588件で、そのうち出店荒らし(閉店後に侵入し、金品を盗むこと)は4,333件にのぼり、侵入盗の10%以上を占めていることが分かります。

そうした被害に逢わないためにも、美容クリニックでも不審者の侵入を捉えることができる監視カメラの導入が必要と言えるでしょう。

また、監視カメラはただ単に防犯としての役割だけでなく、スタッフの教育やクリニックの課題点についても映像で客観的に見返すことができ、クリニック全体の質の向上に向けた取り組みもできます。

 

美容クリニックの監視カメラ導入のメリット

カメラのメリットを解説する女性の画像

美容クリニックに監視カメラを導入するのは窃盗被害の証拠として活躍するだけでなく、さまざまなメリットがあります。

美容クリニックの監視カメラ導入のメリットを3つ紹介します。

 

患者やスタッフの安全確保

店舗経営において、患者やスタッフの安全管理対策は欠かせない要素のひとつです。

個室での顧客対応や医薬品の管理などが多い現場でのセキュリティを目的として、監視カメラを設置するクリニックが増えています。

待合室での患者同士のトラブルや忘れ物、置き引き、事故など、様々なトラブルが起こる可能性があります。

監視カメラがあれば、そうしたトラブルに対しても正しく状況を把握することができるので、トラブルの解決がスムーズになり、再発防止の対策に努めることができます。

特に理不尽なクレームや、暴言・暴力、セクハラなどを行う「モンスターペイシェント」対策には有効です。

監視カメラがあることで、そうした人に対しても自制の圧力をかけることができ、悪質な行為をした場合にも証拠として残すことができるので、警察や弁護士への相談もスムーズになります。

患者とのトラブルは他の患者を不安にさせ、スタッフにも負担がかかるため、こうした効果的な対策が必要と言えるでしょう。

 

盗難や不正行為の防止

美容クリニックでは、現金はもちろん、美容機器やクリニック専売品、薬品などを置いているため、それらを狙った盗難が起きるリスクがあります。

実際にクリニックから専売品や薬を盗み、フリマサイトなどに転売する事件も起きています。

クリニックでは、患者やスタッフなどの出入りが多く、スタッフが犯行に及んだ可能性もあるため犯人の特定は困難なケースがほとんどです。

薬品庫や医療機器保管室などに監視カメラがあれば、「いつ」「誰が」「どこで何をしたか」が証拠として残るため、犯人を突き止めるのが容易になります。

また、監視カメラの設置自体に犯罪抑止効果があり、盗難や不正行為を未然に防ぐことが可能です。

特にスタッフや患者に女性が多い美容クリニックの場合は、昼夜問わず狙われるリスクが高くなるため、こうした対策が有効になるでしょう。

 

スタッフの監督とトレーニング

監視カメラがあれば、単に事件・事故への対策として使用できるだけではなく、患者への対応や施術などの映像を振り返り、業務の品質向上・効率向上に役立ちます。

サービス向上のためのフィードバックが可能になるため、スタッフの指導に使用可能です。

例えば、ベテランスタッフの接客対応や施術の様子を録画して、新人スタッフ育成のための教材として活用することもできます。

また、美容クリニックはスタッフの入れ替わりが激しいため、接客対応の品質にばらつきが出てしまうことがありますが、そうした場合にも映像を見直して、改善・統一することが可能です。

監視カメラの映像を元にスタッフの監督とトレーニングができるため、結果としてクリニック全体の質を上げることができるでしょう。

 

 

監視カメラ導入に関するよくあるQ&A

Q&Aに答える女性のイメージ画像

 

監視カメラの設置による患者の不安への対応策

監視カメラの設置について、患者に事前に案内をしましょう。

予告なく、無断での撮影は患者が不安になるだけでなく、プライバシーの侵害につながる恐れもあります。

きちんと何のために監視カメラを設置しているのか書面で説明しましょう。

カメラの設置場所や映像の取り扱いについても説明し、プライバシーへの配慮を行っていることを理解してもらうことが大切です。

 

監視カメラのメンテナンスとトラブル対応のポイント

監視カメラは24時間年中稼働し続けていることが多く、その他の電子機器に比べて消耗が激しいため、故障しやすい傾向にあります。

監視カメラの耐用年数は5~6年ほどと言われていますが、定期的なメンテナンスを行うことで、長期的に使用できる可能性が高まるため、年に1度はメンテナンスするようにしましょう。

カメラの映りが悪くなったり、機能低下などのトラブルを予防する効果があります。

 

監視カメラのメンテナンス方法5つ

 

①監視カメラの動作チェック

全ての電子機器の動作をチェックするために、一度電源を全てオフにします。

その後、監視カメラの電源をオンにして、機械の動作におかしなところがないかを一つ一つ確認しましょう。

②異音がないかチェックする

監視カメラやモニター、ハードディスクの動作音をチェックします。

耳を澄ませると、通常は小さなノイズが聴こえますが、機器に何らかの不具合がある場合には、ピー音やビー音などの異音が聴こえます。

③埃を除去する

エアダスター、ブロアーなどで機器の埃を取りましょう。

埃はそのまま放置しておくと発火する恐れがあるので、注意が必要です。

また、カメラなどの精密機械は水に触れると故障のリスクがあるため、濡れた布巾ではなく、必ず乾いた布巾などを使用しましょう。

④無水エタノールで清掃する

ブロアーやエアダスターで埃を除去した後に、無水エタノールで拭き取りましょう。レンズは傷つきやすいので、柔らかいタオルで拭き取ります。

精密機械の水拭きは金属腐食やショートの原因になるため、揮発性の高い無水エタノールを使用しましょう。

エタノールの一種であるアルコール消毒液は、水分を含んでいるため使用できません。

 

監視カメラのトラブル対応のポイント

監視カメラの映像が映らない場合の対応

  • 電源が入っているか確認する
  • インターネット接続ができているか確認する
  • 配線ケーブルの接続ができているか、断線の可能性はないか確認する

それでも解決しない場合、

下記の方法で復旧する可能性があります。

  • 再起動する
  • アップデートを行う
  • 初期化を行う

上記の方法によりトラブルの対応を試みてください。

これらの対処法でも復旧しない場合は、速やかに製品を購入した店舗へお問い合わせください。

NSK君
NSK君
監視カメラのよくあるQ&A
監視カメラは暗い場所でも撮影可能か

 

まとめ

美容クリニックに監視カメラを導入することは、窃盗や不法侵入等の被害状況の証拠だけでなく、患者やスタッフの安全確保、盗難や不正行為の防止、スタッフの監督とトレーニングなど、さまざまなメリットがあります。

また、導入を検討しているが、どのような種類を導入して良いか悩まれているお客様は、下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡ください。

株式会社NSKの専門スタッフが製品の詳しい情報やポイント、さらに導入までの不安な点を親身に相談・ご提案させていただきます。

弊社と一緒に安心できる美容クリニックへセキュリティを強化しましょう。

 

お問い合わせ

 

AI機能付き防犯カメラとは?特徴や用途とメリットを解説!

AIカメラのイメージ画像01

AIの発展により防犯カメラも急速に進化を遂げて、より高度なセキュリティ対策に貢献しています。

そもそもAI機能付き防犯カメラとは、一体どのような機能を持ち、どのような場所で活用されているのか。

今回は、AI機能付き防犯カメラの特徴や用途とメリットについて解説しますので、最後までご覧ください。

代理店募集の画像

AI機能付き防犯カメラとは

AIカメラのイメージ画像

AI機能付き防犯カメラとは、その名の通りAI(人工知能)が搭載された防犯カメラのことです。

これまでの防犯カメラでは、人が映像を見て分析する必要がありましたが、AIの活用により映像の分析・解析が自動化されました。

さらに、AIは認識や情報分析の機能も持っており、クラウド上などにデータを保管することも可能です。

これにより、特定の対象物を識別したり、情報を効率的に分析したりすることができます。

また、AIには検知機能も搭載しており、不審な動きをした場合、警告を発することもできます。

これらの事件や犯罪を未然に防ぐことに繋がり、安心できる高度なセキュリティシステムを提供することができ、より安全な地域社会への貢献を実現できるようになりました。

 

AI機能付き防犯カメラの特徴とメリット

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

AI機能付き防犯カメラの特徴は、以下の4つです。

それぞれのメリットについてもあわせて解説します。

 

①オブジェクトの検知・検出

異常を素早く的確に検知することができるAI機能付き防犯カメラは、人が目視で発見できないような細かな異常をも検知することができます。

例えば、通常の監視カメラでは発見が困難な小さな火や煙を検知することができます。

その結果、早期に異常を発見することができ、事件や事故へと発展する前に通知することで未然に防げるようなサポートをしてくれます。

 

②顔の検知・識別・認証

登録した映像や画像を元に、膨大なデータの中からAIが対象となる人物を自動で検索する機能を備えています。

カメラが捉えた人物を認識する顔認証システムにより、犯罪者の特定が可能です。

AI機能付き防犯カメラで犯罪者を特定できれば、逮捕までの流れがスムーズになり犯罪抑止に繋がります。

 

③パターンの検知・識別

AIは個々の細かな行動パターンを定量化することで、膨大な映像から個人を見分けることができます。

例えば、カメラの撮影領域内で立ち止まっている人や、うろうろしている人、行ったり来たりしている人など、これらの人はカメラの撮影領域内で、それぞれの動きの変化がかなり異なることに着目しました。

個々の動きの変化の度合いを捉えることで、行動パターンを分類して個々の違いを区別することが可能です。

 

④領域の検知・識別(セグメンテーション)

通路や障害物などを検知し、カメラが撮影した空間を平面ではなく立体で捉えることができます。

例えば、壁や木などの障害物・道路・建物などを識別することができ、境界線を認知することが可能です。

最近では、お掃除ロボットの領域把握や立ち入り禁止区域の監視として導入されています。

 

AI機能付き防犯カメラの用途

公共施設のセキュリティカメラのイメージ画像

AI機能付き防犯カメラの用途やシーンについて紹介します。

 

商業施設での利用

小売業でAI機能付き防犯カメラが活用されているのは、マーケティング戦略や混雑状況の把握、不審者の行動を検知し万引き防止、不審物の監視、無人店舗の監視などです。

AIカメラの人物検知機能は、入店者の年齢や性別、店内の滞在時間、導線などの把握に適しています。

商業施設では物販をメインとしており、万引きや盗難のリスクがあるため、防犯対策を強化するために数多くの防犯カメラを設置したり、警備会社や万引きGメンと契約することもありますが、人件費やコストがかかってしまいます。

その点AI機能付き防犯カメラの設置であれば効率良く防犯対策ができ、コストカットも可能です。

 

公共交通機関での導入事例

京浜急行電鉄株式会社は、電車の車両内のセキュリティ向上犯罪の防止を目的として、車両内に通信機能を持つ防犯カメラの設置試験の実施を発表しました。

2026年度末までに全790両(2023年3月31日時点)に導入予定です。

導入する防犯カメラの通信機能により、車両内の犯罪やトラブルが起きた際に、関係部署との素早い連携が行えるようになります。

地上側でリアルタイムに映像を確認できるので、車両内の安全向上が図れます。

 

工場や倉庫のセキュリティ向上に貢献

AI機能付き防犯カメラは、工場や倉庫内での不法侵入者の立ち入りや窃盗などの検知が可能です。

危険区域の管理ができるため、労働者の安全対策や事故予防などに適しています。

また、防犯カメラが捉えた映像が犯罪者の特定に繋がり、捜査の重要な参考資料として扱うことが可能です。

最近では、AI機能付き防犯カメラが導入されることで、セキュリティ向上に役立ち、業務効率化が図られています。

工場内や倉庫内での危険な場所などに対して、リアルタイムに人の立ち入りを検知できるAI機能付き防犯カメラを活用することで、省スペースでスマートな安全対策とセキュリティ向上が可能です。

 

まとめ

AI機能による高度な画像認識や動き検知、顔認識などの機能により、犯罪の予防や早期発見へつながるため、様々なシーンで活躍しています。

また、AIの進化により最新のテクノロジーを活用して犯罪への抑止力をさらに高め、安心できる社会へ貢献してくれています。

AIカメラに関する製品情報や導入に関するお悩みなどがありましたら、下記の「お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

病院屋内の監視カメラ設置はどこがおすすめ?用途目的別にポイントを解説!

病院内での監視カメラの設置は、患者の安全確保やスタッフの監視、物品管理など、さまざまな目的に役立っています。

ただし、多くの人が集まる病院内では、プライバシーの保護や法的な制約も考慮しなければなりません。

今回は、病院内の主要な場所ごとに監視カメラの設置ポイントを解説し、成功事例も紹介していきます。

病院内での監視カメラの活用方法に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

病院屋内に監視カメラを設置する目的

病院内の監視カメラ設置イメージ画像

病院屋内に監視カメラを設置する目的として次の4つが挙げられます。

 

患者同士もしくは患者と医療スタッフのトラブル防止

病院には治療や検査などを希望する方がたくさん集まるため、診察の予約をしたとしても待ち時間が長くなりがちです。

待ち時間が長くてイライラしたり、治療方針について過剰に心配したり、さらには入院中の患者同士が口論になるなど、様々な要因が絡み合ってトラブルが起こりやすい環境になっています。

いざというときのための証拠として状況を記録するため、トラブル対処のための警備員を迅速に配置するなどの目的により監視カメラを設置します。

 

病院の薬品・備品等の盗難防止

薬品や備品が盗難される場合もあります。

病院には薬局では購入できない医薬品など専門家の管理のもと使用すべき薬が多くあります。

盗難などで一般人の手に渡らないためにも監視カメラの設置は必要でしょう。

 

スタッフの業務効率向上

監視カメラは、スタッフの業務効率向上にも役立ちます。

例えば、カメラを手術室や患者の監視に活用することで、医療プロセスのモニタリングやチームコミュニケーションの向上が期待できます。

ほかにも、待ち時間への対策や最適化、資材管理と補給の効率向上など、医療だけでなく病院内のスタッフへの業務効率を最適化へ導くことができます。

 

緊急事態への素早い対応

病院内では、緊急事態に対して迅速な対応が求められます。

外来患者や入院患者の容態が急変し、転倒もしくはうずくまりなどの異常な状況を検知してアラートで医療スタッフへ即座に通知され素早い対応が可能となります。

医療現場では、1秒でも早い対応が命を救うことに繋がるといわれているため、監視カメラによるサポートが非常に重要視されています。

 

病院屋内の監視カメラ設置のおすすめポイント

介護施設のイメージ画像

病院屋内に監視カメラを設置することは患者、医療スタッフ双方に利点があります。

近年、患者への虐待や乳児の連れ去り、クレームの防止など、さまざまな用途により病院での監視カメラの設置が進んでいます。

患者やその家族への安心と信頼を得るためにも監視カメラの適切な設置が必要です。

 

監視カメラ設置のポイント:出入り口の場合

出入り口の場合は撮影する範囲が決まっています。

トラブルを避けるためにも監視カメラの存在を目立たせるためにボックス(バレット)型の監視カメラが良いでしょう。

ボックス型の監視カメラは目立つので威圧感があります。

犯罪を抑止するためにも入口の監視カメラを視界に入れるようにしておくのは大切です。

欠点は撮影範囲が狭いことです。しかし入口であれば一方通行であることが多い点から問題ないと考えられます。

 

監視カメラ設置のポイント:待合室の場合

待合室での監視カメラ設置は、患者の身勝手な行動や規律を守る、暴言や暴力などのトラブルを防ぐなどの効果が期待されます。

待合室には、多くの患者がいるため、威圧的なボックス(バレット)型の監視カメラを設置すると患者にストレスを与えかねません。

このような場合は、風景に溶け込みやすいドーム型監視カメラを設置することが最適です。

どこを映しているのかも分かりにくいので患者をあまり刺激せずに撮影が行えます。

 

監視カメラ設置のポイント:病室の場合

病院の中とはいえ、病室は患者のプライベート空間になります。

ドーム型監視カメラを最低限の設置台数にすると良いでしょう。

病室に監視カメラを設置するメリットは、緊急時の即対応だけでなく、医療スタッフによる患者への虐待に気づける点です。

実際、長崎県の県立こども医療福祉センターでは障害のある児童複数人への虐待が監視カメラの映像により判明しました。

事件や事故を未然に防ぐためにも監視カメラの設置が求められています。

 

監視カメラ設置のポイント:診療室の場合

診療室では、患者の精神状態が不安定なときがあります。

医師の診断を受け入れられずパニックに陥ったり、暴れ出したりしてしまう場合もあるでしょう。

そのようなことを防ぐためにも監視カメラの設置は必要です。

ただし電子カルテが見えないようにするなどの患者のプライバシーに配慮した設置方法が求められます。

あくまで暴力行為や暴言の対処としての使用が望ましいでしょう。

医師の診察技術の向上にも使用できます。

 

監視カメラ設置のポイント:手術室の場合

手術中の撮影は患者の許可が必要です。

あらかじめ事情を説明してから撮影しましょう。

手術中に監視カメラで撮影するメリットは医療訴訟のときに証拠として映像を提出できる点です。

責任の所在を明らかにすることによって冤罪を防げます。

さらに手術スタッフの技術向上のために映像が役に立つなど病院、患者、双方にメリットがあります。

 

病院屋内での事例を紹介

2022年9月、静岡県沼津市の精神科病院で男性看護師が患者の腹部や頭部を蹴るなどの暴行を加えた事件が監視カメラの映像により明らかとなりました。

事件発覚後、監視カメラの過去の映像から他にも虐待に関与した看護師が判明し、被害の証拠が拡大を防止できています。

このように監視カメラを設置をすることは患者の命を守るために重要です。

さらに、医療スタッフの意識向上、技能の向上にも貢献するでしょう。

患者のプライバシーを厳守したうえで設置することで患者のご家族からの病院の信頼に繋がります。

 

まとめ

 

病院内の監視カメラ設置は、患者同士や患者と医療スタッフのトラブル防止、個人情報や貴重品の保護のためにとても重要です。

監視カメラの設置には、出入り口では目立つボックス型のカメラがおすすめであり、待合室ではを防ぐために設置することが効果的です。

病院内の監視カメラ設置は、患者の信頼を得るためにも必要であり、安全性を高めるために積極的に取り組むべきです。

病院や施設に監視カメラを導入したいけれど、気になる点や製品の詳細が知りたい方は、下記の「お問い合わせ」よりお見積もりも兼ねたご相談ください。

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラのメーカーなので、安心して導入できる最適なソリューションをご提案いたします。

 

お問い合わせ

屋外用監視カメラの選び方!おすすめポイントと注意点を徹底解説!

AIカメラのイメージ画像02

屋外用監視カメラは、内外のセキュリティや異常等を監視するなど非常に重要な役割を果たします。

しかし、監視カメラは目的・機能別により多くの種類があるため、どれを選べば良いのか迷います。

今回は、屋外用監視カメラの選び方やおすすめポイント、注意点について詳しく解説します。

安心・安全な環境を実現させるための最適な監視カメラ導入に活用してください。

代理店募集の画像

監視カメラを選び方について

 

監視カメラは、犯罪や不正行為の証拠を収集するだけでなく、敷地内や人々の動きを監視するために使用されています。

さらに、天候の変化や地震・津波などの自然災害や交通量の調査など、さまざまなシーンで活躍しているため、用途や目的、機能によって多種多様な種類の監視カメラが存在しています。

まずは、監視カメラを導入する前に、使用状況をしっかりと考えて、ニーズに合った最適な監視カメラを絞り込みましょう。

 

監視カメラの種類を選ぶ

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラの種類について紹介していきます。

 

監視カメラの種類①:ワイヤレス監視カメラ

ワイヤレスカメラの製品画像

映像ケーブルをワイヤレスにした監視カメラのことです。

ワイヤレスカメラを設置するメリットは

  • 設置の困難な場所にも取り付けることが可能
  • 配線が不要なため工賃が抑えられる
  • 取付場所の景観を崩さない

というメリットがあります。

一番のメリットとして上げられるのが配線工事を必要としないので配線工事が困難な場所への設置や工賃が抑えられることがあげられます。

配線が見えることがないので、デザインを重視した建物の場合にはワイヤレスカメラが活躍します。

しかし、ワイヤレスカメラは電波状況が安定しないデメリットもあるため注意が必要です。

 

NSK君
NSK君
ワイヤレスカメラの製品情報はこちら!
https://n-sk.jp/productcategory/wireless

 

監視カメラの種類②:有線監視カメラ

監視カメラの有線ケーブル画像

有線監視カメラのメリットは以下の通りです。

  • 電波を使用しないため、接続環境が安定している
  • 大容量のデータを扱えるので画質がきれい
  • 第三者に画像を盗まれる危険性が低い

以上のようなメリットがあります。

有線監視カメラの大きなメリットは、大容量のデータを扱えることと接続が安定していることです。

犯罪などの検証をする際は、画像がきれいなほど犯人特定に効果があります。

しかし、配線工事が必要なことや設置工事が難しい場所になるほど工賃が高くなるので注意が必要です。

 

監視カメラの種類③:ドーム型監視カメラ

天井や壁などに設置されており、ドーム型の半球状の形状からドーム型監視カメラと呼びます。

ドーム型監視カメラのメリットは

  • 全方向の監視が可能なので、死角ができない。
  • 気象状況に影響を受けにくい
  • 設置が目立たない

というメリットがあります。

ドーム型監視カメラの大きなメリットは気象状況に影響を受けにくく全方向の監視が可能になることです。

気象状況による故障の可能性が低くなりますし、犯罪は日々巧妙になってきているので死角を責めてくる可能性がありますのでドーム型カメラがおすすめです。

しかし、ドームカメラは遠方を見る機能に乏しいものが多いため、遠くを監視したい場合は注意が必要です。

NSK君
NSK君
ドーム型監視カメラの製品情報はこちら
https://n-sk.jp/productcategory/ahdsolution-camera

監視カメラの種類④:ボックス型監視カメラ

ボックス型カメラの製品画像

 

ホームセンターや薬局などでよく見かけるタイプで、形状が四角いボックス型の監視カメラです。

ボックス型監視カメラのメリットは

  • カメラが目立つので抑止効果がある
  • 映像が高画質

以上がボックス型監視カメラのメリットです。

ボックス型カメラの大きなメリットとして、カメラの見た目があります。

見た目が目立つため、威嚇効果が強く犯罪抑止に効果が期待できます。

しかし、ピンポイントで監視することが多いため死角ができてしまうのがデメリットです。

NSK君
NSK君
ボックス型監視カメラの製品情報はこちら
https://n-sk.jp/product-list/ns-ah5m622c%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%ba%e5%88%a5%e5%a3%b2

監視カメラの選ぶポイント

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

監視カメラを選ぶポイントについて紹介していきます。

 

防犯カメラを選ぶポイント:防水性能

監視カメラを設置する際には防水性能に注意しておきましょう。

とくに屋外設置の場合は防水性能は、監視カメラの維持にとって重要な役割を持ちます。

防水性能には規格があります。

IP規格で表され、内容は以下の通りです。

・IP65

いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

・IP66

いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない

・IP67

規程の圧力、時間で水中に没しても水が侵入しない

・IP68

水面下での使用が可能

 

監視カメラとして考えた場合、IP66以上の規格を選択することをおすすめします。

 

NSK君
NSK君
IP規格について詳しく知りたい方はこちら
屋外用防犯カメラの防水防塵性能を表すIP規格とは?

監視カメラを選ぶポイント:防犯機能

監視カメラの設置には前述で紹介したように種類で選ぶほかに使用状況にあわせた機能を選ぶことが必要になってきます。

監視カメラやメーカーによって機能は様々です。

主に夜間監視や光学ズーム、顔認証など監視するうえで必要になる機能が出てきます。

自身にとって必要な機能を照らし合わせて監視カメラを選びましょう。

 

監視カメラを選ぶポイント:映像品質

監視カメラは、最終的に録画した映像を見るものです。

例えば、犯罪が起こった場合警察などに映像を提出するときには、映像の鮮明さが犯人特定に重要な影響を及ぼします。

しかし、映像品質をあげると録画媒体に記録できる容量が大きくなります。

録画期間に十分注意しながら映像品質をあげましょう。

 

監視カメラを選ぶポイント:遠隔監視機能

監視カメラを遠隔地で監視したい場合、遠隔監視機能があるカメラ、いわゆるネットワークカメラを選択するとよいでしょう。

しかし、遠隔監視するには準備しなくてはいけない環境があります。

準備しなくてはいけない環境として、インターネットやLANケーブル、再生端末です。

遠隔地で監視したい場合でも、設置場所にインターネット環境がなくては使用できませんので注意が必要です。

 

まとめ

監視カメラを選ぶ際には、ワイヤレス監視カメラや、ドーム型・ボックス型などの形状による監視カメラのほかにも様々な種類はあります。

まずは、使用する目的やニーズを明確にして最適な監視カメラの種類を絞ることが重要です。

詳しい製品情報やわからないことがありましたら、下記の「お問い合わせ」より、お気軽にご相談ください。

監視カメラのプロがわかりやすく丁寧に最適な監視カメラをご提案させていただきます。

 

お問い合わせ

障がい者施設の監視カメラ導入に補助金を活用する方法を解説!

福祉施設のイメージ画像

障がい者の生活を支援する福祉施設は、職員・スタッフや入居者の安全等を確保するために監視カメラの導入が増えています。

しかし、福祉施設に監視カメラを導入する場合、費用の面で大きな負担になってしまうため、悩んでいる施設も少なくありません。

今回は、障がい者支援施設が対象となる「社会福祉施設等整備費国庫補助金」について、条件や申請方法、メリットや具体的な活用事例などについて詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

障がい者施設の監視カメラ導入に補助金を活用するメリット!

 

障がい者支援施設に監視カメラを設置する際、国が支援する補助金を活用することができます。

補助金は、事業者の方々が社会、地域、環境などに貢献することを前提として支給される制度のことで、融資ではないため返済する必要はありません。

また、補助金の制度は、国が取り決めているものとは別に、県や市など自治体が独自で促進していることもあります。

そのようなケースでは、国の支援と組み合わせることによって、より事業者方のコストを軽減させることができます。

 

監視カメラ導入の補助金の条件とは?

監視カメラの映像イメージ画像

「社会福祉施設等整備費国庫補助金」の条件について愛知県の例にして詳しく解説していきます。

 

「社会福祉施設等整備費国庫補助金」の概要

 

障害者の自立した生活を支援するため、地域の需要に応じ、障害者が居住又は日中活動の場として利用する福祉施設を整備する社会福祉法人等に対し、施設整備費の一部を予算の範囲内において補助するものです。

※ 建設予定地が指定都市(名古屋市)・中核市(豊橋市、岡崎市、一宮市及び豊田市)の場合は、各自治体に直接お問い合わせください。(中核市に設置する障害児入所施設、児童発達支援センターは県で実施します。)

<参考>

補助額:国が定める事業(施設)の種類ごとの補助基準単価の合計額と対象経費(総事業費から対象外経費を控除した額)の3/4のいずれか低い方

※ 補助基準単価は毎年度変更があります。補助基準単価は社会福祉施設等施設整備費国庫補助金交付要綱の別表3-1等を御覧ください。

※ 総事業費:工事請負費及び工事事務費(設計監理費等)

※ 対象外経費:土地の買収又は整地に要する費用、外構工事費、建付けでない家具、工事不要の電化製品、消火器等の備品購入費及びその他施設整備費と無関係の費用 補助率:補助額のうち国2/3、県1/3 補助対象:法人(社会福祉法人、医療法人、一般社団法人、特定非営利活動法人等)

※ 法人格を備えていれば申請していただくことは可能ですが、補助対象事業の採択にあたっては、本県では公益性の観点から、社会福祉法人、医療法人等を優先しています。

(出典元:愛知県公式HP・社会福祉施設等施設整備費補助金についてより)

 

対象条件は、法人(社会福祉法人、医療法人、一般社団法人、特定非営利活動法人等)が対象となっていますので、申請前に対象であるか確認しましょう。

また、市町村によっても違いあるため、管轄となる自治体の公式サイトなどで詳細を確認してください。

もし、補助金が対象となるか詳しく知りたい方は下記のお問い合わせフォームよりご相談ください。

お問い合わせ

 

導入するカメラの要件

また、補助金を受けて、それぞれ施設に監視カメラを設置したのであれば、監視カメラは適切に稼働しなければなりません。

結果的に言えば、監視カメラの設置が無駄に終わってしまった、費用をかけた分の効果を発揮できなかった場合には、補助金の返済が要求される事態に発展してしまうかもしれませんので要注意です。

 

必要な手続きや申請書類の準備

補助金を受けるためには、必要な手続きや申請書類の準備が必要です。

愛知県の社会福祉施設等整備費国庫補助金の整備計画書提出後の流れを紹介します

<工事の前年度>

5月下旬 【県→市町村】整備計画の提出依頼(6月上旬 提出期限)

7月上旬頃 【県→市町村→法人】関係書類の提出依頼(7月下旬 提出期限)

2月末~3月 【県→市町村】県予算の採択・不採択を通知 ※ 予算が限られているため、提出書類をもとに審査を行い、県予算の採択の可否を決定します。不採択となることがありますので、御承知おきください。

3月頃 【県→法人】県予算で採択された整備に対して、国への協議資料の作成依頼 3月頃 【県→国】協議資料を提出

<工事の年度>

7月頃(予定) 【国→県→法人】内示通知 ※ 国に協議したすべての整備が国に採択されるとは限りません。

(出典元:愛知県公式HP・社会福祉施設等施設整備費補助金についてより)

 

多くの自治体では、補助金を募集してから締切るまで一ヵ月程度しか期間を設けていません。

また、補助金制度に応募するため、事業計画や整備計画、費用見積りなどの資料作成や証明書等を提出する必要があります。

年度初めの5月、6月あたりは補助金の募集が公布されやすい時期となっているため、募集開始前に必要となる書類を全部揃えれるよう計画的に準備しましょう。

 

監視カメラを導入している施設の事例紹介

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラを実際に導入している施設の事例を紹介していきます。

 

導入の背景と目的

 

障がい者に対する暴行事件や不祥事などがニュースで相次いで報道されることにより、効果的なセキュリティ対策を講じる必要性を感じ、監視カメラを導入を検討しました。

 

導入後の効果や反応

監視カメラの導入後、事故やトラブルを早期に発見することができ、入居者とスタッフ双方の安全が確保されるようになりました。

また、入居者が十分なサポートを受けつつ、尊重された生活を送ることができる環境が整い、施設の透明性と説明責任の高まりにより、入居者やその家族への安心感と信頼を深め、地域社会との信頼関係もより強化することができました。

 

施設の運営におけるポイント

 

施設に監視カメラを導入する際は、個室やトイレ、浴室などのプライバシーが確保されるべき場所へ設置しないよう配慮が必要です。

また、カメラによって常に監視されている状況下であるため、入居者や職員から同意を得ることも大切です。

監視カメラを導入する前には、映像の取り扱いのルール設定やガイドラインを明確にしましょう。

 

まとめ

 

障がい者施設において監視カメラの導入は、安全性と信頼性の向上に大きく貢献してくれます。

そして、国や自治体による補助金を活用することで導入費用を軽減することができるため、施設運営者の方々にとって力強いサポートです。

しかし、補助金にもルールや条件等があり、申請や手続きが面倒などと思っている方々も少なくありません。

施設への監視カメラ導入に少しでも不安やお悩み事がありましたら、弊社へお気軽にお問い合わせください。

各施設に最適なカメラの種類・性能選びから導入、そして補助金のサポートについても全力でサポートさせていただきます。

まずは、お見積もりもかねて、下記の「お問い合わせ」よりお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

監視カメラのクラウド保存は危険?メリット・デメリットを徹底解説!

セキュリティカメラのイメージ画像1

近年では監視カメラのデータをクラウド上に保存することが可能となり、映像データへのアクセスも容易になりました。

しかし、クラウドは外部からの攻撃や不正アクセスのリスクがあるため、危険視されている面もあります。

今回は、監視カメラのクラウド保存の危険性やメリット・デメリットについて解説していきます。

代理店募集の画像

監視カメラのクラウド保存とは?

クラウドとは、インターネットなどのネットワーク経由でソフトウェアの利用やデータのやり取りが可能なサービスのことです。

今までのデータ保存の主流は、HDDやSDカードなどの記録媒体が必要でしたが、クラウド保存にすることで監視カメラで撮影された映像をパソコンやスマホからインターネットを経由してデータへアクセスすることもできるようになりました。

 

監視カメラのクラウド保存のメリット

監視カメラ映像の保存のイメージ画像

監視カメラのデータをクラウド保存にするメリットについて紹介していきます。

 

データのバックアップと保護

クラウドのデータバックアップは、クラウドサービスの設定により自動的にバックアップされます。

問題が起きた場合にも、アラート機能があるため、手間をかけずにバックアップすることが可能です

また、クラウドではデータを保護するために暗号化するサービスもあります。

暗号化アルゴリズムを利用して顧客データを暗号化した形態に変換させてクラウドに保存するサービスがあります。

 

ストレージ容量の節約

クラウドサービスは、ストレージ容量についても融通が利きます。

クラウドサービスを利用することによって、ストレージを気にすることなく活用することもできます。

定額サービスを利用することで、ストレージ無制限にできますので必要に合わせてストレージを調整してください。

 

リモートアクセスとリアルタイムモニタリング

クラウド保存することにより、リモートアクセスでリアルタイムでモニタリングをすることが可能です。

リモートアクセスによって、遠隔で会社や自宅からでも保存したデータを利用することが可能になります。

場所を問わず、時間に影響されずリアルタイムでモニタリングできるのは大きなメリットです。

 

 

監視カメラのクラウド保存が危険な理由と対策!

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

監視カメラのクラウド保存が危険といわれる理由について解説していきます。

 

クラウド保存が危険な理由!

クラウド保存を利用するにあたって注意しなければいけないポイントがあります。

 

・クラウドサービスの不具合でデータが消失する

クラウドサービス側に障害が発生した場合、クラウドに預けているデータが消失してしまう可能性があります。

 

・データの漏洩

クラウドは外部のサーバーやデータセンターにデータを保存するため、セキュリティの脆弱性が懸念されます。

不正アクセスやハッキングのリスクがあり、万一クラウドサービスが侵害された場合、大量の映像データが漏洩する可能性があります。

なかでも、個人や企業等の重要な情報や個人識別情報が含まれる映像データの取り扱っている場合は特に注意が必要です。

 

・クラウドサービスのアカウントが不正利用される

クラウドサービスのアカウントは、サービスを利用するための鍵になります。

アカウントが外部に流出した場合はデータの漏洩もしくは盗難の可能性があります。

 

クラウド保存を安全にする対策方法!

前述で紹介した危険なポイントを安全に利用するための対策を紹介していきます。

 

・データ消失の対策方法

クラウドサービスの障害は突然起こります。

データの消失を避けるために、HDDなどの別のシステムにバックアップを取っておくことがおすすめです。

 

・データ漏洩の対策方法

クラウドサービスからのデータ漏洩の危険性にはクラウドサービス事業者のセキュリティ対策を確認しましょう。

クラウドサービスの利用規約などを確認してより安全な事業者を選びましょう。

また、パソコンやスマホなどのデバイスがハッキングされてしまう可能性もあるため、利用するデバイスのセキュリティ対策をとる必要もあります。

 

・アカウント不正利用による対策方法

アカウントの不正利用を防ぐためにIDやパスワードの設定に注意しましょう。

アカウントを設定する際には、誕生日設定や単純なものを避けることと定期的にIDやパスワードを変更しましょう。

 

公共施設での利用事例

防犯カメラの専門家イメージ画像1

駅や空港のセキュリティ強化

駅や空港に監視カメラを設置する理由として、犯罪やトラブルの抑制や自己検証が考えられます。

駅は地方になると無人駅も存在するため、犯罪抑止の効果が期待できます。

 

公園や商業施設の犯罪抑止効果

公園や商業施設の監視カメラ設置の目的として、不特定多数が利用すること治安が悪い地域になるとたまり場になったりする場所の犯罪抑止のために設置されます。

公園を利用している子供をお持ちの家族や地域住民の安心のためにカメラ設置を進めています。

 

災害時の被害状況把握と復旧支援

災害の発生や復旧支援に監視カメラは効果を発揮します。

大規模な災害が発生した場合、現場へ近づくことができない場所の状況把握や復旧作業を進めるための対策を遠隔地で確認することができます。

遠隔地で早急に状況把握する監視カメラは設置が進められています。

 

まとめ

 

監視カメラのデータをクラウド保存する場合、データを保存・活用するにはとても便利なサービスですが、映像データの漏洩を防ぐためのセキュリティが重要になってきます。

しっかりとセキュリティ対策を取ることで、便利なクラウドサービスを活用しましょう

もし監視カメラのクラウドサービスやセキュリティ面で不安やお悩みがある方はお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

監視カメラの耐用年数は5年?寿命を延ばすコツとメンテナンス方法!

securitycameraを設置するイメージ画像

監視カメラの耐用年数は一般的に約5年と言われていますが、これはあくまで目安であり、設置場所や環境によっても異なります。

そして、定期的なメンテナンスや適切な取り扱いをすることで寿命を延ばすこともできます。

今回は、監視カメラの寿命を延ばすためのコツやメンテナンス方法について紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

監視カメラの耐用年数に関する一般的な誤解

防犯カメラのイメージ画像1

監視カメラの耐用年数についてネット上にある誤解について紹介していきます。

 

監視カメラの一般的な耐用年数

監視カメラの一般的な耐用年数は5~10年程度が目安だとされています。

消耗品であるレコーダーのハードディスクなどを交換しながら、定期的なメンテナンスをすることで7~10年ほど長く安心して使用することができるようになります。

具体的なメンテナンス方法については後程に紹介します。

 

一般的な誤解や間違った情報

監視カメラを店舗で購入した場合は税法の都合上、減価償却し、法定耐用年数は6年と定められています。

そのため、法定耐用年数と耐用年数が同じものと誤解し、監視カメラの耐用年数が6年と誤認した情報が広がってしまっているようです。

減価償却が終わっても資産価値がなくなるだけで、定期的なメンテナンスや適切な使用方法により、さらに長く使用することができます。

 

監視カメラの寿命を延ばすためのコツ

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラの耐用年数・寿命を延ばすためのコツについて紹介していきます。

 

適切な設置場所の選定

監視カメラの部品には多くの精密機器が含まれているため、温度や湿度の変化に弱いという特徴があります。

基本的には屋内の設置が望ましいです。

寿命を延ばすためには高温多湿な環境を避けるようにしましょう。

加えて水や砂塵も劣化の原因であるため屋外に設置する場合はなるべく軒下や塀に覆われている場所が良いとされています。

もちろん、室内や軒下に設置できない場合もあるため、環境に適したカメラを選択することが大切です。

 

適切な電源供給と保護策

電源供給の方法は用途や設置環境によって異なります。

 

屋内で監視する場合

多くの監視カメラがACコンセントから電源をとれます。

電源ケーブルの耐久性や耐水性に注意しましょう。

 

屋外で監視する場合

屋外の場合は、天候による影響が受けにくい電源ボックスを使用します。

ケーブルは直射日光や風雨にさらされると劣化してしまい、地面にケーブルがついている場合は動物にかじられたり踏まれたりするおそれもあるため、保護材で覆うようにしましょう。

監視カメラの保護策として監視カメラカバーというものがあります。

上を覆うタイプとアクリルドームのタイプがあるため、監視カメラのタイプや用途にあわせて選びましょう。

 

 

監視カメラのメンテナンス方法

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

監視カメラの耐用年数・寿命を延ばすためにメンテナンス方法を紹介していきます。

 

定期的な清掃と点検の必要性

監視カメラは精密機器なので過酷な環境では寿命が短くなります。

監視カメラを長く使うためには定期的な清掃と点検が必要です。

外観に目立った傷や汚れがなくても高温多湿な環境下ではカメラ内部の基盤や配線、ほかにも情報を記録するハードウェアなどが破損や劣化している可能性が十分に考えられます。

 

カメラのファームウェアのアップデートについて

監視カメラには動作するためにファームウェアというソフトウェアが内蔵されています。

ファームウェアを常に最新の状態に保つようにしましょう。

ファームウェアをアップデートすることでハッキングなどの被害にあう確率を減らせます。

 

レンズの調節や焦点の確認方法

防犯カメラを設置した後の悩みに「レンズがぼやける」「焦点が合わない」ことがあります。

監視カメラを設置するからには映像が鮮明に映っている必要があるため、映像チェックによって確認しましょう。

 

レンズの焦点ズレ対処方法①:白いものを近くに置かない

白いものを監視カメラで映す範囲になるべく置かないようにすることです。

白いものは赤外線を反射するので監視カメラの映像が全体的に白くぼやけてしまいます。

これに対処する方法は白いものを映さないように画角を調節するか白いものを移動させましょう。

 

レンズの焦点ズレ対処方法②:レンズの汚れを拭き取る

乾いた柔らかい布でレンズを拭きましょう。

これはレンズが汚れによってぼやけている場合の対処法です。

乾いた柔らかい布で拭く理由はレンズが木ずつかないようにするためです。

 

レンズの焦点ズレ対処方法③:レンズの種類を変える

レンズの種類を変えることです。

ピントが合わない場合レンズがその距離を監視するのに向いていない可能性があります。

 

監視カメラの寿命を延ばすための注意点

監視カメラの注意するポイントを解説する人のイメージ画像

監視カメラの寿命を延ばすための注意点について紹介していきます。

 

適切なカメラの選定

監視カメラは設置する場所、目的を決めてから購入することが望ましいです。

監視カメラには「ドーム型」「バレット型」などの形状があり、撮影目的によってどの型を買うべきか変わります。

「ドーム型」はドーム状になった円形のカメラです。

天井に設置されることが多く、設置されているのに気づかれにくいことが特徴です。

威圧感が少ないため犯罪抑止効果はあまり期待できません。

「バレット型」は屋外で最も見ることが多い筒状のカメラです。

防犯効果は高いですが、撮影している方向が分かりやすいことがデメリットです。

他にもカメラの中にはピントを自動調節する機種や撮影方向を遠隔で調節できるものがあります。

目的や設置場所によって適切なカメラを選ぶことが大切です。

 

適切な環境条件の確保

防犯カメラは水に濡れたり、砂塵が付着すると故障するおそれがあります。

寿命を長く保つためにも劣悪な環境にさらさないことが重要です。

防塵防水機能がついた監視カメラを選びましょう。

 

適切な保証やアフターサービスの重要性

監視カメラの耐久性は技術や製品の向上により年々長くなっています。

耐用年数は5~10年ですが、保守点検をしっかり行えば7年は故障しないとも言われています。

環境条件によっては耐用年数よりも早く故障してしまう可能性もあるため、最低5年の保証は必要になります。

 

まとめ

監視カメラの耐用年数は一般的に5年程度とされていますが、適切なメンテナンスや対策を行うことで耐用年数・寿命を延ばすことができます。

定期的な清掃やケーブルの点検、ソフトウェアのアップデートなど、適切なメンテナンスがとても重要です。

もしも、監視カメラの寿命に関してお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

株式会社NSKは監視カメラ・防犯カメラのメーカーなので、最適な解決策をご提案させていただきます。

 

 

お問い合わせ

監視カメラの映像保存期間は何日?各施設の保管期間や過ぎたらどうなる!

AIカメラのイメージ画像02

監視カメラの映像は、施設の種類や目的によって保存期間が異なる場合があります。

公共施設や交通機関ではどのようなルールが適用されているのか、ほかにも映像保存期間が過ぎた場合にはどのような措置が取られるのかも重要なポイントです。

今回は、監視カメラの各施設別の映像保存期間や保管期間を過ぎたときの措置について紹介していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

代理店募集の画像

監視カメラの映像保存期間とは?

監視カメラの保存期間は、設置場所や業種によって違いがでてきます。

いざ、映像を確認しようとしたときに保存期間が過ぎてたなどがないように、設定を把握しておくことが重要です。

そのようなことが起こらないためにも、施設の条件に適した映像保存期間を設定しましょう。

 

公共機関における監視カメラの映像保管期間

AIカメラのイメージ画像

公共機関における監視カメラの映像保管期間は、業種や目的によって異なります。

 

 市役所や警察署の場合

市役所や警察署での監視カメラの映像保管期間は犯罪抑制のために設置している場合が多いです。

そのため、保管期間は約1ヶ月と長期の保管を要します。

公共交通機関の場合

公共交通機関での防犯カメラ設置時、映像保管期間は自治体のガイドラインに記載されている場合が多いです。

犯罪や事故の検証に使われる場合が多いので、保管期間はおおむね約30日程度保管されています。

 

学校や病院の場合

学校や病院でのトラブルは、生徒や入院患者のトラブルですぐに映像を確認することが多いため、保存期間は長く必要としません。

保存期間はおおむね2週間から1ヶ月くらいです。

 

映像保存期間が過ぎた場合の措置

各施設の目的に応じて保存期間が設けられていますが、保存期間が過ぎてしまった場合の措置について紹介していきます。

 

データの削除方法

保存期間が過ぎた録画の削除方法は外部流出を避けるために、慎重に行わなければなりません。

DVDなどはシュレッダーなどで切断・粉砕によりデータを破棄することが可能です。

最近では大容量の保存が可能なHDDに保存するケースが多く、HDDの場合は各自治体で資源ごみなどで捨てることができます。

ただし、HDDを破棄する前にデータを完全に消去してから廃棄しましょう。

 

法的な要件と対応策

防犯カメラで撮影された映像は、個人を特定できるものは個人情報になります。

さらに6ヶ月以上保存されたものは個人データとなり、保存にあたって内容の正確性の確保第19条が求められます。

例えば、建設現場や工事現場に防犯や安全管理を目的として防犯カメラを設置する場合、できる限り6ヶ月以内に映像を削除しなければなりません。

自治体によっては、防犯カメラ設置のガイドラインによって「1ヶ月以内」など適切な映像保存期間が定められている場合もあるため注意が必要です。

 

監視カメラの映像保存期間を延長する方法

 

監視カメラの映像保存期間を延長する方法について紹介していきます。

 

追加のストレージ容量の導入

監視カメラの映像保管期間を伸ばすためには、記録媒体のストレージを伸ばす方法があります。

画質や、フレームレートにより違いはありますが、2TBのハードディスクレコーダーで使用していた場合、4TBのハードディスクを使うことにより2倍の録画時間に増やすことができます。

 

クラウドサービスの活用

近年で動画保存の主流になり始めているクラウドサービス。

動画は大容量を要するため、無料プランでは保存できる時間が少ないため、有料プランは必須です。

クラウドサービスで有名なものでiCloudがあります。

iCloudの有料プランは月額130円で50GB/月額400円で200GB/月額1300円で2TBの3プランが提供されています。

ランニングコストがかかりますので、使用状況でプランの変更を考えましょう。

 

監視カメラの映像保存期間に関する注意点

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラで撮影された映像は、個人を特定できるものは個人情報になるため、個人情報保護法を遵守するなどいくつか注意点があります。

 

個人情報保護法の遵守

個人情報保護法とは正式名称を「※個人情報の保護に関する法律」といいます。

2005年に施行された比較的新しい法律です。

防犯カメラで撮影した映像が個人を特定できる内容だった場合、映像データが法的に個人情報として認定されることがあります。

そして個人情報を取得した者は、個人情報の適切な取り扱いが求められます。

情報漏れの防止や、情報の使用目的の告知・公表義務などを負うこととなり、余計な手間とリスクを背負い込むことになります。

防犯カメラを保護法に引っかからないように運用するにはどうしたらよいかを考えていきましょう。

 

※参照元:厚生労働省HPより(https://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/06/s0623-15h.html

 

監視カメラの映像利用に関するガイドラインの確認

防犯カメラの設置や利用に関するガイドラインなどは、各自治体によって設けられているため、対象となる自治体のHPより確認してください。

名古屋市のガイドラインを例に紹介していきます。

 

ガイドラインの目的

「防犯カメラによる犯罪防止効果」と「市民のプライバシーの保護」との調和を旨に、プライバシーに配慮した防犯カメラの適切な運用を行うことを目的とします。

 

ガイドラインの対象

(1)設置主体

学区連絡協議会、商店街振興組合など地域の公共的団体

 

(2)設置場所

防犯活動の一環として、道路、繁華街、広場などの公共空間を防犯カメラにより撮影する場合に適用となります。

防犯カメラを設置する場所が、民地でもガイドラインの適用があります。

 

(3)対象となる防犯カメラ

公共空間を撮影する場合で、次の要件をすべて満たすカメラが対象となります。

  • 犯罪の防止を目的とするもの
  • 特定の場所に継続的に設置するもの
  • 画像を撮影し記録する機能を有するもの

 

(4)注意事項

本市のガイドラインの対象とならない防犯カメラも、愛知県のガイドラインの対象となる場合がありますので、お確かめ下さい。(どちらのガイドラインにも該当する防犯カメラについては、本市のガイドラインに従ってください。)

防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(愛知県)

 

設置者の責務

(1)防犯カメラの適切な取扱い

管理責任者の設置、取扱者を限定すること 設置箇所、撮影範囲は必要最小限とすること 防犯カメラ設置の明示をすること

 

(2)撮影した画像の適正管理

知り得た情報の秘密保持 画像の目的外利用を制限(法令に基づく場合を始め4項目) 画像の厳重管理、保存期間の制限

 

(3)その他

ガイドラインに基づき、設置団体が利用基準を策定すること 苦情に対しては、適切・迅速に対応すること 

参照・出典元:名古屋市公共団体による防犯カメラ設置及び利用に関するガイドライン(https://www.city.nagoya.jp/sportsshimin/page/0000011779.html)より

 

まとめ

監視カメラの保管期間は各施設の目的やガイドラインによってルールが決められています。

また、監視カメラの映像には個人情報も含まれていることがあるため、保管は適切に細心の注意が必要です。

そして、個人情報保護法や各自治体のガイドラインには必ず遵守しましょう。

施設に監視カメラを導入でお困りの方は、下記のお問い合わせよりぜひご相談ください。

 

お問い合わせ

監視カメラの維持費とは?購入費用や設置費用も解説!

防犯カメラの専門家イメージ画像1

監視カメラを導入する際には、購入費用や設置費用に加えて維持費も考慮する必要があります。

維持費は、カメラのメンテナンスや修理、電力費など様々な要素から構成されます。

今回は、監視カメラの維持費を購入費用や設置費用とともに解説していきます。

代理店募集の画像

監視カメラの維持費とは?

 

監視カメラは、事件・事故が起きたときの詳細な映像を取得したり、交通量の測量、気象観測や地震などの自然災害、さらには河川やダムの水量計測の監視など様々な用途で幅広く利用されています。

監視カメラは24時間稼働させることが多いため、監視カメラ導入後にかかる維持費がかかります。

監視カメラの維持費として、「電気代」や「メンテナンス費用」「データ管理費」などがあります。

 

監視カメラの購入費用について

防犯カメラのイメージ画像4

監視カメラを導入するにあたり、まずはカメラ本体や周辺機器の購入費用が必要となります。

 

監視カメラの種類と価格帯

監視カメラは、種類を大きく分けると2種類に分かれます。

監視カメラと価格帯については以下の通りです。

 

・アナログカメラ

アナログカメラとは、同軸ケーブルでレコーダーとカメラを接続してアナログデータを伝送するカメラです。

カメラ自体は非常に安価ですが、画質は劣ります。

カメラを設置するにあたり、配信工事が必要になるため工賃が高くなります。

画質にはこだわりがなく、安価なカメラをお探しの方におすすめです。

アナログカメラの価格相場は約2〜6万円です。

 

・ネットワークカメラ

ネットワークカメラとはIPカメラとも呼ばれています。

ネットワークカメラはLANケーブルを使用してインターネットに接続することができるデジタルカメラです。

ネットワークで映像を保存したり、遠隔で映像を見ることができるなど多くの防犯対策が出来ます。

ネットワークカメラの価格相場は約6〜9万円です。

 

追加機能による費用の違い

監視カメラは機種により、追加機能を搭載したものがあります。

費用が変化する可能性のある追加機能を紹介します。

 

  • PTZ機能
  • 顔認証
  • 動体検知や人感センサー
  • 音声録画

 

以上の機能が費用に関係してきます。

4つの機能は、費用に違いがでてきますが便利な機能です。

使用状況により、追加を検討してください。

 

監視カメラの設置費用について

セキュリティカメラのイメージ画像1

監視カメラの設置方法は、ご自身で設置する方法とプロによる設置サービスがあります。

それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

自己設置のメリットとデメリット

 

・メリット

監視カメラをDIYするメリットとしては、専門業者に依頼した場合、工賃や人工台等がかかります。

しかし、ご自身で設置した場合は工事費を節約することができます。

 

・デメリット

監視カメラは100V以下の弱電設備なので、電気工事士の資格がなくても設置することは可能ですが、カメラの性能、効果的な設置場所、配線ルートなどを考慮して設置する必要があります。

また、監視カメラによっては複雑な設定を必要とするカメラが存在します。

日本製のカメラなら取扱説明書を見て設定することも可能ですが、安価なカメラになると外国製のカメラになり取扱説明書が全て外国語という可能性もあります。

せっかく購入したのに設定ができなければ最大限の活用ができない可能性もあります。

 

プロによる設置サービスの利用

 

監視カメラを設置する際は、プロへの依頼が安心・安全です。

設置サービスの流れは以下の通りです。

  • 現地での見積もり
  • 設置工事
  • 完成

以上の流れになります。

現地では防犯設備士の資格を持ったプロが調査し、依頼主様との打ち合わせにて最適な防犯対策を提案してくれます。

設置工事についても環境などにも影響を受けないよう、しっかり施工をしてくれるため、プロに依頼することをおすすめします。

 

NSK君
NSK君

監視カメラの維持費用の要素

監視カメラの管理業務のイメージ画像

監視カメラは購入費用だけに注力される方も多いため、維持費用についても詳しく解説していきます。

 

電気代

監視カメラは、電気で動作しますので月々の電気代がかかります。

しかし、監視カメラの電気代は一般的な電化製品と変わりありません。

カメラの種類によって変化はありますが、カメラ本体にかかる電気代が月約50円、レコーダーが月約320円です。

カメラとレコーダーを足すと約370円ですので、年約4,400円となります。

 

メンテナンス費用

監視カメラも高価な機器ではありますが消耗品です。

使用状況や使用環境により、機器に不具合が起こることは考えられます。

しかし、機器が壊れてしまう期間を伸ばすためにはメンテナンスが必要です。

業者に定期的にメンテナンスを依頼したり、保証やサポート体制が充実している機器を選定するのもよいでしょう。

 

映像データの保存費用

監視カメラは、過去の記録を見るために録画データを保存する必要があります。

近年の監視カメラのデータ管理の主流は、「HDD」「SDカード」「Cloud(クラウド)」などです。

一般的にHDDが使用されています。

HDDは、耐久性が強く約2年持つとされておりますが、寿命が近づいてくるとHDDの回転で摩擦熱が起こり書き込みが出来ないという状況がでてきます。

SDカードは、コンパクトで安価ですが、寿命が短いです。

消耗品であるため交換を頻繁に行わなくてはいけません。

 

維持費削減のためのヒント

監視カメラ導入のポイント説明のイメージ画像

効率的な電力管理の方法

監視カメラの電力管理に必要なものとして、大きい対策はアンペア変更などもありますが、工事が大がかりなものになってきます。

細かにできる対策ですと、録画時間を録りたい時間のみに設定したり、動体検知するカメラであれば動体検知機能を停止するなど細かな設定を変更するだけで消費電力は軽減することができます。

 

メンテナンス契約の活用

監視カメラは消耗品ですので、いずれ壊れる時がきます。

しかし、壊れてしまう年数を日々のメンテナンスによって伸ばすことができたり、カメラが壊れてしまっても保証によって交換することができる可能性があります。

そのためにメーカーや業者が設定しているメンテナンス契約を活用することをおすすめします。

 

クラウドストレージの利用

監視カメラの録画媒体は、HDDやSDカードが主流となっていますが、いずれも消耗品で交換が必要になります。

しかし、クラウドに接続することによりネット空間に動画を保存することができます。

多少ですが無料で使用することができますし、月額契約をすれば大容量を保存することができます。

消耗品を定期的に変えることを考えれば、お得なサービスです。

 

まとめ

監視カメラには、購入費用だけでなく維持費用もかかります。

せっかく高性能なカメラを購入したのに、最適な場所に設置していなければ最大限のパフォーマンスを出すことができません。

コストは少々かかってしまいますが、プロの専門業者に施工依頼することがおすすめです。

お客様の最適な方法で安心安全を守るお手伝いを致しますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

防犯カメラ導入は補助金を活用!対象条件や注意ポイントを解説!

セキュリティカメラのイメージ画像1

防犯カメラは、設置工事や防犯カメラの導入には多額の費用が必要となりますが、実は補助金の活用が可能となっています。

防犯カメラのメリットは多岐にわたりますが、その費用負担がネックとなっている方も多いはずなので、補助金を最大限に活用しましょう。

今回は、防犯カメラの導入に使える補助金を中心に、対象条件や注意点について解説します。

代理店募集の画像

 

防犯カメラの導入は補助金を活用しよう!

防犯カメラのイメージ画像2

防犯カメラの購入や設置費用については、補助金が活用できることをご存じでしょうか?

これらの補助金については、対象地域によって異なるため、事前に対象となる補助金があるのかを確認しておきましょう。

 

補助金は地域で異なる

防犯カメラの補助金は、各県や市区町村でも細かな条件が用意されており、治安の良し悪しなどによっても異なります。

防犯を推進している地域などでは、防犯カメラの購入費用を8万円負担するなど、大きな補助をしてくれる県もあります。

基本的には、防犯カメラの購入費用に対して6分の5、5分の4を負担するなどの割合が多い傾向にあります。

 

補助金の一例

【愛知県名古屋市】

犯罪が多発している地域については、防犯効果向上のため、防犯カメラの購入費用の一部を助成してくれます

補助率:3分の2

限度額:防犯カメラ1台につき14万円

【東京都中央区】

安心安全な町づくりの一環として、防犯カメラの購入や設置に対して、一部助成する取り組みを行なっています。

補助率:3分の2(町会や自治会が防犯アドバイザーの助言を受けた場合)

限度額:200万円

 

補助率:6分の5(地域見守り活動に必要だと認められた場合)

限度額:500万円

 

補助金活用における注意点とは?

防犯カメラの専門家イメージ画像1

補助金とは、その名の通り行政から必要なものと認められた場合に資金が提供されるものですが、基本的には条件や期間が定められています。

応募条件に適応されず補助されなかったとならないように、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

 

対象条件に注意!

前述した愛知県名古屋市の場合には、補助の対象となる防犯カメラの設置時期は「補助金の交付決定から翌年の3月まで」と指定されています。

また、補助対象は「学区連絡協議会や町内会等」と指定されており、日頃からパトロールなどの防犯活動をしていることも条件に挙げられています。

あくまで一例ですが、補助金の対象条件に当てはまっているか確認する必要があります。

 

募集期間に注意!

前述した東京都中央区の場合では、申請時期は「通年」と「年1回6月頃」と2つのパターンがあります。

中央区防犯アドバイザーの派遣を受けて申請が可能と判断された場合には、通年で補助金の申請が可能です。

それに対して、地域見守り活動支援事業については、月に1回の防犯パトロールを実施することが要件となっており、地域団体としてそれが可能なのか、必要なのかも判断基準となります。

このように、防犯カメラの補助金には、その種類だけでなく対象となる条件や応募期間も細かく設定されているため、見逃しや漏れのないように注意しましょう。

 

補助金は工事完了後に申請できる!

よく勘違いしてしまう方も多いのですが、補助金は工事完了後に交付されることが基本となります。

また、補助金の交付決定前に工事をしたものについては、補助の対象外となるため注意が必要です。

さらに、県や市区町村の担当者との打ち合わせや立ち会いも必要であり、申請すれば絶対に補助される訳ではなく、その予算には限りがあります。

お得に防犯カメラの設置が行える補助金の活用ですが、それには条件や注意点もたくさんあるため、事前に確認しながら工事を進めることをおすすめします。

まとめ

防犯カメラの導入には補助金を上手に使うことでコストのハードルを下げることができます。

また、補助金は各自治体によって内容が異なるため、対象となる地域のHPをしっかり確認しましょう。

防犯カメラの導入でお困りごとがございましたら、弊社のお問い合わせよりお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

【法人向け】防犯カメラ設置の補助金!条件や注意ポイントを解説!

防犯カメラのイメージ画像4

防犯カメラの導入に補助金を活用したい法人様も多くいらっしゃいます。

セキュリティ対策が課題とされている施設等の設置費用は経済的にも負担が大きいという声があります。

今回は防犯カメラ設置の補助金について条件や注意ポイントなどを詳しくご紹介します。ぜひ最後までご覧ください!

代理店募集の画像

補助金の種類と申請プロセス

防犯カメラの補助金は、市町村によって補助金内容に違いがあります。

愛知県名古屋市の補助金を例にして説明していきます。

 

補助金の目的

なぜ、防犯カメラ設置への補助金が設定されているのか。

それは

「犯罪が多発している地域において、地域団体が行う犯罪抑止に有効なハード整備として、防犯カメラの設置に対し助成することです。従来実施しているソフト事業との相乗効果により、効果的な防犯活動の実施、街頭犯罪の抑止を図る。」

(引用元:名古屋市HPより)

とされています。

 

補助率

そこで名古屋市では、補助金に細かな設定がありますので説明していきます。

  • 補助率:3分の2以内
  • 限度額:防犯カメラ1台につき限度額15万円
  • 上限台数:学区連絡協議会10台、その他の団体5台

 

申請のプロセス

補助金を申請するにあたり、新規設置時と更新で多少の違いがあります。

 

新規設置時

エントリー申請:区役所地域力推進室にて書面での申請もしくは電子申請によりエントリーする。
 ⇓
補助団体の決定、通知:意見聴取会の意見をふまえ、補助団体を決定して通知する。
 ⇓
交付決定:交付申請書の提出から、2週間程度で決定する
 ⇓
防犯カメラの設置:交付決定後に設置工事を開始する
 ⇓
実績報告:区役所地域力推進室に実績報告書を提出する
 ⇓
補助額の決定:実績報告後、2週間程度で補助金が決定
 ⇓
請求書の提出:金額確定日以降の日付で金額を請求する
 ⇓
補助金の交付:請求後2週間程度で振り込まれる
 ⇓
実績報告

 

防犯カメラ更新時

更新時は、新規設置時に必要になるエントリー申請は必要ありません。

交付申請書の提出から手続きをすることで申請完了となります。

 

補助金の条件や注意ポイント

防犯カメラ設置のイメージ画像1

補助金を申請するにあたって条件と注意するポイントがありますので詳しく解説していきます。

 

補助金の条件

補助金の申請条件は以下の通りになります。

 

補助対象団体

学区連絡協議会や町内会等、日ごろからパトロールなどの防犯活動を行っている団体が対象になります。

補助対象経費

防犯カメラ更新にかかる以下の経費は補助金対象です。

  • 機器購入費
  • 工事費
  • 故障した防犯カメラの撤去・処分費
  • 防犯カメラ作動中などの表示板製作費

 

注意ポイント

注意ポイントは新規設置時と更新時で違いがあります。

以下のポイントに注意しましょう。

1、新規設置後にかかる電気代やメンテナンス費用などのランニングコストについて検討することです。電気代については、設置して翌年に防犯機器電気料補助金が対象になります。

2、防犯カメラの設置後、6年間運用すること。

3、「名古屋市公共的団体による防犯カメラの設置及び利用に関するガイドライン」に従って適切な維持管理を行うこと。

適切な維持管理がなされていないと市が判断した場合、補助金の返還を求められることがあります。

 

予算の設定・コスト効果の最適化

工場内のイメージ画像

実際補助金を受ける際にかかる設置費用やランニングコストを把握しておくことは重要です。

予算とランニングコストについてしっかりと解説していきます。

 

カメラの設置工事費用

防犯カメラは、安いものであれば数千円で購入できるものから数万円のものまで幅広い機器を選ぶことができます。

機器の選定が完了したら今度は業者選定が必要になります。

ここで注意が必要なのは、工賃節約のためDIYで設置するのはやめましょう。

防犯カメラを設置するにあたり、細かい設定やカメラの監視エリアなどプロでなければ出来ない工事が発生するほか、後のメンテナンスに大きな影響があるので業者に依頼することをおすすめします。

そこで気になるのは設置工事にかかる費用です。

設置工事費は約10万円が相場となっており、モニターやカメラ台数、ハードディスクの選定などにより20万円〜50万円になることもあります。

 

防犯カメラのランニングコスト

防犯カメラは設置工事に費用がかかる他、実際にカメラを運用するとランニングコストが発生してきます。
ランニングコストには以下の費用が発生してきます。

電気代

防犯カメラは電気を使用しますので電気代が発生してきます。

カメラの消費電力は、家庭にある電化製品と同じくらいの電力量を消費します。

カメラが月約50円、レコーダーが月約300円程です。

ハードディスク代

防犯カメラの映像を録画するハードディスクは消耗品です。

ハードディスクの交換時期は約4年とされており、交換費用は35,000円が相場になっています。

 

専門家によるカスタムソリューション

防犯カメラの専門家イメージ画像1

防犯カメラを専門家に依頼する際に、プロは専門的な技術を提供できます。

専門家が提供できる情報は以下の通りです。

 

セキュリティアセスメント

防犯カメラを設置する際に、既存のセキュリティ対策、防犯システム、監視カメラの有無について把握し、最適な防犯対策にするための評価が必要になります。

施設の特定のセキュリティリスクの評価や監視ポイントなどにより、どの場所にどのようなカメラが何台必要かが明確になります。

例えば、工場の場合、最新の機械や設備が稼働しています。

工場には多くの従業員が勤務していますので、セキュリティに関するリスクは大きくなってきます。

考えられるリスクとして、盗難、事故、サイバー攻撃など様々なリスクが考えられます。

セキュリティに対する対策方法を進めるためには専門家の知識が必要となります。

 

システムデザイン

防犯カメラの設置には、セキュリティシステムの設計やデザイン、またカメラの配置計画などが必要になっていきます。

そこで、システムデザインツールを使うことで、物件に対してのカメラの必要台数やセキュリティ構成を見積もりしてくれます。

システムデザインツールを使うことで、最適なセキュリティが構成されますのでツールを使用することができる専門家に相談しましょう。

 

システム統合

防犯カメラの進歩は時代の移り変わりとともに進んでいます。

とくに、防犯カメラの更新時は時代に合ったカメラメーカー選定をしなくてはなりません。

そんな悩みに便利なのがシステム統合です。

システム統合は、防犯カメラを既存のセキュリティシステムと統合する方法を検討することです。

更新や場面にあったカメラ選定でメーカー違いのものを使用したい場合には、システム統合に詳しい専門家に依頼しましょう。

 

カスタマイズされた設定・機能

現代の防犯カメラは、様々な設定を追加することによりモーション検出、遠隔監視、アラート通知など特定のセキュリティ要件に合わせて調整されカスタマイズすることができます。

大規模な工場や全国に事業所のある場合は、レコーダーをネットワークに接続することにより管理が容易になったり、アプリを使うことによって別端末での閲覧が可能になるなど機能は多様化されています。

使用用途をしっかりと構成して専門家に相談してみましょう。

 

まとめ

今回紹介した防犯カメラの補助金の内容は愛知県名古屋市で設定しています。

防犯カメラの補助金は、各都道府県の市町村によって違いがあります。

各市町村で詳しい内容をホームページに掲載してますので、対象となる地域にて設定されている補助金をしっかりと確認して活用しましょう。

お問い合わせ

見守りカメラの用途とは?介護や高齢者と子供の見守りに最適!

見守りカメラのイメージ画像

見守りカメラは、ここ数年で介護やベビー・ペット用品のひとつとして普及するようになりました。

個人宅のお年寄りの安否確認や介護施設、さらには子供やペットの自宅での様子を見守るために活用されています。

今回は、見守りカメラの基本的な機能や用途、導入のメリットについて解説します。

代理店募集の画像

見守りカメラとは

見守りカメラは、ネットワークカメラ(IPカメラ)の一種で、見守り用途に特化したカメラのことです。

カメラ自身がIPアドレスを持っており、スマホなどのデバイスから映像をリアルタイムで確認することができます。

セキュリティ・監視・コミュニケーション・安全性向上・プライバシー保護など、さまざまな用途に適し、安心・安全な環境を提供するために開発された、最新の監視技術として注目されています。

 

見守りカメラのメリット

見守りカメラのイメージ画像2

見守りカメラは、端末と連動させることで遠方の映像を映し出すカメラです。

カメラ本体とスマホやPC、タブレットを遠隔で接続することで、遠方にいる祖父母や子ども、ペットの様子をリアルタイムで確認できます。

ここでは、一般家庭で見守りカメラを導入するメリットを見ていきましょう。

 

遠方の実家にいる家族の安否が確認できる

実家の祖父母と離れて暮らしている場合、実家のカメラと端末を連動させることで遠方にいながらにして祖父母や両親の様子を見守ることができます。

カメラを通して安否を確認することや、祖父母や両親に少しでも普段と違うところがあれば遠方から病院やクリニックに連絡することも可能です。

また、安否確認だけでなく、カメラを通してこまめにコミュニケーションを取ることで祖父母や両親の心身の健康維持につながります。

 

子どもの安全が確認できる

自宅のカメラとスマホを連動させることで、仕事や買い物の合間に留守番中の子どもの安全を確認できます。

また、赤ちゃんの睡眠中に離れた場所にいても様子を確認できるベビーモニターとしても注目されています。

家事をしている間など、赤ちゃんの近くにいなくても見守ることができ、動きを検知して知らせたり、寝返りの確認なども可能です。

また、子どもだけでなくペットの安全もカメラを通して確認できるため、仕事や買い物などで家を空ける機会の多い方におすすめです。

NSK君
NSK君
見守りカメラのイチオシ商品をご紹介!
見守りカメラの決定版!「ぴよかめ」のご紹介

見守りカメラ導入のポイント

介護施設のイメージ画像

見守りカメラを効果的に使うためにはポイントをおさえた導入が大切です。

ここでは、見守りカメラの導入時におさえておきたいポイントを解説します。

 

動体検知機能がついているか

動体検知機能とは、動いているものに自動でピントを合わせ、動きに合わせてフォーカスを絞ってくれる機能です。

動体検知機能つきの見守りカメラを設置することで、動きの激しいペットや幼い子どもの様子をしっかりと見守ることができます。

人の動きが激しいエリアではピントがずれることもあるため、寝室や留守番中のリビングなど、人の出入りがさほど多くない部屋に設置すると効果を最大限に発揮します。

 

画角が広いものを選ぶ

見守りカメラ選びで画角は大切な要素です。

画角が狭いと映像を鮮明に映し出せますがカメラがどうしても目立ってしまうため、カメラをあまり意識したくない一般家庭には不向きです。

一般的に、水平方向に90度以上の画角があれば目立たない場所に設置しても空間全体をまんべんなく映し出せます。

 

会話機能つきでコミュニケーションも楽しめる

音声を認識するタイプのカメラであれば映像を見ながら相手と会話できるため、テレビ電話としても活用できます。

また、映像を見ていて何か異変があればその場で会話をし、状況を確かめることも可能です。

「カメラは監視されているみたいでちょっと…」という両親や祖父母には、コミュニケーションの一環としておすすめすると喜ばれるかもしれません。

 

防犯機能との組み合わせも可能

見守りカメラと各種防犯アイテムを組み合わせることでセキュリティ対策としても活用できます。

たとえば、玄関やリビングなど、毎日必ず出入りするエリアに人感センサーを設置しておき、センサーと手元のアラームを連動させておけば、「センサーが反応しない=異変が起きている」と判断でき、重大な事故を未然に察知できます。

「遠方にいる家族の安否をいつでも確認したい」という方にも見守りカメラがおすすめです。

このように見守りカメラを活用することで、遠方にいる両親や祖父母、子ども、ペットの安否を確認できます。

録画機能や会話機能、防犯機能などさまざまな機能を組み合わせることで用途がさらに広がるため、ライフスタイルに合わせて使いやすいものを選びましょう。

ぴよかめ画像

 

まとめ

 

見守りカメラは見守りカメラは遠隔監視と記録が可能なカメラで、高齢者、子供、ペットの安全を確認するために使用することができます。

見守りカメラを選ぶ際には、動体検知、広い画角、会話機能、防犯機能を考慮し、自身のニーズに合わせたカメラを選びましょう。

 

お問い合わせ

監視カメラの種類は?用途や目的に合わせた選定方法も解説!

AIカメラのイメージ画像

監視カメラの種類は非常に多く、”防犯や安全確保のため”や”ビジネスの監視や効率化のため”など用途や目的によって選ぶべき監視カメラは異なってきます。

適切な監視カメラを選定するためには、どのようなポイントに注目すべきかも大切です。

今回は、監視カメラの種類や用途・目的に合わせた選定方法について解説していきます。

代理店募集の画像

監視カメラの種類

 

固定カメラ

固定カメラは、一定の方向を向いたままで固定されているカメラです。

このタイプのカメラは、静止画像の監視に適しており、特定のエリアを常に監視する必要がある場合に利用されます。

例えば、出入口やロビーのセキュリティ監視に使用されます。

 

パン・チルト・ズーム(PTZ)カメラ

PTZカメラは、遠隔操作で水平方向(パン)、垂直方向(チルト)、およびズーム(ズーム)が可能なカメラです。

これにより、広い範囲を監視したり、特定の対象を拡大して確認したりできます。

セキュリティプロフェッショナルが監視カメラをリアルタイムで操作する必要がある場合に役立ちます。

 

暗視カメラ

暗視カメラは、低照度環境や夜間に画像をキャプチャできるカメラです。

一般的に、赤外線LEDや熱映像を使用して暗い環境下でも鮮明な映像を提供します。

防犯、夜間監視、野生動物観察などに使用されます。

 

ワイヤレスカメラ

ワイヤレスカメラは、有線接続を必要とせず、Wi-Fiやその他のワイヤレス技術を使用してデータを送信するカメラです。

ワイヤレスカメラは、ケーブルを引く必要がないため、設置が簡単であり、場所を選ばない柔軟性があります。

 

ドームカメラ

ドームカメラは、球形のカメラヘッドを持つカメラで、屋内および屋外で幅広い用途に使用されます。

その球形のデザインは、カメラの向きを分からなくし、犯罪抑止効果を高めます。

屋外モデルは防水であり、耐久性があります。

 

ネットワークカメラ

ネットワークカメラは、データをネットワーク経由で送信できるデジタルカメラです。

これにより、リモートアクセスやクラウドベースの記録が可能になり、柔軟性が向上します。

また、高解像度で映像を提供することができます。

 

バレットカメラ

バレットカメラは、細長い筒状の形状を持つカメラで、一般的に屋外の設置に適しています。

防水仕様であり、一般的に防犯カメラとして使用されます。

固定された視野角を持つことが多いため、特定の場所を監視するのに適しています。

 

魚眼カメラ

魚眼カメラは、広範な視野を提供する球形のカメラで、360度の全方位監視が可能です。

一つの魚眼カメラで複数のカメラを模倣できるため、広いエリアを一度に監視したい場合に便利です。

 

パネル型カメラ

パネル型カメラは、平らなデザインを持つカメラで、壁や天井に取り付けることができます。

一般的に屋内で使用され、ディスクリートな監視が必要な場合に適しています。

 

スピードドームカメラ

スピードドームカメラは、PTZ(パン・チルト・ズーム)機能を備えたカメラで、高速でリアルタイムでカメラの位置を調整できます。

これにより、急速な対象の追跡が可能で、特にセキュリティ要件が高い場所で使用されます。

 

AI搭載カメラ

AI(人工知能)搭載カメラは、画像認識技術を利用して人、車両、物体などを識別し、警告やアラートを生成することができます。

これにより、高度なセキュリティやビジネスインテリジェンスのアプリケーションに役立ちます。

 

監視カメラの選定ポイント

 

監視カメラの選定に際して、用途や目的に合ったカメラの選択は極めて重要なため、選定時のポイントについて詳しく説明していきます。

 

用途の明確

まず、監視カメラをどのような目的で使用するかを明確にしましょう。

例えば、「家庭用」「店舗」「オフィス」「工場」など、監視対象や環境によって必要な機能やカメラの種類が異なります。

また、設置場所第一歩です。

 

画質と解像度

画質と解像度は監視カメラを選ぶ際に重要視する要素です。

解像度は画像の鮮明度と詳細度を示す指標で、ピクセル数で表されます。

一般的な解像度には720p(HD)、1080p(Full HD)、4Kなどがあります。

高解像度のカメラは微細な詳細をくっきりと捉えますが、過度に高解像度を選択すると、記録データの大容量化やネットワークの過負荷につながる可能性があります。

用途に応じて適切な解像度を検討しましょう。

 

設置環境

カメラの設置場所も検討の対象です。

カメラの設置場所に応じて、屋内用と屋外用のカメラを選び、適切な設置方法(壁掛け、天井吊り下げ、ポール設置など)を検討しましょう。

夜間監視

夜間の監視が必要な場合、暗視機能を搭載したカメラを選ぶことが重要です。

赤外線LEDを使用した暗視カメラは、暗い環境でも鮮明な映像を提供します。

 

遠隔監視と記録

カメラの映像を遠隔で監視したり、記録したりする必要がある場合、ネットワーク対応のカメラと適切な記録装置を選びましょう。

カメラの映像を記録するためには、ネットワークビデオレコーダー(NVR)やデジタルビデオレコーダー(DVR)が必要となり、映像の保存と管理を担当し、必要に応じて再生できます。

最近では、モバイルアプリやクラウドサービスをサポートするカメラも手軽さや便利さから利用価値が高いです。

 

法的規制とプライバシー

監視カメラの使用には法的規制とプライバシーへの配慮が不可欠です。

地元の法律や規制を順守し、周囲のプライバシーに十分な配慮を払いましょう。

 

予算

予算はとても重要な選定基準の一つです。

高性能なカメラは通常高価ですが、目的・用途などにより適切なカメラの性能を選択することで予算内で最適な監視カメラを選ぶことができます。

カメラの価格と性能を比較し、コスト対効果をしっかり考慮しましょう。

 

拡張性

システムの将来的な拡張を考えることも重要です。

将来的に新たなカメラを追加する計画もしくは構想がある場合、既存の監視カメラとの互換性を確認することが大切です。

NSK君
NSK君
防犯カメラ関連の記事はこちら
AIカメラとは!特徴や防犯性能と活用事例も解説! 

監視カメラの用途と選定

監視カメラの選定には、特定の用途に合わせて最適なカメラを選ぶことが不可欠です。

異なる用途に合わせたカメラの選定について専門的なアドバイスを紹介していきます。

 

家庭用監視カメラ

用途

家庭用の監視システムは、家や敷地のセキュリティを強化するために使用されます。

「不審者の監視」「家族やペットの安全確保」「荷物の受け取り監視」などが含まれます。

最適なカメラ

主に固定カメラワイヤレスカメラが適しています。

ワイヤレスカメラは設置が簡単で、屋内外の監視に適しています。

 

店舗監視カメラ

用途

店舗監視は「商品の保護」「窃盗の抑止」「従業員の安全確保」に利用されます。

出入口や販売エリアの監視が主要になります。

最適なカメラ

PTZカメラは広範囲をカバーし、重要なエリアを詳細に監視できます。

高解像度のネットワークカメラも有用です。

 

オフィス監視カメラ

用途

オフィス環境での監視はセキュリティと従業員のモニタリングに使用されます。

「エントランス」や「共有スペース」の監視が一般的です。

最適なカメラ

屋内用の固定カメラが適しており、高解像度で顔認識などの高度な機能を提供できます。

 

工場監視カメラ

用途

工場では「生産プロセス」「機械の監視」および「従業員の安全確保」などの監視に利用します。

また、屋内と屋外で異なる用途があります。

最適なカメラ

屋外用のカメラは防水仕様である必要があり、屋内では固定カメラが設備監視に適しています。

 

公共施設監視カメラ

用途

公共施設や交通インフラの監視は、一般の安全とセキュリティに貢献します。

広範なエリアの監視が必要です。

最適なカメラ

高解像度のネットワークカメラが多くの詳細をキャプチャでき、広範なカバー範囲を提供します。

 

夜間監視カメラ

用途

夜間の監視は暗い環境でのセキュリティを確保するために重要です。

駐車場、倉庫、農地などで利用されます。

選択肢

暗視カメラは低照度環境で効果的であり、赤外線LEDを使用して暗闇でも明瞭な映像を提供します。

用途に合わせた最適なカメラの選定は、セキュリティと監視効果を最大化する鍵です。

 

まとめ

監視カメラは、用途・目的に合わせてカメラの種類を選択することがセキュリティと監視の効果的な運用を確保するための鍵となります。

ぜひ参考にしていただければと思います。

また、弊社で取り扱っている商品などの詳しい情報が知りたい場合は、お気軽にお問い合せください。

 

お問い合わせ

AIカメラと防犯カメラの違いとは!メリットデメリットを解説!

AIカメラと防犯カメラは、私たちの日常生活やセキュリティに大きな影響を与えてくれています。

そんなAIカメラと防犯カメラには、性能や用途において大きく異なる点があります。

今回は、AIカメラと防犯カメラの違いやメリットとデメリットについて詳しく解説します。

代理店募集の画像

AIカメラと防犯カメラの基本的な違い

AIカメラのイメージ画像01

AIカメラと防犯カメラの基本的な違いについて「技術」「目的」「機能」の違いについて紹介していきます。

 

AIカメラと防犯カメラの違い:技術の違い

防犯カメラは、従来のセキュリティカメラで、映像を単に記録する役割を果たします。

AIカメラは人工知能(AI)技術を駆使し、大量のデータを学習させ進化し続けることにより、映像を解析を通じて環境を深く理解し、より賢明なセキュリティ対策を提供することができます。

この技術の違いが、両者の適用範囲や機能に影響を与えます。

 

AIカメラと防犯カメラの違い:目的の違い

防犯カメラの主な目的は、物的な犯罪を防ぐことです。

通常、防犯カメラは場所の監視、撮影による犯罪の抑止、犯罪行為の記録、犯人の識別などに役立ちます。

一方、AIカメラはさらに広範な目的で使用できます。

例えば、AIカメラは顔認識、不審な動きの検知、異常検出などの高度な機能を備え、事前警告や適切なアクションがサポートできます。

 

AIカメラと防犯カメラの違い:機能の違い

AIカメラは、その多様性から多くの高度な機能を提供することができます。

具体的には、人物や車両の識別、異常な動きの検出、環境の変化に対する応答などが含まれます。

また、クラウドベースの分析を駆使することで、情報のリアルタイム共有と遠隔操作も可能となります。

一方、防犯カメラは主に映像記録を行い、検出した事象を保存しておきますが、リアルタイムのアクションは制限されています。

NSK君
NSK君

 

AIカメラのメリットデメリットとは!

セキュリティカメラのイメージ画像1

AIカメラにおけるメリットとデメリットについて紹介していきます。

 

AIカメラのメリット

高度な映像解析

AIカメラは高度な映像解析を実現し、映像データをリアルタイムで解釈します。

顔認識、物体識別、動き検知、異常検出など、さまざまなパターンを識別できます。

この高度な解析により、犯罪や安全問題に対する早期の警告や対策が可能となります。

 

リアルタイム警報発行

AIカメラは状況をリアルタイムで監視し、特定の出来事が発生した際に即座に警報を発行します。

例えば、不正侵入、異常な行動、火災、盗難など、異常事象を検知し、関係者に警告を送信することができます。

早期の対策を講じるための貴重な時間が確保できます。

 

長期的なデータの蓄積と予測分析

AIカメラは収集した映像データを保存し、長期的なデータの蓄積が可能です。

また、過去のイベントの分析やトレンドの予測ができます。

例えば、特定のエリアでの犯罪発生パターンを把握し、未来のリスクを予測するためのデータが提供されます。

 

24時間運用

AIカメラは24時間運用が可能で、人手による監視や巡回が不要になるためセキュリティの増強とコスト削減が実現されます。

常に稼働しているため、非常時や夜間の監視においても高い信頼性を維持します。

また、高度な分析と通知 AIカメラは映像解析を通じて高度な情報を提供します。

例えば、不審者の識別や警告、訪問者の認識、許可されたアクセス制御などが可能です。

これにより、ビジネスや施設のセキュリティを向上させ、不正アクセスや危険な状況に対処できます。

 

カスタマイズ可能

AIカメラはカスタマイズ可能で、特定のニーズに合わせて設定できます。

感知範囲やアラートの条件、通知先などを調整することができ、特定の状況に最適化できます。

 

これらのメリットにより、AIカメラはセキュリティ、監視、および安全性向上に多大な貢献をしています。

活躍する場所も企業、公共施設、住宅などさまざまな環境で利用されており、セキュリティの向上と犯罪予防に寄与しています。

PTZ防犯カメラの画像

AIカメラのデメリット:注意すべきポイント

導入コストが高い

AIカメラの導入には高額な初期費用がかかります。

AI機能や高性能なハードウェアを組み込んだカメラの価格はとても高価で、設置や導入に関連する費用もかさんでしまうことがあります。

中小規模のビジネスや予算に制約のある場合には、これらのコストがハードルとなる可能性があります。

ただし、AIカメラの導入関連にはIT導入補助金(※)が対象となるため、活用することでハードルを下げることができます。

 

※参照元:経済産業省「サービス等生産性向上IT導入支援事業(令和4年4月)」(https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/2021/hosei/IT.pdf)

 

プライバシーへの懸念

AIカメラは高度な映像解析を行いますが、これによりプライバシーの問題が浮上します。

個人や従業員の監視が厳密に行われる場合、個人情報の保護や法的規制への対応が必要です。

また、プライバシー侵害に対する潜在的なリスクを十分に理解し、適切なプライバシー保護策を講じることが不可欠です。

 

ネットワーク接続の必要性やサイバーセキュリティの脆弱性

AIカメラは通常、ネットワークに接続してリアルタイムな情報を提供するため、ネットワークに対する依存度が高いです。

ネットワーク障害やサイバーセキュリティの脅威にさらされる可能性があるため、適切なセキュリティ対策が必要となります。

不正アクセスやハッキングからシステムを守るための対策を講じる必要があります。

 

誤検知・誤識別の可能性

AIカメラは、映像解析に人工知能(AI)を使用するため、誤検出・ご識別のリスクが存在します。

例えば、風景の変化、動物の動き、光の影響などが誤って異常と判断されることがあります。

このような誤検出・誤識別により、誤報を引き起こす可能性があるため、警告の信頼性に影響を与える可能性があります。

そのため、正確な設定と監視が必要です。

 

これらのデメリットについて認識し、導入前に注意深く検討し、メーカーや販売元と適切な設定や対策方法を相談することが大切です。

AIカメラを効果的に運用するためにデメリットをしっかり理解しましょう。

 

AIと防犯カメラの進化

AIカメラのイメージ画像02

AIと防犯カメラのテクノロジーは、未来へ向けて飛躍的な進化を遂げています。

AIカメラは、その持つ可能性によりますます高度な機能を備え、防犯だけでなく様々な分野で活躍することが期待されています。

一方で、防犯カメラ自体も高解像度や低照度での優れた性能を実現し、お互いに切磋琢磨し合いながら進化を続け、セキュリティの向上に大きく貢献してくれることでしょう。

 

まとめ

AIカメラは、現代のセキュリティおよび監視の分野において革命をもたらすテクノロジーであり、多くのメリットが存在しますが、一方で導入コストやプライバシーの懸念などのデメリットも存在します。

セキュリティ、監視、および安全性向上に多大な貢献をし、未来のテクノロジー進化に今後も期待が高まります。

 

お問い合わせ

AIカメラとは!特徴や防犯性能と活用事例も解説!

AIカメラのイメージ画像

AIカメラは、カメラにAI(人工知能)を搭載させ、防犯だけでなく企業のDX化による作業効率向上にも活用されています。

AIの特徴でもあるディープラーニングによって大量のデータをもとに自動で特徴を抽出・解析し、その学習を繰り返すため、情報に基づいた判断を高い精度で瞬時に行うことが可能となりました。

今回は、AIカメラの特徴や防犯性能、具体的な活用事例について解説します。

PTZ防犯カメラの画像

AIカメラの概要

AIカメラは人工知能を用いて画像や映像を自動的に分析するカメラのことです。

AIカメラを選択することによって、特定の対象を認識することや情報の分析、映像の記録など多くの作業を自動化することができます。

 

従来の防犯カメラとの違い

AIカメラと従来の防犯カメラとの違いは業務の効率化にあります。

従来の防犯カメラでは、音声の認識や大量のデータの分析を人の手作業によって行うことが一般的でした。

しかし、AIカメラでは多くの機能を自動化することができます。

また近年では、機械学習によって命令に従うだけでなくデータを収集することで学習を繰り返し、予測や判断性能を向上することができるようになりました。

 

AIカメラの特徴

 

オブジェクトを認識する

AIカメラではオブジェクトの検出をすることができます。

オブジェクトとは、人や建物、車両、通路などであり、静止画や動画の情報を検出することで様々な分野に役立たせることが可能になります。

例えば、道路の交通量の調査店舗の来客数等の調査ができます。

 

個人の認識

AIカメラは画像内の人物の顔や服装、全身の情報によって個人をひとりひとり認識することが可能です。

個人の識別が可能になることで、店舗への来店回数やお客様の年齢層、交通監視の自動化、老人ホームで入居者を管理する際などに活用できます。

 

良品と不良品の分類

AIカメラは製造業の品質管理において、製品の良品と不良品を識別し分類するのに使用されます。

製品が所定の基準に合致しない場合、AIカメラはそれを検出し、生産ラインを制御するためのアラームを発生させたり、不良品を自動的に排除したりします。

AIカメラの防犯性能

監視カメラの映像をイメージした画像

顔認識

最も有名な機能として顔認識機能があります。

カメラに写っている人物の顔の表情や状態によって個人を認識することができます。

年齢や性別以外にも、眼鏡や帽子、髪型などの情報まで判断が可能です。

また、マスクをしていても認識できるAIカメラもあります。

 

スマートモーション検知

SMDでは、映像の動きの中で人物と車両だけを検知できます。

スマートモーション検知によって、録画している中で特定の動きがあった場合だけを抽出して自動的に知らせることが可能になります。

 

インテリジェントビデオシステム

IVSとは、任意のルールを設定して反応した場合に通知をする機能です。

例えば、進行方向を逆走したり、駐車や群衆などを検知することができます。

NSK君
NSK君
AIカメラの関連記事も要チェック!
防犯カメラ×AI機能で見える新しい防犯の形

 

代理店募集の画像

AIカメラの活用事例

AIセキュリティカメラのイメージ画像

防犯機能

AIカメラを設置することによって犯罪の防止や不審者の検知をすることができます。

AIカメラは単純な動作だけでなく、首を左右に振る動きや鍵穴に手を入れている動作まで認識することが可能です。

事前に不審な動きや要注意人物の顔を登録することによって建物への侵入や犯罪を未然に防ぐことにもつながります。

 

工場の検品

AIカメラは工場の検品作業でミスや不良品などを未然に検知し、会社の信頼性や作業の精度を向上させることができます。

工場の検品は手作業や目視で行うため、どうしても人的ミスが発生してしまう可能性があります。

人間が作業するため、ある程度のミスを前提として考えなければいけませんが、ミスによって生産性が低下することや企業の信頼性が落ちてしまうデメリットがあります。

AIカメラでは画像認識アルゴリズムなどを活用し、類似した色や形状を検出できるためヒューマンエラーを減少させる効果が期待できます。

 

勤怠管理

AIカメラの活用として代表的なのがオフィスなどの勤怠管理です。

事前にスタッフの顔写真を登録して、AIカメラが認識した場合のみドアが開く仕組みになれば自動的に勤怠管理を行うことができます。

また登録した社員以外はドアをロックすることで部外者が容易に入室できないため、安全性の向上につながります。

さらに入退室の際にサーマルカメラで検温をすることで感染症の拡散を防止する効果も期待できます。

NSK君
NSK君

 

まとめ

AIカメラは人や物などオブジェクトを自動的に検知することができ、防犯性能の向上や人手不足の解消に活用することができます。

オフィスや店舗の安全対策や防犯性能に不安を感じている場合にはAIカメラの活用を検討してはいかがでしょうか。

 

お問い合わせ

防犯カメラを導入する流れ!注意ポイントや導入事例を解説!

防犯カメラのイメージ画像

防犯カメラの導入は、もはやコンビニやスーパーだけでなく学校や病院などでも当たり前の光景です。

最近では、防犯意識の高まりや犯罪の多様化により、個人や企業、店舗などが犯罪の防止や抑止効果を目的に積極的に導入しています。

しかし、防犯カメラは単に犯罪の捜査材料としての役割だけでなく、地域の安全を守るためにも重要な役割を果たしています。

そこで今回は、防犯カメラを導入するための流れや、どのようなポイントに注意しながら導入すれば良いのかを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

代理店募集の画像

防犯カメラを導入する流れ

セキュリティカメラのイメージ画像1

これから防犯カメラを設置したい方、もしくは検討している方にとっては、防犯カメラの導入手順が気になるところでしょう。

そこで実際に防犯カメラがどのような流れで導入されるのか順を追って確認していきましょう。

 

防犯カメラを導入する流れ①:ヒアリング

防犯カメラの「利用目的」「時間帯」「場所」など、防犯カメラを利用される上で必要な情報をヒアリングします。

このヒアリングを元に、室内もしくは室外、防塵や防風対策が必要なのかなど、どのような種類の防犯カメラを購入すべきなのか打ち合わせをします。

 

防犯カメラを導入する流れ②:現地調査

実際に防犯カメラを取り付ける場所の確認、ルート確認、何台の防犯カメラが必要なのか、配線が通せるのかなどを確認します。

また、録画機が必要な場合はその設置場所の確認、そして防犯カメラの種類をこのタイミングで決めるケースもあります。

 

防犯カメラを導入する流れ③:施工工事

現地調査にて決まった内容の施工工事が行われます。

防犯カメラを取り付けるポールが必要な場合には、別工事で先に取り付けることもあります。

施工時間については、取り付ける防犯カメラの台数により異なりますが、基本的には1台あたり1時間から2時間は必要となります。

 

防犯カメラを導入する流れ④:動作確認や設定

防犯カメラの設置や配線の取り付けが完了した後、実際に取り付けられた防犯カメラや配線の確認を行います。

このときに、事前に契約した内容と相違がないのかも確認します。

また、防犯カメラにきちんと映像が映されているか、録画機能がある場合には録画されているかなど、動作確認や設定もこのタイミングで行われます。

 

防犯カメラの導入事例

防犯カメラのイメージ画像2

防犯カメラはさまざまなところで活躍しており、「一般家庭」や「コンビニ」「スーパー」ほかにも「学校」「病院」「工場」など、様々な場所に設置されています。

たとえば、一般家庭の場合には「ガレージ」に設置することが多く、車の盗難や外壁へのいたずら防止に役立っています。

また、小規模施設ではレジ付近や商品付近に設置することが多く、金銭の受け渡しトラブルや盗難や破損などの防止に活躍しています。

このように、さまざまな施設や環境に合わせて、柔軟に映像を記録できるのが防犯カメラの強みでもあります。

 

NSK君
NSK君

 

防犯カメラの設置における注意点

防犯カメラのイメージ画像1

防犯カメラを設置する際には、下記に挙げる3つのポイントに注意しましょう。

  • 死角をなくす
  • あえて防犯カメラを目立たせる
  • 画角はプライバシーに配慮する

 

死角をなくす

防犯カメラで重要なことは、犯罪などを未然に防げるように機能させることです。

死角を作ってしまうと抑止力を低下させてしまうため、犯罪を起こさせないためには限りなく死角をなくす工夫が必要になります。

また、どうしても死角ができてしまう場合は、複数台の防犯カメラ設置も検討しましょう。

 

あえて防犯カメラを目立たせる

防犯カメラの効果を高める施策として、「目立たせる」という行動も大切です。

防犯カメラが視界に入りやすく目立つ場所に設置、あえて「防犯カメラ設置」「防犯カメラ24時間作動中」などのステッカーを貼りましょう。

防犯カメラに見られているという感覚や証拠が残ってしまう恐れから、犯行に及ぶ気持ちを抑止させ防犯効果を高めることに繋がります。

ただし、防犯カメラを目立たせてしまうと、死角が生じてしまうこともあるため注意が必要です。

配置やルートを映像にて確認するなど、しっかりと計画しましょう。

 

画角はプライバシーに配慮する

防犯カメラは、あくまで防犯を目的としたカメラ撮影をしていますが、必要以上な情報が映り込んでしまうこともあるため他人へのプライバシーにも配慮する必要があります。

近年では、防犯カメラの映像が高画質になり、個人の顔がはっきりと識別可能となるため「個人情報保護法」で規定される個人情報にあたります。

たとえば、一軒家の防犯カメラ映像内に「隣家の室内が映っている」場合や、マンションのエントランス内、外を歩く人物の顔がはっきりと映ってしまうとプライバシー侵害に抵触してしまう恐れがあります。

法律に準じた正しい取り扱いや映像が外部に流出しないよう管理を徹底する必要があるため注意しましょう。

 

そのため、防犯カメラの設置については、これら3つのポイントを押さえた上で設置するように注意してください。

 

まとめ

 

防犯カメラの導入は「ヒアリング」「現地調査」「施工工事」「動作確認と設定」の流れにて計画していきます。

防犯カメラを設置する際は、「死角を避ける」「カメラを目立たせる」「プライバシーに配慮する」に注意しましょう。

セキュリティシステムの効果的な構築には、これらの要点を遵守することが非常に重要です。

 

防犯カメラの導入については、お気軽にご相談ください!

 

お問い合わせ

ネットワークカメラのオートフォーカス機能について

防犯カメラにはレンズが搭載されており、ズームとピントを調整する必要があります。レンズに関しては以前、別の記事にまとめましたのでそちらをご覧ください。

 

防犯カメラのレンズについて

 

電動バリフォーカルレンズや電動ズームレンズには標準搭載されているオートフォーカス機能ですが、使用には注意が必要です。

 

防犯カメラは基本的に定点にカメラを設置して見る形になりますが、屋外に設置する場合だと太陽の光やホコリなどの影響によりオートフォーカスが誤作動してピントがずれてしまう可能性があります。

 

弊社の同軸系防犯カメラはズームとフォーカスを手動で調整しますので、現場の要因によってピントがずれてしまうなどオートフォーカスの誤作動が起こりません。

 

LTE/WIFI通信可能な次世代型防犯カメラの先行販売告知!

クラウドファンディングサイトでLTE通信/WIFI通信が可能な、ソーラーPTZカメラ「X-1」を先行発売を予定しています。詳細な情報は公式LINEから随時更新いたします!

ぜひ友達登録よろしくお願いいたします。

「X-1」の専用サイトはこちらから

https://n-sk.jp/makuake/

NSK君
NSK君
詳細情報はこちらからLINE友達追加お願いします!

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

 

【セット内容】

屋外用防犯カメラ

商品番号:NS-K18IRC

 

番犬モなタん

4CHモニター付ハイビジョンレコーダー

商品番号:NS-F401MR

 

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットが

なんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)

 

でご購入いただけます!大処分、大特価です。

もちろんカメラの台数を1台から4台でお好きな台数選べるようになっています。

この機会をお見逃しなく!

 

NSKダイレクトショップの購入リンクはこちらです。

 

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

 

 

SDカード録画のメリットとデメリット

防犯カメラの録画方法にはハードディスク録画、SDカード録画、クラウド録画などの様々な方法で録画することができます。そんな中で取りはずしてすぐに持ち運びできるSDカード録画が導入コストも安く利便性が高いので選ばれています。

 

しかしSDカードは便利な反面、注意しなければいけないことも多いので解説していきます。今回はSDカード保存のメリットとデメリットについて解説していきます。

 

SDカード保存のメリット

SDカード保存のメリットについて解説いたします。メリットがお分かりいただければ、どういった現場でSDカード保存が選ばれるのか理解できるはずです。防犯カメラ導入前の参考にしてください。

 

価格が安い

SDカードは価格がとても安く、128GBの容量のSDカードがインターネットであれば3000円程度で購入できますので、かなりコストを抑えて導入することができます。購入する際は弊社でも検証済みのサンディスク製のSDカードを推奨します。

 

取り出し、持ち運びが楽

SDカードの大きさが横幅24㎜×高さ32㎜でマイクロSDカードの大きさが横幅15㎜×高さ11㎜というサイズです。手のひらに収まるコンパクトサイズなので、持ち運びに適しています。例えば防犯カメラで撮影した録画データを、持ち運びパソコンで再生することができますので、防犯カメラの運用に適しています。

 

耐熱性に優れている

耐熱性に関しては「SD アソシエーション」が定める規格で決まっており、-25℃~85℃という動作温度に適しています。対するハードディスクは50度が動作時の限界温度とされています。正直、屋外での運用を想定した場合、50度しか耐えられないのは問題ですので、街頭カメラでの運用を想定する場合は、SDカードでなければ難しいのが現状です。

 

SDカード保存のデメリット

SDカード保存のメリットはお分かり頂けたかと思いますので、デメリットについても解説します。この点は十分に考慮して防犯カメラを選定することを推奨します。

 

不具合の影響が大きい

電子部品でもあるSDカードは静電気や磁気に弱くSDカードに不具合があった場合に録画データだけでなく、その他の不具合が発生する可能性があります。例えば映像が映らない、再起動を繰り返すなどの不具合が発生する可能性があります。初めはカメラの故障を疑っていたものの、よくよく調べてみたらSDカードだったということもありますので、SDカードの取り扱いには注意が必要です。

 

交換メンテナンスが必要

SDカードは消耗品になるので定期的なメンテナンスが必要です。2週間程度でメンテナンスが必要と言われていますが、そう防犯カメラのことばかり見ているのは大変です。最低でも半年に一回は録画データが取れているか、可能であればバックアップをとってフォーマットするようにしましょう。また1年でSDカードは新しいものに交換することを推奨します。SDカード自体はかなり価格も安いので万が一撮れてなかったを防ぐためには、新品交換を推奨します。

 

寿命が短い

SDカードのチップにはSLC、MLC、TLCの3種類があります。書き換え回数の上限が、SLCで10万回、MLCで1万回、TLCで1,000回と言われています。一般的に販売されているSDカードはTLCで、産業用の高耐久SDカードはSLCになります。

 

防犯カメラは24時間365日稼働していますので、書き込み回数が多くなりますので高耐久のSDカードを選定する必要がありますが、それでもすぐに書き込み上限に達してしまいますので、常に新品と交換できるように準備しておきましょう。

 

容量が小さい

防犯カメラで主流のハードディスク録画と比べると容量が小さく、SDカードであれば128GB、256GBが主流の容量になっています。カメラ1台であれば数日から数週間の録画容量になるので、長期間録画するのであればハードディスク録画をおすすめします。

 

用途に合わせて録画方法を選びましょう

使用する場所や用途によっても最適な録画方法は代わりますので、使用シーンに合わせて選ぶようにしましょう。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

防犯カメラの映像にノイズが入る原因と対処法

防犯カメラを設置して運用している中で、映像にノイズが発生する場合があります。白い点がランダムで現れるホワイトノイズや、映像がちらつくなどノイズの種類は様々ですが、どういった原因で発生するのでしょうか。今回はノイズが発生する原因と対処法について解説していきます。

 

外的要因によるノイズ

防犯カメラやレコーダー、ケーブル以外の要因によりノイズが発生する可能性があります。主な原因としては200V以上の高電圧線を防犯カメラのケーブルと一緒に配線する場合にノイズが発生します。シチュエーションとしてもっとも多いのが工場など工作機械や工場の生産ラインなど高電圧の機械になるので、防犯カメラを設置することでその影響でノイズが発生する可能性があります。

 

また屋外であれば、太陽光発電所など高周波ノイズの影響を受けやすく、防犯カメラの設置には注意が必要です。太陽光発電所では防犯カメラの配線を鉄の配管で地中に埋めるなどの対策をとる必要があります。

 

配線ケーブルが原因の場合

配線ケーブルは同軸ケーブルもしくはLANケーブルで配線していますが、どちらも経年劣化によりノイズが発生する可能性があります。屋外にカメラを設置して配線ケーブルを屋外で取り回している場合でも、10年以上経過したケーブルの場合、ノイズが発生する要因になります。配線ケーブルの影響でノイズが発生しているかどうかを調べる場合には、カメラを取り外してレコーダーの近くでつないでみた場合にノイズが発生するかどうかで判断することができます。

 

機器の原因によるノイズ

防犯カメラ、レコーダー、モニターの不具合によるノイズです。これらの機器も内部の基板が経年劣化によりノイズが発生する可能性があります。基板にはコンデンサーが付いていますが、これは消耗品になりますので、摩耗により機器の処理能力が低下して、それが映像ノイズという形となって現れてきます。外的要因とケーブルの問題でもない場合、機器が原因によるノイズを疑ってください。

 

画質の向上に合わせてよりノイズが鮮明に

従来のアナログカメラは50万画素程度の画質であったがために、映像ノイズがあってもほとんど気が付きませんでしたが、画質が向上し200万画素、400万画素とカメラがキレイになることでよりノイズが見えやすくなりました。アナログのカメラに比べてデジタルはノイズが分かりにくいなど、カメラの種類によって違いがありますので、そこは購入前に画質の違いをい比べていただき購入することをおすすめします。

 

映像ノイズが気になる場合は買い替えをおすすめします。

どうしても映像のノイズが解決しない場合は、買い替えを検討してください。アナログカメラからデジタル防犯カメラまでラインナップしていますので、お客様に合わせたシステムをご提案いたします。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

防犯カメラのカラーリング塗装

防犯カメラの筐体のカラーリングですが、基本的に建物に設置することを考慮して設計しているため白色が通常となります。屋外に設置する場合、外の光の影響を受けますので筐体に熱がこもらないように、白色が選ばれる傾向にあります。しかし建物のデザインによっては黒色やその他の塗装を希望される場合もありますので、そうした場合はオーダーメイドで塗装することも可能です。

 

 

防犯カメラに塗装が必要な理由

なぜ防犯カメラの塗装が必要なのでしょうか。お客様から問い合わせの多いよくある理由としては景観法の指定がある現場に防犯カメラを設置する場合です。景観法の指定のカラーリングなどは市や自治体によって指定がありますので、そちらに準拠する必要があります。よくある塗装としては神社仏閣において建物と同系色の茶色の塗装をすることで景観に影響を与えない色で展開しています。

 

カラーリングの方法

防犯カメラのカラーリングの方法ですが、スプレーを吹き付けて塗装する方法から、シールで加工する方法など様々です。ロットによってできること、できない事がありますのでまずはお問合せください。

 

LTE/WIFI通信可能な次世代型防犯カメラの先行販売告知!

クラウドファンディングサイトでLTE通信/WIFI通信が可能な、ソーラーPTZカメラ「X-1」を先行発売を予定しています。詳細な情報は公式LINEから随時更新いたします!

ぜひ友達登録よろしくお願いいたします。

「X-1」の専用サイトはこちらから

https://n-sk.jp/makuake/

NSK君
NSK君
詳細情報はこちらからLINE友達追加お願いします!

 

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

SIMカードを使った遠隔監視についてLTE通信

ネットワークカメラを遠隔で見る場合、どれくらいの通信料がかかるのか計算方法について解説します。最近は格安SIMカードを使った遠隔監視が増えており、お客様でSIMをご用意いただく場合の目安にしてください。

 

ネットワークカメラのビットレートを確認

SIMカードの容量を計算する際にまずはネットワークカメラのビットレートを確認してください。今回はネットワークカメラのビットレートを「1Mbps」で使用した場合で計算していきます。

 

ビットレート(Mbps)×1日の通信時間(秒)×日数÷8=通信量(MB)

※引用元ビックローブ

 

今回の計算では1Mbpsのビットレートで1日1時間を毎日使用した場合に以下のような計算になります。

 

1Mbps×3600秒×30日÷8=13500MB

月の通信料は13.5GBの計算になります。単純にビットレートを半分にすれば通信料は半分になります。上記の計算はカメラの台数が1台の場合なのでカメラ4台接続する場合は4倍の通信量が掛かりますので注意してください。

 

上り高速プランを選択する

データの通信料が分かったら次はデータプランを選ぶようにしましょう。通常インターネットをする際は上りと下りがありますので、どちらも高速で通信が可能ですが、ネットワークカメラで遠隔監視する場合、上りのみ使用しますので、遠隔監視に特化した「上り高速プラン」をおすすめします。上り高速プランであればデータ容量の大きいものがありますのでそちらを推奨します。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

防犯カメラのリプレイスとは?防犯カメラの選び方

防犯カメラのリプレイスとは、今お使いの防犯カメラそのまま入れ替えることです。既存の防犯カメラが有線ケーブルで配線している場合、ケーブルをそのまま生かして交換することを意味します。元々はITシステムの入れ替えなどを意味する言葉で使われていましたが、防犯カメラ業界でも同様の言葉が使われています。

 

まずは確認が必要なのが既存の配線ケーブルです。配線ケーブルが「同軸ケーブル」なのか「LANケーブル」なのか確認してください。ケーブルに合わせた防犯カメラを選ぶ必要があります。

例えば下記のシステム図は二つの方法で防犯カメラをリプレイスします。

 

アナログ防犯カメラのリプレイス

一つ目はアナログの防犯カメラが壊れた場合に、カメラだけをリプレイスする方法です。弊社のAHD防犯カメラは出力切り替えスイッチを搭載していますので、アナログ信号に切り替えてアナログカメラとして利用することができます。

 

二つ目はカメラとレコーダーを交換する場合、弊社のAHDレコーダーはアナログカメラ信号を入力することができるので、アナログのカメラは残したままレコーダーをリプレイスすることができます。既存の防犯カメラを極力残して運用したい場合に最適なシステムです。

 

 

 

LANケーブルを利用したリプレイスについて

ネットワークカメラを利用している現場においてリプレイスする際には注意が必要です。ネットワークカメラはメーカーごとに独自のプロトコルを採用しており、互換性がない場合が多く、カメラを交換した後に映像が映らなくなるという問題があります。そのため他社製同士のネットワークカメラを接続する場合は注意が必要です。共通プロトコルONVIFに関しては以前、別の記事にまとめましたのでそちらもご覧ください。

 

ネットワークカメラの通信規格「ONVIF(オンビフ)」とは

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

防犯カメラのパスワードを設定することの重要性

防犯カメラはIPカメラやDVRなどログイン用のパスワードを設定することができます。管理者権限でログインした場合、録画フレームの設定や画質の設定などを行うことができますので、ほとんどのユーザー様が初期設定のパスワードで運用されているのが現状です。

初期設定のパスワードは0000やpasswordなど、他社から推測されやすいパスワードでは、最悪の場合ハッキングされる可能性があります。

 

世界中の防犯カメラの映像が見れてしまうサイト

Insecamと呼ばれるサイトは世界中の防犯カメラの映像が一覧で見れてしまうサイトで日本国内の防犯カメラも対象となっています。「Tokyo」など入力することで日本国内の防犯カメラ映像がすべて見えます。これらの映像はパスワードの設定がデフォルトのまま使用されていることが原因とされていますので、基本的にはパスワードはデフォルトのまま使用しないということが必要になります。

 

パスワードを忘れてしまった場合

パスワードを忘れてしまった場合には、簡単にパスワードを変更することができません。簡単にパスワードを変更することが出来てしまった場合、セキュリティ機器として欠陥を持っていることになりますので、むしろ簡単に変更できないことが重要になります。弊社の防犯カメラの場合は基本的には機器を送っていただき初期化して戻すのが基本となりますので、パスワードの取り扱いには最善の注意が必要です。

 

パスワードは推測されにくいパスワードを

パスワードは推測されにくいパスワードにするようにしましょう。ゾロ目や連番、などは容易に推測されますし、誕生日や記念日などもやめてランダムなパスワードにすることをおすすめします。例えば英数字、大文字、小文字、記号などを使ったパスワードにすることでセキュリティを高めます。「admin12345」ではなくて「PasS@1354」など組み合わせるだけでも効果が違います。ハッキングの一つの方法でもあるブルートフォースアタック(総当たり攻撃)と呼ばれる攻撃は、コンピューターで計算できるパスワードをランダムに生成することで、パスワードを推測する方法でパスワードを特定されてしまう可能性があるので注意が必要です。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

楽しく野球観戦するために防犯カメラを活用

野球観戦やドーム公演など、多くの人が訪れる野球場ですが、多くの人が利用するからこそ盗難やいたずらなどによる被害があるのも現実です。野球観戦中などはプレーに集中していることもあり、自分の荷物など注意が散漫になりがちです。そうした隙をついて盗難される被害が後を絶ちません。そうした野球場でできる防犯対策について解説していきます。

 

野球場でおきるトラブル

実際に野球場の中で起きている被害としては、どういったトラブルが起きているのか解説していきます。

 

持ち物、荷物の盗難

野球場には多くの人が訪れることで、荷物や持ち物、貴重品の盗難が発生しています。野球の試合やライブに集中することで、持ち込んだ荷物に対して注意散漫となってしまい、置き引きやスリなどの被害に合う可能性があります。また盗難された後に気付くまでに時間が掛かる場合が多く、被害があってからは何らかの対策をしていなければ、なんとも出来ないというのが現状です。

 

落書き、器物の破壊

球場内の目が行き届かない場所において、落書きやいたずらなどの被害もあります。特に夜間の人の通りが少ない時間帯など、落書きなどのいたずらや器物を破壊されるなどの可能性もあります。また夏場などは居座りやたむろ、ゴミの不法投棄などトラブルも頻発する傾向にあります。

 

迷子、荷物の紛失

家族で野球観戦をしている場合、迷子の問題もあります。球場内はベンチ席の他にも売店など子供にとって魅力的なもので溢れており、少し目を離した隙に迷子になる可能性もあります。迷子になってしまった場合、スタッフの数は限られており探し出すのは容易ではありませんので、防犯カメラの映像を活用することで早期に解決できるかもしれません。

 

役に立つ防犯カメラ機能

球場に防犯カメラを設置する場合におすすめする防犯カメラ機能をご紹介いたします。

 

赤外線暗視カメラ

赤外線暗視カメラは、夜間、暗闇の中で暗視撮影できるカメラです。球場の外周を防犯カメラで監視する場合、赤外線暗視機能を使うことで24時間365日常時監視することができます。かなり大きな敷地の球場の場合は赤外線照射距離の長いものを選ぶことで監視できる距離が変わります。

 

防犯カメラの赤外線暗視機能について解説します

 

ハードディスク録画

防犯カメラを設置した際に、ハードディスクレコーダー(DVR)を使用することで、録画データを保存しておくことができます。DVRの種類によって搭載されているハードディスクの容量が変わりますので、録画を残しておきたい日数分の必要なDVRを選定するようにしましょう。

 

防水、防塵機能

野球場の中において屋外に防犯カメラを設置する場合は、防水、防塵機能のついた防犯カメラにするようにしましょう。特に軒下など雨のかからない場所であればIP65等級の防犯カメラで十分ですが、完全に雨ざらしの現場においてはIP66もしくはIP67等級の防水、防塵性能のカメラにするようにしましょう。

 

屋外用防犯カメラの防水防塵性能を表すIP規格とは?

 

PTZ機能

PTZ機能とはカメラのレンズはパン、チルト、ズームができるカメラです。通常の防犯カメラは画角が固定されているのに対してPTZカメラは遠隔でカメラのレンズを動かすことができます。カメラ1台あれば全方位を見ることができます。また全方位カメラと呼ばれるカメラは360度全方位見ることができます。

NSKのPTZカメラご紹介いたします!

 

野球場に防犯カメラの活用を

野球場に防犯カメラを設置することで、メリットはお分かりいただけたかと思います。ぜひ球場に防犯カメラを設置しましょう。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

防犯カメラをオフィスに設置するメリットと活用方法

防犯カメラをオフィスに設置することで、どういった問題解決が可能なのか。解説していきます。オフィスでは防犯目的はもちろんですが、従業員の勤務管理や、業務効率化は防犯カメラでできることは多岐に渡りますので、今回はオフィスの状況を管理する必要がある経営者の方や管理者の方向けの記事になっていますのでご覧ください。

 

オフィスでよくあるトラブル

実際にオフィスでよくあるトラブルと防犯カメラで解決できることを解説します。

 

機器や備品の盗難

オフィスにはパソコンや電話機などの、機器から現金や金庫など窃盗のターゲットになる場合があります。そうした場合は防犯カメラを設置することで抑止効果が高まりますので、盗難を未然に防ぐことができます。テナントオフィスなどセキュリティが万全ならば安心ですが、人通りの少ない場所にある事務所などは狙われやすく対策をすることが重要になります。

 

ハラスメント対策

オフィスではセクハラやパワハラなどのハラスメントも日々起きており、会社としてもコンプライスを遵守することが求められている昨今、ハラスメント問題にはしっかりと対応しなければいけません。実際にハラスメントがあったとしても、そんなことはなかったと言われてしまえばそれまでですが、防犯カメラやマイクで映像と音声を録画録音しておくことで、そうした言い逃れや見過ごしを防ぐことができます。

 

従業員の勤務管理

管理者は従業員が無断欠勤や遅刻などしていないをしっかりとチェックする必要があります。最近では働き手不足、リモートワークなどの影響により、ITツールを活用した勤怠管理を合わせて防犯カメラの映像を含めて確認することで管理を効率化します。また残業代未払いトラブルや、不正打刻の改善など職場環境の改善につながります。

 

 

機密情報の管理

オフィスには顧客情報や従業員の勤怠情報など社外への漏洩を防がなければいけない書類や情報が存在します。そうした機密情報を取り扱っているので社内のセキュリティ対策を強化しなければいけないのは言うまでもありません。そうした場合に機密情報を取り扱っているエリア内に防犯カメラは入退室管理システムを導入することで管理を効率化することができますので、導入するべきです。

 

防犯カメラで解決できる機能

実際にこれらの問題に対して防犯カメラでできることについて解説していきます。

 

遠隔監視機能

遠隔監視機能とは防犯カメラの映像を離れた場所からリモートで確認する機能です。全国にオフィスを構える企業においても遠隔監視機能を使えば、一つの拠点でまとめて監視することができます。弊社の遠隔監視アプリはすべて無料で提供しておりますので、インターネット回線があれば、すぐに遠隔監視を始めることができます。

防犯カメラの映像をスマホ、パソコンで見る方法

赤外線暗視機能

赤外線暗視機能とは夜間暗闇の中で赤外線LEDを照射することで、反射した光をセンサーで受け取り暗視撮影する機能です。夜のオフィスは人がいないため、電気も消えており暗闇になっていますので、防犯目的で設置する場合は赤外線暗視機能を付けることで解決します。赤外線暗視機能と合わせて使いたいのがスターライト機能で夜間、少ない明りでカラー撮影することができる機能で赤外線暗視機能と併用することで、暗闇の中でもしっかりと証拠撮影することができます。

防犯カメラの赤外線暗視機能について解説します

PTZ、全方位カメラ

PTZカメラとはパン、チルト、ズームができる防犯カメラのことです。通常の防犯カメラはカメラのレンズを手動で調整して画角を決めるのですが、PTZカメラは遠隔でカメラの向きを調できるカメラです。PTZカメラにすることで、カメラを1台設置するだけで全方位モニタリングすることができます。またカメラ1台で全方位モニタリングできる全方位カメラであれば、全方位の映像を1台でカバーできますので、部屋の中央に設置することで解決します。

NSKのPTZカメラご紹介いたします!

オフィスの防犯カメラの導入を

オフィスに防犯カメラを設置することでメリットがたくさんあることがお分かり頂けたかと思います。是非オフィスに防犯カメラの導入を検討してください。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

街頭防犯で活躍するSDカード録画防犯カメラ

公園や街中に防犯カメラの設置を検討している自体体様向けのおすすめのSDカード録画付き防犯カメラをご紹介いたします。価格だけで選んでしまうと実際に導入した後の運用面で思わぬトラブルが発生する可能性もあります。

 

2021年時点で2000台以上の導入実績があり、商品につきましても過去の実績の積み重ねで改良を繰り返してきました。今回は街頭防犯をご検討の方におすすめのカメラをご紹介いたします。

 

SDカード録画機能付き防犯カメラ

費用を抑えて導入したい場合におすすめなのがSDカード録画機能付き防犯カメラです。防犯カメラ本体にSDカードを直接挿入して映像を録画する機能です。フルサイズSDカードになるので、紛失の危険性が少なく取り出しも容易にできます。

 

また録画しているかどうかをお知らせするLEDランプをカメラ全面に搭載していますので、問題があるかないかを目で見て判断することができます。録画開始、停止、メニュー操作、OSD表示はすべて付属のリモコンで行えます。

 

またモニターで映像を確認できるように、BNC端子が付いていますのでハンディモニターをつないでカメラの設定を変更したり録画データの確認などが行えます。

 

デメリットとしてはカメラはある程度、高い位置3メートルから4メートルの位置に設置しますので、設定を行う際に高い位置まで登って設置する必要があります。脚立を持ち歩いたり、立てて作業する必要がありますので、そのあたりまで対応しなければなりません。

 

NS-AH37IRSDR

SDカードDVR内蔵BOX

SDカードレコーダーを内蔵したBOXはAHDカメラをつなぐことで、フルハイビジョン映像を録画して確認することができます。このBOXのメリットはAHDカメラを好きな形状、性能で選ぶことができるのと、カメラを2台までつなぐことができるので、死角をなくして導入することができます。

 

またSDカードに関しても2枚のSDカードでミラー録画とリレー録画が可能になりますので、録画日数を増やしたい、録画データのバックアップを取っておきたいなど、用途に合わせてお選び頂けるシステムです。

 

BOXの下部には機器の状態表示LEDが付いているので異常があって録画ができていない場合に一目で見てわかるようになっています。

 

NS-SD6013BOX

街頭防犯カメラのご相談はNSKへ

街頭防犯システムに関してご検討方はぜひNSKへ

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

ネットワークカメラのLANケーブルを延長する方法

ネットワークカメラは有線ケーブルを使用しますが、基本的にはLANケーブルで配線します。その際にPoEハブから配線する場合は100メートルまでが最大配線距離になります。しかし現場では配線距離が100メートル以上必要な現場がある中で、LANケーブルを延長する方法について解説していきます。

 

ネットワークカメラへの給電はPoEハブを使用

そもそもネットワークカメラとNVR(ネットワークビデオレコーダー)を接続して使用する場合はPoE機能を使って電源を供給します。PoE機能については以前、別の記事にまとめたのでそちらをご覧ください。

ネットワークカメラのPoE機能について

基本的にPoEハブまたはPoE内蔵のNVR間は100メートルになりますが、PoE機能を使わずに通信のみで配線する場合も100メートルとなりますのでご注意ください。

 

ハブを追加する

もっともポピュラーな延長方法がハブを追加する方法です。カメラとPoEハブをつないだ後に、PoEハブとスイッチングハブを配線します。それでまずは100メートル延長することができました。

 

PoEとNVRの間にスイッチングハブを追加することでLANケーブルの長さはさらに延長することができますが、PoEハブやスイッチングハブは100ボルトの電源が必要なので注意が必要です。

 

PoEエクステンダーを使う

電源を確保するのが難しい現場であれば、PoEエクステンダーを使うのも一つです。PoEエクステンダーは信号と電源を増幅して伝送するため、電源は必要ありません。またPoEインジェクターを使えば2台のエクステンダーをカスケード接続することができますので、配線距離をさらに長く延長することができます。

IPS-1300 終売

同軸LANコンバーターを使う

配線そのものをLANケーブルではなく、同軸を使用する方法です。同軸ケーブルに関しては対応している防犯カメラがあるのでそちらを使用した方が確実ですが、どうしてもネットワークカメラでなければいけない場合は同軸LANコンバーターを使用します。

 

送信機と受信機が存在しており受信機には100Vの電源が必要です。同軸LANコンバーターは配線距離が最大800mになっているので広大な敷地を配線する必要がある場合に活用されます。

IPS-EC105

ePoEハブで最大800メートル配線

ePoEハブという規格はLANケーブルでありながら最大800メートルの配線が可能です。ただしePoEに対応しているネットワークカメラは限られているので注意が必要です。現実としてがLANケーブルで1000メートル巻きのものはほとんど販売されていないので、LANケーブルをジョイントして配線するというのが現状です。

IPS-2110-8P-120E

V2モデルPoEハブで250メートル配線

弊社のV2モデルのPoEハブは250メートルで配線することが可能です。通常のPoEハブと同様にスイッチで延長することも可能ですので、基本的にはV2のPoEハブで配線して距離が足りなければ、通常のPoEハブと同様にスイッチングハブで延長することができますので、中規模から大規模な現場にて活躍するPoEハブです。

 

IPS-3008-8GP-96-V2

 

IPS-4218-16GP-240-V2 終売

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

防犯カメラを畜産場に設置するメリットと注意点

牛舎など家畜の畜産場において防犯カメラを設置したいという要望が増えており、今回は牛舎、豚舎、鶏舎に防犯カメラを設置することでどういったことが解決できるのか。設置する際の注意点について解説いたします。

 

畜産場でよくあるトラブル

畜産場では日々、家畜の世話をしていかなければいけない中で、従事するスタッフの数も減っており、労働環境は日々厳しくなる一方です。そんな中で防犯カメラを含めたIT機器によって人の手が足りない部分を補おうと動きがあります。実際に畜産場で起きているトラブルについて解説いたします。

 

家畜の盗難

牛や豚、鶏などの家畜の盗難トラブルが発生しています。畜産農家の方にとっては家畜は大切な財産になりますので、堂々と窃盗を働く不届き者に対して何らかの対策をとる必要があります。家畜の盗難に合わせて車や器具の盗難など発生しており、防犯カメラ、赤外線センサーなど合わせてセキュリティ対策をする必要があります。

 

栃木と群馬、茨城県で家畜盗難が相次ぎ、7月上旬から今月28日までに豚約680頭、子牛8頭、ニワトリ28羽の被害が確認された。前橋市の養豚場では一度に豚約400頭が盗まれ、短時間で運び出す大がかりな犯行も。密売か食用か。目的も判然とせず、畜産家らは怒りと不安を隠せない。 引用元 日本経済新聞 2020年8月30日

 

 

家畜の死亡

飼育牛が起立困難となり死亡する例もあります。出荷前の牛は体重が900kgを超えるため、自らの体重により起き上がれなくなります。その際に胃の中の微生物が原因となりガスが発生することで、肺が圧迫されることで窒息死するという問題が起きています。出荷前の牛の死亡は損失が大きいため、何としてでも防ぎたいのが実情です。

 

起立困難牛は早く気付けばすぐに対応をとることもできますが。気付くのが遅くなれば死亡するリスクが上がりますので、早く気付くことがとても重要になります。

 

従業員によるトラブル

畜産場で働くスタッフによるトラブルもあります。新人のスタッフに任せてしまっていたがために、大切な子牛を死亡させてしまった、スタッフ間のコミュニケーション不足でトラブルが発生することもあります。そうした場合防犯カメラで現場の状況を確認し、音声を合わせて確認することで、トラブルを事前に防止するとともに、何かあった時の対応も早くトラブル早期解決に役立ちます。

 

畜産場でおすすめする防犯カメラ機能

実際に畜産場でおすすめの防犯カメラ機能について解説いたします。

 

PTZカメラ

PTZカメラとはパン・チルト・ズーム機能が搭載された防犯カメラです。上下左右の方向にカメラの向きを遠隔で動かすことができるので、カメラ1台で全方位の映像を見ることができます。またズームに関しても光学ズーム機能を搭載していますので、画質を落とすことなくズームしてモニタリングすることができます。

 

遠隔監視システム

夜間、畜産場の映像を見たい場合に遠隔監視システムを使えば離れた場所から遠隔で映像を確認することができます。現地にインターネット回線を用意できない場合は、SIMカードを使った遠隔監視システムを構築することで、日本中どこからでもモニタリングが可能です。弊社の遠隔監視システムはP2P、DDNSすべての遠隔監視システムに対応しています。

 

赤外線照射機能

夜間、暗闇の中で赤外線LEDを照射することで、デイナイト機能を働かせてモノクロ暗視撮影することが可能な機能です。赤外線照射距離はカメラの種類によって違いますので、現場に合わせて赤外線照射距離を選ぶようにしましょう。またスターライト機能(低照度モード)を使えば、街灯程度の少ない明りがあれば、カラーで撮影することができます。

 

防水・防塵機能

防水・防塵機能を搭載したハウジング一体型の防犯カメラにすることで、雨や風が当たるような現場においても使用することができる防犯カメラです。防水機能はIP規格で表記されていますので、数字が高いほど防水性能が高く、台風シーズンも結露、浸水の可能性が低く故障のリスクが下がります。

 

畜産場で既に導入が進んでいます。

牛舎や養豚場、鶏舎など防犯カメラの導入は進んでいます。防犯目的、家畜の分娩、生育管理からスタッフ間の連携など、防犯カメラの用途は多岐に渡りますが、日々導入は進んでいます。畜産場への導入実績も日々、増えておりますので、現場に合わせた防犯カメラシステムがご提案できるかと思います。

 

畜産現場に防犯カメラを

遠隔監視のシステム提案から、カメラの選定、デモのご相談までぜひNSKへお問い合わせください。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

アナログ防犯カメラとは?メリットとデメリットを解説

防犯カメラはデジタルとアナログの信号方式の違いがあり、今回はアナログカメラについて解説いたします。アナログカメラは30万画素程度のものから200万画素のものまで幅広い画質でラインナップしています。今回はそんなアナログカメラについて解説していきます。

 

アナログカメラとは

アナログカメラとは同軸ケーブルを使用したカメラシステムです。CCTV(closed-circuit television)システムと呼ばれています。古くからはテープ式のビデオデッキを使用したシステムの防犯カメラです。現在ではハードディスクレコーダーに録画するシステムが主流になっています。

 

アナログカメラのメリット

アナログカメラのメリットについて解説いたします。最近ではネットワークカメラが多く販売されていますが、まだまだアナログカメラの需要は残っています。今回はそんなアナログカメラのメリットについて解説いたします。

 

コストパフォーマンスが高い

アナログカメラはコストが安く、画質や機能もある程度、兼ね備えているためコストパフォーマンスが高く、予算に限りがある場合やとにかく費用を抑えたい場合におすすめのシステムになっています。

 

コマ落ちしない

アナログカメラは映像の伝送でコマ落ちしません。リアルタイムの映像でモニタリングする必要がある現場や、ライブ映像で監視している現場で活躍します。比較されるネットワークカメラですが、数秒のコマ遅れやタイムラグ発生するためそこはアナログカメラの優位な点となります。

 

専門知識不要

アナログカメラはIPアドレスなどのネットワークに関する専門知識がなくてもすぐにお使い頂けます。不具合が発生した場合や、メンテナンスの時に専門知識がないと解決できない、プロの業者に対応してもらうと出張費や技術料が別途かかることで思わぬ出費が発生してしまうこともあります。アナログカメラはそうした場合でも専門知識不要で導入することができます。

 

アナログカメラのデメリット

メリットに続いてアナログカメラのデメリットについても解説していきます。

 

アナログ画質

アナログカメラは信号がアナログ方式になるため、画質もデジタル信号に比べて劣ります。最近ではアナログハイビジョン方式と呼ばれるAHDカメラが登場したことで画質はかなり向上しましたが、それでもデジタル方式の防犯カメラに比べれば画質が劣ってしまうのが現状です。

 

配線、電気工事が必要

アナログカメラは同軸ケーブルを使用したシステムのため、配線工事が必要になります。屋外に設置する場合は配管に通して配線する必要があるため、専門の業者に依頼しなければいけません。また現場によってはアナログカメラの近くに電源工事を必要とするためで電気工事士の資格が必要になったりしますので注意が必要です。

 

アナログハイビジョンカメラ

最近ではアナログ方式でありながら、ハイビジョン画質で撮影できるAHD防犯カメラが登場しました。価格もかなり安く導入も容易ではありますが、配線工事は必要なので注意してください。

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

 

 

EX-SDIとは?HD-SDIとの比較

 

防犯カメラの信号形式の一つでもあるEX-SDIですが、同軸ケーブルを使用した唯一のデジタル信号であるため、高精細高画質なコマ落ちのないモニタリングが可能になります。今回はEX-SDIの特徴、メリットとHD-SDIとの違いまで解説いたします。

 

EX-SDIとは

EX-SDI(Extended-Serial Digital Interface)とは、従来のHD-SDI信号を拡張し長距離配線を可能にした信号規格です。HD-SDIは地上デジタル放送で使われている規格で有名で、高精細かつ高画質な映像を実現しました。

 

HD―SDI信号は同軸ケーブルでの最大配線距離が100メートルとなっており、それ以上の配線距離の場合はリピーターを必要としていましたが、EX-SDIは最大400メートルの長距離配線が可能です。

 

EX-SDIのメリット

AHD防犯カメラに比べても、EX-SDI信号はデジタル圧縮により元データのデータ伝送が可能なため、信号ノイズの影響を受けずに高画質なデジタルデータを伝送することができます。そのためリアルタイム映像においてコマ落ちを発生させずに、高画質映像を確認する必要がある現場において活躍する信号方式です。

 

また同軸ケーブルを使用するので、アナログカメラの配線をそのまま流用してカメラを設置する場合などリプレイスに最適なシステムになっています。

 

EX-SDIラインナップ

弊社のEX-SDI防犯カメラのラインナップをご紹介いたします。最大の特徴はデジタル信号でありながら、最大400万画素の高画質映像で録画することができます。フルハイビジョン画質が200万画素なのに対して、倍2倍の解像度でもある400万画素になるので映像の細かい部分までくっきりとした映像を確認することができます。

 

またEX-SDIワンケーブルカメラはレコーダーにPoC電源ユニットを内蔵しているので、カメラとレコーダーをつなげばすぐに使用することができます。もちろんワンケーブルカメラも400万画素で録画することができます。

 

EX-SDI製品はこちらから

https://n-sk.jp/productcategory/sdi-solution

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

防犯カメラが故障したかもしれない時の対処法

防犯カメラを既に導入されている方は、長く使われることを想定されていると思いますが、使っていくうちに故障かなと思われる症状が発生します。今回は防犯カメラの故障を疑った時にご自身でできる対処法について解説します。また長く使っていただくためにできる日々のメンテナンス方法についても記事にしましたのでご覧ください。

 

防犯カメラの映像が映らない時にできる対処法

防犯カメラの映像が映らなくなった時に専門業者に依頼すれば、出張費がや技術料が別で必要になるため思わぬ費用がかかってしまいます。まずはご自身でできる対処法について解説いたします。

 

電源が入っているか確認

まずは電源が入っているかご確認ください。防犯カメラやレコーダーの電源が抜けていたりコンセントから抜けかけていたりする可能性があります。電源タップを使っている場合、は電源タップに問題ないか確認するようにしましょう。

 

インターネット接続に問題ないか

遠隔監視している場合はインターネット接続に問題ないか確認してください。何らかの理由でインターネットが繋がらなくなっている、インターネットが出来なくなっている場合は防犯カメラ映像が見れなくなりますので、回線を手配した業者に確認が必要です。

 

配線ケーブルに問題ないか確認

防犯カメラとレコーダーの間のケーブル、レコーダーとモニターの間のケーブルに問題ないか確認するようにしましょう。よくあるのはBNCやLANケーブルは抜け止めがついていますが、HDMIケーブルは抜け止めが付いていないので、気付いたら抜けている可能性があります。またケーブルの上に机が乗っていたりする場合、ケーブルが断線している可能性もありますので注意が必要です。

 

防犯カメラが映らなくなる原因

防犯カメラが映らなくなる主な原因を解説します。

 

設置環境の問題

過酷な環境で使用している場合、防犯カメラの映像が映らなくなる可能性が上がります。特にレコーダーはハードディスクやファンを搭載していますので、ホコリが溜まりやすい場所では故障するリスクが上がります。防犯カメラを屋外に設置する場合にもIP等級が低いものでは浸水する可能性もありますので、防犯カメラに合わせた場所に設置するようにしましょう。

 

経年劣化や天災など

防犯カメラは精密機器になりますので、経年劣化による故障もあります。既に何年も前に購入したということであれば、故障しているかもしれません。また雷などの天災による影響でも故障しますので、台風シーズンや近くで落雷があった時なども故障する可能性があります。

 

メンテナンス不足

日頃のメンテナンス不足による故障も考えられます。ハードディスクレコーダーであれば内部に埃が溜まっていたり、防犯カメラであればレンズ正面の汚れなどにより故障する可能性があります。

 

防犯カメラが映らない時に起こる症状

防犯カメラの映像が映らない時にどうい症状が起こっているのか解説します。

 

異音

防犯カメラやレコーダーから異音が発生している可能性があります。通常では鳴らないようなピーピーという異常なブザー音が鳴っている場合、は販売店に確認するようにしましょう。

 

異臭

落雷や一斉停電など強力な電圧が掛かったりした際に、機器の内部がショートして異臭が発生する場合があります。機器の内部がショートしている場合、焦げたような臭いがするのですぐにお分かり頂けるかと思いますが、明らかな故障の場合、防犯カメラの電源接続部などが溶けていたり焦げていたりしますので注意して確認するようにしましょう。

 

異常な熱

機器が触れないほど熱くなっている場合、故障しているかもしれません。精密機器になりますので、ある程度の熱は出ますが、触れないほど異常に熱くなっている場合は、発火する危険もありますので気を付けてください。

 

防犯カメラが映らない時にできる対処法

防犯カメラの映像が映らない時にできる対処法について解説いたします。

 

再起動する

防犯カメラやレコーダーは精密機器になるので、小さな不具合であれば再起動で復旧する可能性があります。何らかの原因で内部にキャッシュがたまり不具合が起きている場合は再起動で復旧します。レコーダーに関してはさいきなり電源を抜いてしまうとハードディスクが故障する可能性もありますので、機器の種類に合わせた再起動を実施してください。

 

初期化

機器の内部的なバグが原因の場合、機器の初期化で復旧する可能性があります。初期化には2種類の方法があり、一つは設定のみを初期化する方法と、工場出荷時状態に戻す方法です。設定初期化のみで直らない場合は、工場出荷状態まで初期化するようにしてください。ちなみに工場出荷時であれば、各種設定を入れ直す必要がありますのでご注意ください。

 

ファームウェアアップデート

防犯カメラの映像が映らない場合、ファームウェアのアップデートで直る可能性があります。機器の最新ファームウェアは弊社ホームページよりダウンロード可能ですのでそちらをご利用ください。

 

まずはお試しください。

防犯カメラが故障したかと思われた時はまずはお試しください。

 

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

ダミー防犯カメラを設置する際に注意する事とメリット

 

これからダミー防犯カメラの設置を検討されている方に注意するべき点と、ダミーだと見破れないための設置方法など解説します。防犯カメラに数万円払うのであれば、本物を購入した方が費用を抑えられます。予算に合わせたダミー防犯カメラの選び方まで解説いたします。

 

ダミー防犯カメラを設置するメリット

実際の現場にダミー防犯カメラを設置するメリットについて解説します。

 

費用を抑えることができる

一般的なダミー防犯カメラはコストが安いので費用を抑えることができます。ホームセンターで販売しているようなモデルであれば、数千円から購入ができます。まだ防犯カメラを設置するほどではないが、防犯対策をしたいとお考えの方にはおすすめです。費用を抑えることができますが、あまり安すぎるダミー防犯カメラは逆効果になりますので注意が必要です。

 

犯罪抑止効果

ダミー防犯カメラの最大のメリットは犯罪抑止効果です。本物のように証拠映像を撮っていませんので、カメラが設置してあるように見せて、事前に下見に来ている犯人を威嚇します。そのため本物同様に見せて設置する工夫が必要になります。ダミー防犯カメラの中には音を出しながら動くダミー防犯カメラもありますので、威嚇するという意味では検討してみましょう。

しゃべるダミーカメラ みつるくん

ダミー防犯カメラを設置するデメリット

メリットに対して、ダミー防犯カメラを設置するデメリットについても解説いたします。

 

プロの窃盗犯で見破られる可能性が

ダミー防犯カメラはあくまでダミー(偽物)になりますので、プロの窃盗犯には見破られる可能性があります。本物とほぼ同じ外観のダミー防犯カメラでないと、種類や施工方法によりダミーと見破られてしまい侵入するリスクを高める結果になります。

 

見破られないダミー防犯カメラの設置方法

ダミー防犯カメラのデメリットは見破られる可能性があるとのことでしたが、見破られないための設置方法について解説します。

 

本物同様の配線

まず防犯カメラは配線工事をしていますので、屋外に設置する場合、配線を配管に入れたり、ジャンクションボックスを使って配線工事をします。そのためダミー防犯カメラを設置する場合も同じく、配線をしないとダミー防犯カメラだと見破られる可能性が高まります。室内であれば天井裏へ、屋外であれば建物の回りを配管で配線していきます。

 

安すぎるダミー防犯カメラは危険

安すぎるものは注意が必要です。最近では100円均一でダミーカメラも販売していますが、価格の通り作りはとても簡素で見るからにダミーカメラのように見えます。そうした極端に安いダミー防犯カメラは確実に偽物だと見破られますので注意が必要です。

 

設置場所が不自然

屋内用のダミーカメラを外に設置していたりすると、それだけで分かりますので設置場所にも注意が必要です。室内用のドームカメラが外の壁に設置してある、ボックス型カメラが雨ざらしになっているなど設置場所が不自然だとすぐばれてしまうので注意が必要です。

 

ダミー防犯カメラの効果を高める

ダミー防犯カメラを設置する上で防犯抑止効果を高めるための方法を解説します。

 

ステッカーの併用

ダミー防犯カメラと防犯ステッカーを併用することで、犯罪抑止効果を高めます。防犯ステッカーは建物の窓に設置したり、敷地外周の目立つ位置に貼ることで効果を発揮します。ダミー防犯カメラと同じ目立つ位置に設置することで犯罪抑止効果を高めます。

防犯ステッカー

本物の防犯カメラを混ぜる

ダミー防犯カメラと本物の防犯カメラと混ぜて設置することでコスト費用を抑えることができます。ここで重要になるのが本物と同じ形状のダミー防犯カメラを選ぶことです。外観が全く一緒で、配線も本物同様におしてあればまずダミー防犯カメラと見破られることはありません。

NS-D812IRC

 

設置位置・配線に注意する

ダミーカメラを設置する際に本物のダミー防犯カメラであればどこに設置するだろうかと考えながら設置することで、さらに効果を発揮します。カメラの設置場所の他にもカメラの向きや角度なども本物同様にする必要があります。

 

上手にダミー防犯カメラを設置しましょう

ダミー防犯カメラは上手に設置することで、効果を発揮しますのでコストを抑えて本物同様に設置するようにしましょう。

 

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

AHD防犯カメラの特徴と機能解説

防犯カメラを探していると一度は目にしたことがあるAHD防犯カメラ。今回はNSKがラインナップしているAHD防犯カメラの特徴と機能について解説していきます。

 

AHD防犯カメラとは

AHD防犯カメラとはアナログハイビジョン方式の信号形式の防犯カメラです。信号自体はアナログであるものの、画質は100万画素から500万画素に対応している高画質な防犯カメラです。同軸ケーブルを使ってシステムを構築します。配線距離に関しては3C-2Vで150メートル、5C-FBで350メートルの長距離配線が可能になります。

 

AHD防犯カメラのメリット

実際に弊社で取り扱っているAHD防犯カメラのメリットについて解説します。

 

アナログカメラのリプレイスに最適

従来のアナログカメラは同軸ケーブルを使用しており、AHD防犯カメラは既設のケーブルを活かして配線することが可能です。カメラの工事で一番、大変なのがケーブルの配線作業になりますので、カメラ台数が多い場合、すべて引き直しは現実的ではありません。そうした場合に既存の配線をそのまま利用できるのはAHD防犯カメラのメリットです。

 

コストパフォーマンスが高い

ネットワークカメラに比べてAHD防犯カメラは価格も安く、かつ画質も500万画素になるためコストパフォーマンスが高いのも特徴です。余計な機能は入らないのでとにかく高画質で価格の安い防犯カメラをお探しの方にはおすすめの防犯カメラです。基本的なネットワーク機能や遠隔監視、通知機能は搭載していますので、予算重視であればAHD防犯カメラをおすすめします。

 

AHD防犯カメラとネットワークカメラの比較

AHD防犯カメラとネットワークカメラ大きな違いは付加機能です。基本的な撮る、見る、残すの性能には違いはありませんが、AI機能やシステムの拡張性などネットワークカメラの方が有利なのは間違いありません。

ただしある程度のネットワークに関する知識、IPアドレスやプロトコルなど分からないと現場で何か問題があった時に対応が難しく、何かあるたびにプロの業者に依頼しなければいけないということも懸念事項の一つです。

 

AHD防犯カメラ機能

具体的なAHD防犯カメラの機能について解説します。

 

赤外線照射機能

赤外線照射LEDを搭載しているカメラについては夜間、暗闇の中でも暗視撮影することが可能です。AHD防犯カメラは基本的に防犯目的で設置しますので、夜間暗視撮影できていないと、防犯効果がありませんので、夜間明かりがない現場においては赤外線暗視カメラをおすすめします。各カメラの製品ページに記載されている赤外線照射距離を参考にして設置場所に合わせた赤外線暗視カメラを選ぶようにしましょう。

 

防犯カメラの赤外線暗視機能について解説します

 

防水・防塵機能

屋外に設置する場合はIP等級で表記される防水・防塵性能を有した防犯カメラをおすすめします。弊社のAHD防犯カメラは全商品IP66等級以上になっていますので、防水仕様として屋外で使用が可能です。IP65等級は防滴仕様となっていますので、屋外で使用する場合も軒下に設置するなど直接、雨のかからない場所に設置するなど注意してください。

 

屋外用防犯カメラの防水防塵性能を表すIP規格とは?

 

 

UTC機能

AHD防犯カメラのメニュー設定をDVR側で操作できる機能はUTC機能と呼ばれています。シャッタースピードやホワイトバランス、赤外線照射機能などカメラにまつわる設定をDVRで行えますのでメンテナンスや施工性が容易になっています。

 

ホワイトバランス

映像の中の色温度を設定する機能です。蛍光灯の光の色によって、カメラ映像がオレンジ掛かったり、白み掛かったりしますので、ホワイトバランス機能で調整します。

 

防犯カメラのホワイトバランス機能とは

 

WDR機能

WDRとはワイドダイナミックレンジの略で、逆光を補正する機能です。映像の中で黒い部分、白い部分を調整して逆光で白飛びしている場所をデジタル補正します。

 

防犯カメラのWDR(ワイドダイナミックレンジ)機能とは?

 

DNR機能

DNRはデジタルノイズリダクションの略で、映像内のノイズをデジタルで補正する機能です。映像ノイズは夜間の低照度撮影時に特にノイズが発生しますので、その際にDNRが役に立ちます。

 

防犯カメラのDNR(デジタルノイズリダクション)機能とは

 

プライバシーマスク機能

映像の中でプライバシーに関わる問題により隠したいエリアにマスクをする機能です。この機能を使えば映像内の任意の場所を隠して表示することができます。

 

防犯カメラのプライバシーマスク機能とは

 

フリッカーレス

東日本と西日本で電源の周波数が異なりますので、蛍光灯に若干のちらつきが発生します。そのちらつきがカメラの映像にも反映されるのが、フリッカー現象です。弊社のAHD防犯カメラはフリッカレス機能を搭載しており、映像がちらつくのを防ぎます。

 

フリッカー現象とは?防犯カメラのフリッカーレス機能について

 

DVR(デジタルビデオレコーダー)

AHD防犯カメラは基本的にDVRが必要になりますが、録画方式の違いで2種類あります。一つはハードディスクを搭載したHDDレコーダーです。HDDは増設が可能で最大容量は6TB×4本の24TBのハードディスクが搭載できます。長期間録画データを残しておきたい場合でも使うことができます。

 

モーション検知機能

モーション検知機能とは映像に動きがあった際に、フレーム間の差分を検知する機能です。動きがあった時だけ録画する機能なので、ハードディスクの容量を節約して使用することができます。普段は動きがない現場においては特に効果がある機能です。

 

またスマート検索機能を使えば、常時録画データをとっておき動きがあった時間のみを抽出して、リストに表示することができます、録画データ検索において効率的な機能になります。

 

防犯カメラのモーション検知の使い方と注意点

 

DDNS

AHD防犯カメラには遠隔監視機能のDDNSが搭載されています。DDNS機能は専用のアプリで遠隔監視ができる機能です。現地のルーターのポート開放が必要になりますが、インターネット回線がある現場においては基本的に無料で使える遠隔監視システムです。スマートフォンやパソコンのアプリも全て無料で提供しております。遠隔でライブ映像のモニタリングと録画データの再生とバックアップも可能な機能になります。

 

街頭防犯システム

街頭防犯システムとして多くの導入実績があるSDカードレコーダーは市販のSDカードに録画する録画システムです。専用のBOX収納されているシステムはレコーダーの状態をLEDランプで表示することで、機器の不具合が一目で分かるようになっています。

 

他にも電気代を節約するために、カメラ用の12V端子台を配置し雷サージ対策としてSPDを搭載していますので、過酷な現場環境にも耐えられる仕様になっています。

導入実績多数の街頭防犯カメラシステムを紹介します

 

アナログハイビジョン方式の違いについて

同軸ケーブルを使ったアナログハイビジョン方式の信号についても追記いたします。弊社で取り扱っているアナログハイビジョン方式はAHD方式を採用しています。市場で流通している方式の中でもっともポピュラーであり、汎用性も高いことが特徴です。他にもTVIやCVIなどの信号方式もありますが、どちらも同じく同軸ケーブル配線するシステムです。注意しなくてはいけないのは、それぞれの方式ごとに互換性がありませんので、同じ信号方式でカメラとDVRを合わせる必要があります。

 

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイレクトショップでアナログカメラとモニター付きハイビジョンDVRのお得な特価品をご用意いたしました。

屋外用防犯カメラ4台とモニター付きレコーダーのセットがなんとセット価格キャンペーン:29,800(税込)でご購入いただけます!お見逃しなく!

 購入リンクはこちらから

防犯SIMカメラ販売開始しました。

3GBから200GBの月額定額プランのSIMカード申し込み受付開始しました。こちらのURLから詳細をご確認ください。決済方法はメタップスペイメントの会費ペイを利用して便利なWEB口座振替とクレジットカード払いに対応しています。ご不明な点があれば弊社、問い合わせよりご連絡ください。またSIMカードで遠隔監視できるSIMカメラもラインナップしています。

SIM申し込みページ

NS-X1_4G (SIMカメラ)

プロ仕様のネットワークカメラXシリーズ

PoE内蔵のネットワークカメラXシリーズをラインナップしております。安心の2年間保証がついており、エッジAI機能、PoEなどあらゆる現場に対応した次世代型ネットワークカメラです。ぜひご覧ください。

Xシリーズ詳細はこちらから

ガーデンライトのような防犯カメラ「そらかめ」

マクアケにて先行発売開始しました!そらかめはガーデンライトのような見た目の防犯カメラです。ソーラー充電でライトとカメラの電源を入れることで24時間365日お庭の見守りをすることができます。31%オフのお得なリターンもご用意しておりますので、ぜひマクアケをご覧ください!

そらかめ専用サイト

そらかめ専用サイト

NSK君
NSK君
NSKダイレクトショップで「ビジネスご優待限定セット商品」はじめました!。新規会員登録はこちらからお願いします!

全方位ネットワークカメラの特徴とメリット

ネットワークカメラには全方位カメラと呼ばれるカテゴリーがあります。全方位カメラとはどういった見え方をしており、どういった機能があるのか解説していきます。呼び方も全方位カメラ、360°カメラ、フィッシュアイカメラとも呼ばれていますが、今回の記事では全方位カメラに統一してご紹介いたします。

 

全方位ネットワークカメラとは

全方位ネットワークカメラとは名前の通り、一台で360度、すべての方向をモニタリングできるカメラです。超広角の魚眼レンズを搭載しているので、レンズは一つで魚眼のような映像になるのが特徴です。フィッシュアイカメラと呼ばれる所以です。

 

全方位ネットワークカメラの特徴とメリット

通常のネットワークカメラは広角で水平100°程度の画角になるので、部屋の中、すべてを見たい場合、カメラを2台、3台設置する必要があります。全方位ネットワークカメラはカメラ1台で全方位をモニタリングすることができるのが最大のメリットとなります。

 

見え方に関しても魚眼モード以外にも、様々なモードがありますのでご紹介させていただきます。

 

全方位ネットワークカメラのモード説明

 

実際の全方位ネットワークカメラをパソコン用モニタリングソフト「SMART PSS」の魚眼モードを使用した場合のモニタリングモードを説明します。

 

2分割モード

 

2分割+魚眼モード

 

3分割+魚眼モード

 

4分割+魚眼モード

 

6分割+魚眼モード

 

8分割+魚眼モード

 

全方位カメラの製品ラインナップ

当社の全方位ネットワークカメラをご紹介いたします。コストにお選び頂けるよう2種類ラインナップしていますので、用途に合わせてお選びください。

 

IP-3005FI

500万画素の全方位ネットワークカメラです。本製品は屋内使用を想定しているので防水ではありませんが、マイクや赤外線LEDなど必要な機能は兼ね備えています。低コストで導入を検討されている方におすすめの全方位ネットワークカメラです。カメラ本体にフィッシュアイモードは搭載されていませんので、SMART PSSもしくはNVRにて設定が必要になります。

 

IP-3005FI

 

アナログカメラ売り尽くしキャンペーン実施中!

NSKダイ